スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀れな安倍 辺野古で八つ当たりの末路(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】哀れな安倍 辺野古で八つ当たりの末路
0.2015/3/30(月) 午前 11:52日記政界..

 アジアインフラ投資銀行に世界中の主要国が参加する中、安倍は参加を見送った。何の為の日中首脳会談だったのか。馬鹿な男である。日中関係を互恵的関係にするとか言ってなかったか。韓国も参加を決めた状況下で、隣の国が参加しないなど明らかな対中不信の表明である。米に尻尾を振った安倍であるが、来る訪米で栄えの上下両院合同会議での演説もあれこれ条件が付いてるようで、安倍の安倍たる個性が潰されそうな雲行きだそうだ。安倍の極右的体質を修正させられる可能性がある訳である。オバマと習近平は一応G2関係を保っている。オバマの米で対中敵視の態度など見せられる訳がない。

結局、安倍に与えられた役割は米のポチという事に過ぎない。安倍は米議会での演説を利用されてポチにされる形だ。喜び勇んで米に首輪を繋がれに行くようなものだ。オバマが大統領である限り、安倍の出る幕はない。安倍はオバマが共和党大統領に代わるまで我慢と言う感じだが、そこまで生き延びる事はできないだろう。オバマを超えて安倍が生き残る事など許されていない筈である。来る訪米は安倍への退陣メモリアルの意味なんだろう。安倍が世界政治のアリーナで完全に浮き上がっている事は明らかだ。どうやって安倍を退陣させるかは主要国首脳の共通認識だろう。

安倍自身首脳間のテストマッチの中で自らの力不足役不足を実感している筈で、気分も滅入っているだろう。安倍に相談を持ちかける首脳などいる訳もなく、国際的疎外感はひしひしだろう。不正選挙で政権を貰うとこういう事になる。通じるのは国内のみという事である。安倍の沖縄への態度の非情さの背景にはこういう事がある。安倍には苛立ちがある。大国日本の総理大臣であるにも拘わらず、国際的には全く相手にされない。プーチンはそんな安倍に救いの手を差し伸べているが、米に付き合されて対露制裁で自分から関係を壊している。そんなポチ安倍をプーチンが相手にする訳がない。安倍の疎外感、行き詰まり感は最早哀れのレベルである。

安倍は大越とか古賀とかやたら気に掛ける。総理大臣たる者がそんなちっぽけな者を相手にする事自体馬鹿げている。苛立っている安倍は自分を批判する者を激しく攻撃する。国際的にも国内的にも苛立ちのタネが尽きない感じで、体調が懸念される所である。沖縄の翁長が公然と安倍に歯向かい始めた。安倍の苛立ちも最高潮だろう。辺野古問題は安倍の飼い主たる米戦争屋の利権問題である。安倍にすればここを失うような事になれば、苛立ちを通り越して失神行き倒れという事になる。安倍はもう本能的に翁長を攻撃している。

沖縄にすればこんな裏のある攻撃など絶対に許せない訳で、目には目を歯には歯をで本能には本能と言う事になる。安倍は完全に袋小路に入っている。どこを向いても出口が無い。こうなったらもう権力を振り回すしかない。国内の弱いものを相手に。しかし、弱い者達も今の安倍に黙って屈したりしない。みんなで力を合わせて安倍を倒そうとしている。安倍はそんな状況を、抵抗勢力が想像以上と言ったらしい。

安倍は本当に大変である。やはり不正選挙で総理大臣などになれば、思わぬ壁にぶつかるのだ。なるまではいいが、なった後大変な目に遭うのである。その罪の大きさ重さを考えれば当然であるが。沖縄の抵抗は今後益々想像以上になる。安倍は翁長の軍門に下る可能性が高い。翁長が安倍を袋小路の末端に追い込むだろう。安倍、国内で最後の審判である。


スポンサーサイト

乾坤一擲古賀茂明の反撃 良識論者と出会えないニュース報道(世相を斬る あいば達也)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

乾坤一擲古賀茂明の反撃 良識論者と出会えないニュース報道(世相を斬る あいば達也)http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/232.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 28 日 07:43:27: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/ba71dc55b29a684075a3dba9677e470c
2015年03月28日

 ファシズムと云うのか、ナチズムと云うのか、そりゃあどっちでも良いわけだ。これはシステムがどうのこうのじゃなく、言葉のニアンスだ。つまりは、全体主義的で、言論統制が行き渡った社会と云うことだ。報道ステーションで、官邸の恫喝に屈したテレ朝の舞台裏が、古賀氏の乾坤一擲の捨て身業に一網打尽にされたわけだが、本日から官邸が、どのような動きをするのか、よくよくウォッチングしておかなければならないだろう。

官房長官が「放送法違反だ」とお得意の決めつけ恫喝のお家芸を見せるのが、菅と云う人物の人格なのだろう。金持ちの二世三世政治家も困ったものだが、成り上がり者は、権力を持たせると、こういう事態にもなるのだろう。田中角栄などは、成り上がりでも「玉」が違っていたとしか、理解のしようがない。まあ、その恐怖に慄いて、キャスターから、チューフプロデューサーまで更迭するのだから、テレ朝もホスピス入りの報道番組しか作れないことが明白になった。TBSニュース23の膳場・岸井キャスターがどうなる、次の見ものだ。

そう言えば、もう一人二人、ウォッチングが必要なキャスターがいる。TBSの金平キャスターだ。おいおい、TBS毎日新聞系が残ったか……。う~ん、与党公明党の霊験あらたか?これも少々困りものだが、この際致し方ないのだろう。それにしても、筆者から見た場合、十二分に政府寄りの発言の多いNHKニュース9の大越キャスターの物言いまで気に食わんと云うのだから、全局のキャスターを長谷川幸洋にでも任せてしまったら良いのではないだろうか?(笑)。

本日は、本来であれば、「米国・NATOとロシア」核戦争の脅威 米国のあがき」というコラムを用意していたが、上記コラムでも、米国覇権主義のプロパガンダ報道が話題に上るが、あまりにも稚拙で暴力的な安倍官邸の言論統制は野蛮である。ハプニング情報に接し、急きょ、このコラムになった。NHKの大越まで気に食わんのでは、もうテレビは嘘しか言えない放送局と云うことになるようだ。そう言えば、もう一人思い出したが、テレ朝のモーニングバード・そもそも総研の玉川キャスターは大丈夫なのかな?最近見ていないので分からないのだが?株価が下がっても上がったと言いそうなテレビにはご用心な時代が来たと云うことのようだ。

≪ 古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”

 元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、番組を“ジャック”した。古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組“降板”を巡って、口論のような形に発展した。

 番組中盤、緊迫する中東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演になるという古賀氏が切り出した。

 古賀氏 ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。

 これまで古賀氏は同番組で、「I am not Abe」などと安倍政権に批判的な発言を繰り返していた。

 古賀氏 これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんのバッシングを受けてきた。それを上回る応援で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。

 降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と対抗したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃりまし た。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させてい ただきます」と引かない姿勢で、いったん収束した。

 しかし、その後も「自分で作ってきました」と、「I am not ABE」と書かれた手製の紙を広げた。古舘は「番組ではこれまで川内原発に対 する指摘や、辺野古の問題についても取り上げてきたじゃないですか」とたしなめると「私もツイッターでぜひ見てほしいと書きました。でも、それを作ってき たチーフプロデューサーが更迭されます」と反論。これには古舘も「更迭ではない。私は人事のことまでわからないけど、それは違う」と否定した。

 さらに古賀氏は安倍政権について「原発復権・官僚復権・行革埋没」と指摘するフリップを見せたが、古舘が「ちょっと時間もないので」と制止すると、古賀氏は「そういうことは言ってほしくなかったのですが」と渋々フリップを降ろした。続けてマハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「私が言いた かったのは、言いたいことはそのまま自然に言いましょうということ。裏で圧力をかけたりはやめましょう」と話した。 ≫(日刊スポーツ)

PS:リテラの「NHK 9時の大越キャスター更迭は官邸の意向! 安倍お気に入り美人記者も協力?」の記事は以下のURLから。
http://lite-ra.com/2015/03/post-979.html


 

菅官房長官の悲劇――権力の座について、やはり堕落(生き生き箕面通信)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

菅官房長官の悲劇――権力の座について、やはり堕落(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/192.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 27 日 09:45:12: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/c0443531f85dafd565128a93e4defd92
2015-03-27 09:10:09

 安倍首相が自衛隊を「我が軍」と呼んだことが、議論になっています。首相側近の菅官房長官はただちに「自衛隊も軍隊だ」と発言、首相を支える強気のコメントで議論を封じ込める挙に出ました。

 安倍という男の好戦的幼児性には、つける薬がありません。しかし、その幼児性をカバーして、「国民のためになる政治」の方向性を誤らないようにかじ取りするのが、「良き側近」の果すべき役割のはずです。

 でも、もともと「国民のためになる政治」という大目標からはずれっぱなしの安倍政治であってみれば、いまさらどうしようもないというのも事実でしょう。それでも、側近には「正気」が求められるものです。菅氏も、一時期までは「正気」を保ち、ある程度、「狂った安倍」に軌道修正に意を尽くしているように見えました。

 しかし、安倍首相が独裁性を強めるのに比例して、菅氏も独裁色を強め、今は以前と全く変わってしまいました。

 沖縄の翁長雄志・県知事が、数度にわたって上京し、安倍首相あるいは菅官房長官への面会を求めても、安倍氏はもちろん、菅氏まで門前払いを食らわすようになりました。

 安倍という男は、「沖縄に寄り添い、沖縄の負担を軽減するために、何でもやる」と、事あるごとに繰り返してきました。もちろんそれは、例の口先ばかり、得意の言行不一致です。そして、菅という男もまったく同じ行動パターンになりました。沖縄の人々に寄り添う気配すら見せなくなったのです。沖縄の人々の気持ちなど権力を行使する立場からは一顧だにしなくても構わない、そんなところまで傲慢になってしまった。

 これは、安倍政権の内部に、軌道修正機能がなくなったことを意味します。日本国民にとっては、さらなる不幸が訪れる前兆といえます。

 菅という男は、秋田県から集団就職で上京し、苦学して大学を卒業。政治家の秘書になりました。この頃は、おそらく「人々が幸せに過ごせる社会を作るため、一生をかけよう」と思っていたのではないでしょうか。

 しかし、権力の中心部に近づくにつれ、その魔力に犯されてしまったようです。今では、「人々の幸せ」は見えなくなり、「権力者の幸せ」こそわが幸せになってしまったようです。それが自身にとっての「悲劇」であることも自覚できないまでに堕落してしまったのです。

 憲法9条は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と、これ以上にない明確さで規定しています。それでも自衛隊を合憲としてきたのは、「自衛のための必要最小限の実力は認められる」という解釈によってでした。これは泥棒除けの戸締りは認められるという国際法上の法理です。

 家から出て行って、他人を殺すという所業とは明らかに異なります。しかし、安倍という男は、「我が軍はやるのだ」と、外へ出て行って、人殺しをしかねないのです。それも、それができることが自慢げです。

 狂っています。そして、お側衆の菅という男も狂ってきました。いま、日本の首相官邸は狂気集団に占拠されているといっても過言ではありません。

 日本の政治からは「華」(はな)がなくなりました。今はどす黒い異様な腐臭を放つ政治に代わっています。それを許しているのは、投票権を持つ私たち有権者です。連帯責任があります。

プーチン「テロリスト達のスポンサーを引き受け世界を混乱に貶めているのはアメリカです。」リア・ノーボスチ(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

プーチン「テロリスト達のスポンサーを引き受け世界を混乱に貶めているのはアメリカです。」リア・ノーボスチ
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/533.html
投稿者 長間敏 日時 2014 年 10 月 27 日 06:55:46: 2ZipGG.4HfBgM Tweet

プーチン

    10月24日ソチで開催された「第11回バルダイクラブ」に出席したプーチン

http://en.ria.ru/world/20141024/194548545/Putin-US-Incites-Spread-of-Terrorism-by-Funding-Militants.html
2014.10.24(ソチ)リア・ノーボスチ記事

米国は、世界を結束へ働きかけるどころか、世界の国々でテロリスト達への資金を渡し、テロリズム拡散させ、世界を対立させている、とロシア大統領ウラジミール・プーチンは発言しました。

「昔(アフガン戦争)も同様のことが行われましたが、シリアにおいても米国とその同盟国は、異なる国々から金目当ての傭兵を集める為に、直接資金と兵器の提供を始めました。」とプーチンは、ソチで開催された11回目のバルダイ国際討論会の席上で発言した。

ロシア大統領は、現在イラクとシリアで活動している(元々単なる金目当ての)傭兵の集まりであった「イスラム国(IS)」が、事実上の軍隊組織に変わったのは、上に述べたような米国とその同盟国によって支援されてきたことが、その原因であると強調した。

「彼らイスラム国は軍事的に非常に組織的に洗練された形で活動しています。彼らは事実上のプロ集団です。」とプーチンは述べた。そしてイラクではISIL、シリアではISISとして報道され知られているイスラム国がそのように勢力を伸ばしてしまった背景には、イスラム国殲滅の為にこの度結成されたアメリカ主導の(サウジ、カタールなどからなる)反IS連合国が自ら地域勢力を分断しようとしていることにある、と付け加えた。

プーチンによると、分断線を引いて、仮想敵国を作って、それにやっつける連合国を形成し、その指導者となろうとするのがアメリカの試みであり、それは冷戦時代に行われた手法そのものである。

ロシア大統領は、そのような一方的な覇権主義はテロとの戦いにおいて役には立たないどころか、リビアで行われたように平和な国に混乱をもたらすだけである。リビアは欧米により崩壊の瀬戸際まで破壊され、テロリスト養成の地と化してしまった、と強調した。

エジプトの現在の指導者の決意と英知が、混乱の広がりと過激主義者達に対する唯一の防波堤となっている、とプーチンは述べた。

ロシア大統領によると、アメリカは民主主義を広めると宣伝していたが、実はやっていることはイスラム過激派への支援であった。プーチンは、この間、テロリスト達の資金源は拡大してきたと説明した。

「テロリストへの資金源については、アフガニスタンへ軍が派遣されている時期に何十倍にも増加した生産量の麻薬の密売から得られる利益だけでなく、現在は原油の販売による利益にまで広がっている。」とプーチンは述べた。

原油の生産はテロリスト達の支配地域で行われている。彼らはそれを破格の安値で売っている。そして、それを買い取り、転売している者がいる。そうすることによって、いつの日か自らの国を破滅に導くかもしれないテロリストに資金を供給しているということに、彼らは気づいていないのです、とロシア大統領は強調した。

プーチンによると、欧米のパートナー達は、傭兵たちに、資金を供給することによって同じ過ちを繰り返している。結果、中近東におけるテロの連鎖は止まないということである。

「かつて、欧米のパートナー達は(アフガン戦争で)ソビエトと戦ったイスラム過激派達のスポンサーだった。そのような欧米による過激派への活動が現在のタリバンやアルカイダを誕生させたのです。」とロシア大統領は述べた。

意識が変化することでDNAの浄化が始まっている   多くの場合、ほとんどの人は自分を劣っていると認識しています(zeraniumのブログより)

≪zeraniumのブログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/dna-980a.html

意識が変化することでDNAの浄化が始まっている   多くの場合、ほとんどの人は自分を劣っていると認識しています

   自分は道に迷っており、何をすればいいのか分かっていないし、自分を弱い者として考えています。自分は自由ではないし、どこか歪んでいて自信がなく、劣っていると感じています。

   するとどうなると思いますか?
   エネルギーはその通りに、具体的に、文字通りそのようにあなたに奉仕します。朝起きてこう言うとします。「あぁ、また同じような1日が始まる。また人と競争しなければならないし、緊張やストレスが半端じゃない。私は見た目がそんなに良くないし、食べていくのがやっとだ」。その瞬間、すべてのエネルギーがあなたの考えるその通りに整列し、その日1日をそのように、あなたに文字通り奉仕するのです。

   だから私は言うのです。「この日は私のものであり、この夜も私のものだ」と。
   つまりエネルギーは昼も夜も私に応えるのです。あなたのエネルギーにもそれと同じことができます。そればかりかエネルギーはすでにそうしているのですが、残念ながらあなたは気づいてはいません。

   すべてのエネルギーがすでにあなたに奉仕していますが、そのエネルギーはあなたの自信のなさと戸惑いという、あなたの幻想に奉仕しています。戸惑いというのは、他人を幸せにするために自分が妥協しなければならないと思うことです。躊躇(ちゅうちょ)するのは、あなたが大胆で勇気ある一歩を踏み出すのを怖れているからです。

   あなた方はすべてマスターなので、ある意味ではあなたはうまくやっています。
   そうしたことが日々、あらゆる瞬間に起きています。「私は私だ」と言わずに、実に多くの人間たちが、「私は私ではない」と言っています。その結果、あなたに入ってくるエネルギーは1日中、1晩中、あなたの「ない」に奉仕するのです。

意識が変化することでDNAの浄化が始まる

   あなたのDNA(デオキシリボ核酸)は変化していますが、それはあなたの意識が変化しているからです。DNAの内部で最初に変化するのは祖先のカルマ、つまりあなたの血統です。あなたは通常、転生から転生にわたり同じ血統に生まれて来ます。ですからほとんどの場合、あなたは両親や自分の子どもたち、パートナーなどを、おそらく以前にも知っていたはずです。

   つまり、準備が整い、新たな転生に入る直前に、強力なカルマの引力があなたをその血統へと再び引き寄せるのです。それはたとえあなたが、「もうあの家族には絶対に戻らないぞ!」と思っていたとしても、あなた(のカルマのゆえに)吸い寄せてしまうのです。

   血統はあなたのDNAに織り込まれています。
   あなたが家族の人たちに外見が似ていたり、似た行動をしたり、もっと言えば同じような考え方をするのはそれが理由です。

   しかし現在、あなたのDNA構造は洗い流され、掃除されることで、自然で純粋なエネルギーに戻ろうとしています。それは素晴らしいニュースです。なぜならあなたを、家族のカルマから開放してくれるからです。祖先が残した負債やさまざまな負担から解放されるからです。それだけでなく、生物学的に運命付けられたものからも解放します。

   それはたとえば、あなたの家族の遺伝の特徴に癌や糖尿病が含まれているならば、それらはやがて消滅していきます。ですからあなたはもはや、古い家族の血統に閉じ込められることはなく、あなたはあなたが望むイメージに自分を作り変えることができるのです。

   DNAコードが洗い流されるに伴い、あなたの外見が変わってくることに気づくでしょう。
   もしかすると目の色が変化するかもしれず、あるいは顔の形が変わるかもしれません。それはある日、あなたが鏡を覗き込むとき、以前の自分の写真に比べ、自分がどれほど変わったかに気づくのです。体重やあるいは体形に変化が現れるかもしれません。

   あなたは家族とエネルギー的に関わりを持っていますが、それも劇的に変化するでしょう。あなたの一部はもう、それほど深い繋がりを感じなくなります。ある朝目覚めたら、家族に対して今までのように、ほとんど親密さを感じなくなっているかもしれません。

   あなたが家族と、強い愛情に満ちた繋がりを築いていたり、あるいは深い関わりを持っていたら、こうした変化はショックに感じるかもしれません。ですから、家族に対する気持ちや繋がりに変化が起きても驚かないでください。

   あなたの子どもたちに対しても同じことが言えます。
   あなたが父親、あるいは母親であれば、自分がどこかおかしいのではないかと思うでしょう。なぜなら突然、その子がもう自分の子ではないように感じるからです。

   他にも重要なことが起こります。
   あなたがDNAのコードを解放すると、もうじきあなたの家系に転生するはずの人の、DNAコードもまた変化します。もしかするとそれは、まもなくまた戻って来る予定の亡くなった親や祖父母かもしれません。つまりコードが変化することで、彼らが再び、この古い祖先のカルマにはまる必要がなくなるのです。

   あなたは自分のエネルギーを動かすことで、彼らを自由にしているわけで、そのようにしてあなたは他の人々の未来の可能性までも変えることになるのです。これはすごいことです。


     アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ
  『神性を生きる』 ジェフリー・ホップ、リンダ・ホップ著
                                 ナチュラルスピリット


                          抜粋

米の時代は終わった (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】米の時代は終わった
0.2015/3/27(金) 午前 11:52日記その他国際情勢..

 米の傀儡韓国までアジアインフラ投資銀行に参加を決めた。現在36カ国が参加だそうである。日米以外のG7諸国も加盟し、世界規模の銀行になる。ワシントンに本部がある世界銀行が存在するにも拘わらず、マニラに本部があるアジア開発銀行が存在するにも拘わらず、中国が新たなアジア関連銀行を作るという事は、既存の秩序を壊すという意味がある。世界銀行もアジア開発銀行も米が中心である。米の世界支配の道具としての金融組織体である。

その米は実質国家破綻国家である。おかしな話だ。だから、中国が世界最大の経済体になった事を記念するように、新たな世界規模の金融組織体を作る事にしたのだ。もう米の世界支配は終わったという意味である。そんな試みがG7諸国にさえ支持され、米の傀儡国韓国にさえ支持された。その意味は、米の世界支配が終わったという共通認識の形成である。もう明らかに時代の中心は米から離れて行く。今後ますますスピードアップする事が確実視されている。中国はそんな時に野心的試みを実行した。5年前ではできなかっただろう。もう大丈夫という時を狙って中国は大きな一歩を踏み出した。物の見事に嵌った訳である。

米と言う国は普通の国ではない。初めからずーっと経済権力国家である。根本が歪んでいる。中国はずっと政治権力国家であった。当たり前の国である。米の世界支配下で一時期傀儡化した事もあったが、何と言っても長大な歴史と文化を有する国家である。米とは根本が全く異なる。そんな当たり前の国が当たり前でない国の支配体制に挑戦し、成功した。当たり前でない国はこの事によって一気に消滅の危機に瀕する。中国はそれが分かっていて挑戦した。経済権力国家が世界を支配するなどあってはならないという根本的考えが中国にある。この考えは中露連合の根本と一致する。今回の中国の新たな試みはプーチンとの共同作業である事は明らかである。

米はロシアのプーチンが自らの支配体制に従わない事を理由として攻撃を仕掛けたが、プーチンは中露連合で裏手から米を攻撃した形になる。米の異様な巨大軍事力は世界を架空金融で支配した事から可能となったものだ。従って、米を潰すには正面から軍事衝突するのは馬鹿げていて、裏手から架空金融体制を破壊する事が必要になる。中露は互いの役割を分担して米に対抗した。正面衝突には滅法強い米だが、架空金融のアキレス腱を突かれたら途端に行き倒れる。米の正体を知って戦った中露連合の勝利である。

米の傀儡ほどではないが実質下部組織となったEUは中国市場に垂涎で、中国の誘いに断わり切れなかった。EUは破綻国家米に経済を依存などしていない。寧ろロシアとの関係が深い。中国とは更に強く深い関係にある。EUの中心国ドイツなど最早中国なしには経済が存立し得ない。何と言っても中国は年成長率が7%を維持している。今の時点で購買力平価換算で米を上回っている。今後どんどん差が開く。中国に何だかんだ政治的懸念があっても、この圧倒的市場力というものがEUを引き付ける。米の架空金融破綻が中国の経済的一極ぶりを際立たせる。寄り合い所帯のEUには中国に対抗すべき力が無い。架空金融国家米とEUの関係は強くはなかった。実体金融実体経済の中国にEUは完敗したのである。EUはやっと体制を維持している有様で、へたすれば体制崩壊である。人口5億のEUに人口13億の中国に対抗できる力はない。

米の傀儡韓国は正に背に腹は代えられないという体で、参加を決めた。一方で中露向けの米のミサイルシステムを配備するというのだから、その様子は正に馬鹿丸出し。日本も同様である。傀儡国は辛いよ。しかし、架空金融国家米の世界支配が終わった事は厳然たる事実である。米の崩壊過程は早まる。一気に時代は中国中心に移る。辺野古もこういう流れの中にある。

辺野古で沈没する我が軍安倍(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】辺野古で沈没する我が軍安倍
0.2015/3/26(木) 午前 11:46日記練習用.

 .我が軍安倍が我が物顔に振る舞っているのが辺野古である。沖縄政府と日本政府が正面衝突する。嘗てない事態である。日本政府はずっと沖縄に対してあくどかった訳だが、安倍政権は別格である。自民党も嘗てと今では大きく変わった。安倍自民は自民党の本性を体現している。この自民党が結党時の姿だったのだ。即ち、CIAの傀儡政党である。自民党は国民政党の偽衣を纏った偽日本人政党である。偽ユダヤは日本支配に於いて偽日本人に権力を与えた。偽ユダヤはエスニック調査をきっちりやっているのだ。米権力は悉く偽ユダヤが支配している。ソ連もそうだった。沖縄に付いても仲井眞は中国系であり、偽ユダヤはそこをちゃんと知っている。仲井眞が徹底的に沖縄を裏切ったのはここに根源がある。裏切っても心が痛まないのだ。元々裏切るという意識もない。偽日本人達が日本の政権を握れば、当然反日本的行動をとる。偽日本人政権は沖縄を蹂躙しても何とも思わない。

辺野古の紛争は沖縄と言う原日本と偽日本の戦いである。安倍政権は最早臆面もなく偽日本人として行動している。我が軍などと偽日本軍の大将気取りだ。日本人なら自衛隊を我が軍などとは決して言わない。臆面もなく言い切った安倍は疑いなしの偽日本人である。今回の騒ぎで二度と我が軍とは言わなくなる筈である。偽日本人の証明としての我が軍だったのである。日本人が我が軍に敏感にまた激しく反応した為に、偽日本人は驚き首を竦める筈である。もう決して我が軍は安倍の口からは出て来ない。その程度の我が軍なのである。本物の誇りを持っているなら、何を言われようが繰り返す筈である。そんな胆力は安倍にはない。

翁長はオール沖縄を形成している。翁長は抜群のリーダーシップを発揮するタイプではない。沖縄がオール沖縄を形成するには寧ろその方がいいのかも知れない。主役は翁長ではなく沖縄自身なのである。ちょっと頼りない翁長を皆で盛り立てようという感じである。

偽日本人らは形式論で辺野古移設を押し切ろうとしているが、そんなものがオール沖縄に通じる訳がない。完全に逆効果になる。沖縄の中に蠢く怒りのマグマが、偽日本人の形式論の押し付けに爆発する。以前の自民政権なら適当にうまくごまかしていたのだが、純粋な偽日本人政権は非日本人的行動を取る。ここに沖縄の怒りに火をつける理由がある。我が軍安倍は沖縄の心理に無頓着だ。沖縄にもてーげーな連中が沢山いて、嘗てのごまかし上手の自民政権に上手に懐柔されていた。しかし今てーげーな連中でさえ安倍に怒りを露わにする。安倍政権が今後あれこれ対抗策を取って来るが、これが悉く裏目に出る。その辺の読みがダメなのが偽日本人政権である。我が軍安倍の我が物顔は沖縄には全く通じない。沖縄政府と日本政府の正面衝突は、沖縄県民一丸の後押しを受けた沖縄政府優位の流れになるのは必然である。日本国民が安倍を後押しする事はなく、精々ブラックマスコミの控え目な後押ししかない。ブラックマスコミでさえ沖縄には弱い。沖縄にはごまかしが効かないのである。

国際世論も沖縄を後押しする。偽日本人安倍政権は辺野古問題が大きくなればなるほど苦境に嵌り込む。偽日本人政権が沖縄問題を力で押し切るのは根本的に無理がある。だから以前の自民党政権はあの手この手で沖縄を懐柔して来た。それでも結局上手くいかなかった。それを強行突破など、やっぱり偽日本人政権は馬鹿である。不正選挙で祭り上げられた偽日本人政権が我が物顔で振る舞えるのは日本国内のみであり、沖縄では完全に破綻する。我が偽日本軍は沖縄を侵略できないという事である。安倍の我が軍は辺野古の海に沈没する。


安倍の我が軍は首相辞任内閣総辞職に相当(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。


【朝のメッセージ】安倍の我が軍は首相辞任内閣総辞職に相当
.2015/3/25(水) 午前 11:32日記政界.
 
 .嘗て首相として或いは政府関係者として誰一人として用いた事の無い「我が軍」なる表現を、現役首相が国会質疑の中で堂々と披露した意味は凄いと言わざるを得ない。細野は「それを言っちゃおしまいよ」と言っていたが、その通りである。おしまいなのである。我が軍と自衛隊は厳格に区別されている。何故自衛隊なのか。軍隊ではないからだ。事実上軍隊であっても軍隊と呼んではならない状況が日本にはある。平和憲法が軍事組織を自衛隊と呼ばせている。

我が軍とは我が国の軍隊である。我が国の首相は自衛隊を我が軍と決して呼んではならない。公式の場で呼べば憲法違反発言になる。首相の我が軍などあり得ない。安倍は姑息に平和憲法を破壊しているが、それでも我が軍とは言えない。何故なら平和憲法はまだ生きているからである。死んではいないのである。仮死状態だが死んではいない。首相が我が軍と言えば、憲法はお葬式である。

自衛隊という言葉は完全に国民に浸透している。そこには日本軍とは完全に一線を画する精神があるからである。自衛隊という言葉が国民に浸透したのは、日本軍ではないからだ。自衛隊内の階級呼称でも日本軍の階級呼称を用いていない。陸軍大佐は一等陸佐である。海軍中尉は2等海尉である。陸軍2等兵は2等陸士である。自衛隊と日本軍は事ほど左様に完全に名称を違えている。あの戦争が日本国を破滅に追い遣り、平和憲法ができた。再度軍事組織を作る必要が生じても、軍隊ではないという条件が必要だった。それは国民の意識にも沿うものだった。自衛隊という言葉は平和憲法と国民意識が今日まで有らしめたものといっていい。

従って現役首相の我が軍発言などあり得ないのである。平和憲法も蹂躙し、国民意識も蹂躙するというダブルの蹂躙行為である。そんな事を国民の代表者である現役首相がやる事は平和憲法が存在する限り、安倍以外にあり得ない。何故こんな事が起こり得たのか。そこに不正選挙がある。小沢事件がある。安倍が首相に再度なるなどこの2つが無ければあり得なかった。民主主義が完全に破壊されなくては起こり得なかった。なるべき者が首相になれず、なってはならぬ者が首相になった。そこには途轍もない質的変化が伴う。安倍はもう十分にこの質的変化を見せ付けていたが、遂に我が軍発言に達したのである。究極の質的変化としての我が軍発言に注目しなくてはならない。

安倍の頭の中では自衛隊は疾うに日本軍だった。安倍の日本軍への思い入れは正に心底のものであり、我が軍となるのである。安倍政権は民主主義破壊、日本国憲法破壊の上に存在し、平和憲法下の自衛隊が安倍の我が軍となったのも理に適っている。我が軍発言によって安倍の正体が完全に自白されたのである。

この辺りをきちっと理詰めで追及して行けば、安倍は首相を辞任せざるを得なくなる。民主党は国会で追及するらしいが、こちらも不正選挙と小沢事件の仲間であるから徹底追及はない。ネット言論、国民言論によって辞任に追い込む以外にない。

安倍は既に国際的にどうしようもなくなっているが、今回の発言でいよいよ決定的になったと言っていい。国内からも国外からも安倍を辞任に追い込む事である。

クリミア半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた:それを未然に防いだのは女性の米海軍代将・ヘザー・コール氏(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。


クリミア半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた:それを未然に防いだのは女性の米海軍代将・ヘザー・コール氏
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/737.html投稿者 五月晴郎 日時 2015 年 3 月 25 日 22:22:46: ulZUCBWYQe7Lk Tweet      

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34756782.html

新ベンチャー革命2015年3月21日 No.1089


タイトル:クリミア半島は第二のキューバ危機(米露核戦争危機)に陥っていた:それを未然に防いだのは女性の米海軍代将・ヘザー・コール氏だった

1.米海軍の女性代将が、米露核戦争を未然に防いだ?

 米国情報(注1)によれば、ロシアの対外諜報機関(注2)が重大情報をロシア内で流しているそうです、それは、米オバマ大統領が米海軍に対してロシアに対する限定的な先制核攻撃命令を出していたという情報です。ところが、ヘザー・コール(女性)という米海軍代将がその命令を拒否して、米軍による核攻撃は失敗したそうです。そのため、コール氏は逮捕・解任されたそうです(注1)。

 このニュースの発信元はロシア政府ですが、米国サイドの情報でも、この女性の海軍代将の解任が報じられています(注3)。米国報道ではコール代将の解任理由は伏せられていますが、ロシアの諜報機関の情報から、その理由が判明します。

 このニュースから、なぜ、プーチンが核戦争も辞さないと発言したのかの理由が見えてきました。そして、3月初めから中旬まで10日間もプーチンが消息不明になった理由も見えてきました。

2.第二のキューバ危機(米露核戦争危機)がクリミア半島で起きていたのか

 1945年、広島・長崎に原爆が投下されて以来、今日まで、世界で核戦争は起きていません。もし起きたら、世界の破滅ですから・・・。

 しかしながら、1962年10月、ケネディ大統領が暗殺される1年前、キューバ危機が起きており、米ソの核戦争一歩手前まで行っています(注4)。幸い、当時のケネディ大統領とソ連・フルシチョフ首相の対話によって、核戦争が回避されています。

 そのキューバ危機と同様の米露核戦争危機がクリミア半島で起きていた可能性があります。これほど重大なニュースをマスコミは何故、報道しないのでしょうか。今のマスコミはほんとうにどうしようもありません。

3.やっぱり、米国戦争屋ネオコンは狂人集団だった

2003年から10年以上、本格的戦争を行っていない米国戦争屋ネオコンは、アンチ米戦争屋のオバマ政権が二期も続いて、もう発狂しており、戦争中毒の禁断症状がでていると本ブログではみていました(注5)。案の定、彼らは米露核戦争を画策していたということですが、もう狂っているとしか言いようがありません。ところが、安倍自民党と日本政府はこのような狂人集団に乗っ取られているのです。

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

 一方、プーチンは2015年3月某日、核戦争を辞さないという過激な発言をして、そのことを3月15日にロシア国営放送を通じて全世界に公表しています(注6)。

 そのニュースに対し、米戦争屋ネオコンに乗っ取られている日本では、アンチ・プーチン勢力(悪徳ペンタゴン日本人勢力を含む)が大騒ぎして、核使用威嚇を行ったプーチンを罵倒しました。

 しかしながら、ロシアに核戦争を仕掛けようとしていたのは、案の定、米戦争屋ネオコンの方でした。ところが、日本のマスコミは米戦争屋ネオコンに牛耳られていますから、プーチン発言だけを取り上げて、プーチンをワルモノ扱いしたのです。プーチンはオバマが対露限定核攻撃命令を出したことを知って、核戦争も辞さないと発言したということです。

4.昨年11月の中間選挙で、米共和党が勝利して以来、米戦争屋ネオコンは米露核戦争をオバマに強要していたようだ

 オバマ政権の国防長官ヘーゲルは昨年の中間選挙後、唐突に辞任させられましたが、米国報道(注1)によれば、米戦争屋ネオコンから、米軍の対露先制攻撃を強要されて拒否したからのようです。もし辞任しなかったら、暗殺されていたかもしれません。ヘーゲルは、ケリー国務長官同様に、ベトナム戦争経験者であり、筋金入りの反戦主義者です、だから、オバマはヘーゲルやケリーを登用しています(注7)。ちなみに、上記、コール代将とヘーゲルは連携して、命がけで米戦争屋ネオコンに逆らったと思われます。

 要人暗殺や偽旗テロ殺人を平気で行う、戦争中毒の狂人勢力・米戦争屋ネオコンに逆らうのがいかに大変か、よくわかります。

 日本の安倍自民党や官僚も、凶暴な米戦争屋ネオコンに恫喝されると言いなりになるわけですが、ヘーゲルやコールは命がけで米戦争屋ネオコンに逆らってきたようです。

 米戦争屋ネオコンのいいなりになったら、核戦争が起きて、世界は破滅してしまいます、だから、米国政府中枢部には、命がけで米戦争屋ネオコンと対峙する勇気ある人物がまだいるということです。情けない日本の指導層と比べて、ほんとうにうらやましい。

5.オバマは米戦争屋ネオコンの恫喝に屈したのか

 上記の米国発のロシア情報(注1)では、オバマは米戦争屋ネオコンの要求に屈して、対露限定核攻撃命令を出したようですが、これは辛い命令だったでしょう。

 もし、米戦争屋ネオコンの要求を拒否すれば、ケネディ暗殺と同様の仕打ちが待っています、そこで、オモテムキ、命令を出して、ヘーゲルとコールが拒否したことにして、その場を繕ったのでしょう、とりあえず・・・。

 オバマの背後には、欧州での核戦争を嫌う欧州寡頭勢力が控えていますから、水面下で欧州寡頭勢力に頼んで、プーチンに核戦争も辞さないと発言させて、かろうじて、米露核戦争勃発をひとまず回避したのでしょう。

 一方、それでは収まらない米戦争屋ネオコンはこのまま引き下がることはあり得ません。

 本ブログでは、米戦争屋ネオコンおよびイスラエル・ネオコンは、すでに、限定的核攻撃用の小型核兵器を開発しているとみています(注5)。なぜなら、9.11事件や3.11事件にて、そのような核爆弾が使用されていると疑われるからです。

 2013年、イスラエルがシリアに対して行った空爆で、小型核爆弾が使用された疑いが持たれています(注8)。

 われら日本人は、核爆弾と言えば、広島・長崎の原爆や、きのこ雲の巨大な核爆発(従来型の核爆弾)を連想しますが、その感覚はもう時代遅れです。

注1:Before it’s news “Top US Commander Under Arrest For Refusing To Fire NukesAt Russia“2015年3月19日

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/03/top-us-commander-under-arrest-for-refusing-to-fire-nukes-at-russia-3124790.html

注2:ロシア対外情報庁

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%AF%BE%E5%A4%96%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%BA%81

注3:Navy Times“TACAMO wing CO fired amid investigation”2015年3月19日

http://www.navytimes.com/story/military/2015/03/17/navy-tacamo-co-cole-fired-investigation-cultural/24915989/



注4:キューバ危機

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E5%8D%B1%E6%A9%9F



注5:本ブログNo.1087『核戦争も辞さないと発言したプーチンは第三次世界大戦の危機に気付いている:戦争中毒で禁断症状の出ている米国某勢力はウクライナに次いで米国でもクーデターを計画しているのか』2015年3月19日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34751056.html



注6:本ブログNo.1085『ロシア・プーチンは核戦争する覚悟ができている:米国戦争屋と対立する欧州寡頭勢力は米ドル基軸通貨体制を崩壊させて、世界統一通貨フェニックスで世界再編を計画?』2015年3月16日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34742582.html



注7:本ブログNo.1016『反戦のヘーゲル米国防長官辞任:中間選挙でネオコンが復活した米国は来年シリア戦争を始める、そして日本の自衛隊員が犠牲になる』2014年11月24日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34392373.html



注8:YouTube“Israel is a nuclear attack about Syria”2013年8月20日

https://www.youtube.com/watch?v=RqxlGZRBPkI  

翁長の決意と鳩山の決意(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】翁長の決意と鳩山の決意
.2015/3/24(火) 午後 0:01日記その他政界と政治活動.

 .翁長の会見を見たが、翁長政権は真っ向勝負を決めたようだ。慎重な言い回しの中にも腹は固まったとかの表現も出てきて、アー決めたなと感じさせた。傀儡仲井眞の決定を取り消す方向に舵を切った。温厚な印象の翁長は中々決然オーラが出て来ないのだが、会見で翁長の周りを固めた副知事らの方にそれが見て取れた。これは翁長政権としてやると決めたなと思えた。

これに対して偽日本人政権の方は抗告訴訟で対抗するとしている。常識的に考えれば政権の意を受けた不正裁判となる。今回の翁長政権の決意は当然ながら沖縄独立への志向を内包していると思われる。本来沖縄と日本は民族的文化的に姉妹関係にある。日本の良さというものは世界的に評価があるが、その良さの純粋形が沖縄であり、沖縄に対して安倍らのやっている事は全く非日本人的である。やはりあの連中は偽日本人なんだなと思えて来る。

2月20日、翁長を激励する為に鳩山が沖縄政府(県庁)を訪れた。翁長は辺野古阻止の為に不退転の決意を表明したそうである。その鳩山は3月10日クリミアを訪問した。そしてクリミアのロシア編入を問う選挙の正当性を確認した。この選挙は国際法的にもウクライナ憲法にも合致したものと鳩山は言った。ウクライナにクーデター政権が生じた場合に、恐らく国の一部が民族的独立を志向する事は国連憲章に則っているのだろう。非常事態、緊急事態には何某かの逃避行動が保障されていなくてはならない。そうでなければ違法なクーデター政権の全土的蹂躙行為を認めてしまう事になる。鳩山は実際の経緯を現地で確認し、完全に合法的編入であったと結論付けた。何より住民が幸せを感じている様子が、行動の正しさを証明していた。

何故鳩山がクリミアへ行ったのか。間違いなく大きな背景がある筈である。翁長鳩山会談は非公開だった。握手している写真も出ていない。非公開の中で一体何が話し合われたのか。鳩山は予定されているクリミア訪問についても話しただろう。鳩山は翁長に世界大の観点でのアドバイスを送った思われる。世界の地政学的バランスが大きく変わってきている。今や中露連合が軍事的にも経済的にも政治的にも米を凌駕しつつある。クリミアのウクライナからの独立、そしてロシア編入と言う流れは沖縄にも通じる。

今回の翁長政権の決意の背景に鳩山の動きが見える。ちっちゃな沖縄が独りで巨大な日米ブラック同盟に立ち向かうという構図ではなく、中露連合から吹いてくる順風を背に受けて立ち上がるという構図が見て取れる。ロシアマスコミも翁長政権の動きに注目している。沖縄がブラック日本の末端としてではなく、中露連合と米の覇権争いのホットスポットとして浮上して来た。辺野古に巨大な米の新海軍基地ができる事は、アジア地域の平和と安定に逆行する事は明白である。以前であれば日本の国内問題として静観していた中露も、沖縄が独立志向を持って反米行動を取り出せば黙っていられなくなる。中国沿岸から目と鼻の先に米の新海軍基地が建設されるなどおかし過ぎる。沖縄の声には中露が反応し易い地政学的変化が生じている。翁長は鳩山からこういう話を聞いていたのではないかと思われる。

最早沖縄問題は中央政府対沖縄という文脈上にはない。中露対米という文脈が顔を覗かせ始めた。沖縄が声を大きく上げれば上げるほど中露が顔を出し易くなる。米のお得意の民主主義の問題が中露によって逆手に取られる。世界的に評判の悪い安倍政権の非民主的行為に注目が集まる。米は安倍を積極的に支えられなくなる。嘗ては沖縄問題は見事に世界の目から隠されていた。しかしもうこの状況は様変わりである。

沖縄が大声を上げ続けると、安倍は追い込まれる。沖縄問題で鳩山は政権を失ったが、安倍も同じ運命になる。沖縄の為にと声を上げ続けられなかった鳩山。沖縄の声を踏み躙り続ける安倍。同じ失権でも意味がまるで違う。沖縄は一程程度鳩山を評価している。安倍は完全に拒絶である。安倍は鳩山以上に沖縄で躓く。翁長の背後に鳩山がいるのは間違いない。鳩山は永田町に2年前に東アジア共同体研究所を作ったが、那覇にも琉球・沖縄センターを置いている。鳩山は沖縄に関わり続ける覚悟なのである。

立ち上がった翁長知事の沖縄を全面的に支持する  天木直人(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

立ち上がった翁長知事の沖縄を全面的に支持する  天木直人
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/906.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 24 日 07:43:05: igsppGRN/E9PQ Tweet      

 立ち上がった翁長知事の沖縄を全面的に支持する
http://www.amakiblog.com/archives/2015/03/24/#003196
2015年03月24日 天木直人のブログ


 「私の腹は決めている」

 この言葉を聞いた時、私は身震いするほどの感動を受けた。

 ついに翁長知事が立ち上がったのだ。

 これが保守を自認する翁長知事の真骨頂だ。

 辺野古建設作業の停止を安倍政権に要求した翁長沖縄県知事は全面的に正しい。

 安倍政権は、怒りと狼狽から世迷言を発しているが、とんだお笑いだ。

 菅官房長官や中谷防衛相は「日本は法治国家」だと言った。

 天に唾するとはこのことだ。

 憲法を踏みにじり、恬として恥じないのは安倍政権のほうだろう。

 菅官房長官は、「すでに決まった事だ」、「粛々と進める」、と馬鹿の一つ覚えのように繰り返す。

 何を言っているんだ。

 最後っ屁の様に、退任間際に安倍政権と手を打った裏切り者の仲井真知事を破って当選したのが、翁長知事の沖縄だ。

 それが沖縄の民意だ。

 翁長知事との対話を断り続け、沖縄の民意を踏みにじって来たのは、どこのどいつだ。

 正義は翁長知事の沖縄にある。

 翁長知事の沖縄は、つぎはケネディ駐日大使に辺野古作業の停止を訴えるべきだ。

 安倍政権の強行を認めるようなら、米国は世界の笑いものになる、それでいいのか、と。

 ケネディ大使が本当のリベラル政治家なら沖縄の民意に味方するはずだ。

 米国に良心が残っているのなら、辺野古を断念するはずだ。

 まだ一か月ある。

 翁長知事の沖縄は安倍政権に辺野古断念を迫るべきだ。

 全国の心ある日本国民は、そのような沖縄を支持して呼応するだろう。

 そうなれば安倍訪米は危うくなる。

 安倍訪米が延期されるようなことになれば内閣総辞職・総選挙だ。

 菅原文太が死ぬ直前に沖縄で演説した。

 「弾丸(タマ)はまだ残っている」と。

 いま、その言葉が見事によみがえってきた(了)

NHKよ読売よ クリミアで世論調査やったらどうだ(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】NHKよ読売よ クリミアで世論調査やったらどうだ
.2015/3/23(月) 午後 0:03日記その他国際情勢.

 .VORは発展的にSputnikとなったが、我々ネット言論人にとって唯一の正統マスコミである。今や国内に敵がおり、国外に味方がいる時代である。そのSputnikが伝えたのであるが、米のForbes誌が西側研究機関の多数の世論調査を引用して報じたという事である。クリミア人の意識調査である。クリミア人の大多数がロシア編入を喜んでいるそうである。生活も良くなったそうである。Forbes誌は米国と欧州はクリミアの住民「救済」に関する発言を止めるべきだと指摘している。

西側の調査機関が多数の世論調査をやって、それを米の有力な経済誌が報じている。この事は極めて大きな意味がある。何せロシアのクリミア編入を一方的として米欧日は対露制裁をしているのである。オバマは対露核攻撃まで命令したのである。根本の原因たるロシアによる一方的な編入が実際は違うという事なら、この1年のロシアに対するあらゆる米欧日の行動が決定的非難の対象となる。ロシアは繰り返し正論を言っていたのだが、米欧政府とブラックマスコミはロシアを侵略者として非難し続けた。

鳩山がクリミアを訪問して、クリミア住民の意識を直に探った。そしてForbes誌と同じ結論を得ていた。日本のマスコミは鳩山を寄ってたかって非難した。具体的にどう非難したのか、ブラックマスコミなど見ないので知らないが、ネット情報では酷かったらしい。政府も自民党も民主党も同じだった。ブラックマスコミは口を開けば、ロシアが一方的に編入したと繰り返した。小沢事件の時は、嘘を記載した政治資金収支報告書と繰り返した。読み上げる記事の最初に必ずこういう文言を持ってくる事で、国民を洗脳して行く訳である。

ロシアが一方的にクリミアを編入したのなら、クリミア人はロシアに対して怒っている筈である。しかし、実際は全く逆。元々がロシアの一部という意識を持つクリミア人であった。今回の調査ではロシア系でない少数民族タタール人も調査対象となっていたが、ウクライナよりロシアの一部である方がいいと言ったようである。最早どこにも非難の対象は見い出せない。西側がやった調査でロシアが言っていた正論が証明された。一方的な編入などではなく、ちゃんと手続きを踏んでロシアへの編入をクリミア自身が願い出て、ロシアが受け入れたという事である。だから住民が大層満足するのも当然なのである。歴史の悪戯と言うのかロシアから意に反してウクライナに編入されたクリミアが再びロシアに帰郷する事は、クリミア人の長い夢だった訳だ。

選挙の時も今回の調査でも圧倒的な数字が出てきている。選挙が正しく行われた事も裏付けられた事になる。ウクライナ側の人間は選挙は不正だったと言っていた。それを今回の鳩山会見を伝える中で日本のブラックマスコミは持ってきた。日本のブラックマスコミよ、クリミア住民の声を聞いたのか。鳩山を非難するならその根拠を示せ。住民はこう言っているというインタビューを報じればいいではないか。報じるのはウクライナ側だけか。西側の調査機関がちゃんと世論調査したぞ。お前たちもしなくていいのか。都合が悪くなるとフェードアウトだもんな。もうお前たちのごまかしは通じなくなったぞ。

それにしても米の有力経済誌がクリミア住民の声を伝えるとはどういう事だろうか。何か裏で大きな変化があったのだろうか。オバマの核攻撃命令が失敗に終わった事が影響したのだろうか。世界の覇権が米から離れて行く事が確実なものとなった事を、米の経済誌が認めたのだろうか。もう馬鹿げた核戦争などやらせないという意思の表れなのであろうか。非常に大きな変化が起きている事は間違いない。


オバマの対露核攻撃命令でEUも世界も脱米(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】オバマの対露核攻撃命令でEUも世界も脱米
.2015/3/22(日) 午前 11:14日記ラテンアメリカ情勢..
 
 クリミアのロシア黒海艦隊を狙ったと思われるオバマの限定核攻撃命令は、当然ながら欧州の首脳らにも届いている。誰がって、プーチンがだろう。また中国にも届いている。これがアジアインフラ投資銀行への欧州主要国の相次ぐ参加を促したと考える事ができる。遂に米は一線を越えた。この一線越えはヨーロッパが絶対に拒絶するものだ。それを米がやった訳であるから、最早米欧同盟は維持できない。ヨーロッパの脱米である。それが中国主導のアジアインフラ投資銀行への相次ぐ参加となって表れた。こう考えられる。

キューバ危機の頃と今では時代が全く違う。あの頃はインターネットなどこの世に存在しなかった。世界の市民はマスコミに全ての情報を頼っていた。こういう時代なら核戦争を巡る虚々実々の駆け引きもあり得る。しかし、今の時代はそういう虚々実々など全部世界の市民に立ちどころに暴かれてしまう。世界の権力層に話や情報が止まらない。あっという間に世界市民が情報を得て拡散してしまう。世界市民監視のオープンな場で核戦争の引き金を引く事などできないのである。それをやったのがオバマである。オバマは暗殺の脅威の中で追い込まれたのだろうが、命令した事は最早世界が知る所となった。これでもうオバマは終わりである。ヨーロッパはもう米に付いて行かない。

ヨーロッパを失った米は何もできない。カナダとかオーストラリアとかの傀儡仲間すら離れて行った。米の傀儡仲間が挙ってアジアインフラ投資銀行に馳せ参じた。米の世界支配の基幹部分は金融支配である。それが中国に取って代わられた。米の没落が決まった。中国ももうオバマにこれまで見せたような特別なG2関係の顔を見せられない。中国も米を見放す。今や米に付いているのは安倍のブラック日本だけである。もしかしたらこの日本さえアジアインフラ投資銀行に参加の可能性があるようだ。日中韓外相会談が持たれたが、そこで決まるかも知れない。もしかして米まで参加したりして。もうお笑いである。

禁断の核戦争の扉を開けた米。今の時代、唯じゃ済まない。米は人類世界破壊の犯罪人となった。偽ユダヤ米は9・11で既に人類史上最大の犯罪人になっていた。それに続くアフガンイラク侵略。フセインをでっち上げの理由で殺害した。誰も責任を問われなかった。日本に対しては3・11である。原発爆破である。神戸の大地震も核を使ったらしい。日本は広島長崎、その前年の東南海地震と何度も核攻撃された。

ウクライナではクーデターを起こし、イラクシリアではイスラム国をでっち上げ、国力が落ちかけている状況を挽回しようとした。遂には民間機撃墜事件まででっち上げた。天文学的借金は大戦争によってしか乗り越えられない。何とかして大戦争を目論むが、プーチンの戦略に阻まれた。米にすればプーチンへの核攻撃は不可避だったのだ。このまま座して死を待つ訳にはいかない。核攻撃で事態好転のチャンスを得るしかなかった。核使用が常態化していた偽ユダヤには、プーチンへの核攻撃は当然過ぎる選択だったのだ。

しかし、最早時代がそれを許さなかった。偽ユダヤ米の常識と時代の常識が遂に決定的亀裂を生じさせた。偽ユダヤ米は遂に自ら正体を明かした。人類世界がそれを共有した。偽ユダヤ米は人類世界に対して犯罪人となった。自分で崖から転落した。馬鹿な連中に相応しい幕切れである。


鳩山元首相への激しい攻撃は巨大影響力の証し(植草一秀の『知られざる真実』)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

鳩山元首相への激しい攻撃は巨大影響力の証し(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/748.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 20 日 18:49:13: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-1ee4.html
2015年3月20日

鳩山友紀夫元首相がクリミアを訪問して現地の住民の受け止め方を視察した。

現地で住民の声を聞いて、すべてが分かるわけではないが、百聞は一見に如かずとも言う。

現地に入って、自分の目と耳で現実を確かめるという手法の意義は否定されるものではない。

ウクライナで政変があった。

この政変によって樹立された政権については、その正統性について疑義がある。

このことが背景にあり、クリミアでは住民投票により住民の意思が確認されてロシアへの編入が決定された。

このことについて、クリミアのロシア編入に反対する勢力が、ロシア編入の正統性を認めていない。

しかし、そもそも、問題の原点にあるウクライナの政変についての正統性認定に疑義があるのだから、ウクライナのロシア編入の正統性についても意見対立が生じるのは当然のことであると言えるだろう。

日本がウクライナのロシア編入を認めていないのは、米国がこれを認めていないからである。

クリミア併合後、米国はロシアへの制裁を決めた。

ロシアとの経済的結びつきが強く、ロシアが供給する天然ガスへの依存度が高い欧州は渋々米国主導の対ロシア経済制裁に従ったのである。


安倍政権は鳩山元首相のクリミア訪問について、ロシアによるクリミア併合を認めない立場から激しく非難している。

菅官房長官は、

「総理まで経験した政治家として、あまりにも軽率で極めて遺憾。厳しく批判したい」

と口汚くののしった。

品格を欠く発言である。

安倍氏も菅氏もクリミアのロシア編入について、力による国境線変更で正統性がないと主張するが、歴史的に見れば、

「領土保全」と「民族自決」

のせめぎ合いは数多く存在し、クリミアのロシア編入を国際法違反と断じることはできない。


日本のメディアは、対米追従報道を展開するだけで、もっとも重要な「真実」、あるいは「現実の多様性」をまったく伝えない。

メディアが激しく鳩山元首相を攻撃するのは、鳩山元首相の行動が米国隷従ではないこと、そして、鳩山元首相の影響力が依然として極めて巨大であることを如実に示す証左になっている。


「【日米激怒】鳩山クリミア訪問、モスクワ在住の識者はどう見てる?」

http://www.mag2.com/p/news/10002/2

にも記述があるが、そもそも、ウクライナ自身が、住民の判断で旧ソ連からの分離独立を勝手に決めた経緯を有する。

ウクライナ最高会議がソ連からの独立を宣言したのは1991年8月24日。

ソ連が崩壊したのは1991年12月25日である。

ウクライナはソ連崩壊の4ヵ月前に「中央政府の意志に反して一方的に」独立を宣言したのである。

そして、1991年12月1日に「住民投票」を実施して、「独立」についての住民の承認を得た。

この行動は、当時の中央政府であるソ連政府の意思に反して行われたものである。

このウクライナが、クリミアの行動を非難することができるのか。

このウクライナが、クリミアの独立を国際法違反と避難できるのか。


多くの日本国民は、偏った情報しか入手できていない。

日本のメディアが偏っているから、その偏った情報だけが耳に入り、市民は知らぬ間に「洗脳」状態に陥ってしまっているのだ。

日本のメディアに良心と能力があれば、ものごとについて、多面的、かつ、正確な情報を提供するだろう。

ところが、日本のメディアの大半がコバンザメ、あるいは、茶坊主のような存在ばかりであるため、ものごとについての正確、かつ、多面的な情報を提供できないのである。


ウクライナは旧ソ連崩壊後、東側と西側の対立の前線に立たされてきた国家である。

このために、ウクライナの政情そのものが不安定で、政治権力も右に振れ、左に振れてきた。

ヤヌコヴィッチ政権は親露政権であり、米国にとっては邪魔な存在であった。

米国はCIAなどの諜報機関をも活用して、ウクライナのヤヌコビッチ政権の転覆工作を執拗に仕掛けてきたと見られている。

その結果としてヤヌコビッチ政権が転覆され、ポロシェンコ政権が樹立されたわけだが、基本的には欧米西側陣営の傀儡政権であると言える。

クリミアの住民の多くがロシア系であり、住民多数がウクライナの政変に賛同していない。

この住民が住民投票を実施して、クリミアのロシア編入を決定したのである。

したがって、絶対に一方が正しく、絶対に他方が間違っていると判断すること自体が間違いなのである。


米国のポチ政権が米国の言いなりに行動するのは、むべなるかなというものだが、すべての日本国民が米国のポチになる必要など微塵も存在しない。

鳩山友紀夫元首相は、米国の言いなりにはならない、この国では稀有の、独立自尊の気概を持つ政治家である。

だからこそ、米国も米国のポチも鳩山友紀夫氏を恐れているのである。

鳩山元首相に対する、常軌を逸した批難攻勢は、図らずもこの真実を浮き彫りにするものになっている。

スイスとルクもア銀に参加、プレトンウッズ終了、日中韓首脳会談で日本も参加濃厚、ドル詐欺陣営は詰みです(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

スイスとルクもア銀に参加、プレトンウッズ終了、日中韓首脳会談で日本も参加濃厚、ドル詐欺陣営は詰みです。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/366.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 3 月 21 日 14:22:38: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

NZとアルゼンチンとカナダで鯨が上がりましたが、もう津波詐欺で脅しても、ドル詐欺で丸裸にされる方がもっと怖いわという事で、こうなるとハザールも打つ手がありません。
日本も、金目の物は全部やるから、無理心中はお断りと、ヒモに手切れ金を払って別れるべきです。
昨日も書きましたが、現在の貯蓄よりも、世界の中心がすぐ隣で、二大横綱がお隣さんという超一等地になるメリットの方が大きく、旬を過ぎた八百長横綱の付き人などしていても、連帯債務を負わされるだけで、巨額の貸付金とカツアゲ金の返済に期待して疫病神と一緒にいると、大損・丸損以上にひどい目にあいます。
米国もドル詐欺の責任を、日本に言われて仕方なくジャイアンをしていましたー、僕も被害者ですー、みたいに被害者筆頭の日本を教唆犯に仕立てあげる事など連中にしてみれば朝飯前で、最近よく見かける教皇派対天皇派とかプーチンがネタの黒幕だとかいうレッテル貼りは、ハザールがでっち上げているように思えます。
とにかく、他人に責任転嫁する天才で、私もまだほのぼのとした時代ですが、痴漢の後ろに立っていて、次の駅まで犯人と誤解され続けた事があり、被害者の子だけが味方という経験がありますが、
米国もハザールの命令で日本に責任転嫁してちゃっかりアジア銀行に参加とか万が一にも嵌められないうちに、尼寺に駆け込む事です。
ウケ狙いではないですが、カナダがトンズラする筈ですから、待てー、お前までG7を抜けるのかー、待て待てーと八分のスピードで追い掛け、アメリカがセピア色に見えてきたら、そこで全力ダッシュでカナダを追い越して参加するのがいいと思います。
いずれにしても、スイスがユーロペグを外した時に見えていましたが、スイスもアジア銀行に参加したのですから、日本が原爆投下した連中に義理立てなど必要で、ただし金持ちに限るのアラサーみたいに、ドライな判断が必要です。
まな板のどじょうもスパイクを履いてクラウチングスタートの準備が必要です。

トンズラをする時、アーハー、それは今ー、
トンズラー、見捨てられた米、お前を助けやしないー、
尽くすという事はー、一夜限りのワンナイトショー、
矢のように走る時の間で逃げる事さー、
今夜ー、お前は破産、もう助けないよー、
この魂の全てでー、お前から逃げるさー、
銀幕の中の泣き顔のビビアンリーのようさー、
締め切りが来る前にー、俺たち風と共に去ろー、
だからトンズラー・・・
という感じで、ちょっと字余りでしたが甲斐バンド自体
調子外れで無理矢理歌詞をぶっこんだ感じなのでご勘弁です。

米のクーデターは失敗したのではないか(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】米のクーデターは失敗したのではないか
2015/3/21(土) 午前 11:43日記アメリカ情勢

 プーチンの雲隠れは何かの国家緊急事態が発生した事を窺わせた。クリミア編入一周年はロシアにとっても米にとっても極めて重要なイベントである。これを無事通過すればロシアの勝ちとなる。何事も時間が勝負である。米にとっては一周年を無事にロシアに祝われてしまったのでは、クリミア編入が既成事実化してしまう。米にとっては一周年祝賀をぶち壊したい。ロシアはそういう米の企みに厳重警戒となる。
 結果は無事通過であった。しかし、裏ではもしかしたら劇的な事が起きていたのかも知れない。何もなく無事通過という事ではなく、何か決定的な事があったのだが無事通過という事だったのかも知れない。そしてそれはもしかしたら、決着完了という事なのかも知れない。
 米の中でも誰が一番クリミア編入一周年をぶち壊したいか。それは戦争屋だ。マケインだのなんだののシオニスト、ネオコンと言われる所の連中である。共和党系が主だった所である。この連中がウクライナクーデターを仕掛けた。イスラム国劇団を創設した。この世のあらゆる戦争に関わる悪魔集団である。この連中にとってプーチンは憎んでも憎み切れない。プーチンにクリミア編入一周年を祝わせたくない。情勢はずっと連中にとって不利に動いていた。ここで一発大逆転を狙ってもおかしくない状況であった。ネムツォフ暗殺事件も恐らく連中の仕業だ。これも全く不発に終わり、いよいよ一周年祝賀が目の前に迫った。
 こうなった時、連中が考える事は起死回生の大事件勃発である。想像するに、クリミアのロシア黒海艦隊基地に限定核攻撃をすれば一挙に事態を転換できる。そのまま一気に米露戦争に雪崩れ込む。追い込まれた戦争屋がクリミア編入一周年をちょうどいいチャンスにして、一挙大逆転を狙って戦争を仕掛ける。中途半端な戦争ではインパクトはない。仕掛けた方が世界から非難される。やるなら限定核戦争である。クリミアのロシア海軍基地を一挙に崩壊させる。こうなると、米英ブラックマスコミは攻撃した側を非難するのでなく、ロシアのクリミア編入という悪行が成敗されたという方向で報じる筈である。連中は兎に角プーチンに大打撃を与えたいと思っていた筈である。それにはクリミア編入一周年に、クリミアのロシア艦隊基地を一挙に崩壊させる事である。こうなれば、流石のプーチンも頭に血が上り戦争モードは不可避である。
 びっくり情報が出て来た。真偽は分からない。オバマがロシアに対して限定的先制核攻撃を命じたと言うのである。しかし、米海軍大将(女性)が命令に従わなかったと言う。この大将は逮捕され投獄されたそうである。ほんとかどうか知らないが、あり得るとも思う。ロシアじゃプーチンが雲隠れ、米じゃクーデターという情報が出て来た。業を煮やした戦争屋がオバマ政権にクーデターを仕掛けて一気に世界戦争に持ち込もうとした可能性は無ではない。オバマは暗殺の恐れを感じていたかも知れない。オバマは言われるままに核攻撃を命じたのかも知れない。しかし、それは封じられる事がオバマには分かっていた、のかも知れない。
 米露中の間では世界戦争はしないという了解が成立しているという情報もあった。軍の上層部で核戦争の暴発を阻止する密約ができていたのかも知れない。軍内部にも良識派と悪党派がいるだろう。良識派は国を超えてネットワークを持っていた可能性がある。米軍内の悪党派が一気にクリミアのロシア基地を核攻撃して世界戦争への扉を開こうとクーデターを起こしたが、良識派の罠に嵌って核攻撃が不発に終わった。
 恐らく、悪党派の核戦争惹起は事前に封じられていたのだろう。それが今回ハッキリしたという事だろう。米と言う世界権力が権力を失う時、内部では色々の分裂的動きが起きる。最悪事態を回避する為に米中露間で良識派の連携があったのかも知れない。そうであれば、今回の事を以て世界権力の移動が無事完了と言う事になる。
 鳩山のクリミア訪問はこの無事完了が分かっていたからなのかも知れない。プーチンの雲隠れは最後の局面での事態監視だったのかも知れない。オバマはシリアにもイランにも平和的態度を見せている。一応理解できる。
 ネット言論としては推理する以外にないのであるが、ある程度自信はある。所詮人間のやる事である。目星はつく。



プーチンの雲隠れは核臨戦態勢の確認だろう (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】プーチンの雲隠れは核臨戦態勢の確認だろう
.2015/3/20(金) 午前 11:40日記その他国際情勢..

 プーチンが何日間か姿を見せなかった事が様々な憶測を呼んだ。重病説やらクーデター説まであった。米でもクーデターが起きているという話もある。もう何だか分からない。何れにせよ何かがあってプーチンの雲隠れがあったのだろう。

雲隠れと言えば、習近平にもあった。2012年9月の事である。2週間ほどあった。いろんな事が言われた。この頃の習近平はまだ評価が定まっていなかった。良からぬ方向での噂が噴き出した。しかし、この後習近平は立派に中露連合の大黒柱となった。今回のプーチン雲隠れも良い方向での何かの仕込みだったと思う。一番考えられるのが、核臨戦態勢の確認である。いよいよ偽ユダヤ米英覇権が崩壊しかけている。最後に何か仕掛けて来る危険性がある。丁度クリミア編入一周年祝賀の時と重なる。ロシア全土で70万人が参加して祝ったそうであるが、ここに何か良からぬ企てが仕掛けられたら台無しになる。テロもあり得るし、最悪戦争勃発もある。プーチンはクリミア編入一周年を無事に乗り切る為にロシア軍、特務機関等に万全の臨戦態勢を敷かせたものと思う。

プーチンは決して攻撃的人間ではない。但し敵の攻撃を予測し万全の備えをする。一旦事があれば、敵を一気に殲滅する。防御に万全を期すのがプーチンである。ウクライナ内戦の行方は一応停戦合意の範囲内にある。しかし、ネムツォフ殺害事件のような不穏な動きもある。プーチンにすれば、クリミア編入一周年こそが最も警戒すべき事となる。もしここで戦争を仕掛けられたら、不意打ちを仕掛けられたら、プーチンの痛手は最大になる。ウクライナクーデターはソチオリンピック開催期間に仕掛けられたのだった。同じような事がまた起きる危険性は非常に大きい。

プーチンはクリミア編入一周年の記念番組で、情勢の推移によっては核臨戦態勢もあり得たと語った。実際にはそうならなかった訳だが、プーチンの警戒心は一周年記念祝賀行事が全て終わるまでは解かれる事はなかった筈である。政府と軍の臨戦態勢を確認する必要は絶対にあった筈である。追い詰められた偽ユダヤ側がどういう反撃をして来るか、常に最悪を想定して万全の準備をしておかねばならない。つまり核攻撃に対する備えを確実にしておかねばならなかった訳である。その為にプーチンは表から姿を消して実地に指導を行ったのだろう。

中露連合と偽ユダヤ米欧の戦いは事実上決着している。中露側の勝ちである。しかし、暴発に対する備えまできちっとやっておかないと本当の勝利とはならない。最後の詰めが今最も重要事である。結局プーチンは記念祝賀行事に再び姿を現した。これが影武者という情報を出す者も出てきたが、あり得ない。実際の動画を見ると本物である。プーチンの影武者など無理である。声まで出していた。

プーチンはこの場に姿を見せ、国民に語り、祝賀行事を無事終える為に雲隠れしていたのだ。これが最も合理的解釈である。中国はアジアインフラ投資銀行設立で米欧を完全に分断した。経済金融面で中国が、軍事面でロシアがそれぞれ分担して、偽ユダヤ米欧支配体制を終焉に導く事にしたと思われる。暴れん坊の悪ガキを大きな大人2人で完全に封じ込めたのだ。

プーチンは最後の詰めに心血を注いだ。雲隠れも当然である。


プーチンの核と広島長崎の核は全く違う(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】プーチンの核と広島長崎の核は全く違う
.2015/3/19(木) 午後 1:53日記その他国際情勢..

 中国主導のアジアインフラ投資銀行になぜか欧州主要国も参加する事になったようだ。別に新たな世界銀行を作ろうという訳でもないのに、どういう事だろう。察するに、アジアは今後凄まじく膨大な開発余地があり、同時に金もある。だからここに参加しないと世界経済レースから取り残されてしまう。もう欧州諸国も米に義理立てている余裕はないという事だろう。まさか韓国まで参加とは思わなかったが、こうなると参加しない方がおかしい。欧州が参加して隣の韓国が不参加なんておかし過ぎる。米の傀儡韓国も参加に動くだろう。世界の主要な経済体が皆参加となれば、事実上の新世界銀行だ。旧世界銀行系は米日のみとなる。もう米の破綻は時間の問題だ。ドルの基軸通貨という栄光は終わってしまった。

それにしても早かったなぁと思う。過去と違って現在はこういう形で覇権が移動するのだ。架空金融で我が世の春を極めた偽ユダヤ米は、結局実体金融に地位を奪われた。架空は架空でいつまでも現実ではない。架空の崩壊はあっという間だった。この崩壊に日本も巻き込まれる可能性があるようで、年金も貰えなくなるようだ。馬鹿な日本人。しかし、すぐ立ち直れるだろう。米と関係が切れさえすればすぐに中露連合と連合形成だ。

先日プーチンがクリミア政変に絡んで場合によっては核使用もあり得たと発言したが、この核使用の対象は勿論米やNATOの軍事部門である。しかし一旦核戦争が始まると都市が狙われる事もあるだろうが、根本は対軍事部門の核使用である。

よくもし日本が原爆を持っていたらという話が為される。日本だって使った筈という訳だ。しかし、この場合も対軍事部門である。日本が米本国まで原爆を持って行って都市に落とすという事ではない。しかし、偽ユダヤ米は平然と普通の都市の真上に原爆を落とした。これぞ正に無差別大虐殺というものである。原爆使用の頃の戦局はもう決着していた。ソ連まで参戦して来て日本にあらゆる勝ち目の可能性が無くなった。このような状況下で一般の都市の真上に原爆を落とすなどという事は、戦争犯罪以外にない。考え得る究極の戦争犯罪である。日本もアジア侵略で一般市民の大虐殺をやったが、それと一般都市への原爆使用とは根本的に違う。侵略行為に付随する虐殺は人間が人間を殺す行為で、双方に負の遺産が残る。一方原爆使用は、人間が人間を殺すのではない。原爆が人間を殺すのである。原爆は正に悪魔である。広島長崎の市民は悪魔に殺されたのである。

軍事部門同士の戦いで核が使われるのは当然である。核を持つ軍隊同士の戦いは悪魔の戦いである。核で双方が死滅してもいいのである。しかし、一般市民の都市に悪魔を落とすとは、その者は正に悪魔である。悪魔の兵器を持った者には、自らが悪魔になってはならない責務が生じる。偽ユダヤ米はこの責務を放棄した。何十万人の一般市民の命を一瞬に奪い去った悪魔、それが偽ユダヤ米であった。

こんな国の傀儡になったのが日本である。今日本は最低である。今も日本は悪魔に生き血を吸い取られている。悪魔に地震も起こされて何万人も殺された。こんな悪魔な国を潰そうと立ち上がったのが中露連合だったのである。悪魔がクリミアに接近した時、これを同じく悪魔の兵器で撃滅するのは当然である。悪魔には悪魔を使う。プーチンは当たり前の事を考えただけである。一般市民を悪魔の餌食にした偽ユダヤは相応の報いを受けなければならない。



ベン・欧州はブリックスに参加、NYと東京市場以外は新金融システムに移行、福田が中国へ、TPP会合開催困難、です(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/352.html

ベン・欧州はブリックスに参加、NYと東京市場以外は新金融システムに移行、福田が中国へ、TPP会合開催困難、です。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/352.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 3 月 19 日 09:52:10: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

元要人の、三月にドルが消える、発言は英独仏伊の米国離れで現実のものになったと評価していいと思われます。
ただし、スッキリとはゆかず連中の抵抗が激しく、日米市場についてはドル詐欺陣営が手放さぬまま見切り発車といった所でしょうか。
やはり、連中にしてみれば落城するまでは見苦しく抵抗したいのだと思いますし、今回の覇権交代は裏舞台や局地戦は別として大戦争抜きで行われた画期的なもので、戦争詐欺が時代に否定されたのも大きな変化です。
また、金融システムの変更というのは、紙と算盤や電卓の時代は大変な事でしたが、スパコンとネットの時代は、コンビニのシステム変更や消費増税対応と同じで、現場は混乱するにしても簡単な事で、簡単な事という事は、覇権も以前のようにベールに包まれた重々しいものではなく、政権交代の度に変更する事も可能なぐらいにお軽い身近なものになったという事です。
それも当然で、家庭の予算も会社の経理も国家予算も世界経済もパソコン画面上で操作されるのは同じことで、コンビニのポスシステムの方が複雑なぐらいで、小さな数字も大きな数字もリアルタイム管理と情報共有が簡単な時代に、一握りの者が密室で適当に配分したり恣意的に操作するなど無理で、単式簿記の特別会計で誤魔化すとか使途不明金だとかが通用しない時代で、これらも技術的に誤魔化せていた訳ではなく、米軍という暴力会計とバックリベートで口封じという古典的な手法だった訳で、全体の数字をみんなでチェックできる時代に通用する手法ではありません。
それもこれも、連中は、奴隷に対しては徹底的に明朗会計を求め、自分達は昔ながらのどんぶりという、他人に厳しく自分に甘くという、幼稚な支配をしてきた結果で、自業自得という事です。
これから、二大会計が並立して、不明朗会計の方からどんどん実体経済が逃げていき、架空経済のババ抜きと破産処理が為されてゆくのだと思いますが、テレビドラマで進学校とアホ学校が隣り合わせて様々なドラマを生むとかいうのが有りましたが、アホ学校は人情あり友情ありでしたが、欣ちゃんの良い子悪い子普通の子に例えると、良夫と普通男が新経済システムに移行し、キチ男がドル詐欺経済の中でドタバタを演じて笑いをとるという展開になると思いますが、日本も早くキチ男の建前親友実態はパシリという境遇を脱し、良夫達に生徒会長になってくれと言われる立場になりたいものです。
それには、泣き虫先生や金八先生や水谷豊の先生や夜回り先生になったつもりでキチ男に接し、きっちりけじめをつけさせて、それでも駄目なら武田鉄矢の母のように、死ねと引導を渡す所までやらないと世界のリーダーにはなれず、大損・丸損覚悟で、執着しているものが間違っていると分からせなければならず、まさにスクールウォーズです。

プーチンに政治権力の怖さを教えられる経済権力(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。


【朝のメッセージ】プーチンに政治権力の怖さを教えられる経済権力
.2015/3/18(水) 午前 11:30日記その他国際情勢.

 .アジア銀行(アジアインフラ投資銀行)にアジア以外からもどんどん参加国が増えて、IMFだの世界銀行だのの権威は一敗地に塗れるようである。もう勝負ありである。偽ユダヤ米の権力は架空経済架空金融の上にあり、そこを実体経済実体金融で置き換えられてしまったのではどうにもならない。米と言う国は権力の観点から言うと潰しが効かない。海賊国家が本性であるから国家の再生などやり様がない。哀れな姿である。巨大な軍事力と巨大な謀略で哀れな姿を糊塗してきたが、それができなくなった。おしまいである。

巨大だった米は中露連合という更に巨大な存在の登場によって覇権者の地位を失った。今我々は巨大な仕掛けの崩壊を見ている。米と言うのは偽ユダヤ経済権力による人類史上最大の仕掛けであった。歴史も文化もない単なる仕掛けである。民主主義もその中の一部という事であった。初めから偽物である。経済権力の強欲がこの巨大な仕掛けを生んだ。この仕掛けを守る為に巨大な軍事力が必要だった。そしてあらゆる謀略が必要だった。金融もその中の1つである。金融と軍事でぶっちぎりのトップを走った米は、自らの巨大な仕掛けが永遠だと思い込む。金融と軍事では実体経済は作り出せない。実体経済は他の人類に任せ、自分はそれを奪い取るという形を作った。

しかし、そこに中露連合が立ちはだかった。少し前まで中国もロシアも国家として酷い状況だった。日本がバブルの頃、中国の何倍もの国力があった。中国は人口ばかりが多い巨大な後進国に過ぎなかった。人口のあまりの多さが却って発展の足かせとなっていた。一人っ子政策もそこから出て来た。しかし、今やこの巨大な人口が巨大な経済力を支え始めた。こつこつと世界の工場の役割に徹し貧困から脱して行った。毎年10%以上の成長を果たし、それが目に見える発展という形に結びついた。巨大な貧困が今や巨大な市場となり、巨大な経済を生み出した。偽ユダヤの巨大な架空経済を支えた中国の巨大な実体経済となった。

この巨大中国に目を付けたのがプーチンであった。プーチンのロシアも偽ユダヤに酷い目に遭わされていた。ロシアの名誉を回復するべく徹底的に国内改革に取り組んだ。それが偽ユダヤオルガリヒの追放であった。プーチンは偽ユダヤ経済権力と正面から衝突した。プーチンこそが恐らく人類史上最大の政治権力者である。プーチンは巨大中国と連合を形成する事に活路を見出した。この一手に全てがある。偽ユダヤ経済権力の謀略と真逆の政治戦略である。

政治の邪道を歩む偽ユダヤ経済権力。政治の王道を歩むプーチン。中国はプーチンを取った。流石歴史と文化の大国中国である。政治の王道を歩むプーチンに決定的に引き寄せられた。中国とロシアの連合体はあまりにも巨大で、巨大な米も霞む。政治権力の一手は経済権力には恐ろしいものである。謀略レベルの事に頭を使っていると、こうした一手は思いつかない。プーチンは中国の心を掴んだのだ。謀略三昧では心は貧困になる。

政治家の一手とは凄いものである。偽ユダヤ経済権力には決して達する事のできない高さがある。プーチンは偽ユダヤ経済権力の手の内を全部読める。常に先回りして対策を取れる。政治権力者の怖さを初めて知る偽ユダヤ経済権力である。もう黙って引き下がる以外にない。


政治権力者は経済権力に対して核を使う( ryuubufanのジオログ)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。


【朝のメッセージ】政治権力者は経済権力に対して核を使う
.2015/3/17(火) 午後 0:17日記その他国際情勢.

 .プーチンの核臨戦態勢発言はショック療法として効果が高かったようだ。偽ユダヤ米欧は経済権力支配下であり、そこにいるのは政治屋ばかりだ。本物の政治家がいない。だからプーチンの本物ぶりが理解できていない。政治屋と政治家は全く異なる種族である。政治家は自ら決定する。政治屋は経済権力の傀儡である。決定権はない。経済権力は政治屋ばかりに囲まれている。本物の政治権力とはどういうものか知らない。偽ユダヤ米欧はプーチンの本物ぶりを理解できていなかったのである。

クリミアのロシア編入が明日で1年になる。プーチンがこの機を捉えて核臨戦態勢に言及した。北朝鮮の核の脅しとは比較にならない。この脅しは特にヨーロッパ首脳にはショックだっただろう。ヨーロッパは英仏などは核保有国だが、米露に比べればその核戦力は微々たるものである。ヨーロッパは核戦争に主導権を握れない弱い立場だ。従ってプーチンの核発言の打撃度は米に対してよりもヨーロッパに対しての方がずっと大きい。恐らくプーチンの口から核発言があるとは思いもしなかっただろう。

プーチンは何故わざわざ核発言をしたのか。プーチンは本物の政治家であり本物の政治権力者である。この事をヨーロッパ首脳によくわからせる必要があった。プーチンには彼らが取るに足らない者に見える筈である。オバマにしてもそうなのだ。経済権力の傀儡役者に過ぎない。プーチンと傀儡達とでは話がかみ合わない。この事がウクライナ情勢を悪化させている。人間は一度酷い目に遭うと考え方が変わる。そうでない場合歯止め無き暴走が始まる可能性が高まる。偽ユダヤ米欧のプーチン攻撃は息つく暇もなくどんどんエスカレートした。正に暴走である。そこでプーチンは言葉で暴走にブレーキをかけたという事である。

経済権力とその傀儡政治屋達に本物の政治権力者のメンタリティーを分からせる必要がある。プーチンには連中のメンタリティーは分かっているが、その逆は真ではない。政治権力者と経済権力ではレベルが丸で違うのである。政治権力者は国民の為なら、更には人類の為なら邪悪な者に核を使用する事に一切の迷いが無い。政治権力を経済権力が凌駕するような事があってはならない。それは自然の摂理に反する事である。馬鹿な経済権力はプーチンに圧力をかければ折れてくると思っている。しつこく経済制裁をやっているが、全く効かないのである。プーチンが圧力に屈するなどという事は神が許さないのである。それ程にプーチンの決意は固い。プーチンには経済権力が世界支配をしている状況は絶対に許せない。ロシアを弱体化させる為にウクライナクーデターを仕掛け、クリミアを編入したロシアに戦いを挑もうとするような事があれば、プーチンはこれを断固として撃滅する。本物の政治権力者が自ら経済権力の軍門に下るなどという事は金輪際あり得ない。政治権力者は経済権力の撃滅に、最終的に核を使用する事に戸惑う事は無い。あってはならない事はどこまでもあってはならない。その為には究極の武器も使う。これが本物の政治権力者である。

偽ユダヤ体制には未だ嘗て本物の政治権力者が現れなかった。従って、それがどういうものか本当の所知らないのである。経済権力が一線を越えたら迷い無くやる。政治権力者の本質を経済権力に知らせる必要があった。プーチンはそう考えていたに違いない。クリミア編入一周年を機に核臨戦態勢発言をして、警告を発したのである。お前達が見ているプーチンとはこういう人間であるという事を思い知らせる必要があった。プーチンはお前達が知らないタイプの人間である事を知らせる必要があった。

核の脅威は偽ユダヤ側にも等しく降り注ぐ。経済権力もその傀儡達も本当は臆病者である。自分の利益第一の強欲主義者達ばかりであるから、自分にも核の脅威が降り注ぐという事の実感が無かった。プーチンは連中に怖さを知らせた。

政治権力者というものを恐れよ、馬鹿者ども。


剣・勾玉・鏡の「三種の神器」は測量・通信の道具だった!(zeraniumのブログより)

≪zeraniumのブログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-952c.html

剣・勾玉・鏡の「三種の神器」は測量・通信の道具だった!

木内   今年、剣山(つるぎさん・四国徳島県の最高峰で標高1955メートル)に登ったのですが、おもしろいことがありました。剣山は昔、太陽光を反射させた通信などいろいろやっています。最初、私には何か光を操っていたという感じがあったのですが、それが何かわからずモヤモヤしていました。

   みんなでそこへ行った時、私は過去の時代の人の目線を借りて風景を見ていたら、夕日が沈んでいくとき、(当時の)山の形がまだそこにあって見えていました。それで、「そこには太陽が沈んでいくときの光を反射させている大きな岩があって、そこはこういう方向のこういう山の状況だった」と私が言うと、地元を案内してくださった人が、「それは知っているけども、あんなところにそんなものはないですよ」と言うのです。

   「でもそういうふうに見えるんです」と私が言うと、「鏡石(かがみいし)だったらあそこにあるけども、あれは多分違うと思います」と言われて、みんなで行ってみることにしました。そうしたら本当に真っ平らの石で、(鏡石とはいえ)どちらかというと砂岩に近い石で、物を反射するようなものではなかったのです。

保江   要するに目が粗(あら)い。

木内   粗いんですが、テカテカしていて手をかざすと手が映るんです。
      私はそれを見つけてしまったのですが、地元でずっと調査している人がそれに気がつかなかった。多分誰も気がついていません。私が「ここでこれが西を向いていて、夕日が沈んだとき山の影がこうだった」と話したので地元の人にわかり、でも「そんなものはない」はずだったのに、行ってみたら「あった!」という話です。すごいことですね。私は最近、こういうのがおもしろいのです。

昔の人々は「光通信」を行なっていた

   よく山の頂上に神社がありますね。
   昔、松尾芭蕉が東北に行って俳句を作っていますが、詠んだ俳句を京都まで送らなければいけない。しかし実際に東北まで行って、3日以内に京都まで送れるわけがありません。

   最近書かれた本では実際には行かなかったんじゃないか、適当に書いたんじゃないかというのがありますけども、でも実際に行ったかもしれません。なぜそう言えるかというと、磐座(いわくら)というものを見ると、東西南北の印が刻まれているものがあり、真北がわかります。それは地球の回転軸に対して正しく設定されています。

   おそらく昔、暇な人が山の頂上にいて、太陽が昇ってくるのを調べているうちに、Uターンする場所を見つけてそこに棒を立てました。また後日行ってみると、別のUターンする場所を見つけて棒を立てた。そうやってここが春分、ここが秋分だろうという暦を作りました。私たちは農耕民族なので、種を蒔く時期をそうやって調べなければいけない。

   それをやっていたのが、神職の方々です。
   それを農民に教えなければいけないので、地域によってわずかなずれはありますが、円を描いた石を置いておきました。そうするとそれを見て、そこから太陽が上がって来るときは田植えの時期だということが農民にもわかったのです。

   私はそういうことを調べて、肉体の生死をさまよっているときに見たことを話すと、周りの人たちは「木内さん、見てきたようなことを言いますね」と言うので、「はい。私は見てきたようなことを言っています」と言います(笑)。

   たとえば春日(かすが)という神社がありますが、ずっと向こうの山の頂上にも春日神社があり、こっちの山にも春日神社があって、全部直線で結べたりするのですが、あれは通信網なんです。つまり神社には鏡があり、それを使って光で通信することができるのです。今でも飛行機などではやっていますが、たとえばイロハのイはこういう合図というのを決めておけば通信ができはしませんか?

保江   その通りです。
      みなさん、半信半疑の方がいるかもしれませんが、原始的な方法の中で、太陽の光を鏡で反射させる方法が、もっとも遠くまで知らせる方法なのです。先ほどの話で、孤島に墜落してしまって助けを求める時、捜索に来てくれた飛行機などに「おーい」と手を振ったところで、それでは絶対にわかりません。300メートル以上の上空から視力2のパイロットが下を見て、人間が立って手を振っている姿は見えません。

   私はサバイバルグッズを持っていますが、その中にはノコギリやナイフ、缶切り、栓抜き、なぜ栓抜きが要るかわかりませんが(笑)、これの裏側が実は鏡になっています。これは別にサバイバルのときに、女性がお化粧するためではありませんよ。これは飛行機やヘリが来たら日中であれば光を反射させて、飛行機にそのキラキラをキャッチさせるためです。

   そうすると上空であっても光るのを見つけてくれます。
   1000メートル近い上空でも、とにかくキラッと一瞬光れば人間にはわかります。そのためにサバイバルグッズの栓抜きの裏は鏡面磨きになっています。補足説明でした。

剣・勾玉・鏡の「三種の神器」は測量、通信の道具だった!

木内   春日神社だけでなく、他の神社の場合もあります。
      つまり一つの神社のラインが(天気が)曇っていると、ほかのラインを使います。ほとんどの場合そういう頂上は見通しがいいのですが、今そうした山の頂上には携帯電話のアンテナがたくさん立っています。昔はこうやって互いに通信していたようです。昔は光通信だったのです。

   京都などがそうですが、東西南北にきれいに線が引いてあります。
   あれはどうやって線を引いたのでしょうか。北側の人が南側の人に指図する必要がありますが、たとえばNHKの番組ではそのために「のろし」を上げると言っていましたが、のろしを上げても煙が違う方向に行ったらどうするのでしょうか。のろしというのは、木があると下を這っていってしまい、あちこち散ってしまいます。

   こういう時は、自分のいるところから鏡に反射した光が真っ直ぐ行くように照らし、向こうにいる人がチカッと光ったのを見たところに棒を立てればいいわけで、それが直線になります。

   その測量に使われたのが「三種の神器」です。
   神社にある鏡はそのように使われました。私はそれを見てきましたので、「ああ、そうだった」と思い出しました。

   勾玉(まがたま)は垂直を見るための分銅なのです。
   あれは先端が丸まっていますが、先端が丸まっていると、中心がわかりやすいのです。そのほうが今のものよりもぐあいがいいのです。剣(つるぎ)は、後ろに穴が開いており、鏡の後ろの突起を入れてやると、六分儀(ろくぶんぎ・天体の角度や水平方向を測る道具)と同じような使い方ができます。

保江  なるほど。まさに六分儀ですね。

木内  これらは測量の機械なのです。



   死んでる場合じゃないよ
『予約フライト篇 あの世飛行士』 木内鶴彦×保江邦夫 ヒカルランド


プーチンの核臨戦態勢発言は事実上の勝利宣言(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】プーチンの核臨戦態勢発言は事実上の勝利宣言
.2015/3/16(月) 午前 11:50日記その他国際情勢..

 クリミアがロシアに編入されて1年である。去年の3月18日の事であった。1周年という事でロシアのテレビも特集を組んだ。「クリミア、祖国への道」というタイトルの番組だったようだ。VORも詳しく番組中のプーチンの言葉を伝えている。ウクライナクーデターの真の黒幕が米である事もプーチンは明言した。クーデター政権によってクリミアがどういう悲惨な状況に陥るかは火を見るよりも明らかであった。キエフはロシア人が多く住む東部南部にミサイルを撃ち込む。クリミアも同じ目に遭っていたのは間違いない。クリミアは美しい所である。歴史的にも文化的にも正にロシアの真珠と言うに相応しい。ここが大混乱と破壊に瀕する事は、プーチンには受け入れられない事であったのは当然である。クリミアの防衛はプーチンには全く迷いの余地はなかった。日本では全く伝えらえていないが、1年前クリミアでは米軍特殊部隊100人とロシア正規軍の間で衝突があって、米軍が全滅したらしい。板垣情報であるが、世界ではすっかり知れ渡っているそうだ。プーチンのクリミア防衛に対する本気度が分かる。偽ユダヤ米欧のロシアに対する絶え間ない攻撃的姿勢も、ここまで来ると一線越えと言う事になる。我慢を強いられてきたプーチンも遂に牙を剥くと言う事になる。

番組でプーチンは軍に核の使用の準備を命じる事も考えていた事を明らかにした。米欧側がどういう行動に出るか予測し難い当初に、万一に備える事は当たり前である。もし大規模な奇襲作戦をやられた場合、軍事目標に対する限定的核使用もあり得る。当然ながら核使用はファーストチョイスではない。クリミアとロシアの安全に最終責任を負うプーチンのファイナルチョイスであり、当然の準備である。軍事的には当たり前である。米欧側にも同じ事が言える。だから一旦ウクライナで露米間で戦争が始まったら、人類滅亡とプーチンは言ったのである。ファイナルチョイスだからまずそれはないという現実的判断もある。核の臨戦態勢も考えていたが、それは起こらないだろうと思っていたとプーチンは言った。軍事と言うのはそういうもので、極々当たり前の事を言っただけであるが、ブラックマスコミはこれを歪めて伝えた。

露大統領「ウクライナ危機で核兵器を準備した」・・・・という具合である。VORはそうは伝えていない。「クリミア情勢如何ではロシアの核戦力が臨戦態勢に入ったかも知れない」である。情勢の推移を見て核の臨戦態勢を軍に命じる可能性も見据えていたという事で、実際には命じる必要はなかったという事である。オバマだって常に核使用の可能性は見ている。核を沢山持っているという事は常に使用の可能性があるという事である。国家の指導者として当たり前の事を言っただけであるが、日本のブラックマスコミはプーチンは核を使うつもりだったと大仰に言いふらした訳である。そんな事を世界一の政治家が今言う訳がないだろうが。

プーチンが今敢えて核使用の可能性に言及したのは、ロシアのクリミアを守る断固たる姿勢を米欧に分からせる意味と、国際情勢がロシアに大きく優位に推移している事が背景にあると思われる。中国主導のアジア銀行(正式名;アジアインフラ投資銀行)に英が参加表明した。それを米が非難したようである。偽ユダヤ米英にも遂に亀裂が入ったか。もう世界経済の中心は中国に移っている。米経済は架空経済であって一旦崩壊過程に入ると早い。英はそれを見越したのだろう。世界政治は世界経済の重心の移動に応じて大きく変化している。米英中心の世界政治は最早過去形になった。我々が思っている以上に大きな変化が起きているだろうと思われる。それがプーチンの今回の発言を招いたのではないかと思われる。事実上の勝利宣言とも言えそうだ。

偽ユダヤの謀略はもう時代錯誤の様相を見せており、中露連合を中心として反偽ユダヤ体制が世界的に強まっている事が恐らく確定的で、勝負はついた。鳩山のクリミア訪問もそんな中で行われたのだ。ネムツォフ暗殺事件の続報も出て来ない。失敗という事だろう。安倍の残り時間も少なそうだ。


鳩山クリミア訪問はプーチンの意思 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】鳩山クリミア訪問はプーチンの意思
.2015/3/15(日) 午前 11:44日記その他国際情勢..

 鳩山はクリミア訪問をモスクワでの会見で締め括った。同時にモスクワではナルイシキン下院議長とも会談した。この議長はロシア政治で中枢に属している。大統領就任式では演壇上に立つような存在である。上院は選挙で選ばれるのではないので、日本の国会に当たるのは下院となる。そんな下院の議長であるから、会談はロシア政府挙げての歓迎という意味が読み取れる。プーチンとの会談は表向きは無いようだが、実際は分からない。少なくとも電話での話し合いはあるのではないか。

今回の突然の鳩山クリミア訪問は周到な計画の上のものだったと思われる。計画は日露双方の関与によると思われる。事の発端は誰かは想像するしかないが、ロシア側の可能性はある。去年6月ナルイシキンは日本でのロシア文化祭開幕に合わせて来日した。この時ナルイシキンは米からは渡航禁止の制裁対象となっていた。日本は受け入れたのだ。文化祭という部分があったのだろう。去年の6月の来日で鳩山と会談しているだろう。鳩山は日ロ協会のトップである。ロシア文化祭の主催者の筈である。ナルイシキンと会談していない訳がない。この時今回のクリミア訪問がどちらからか出されたものと想像できる。どちらが言い出してもおかしくない。まあどっちでもいいと思う。何れにせよ、鳩山のクリミア訪問は日ロ双方の高いレベルでの合意事項であったのは疑いない。露の方は政府側、日の方は非政府側であるが。鳩山のクリミア訪問の締め括りにナルイシキンが出て来たのは当然と思われる。プーチン自ら出てきてもおかしくない程強い共同作業としての訪問だったのである。

ロシア側にすれば日本には2つの顔がある。安倍の顔と鳩山の顔。鳩山の顔は小沢の顔でもある。2009年政権交代は小沢鳩山が日本の顔になった事を意味した。それがたった8か月で終わってしまった。プーチン(首相)と小沢(民主党代表)鳩山(幹事長)は2009年5月に会談している。プーチンは小沢事件の渦中に小沢鳩山と会談していたのである。この会談後鳩山政権が誕生した。プーチンは小沢事件最中の鳩山政権に大いに期待した筈である。それが僅か8か月で瓦解した。誰が瓦解させたかはプーチンも分かっている。

プーチン、小沢、鳩山の関係は近い。中露連合はプーチンと胡錦濤、習近平との連合であるが、胡錦濤、習近平と小沢の関係はプーチンとの関係以上と言ってもいい程近い。プーチンにすれば日本の顔が小沢鳩山に代われば決定的変化が起こせると分かっている。ナルイシキン訪日時、プーチンがナルイシキンに鳩山クリミア訪問を打診させた可能性は十分にある。因みにクリミアのロシア編入は去年の3月である。ナルイシキン来日時は米欧によるプーチン批判が燃え盛っていた時だ。プーチンが鳩山のクリミア訪問を打診したとしても全くおかしくない。そうなると、かなり長い準備期間を置いて今回計画が実行されたと言う事になる。ロシア側の受け入れ態勢も万全だった事になる。訪問の最後がモスクワでの会見、そしてナルイシキンとの会談という部分に万全ぶりが読み取れる。

鳩山にはプーチンの打診に応えるという最高の舞台が用意された。罠に嵌められて政権を追われた鳩山にはこれ以上ない復活のチャンスである。プーチンを助け、自らも助け、日本の政治も助けるという最高の華舞台である。プーチンは何とか日本を偽ユダヤ米から解放したいと思っている筈である。その為にも今回の訪問があった。プーチンの立案と考えるとなるほどと頷ける。それほどに大きな影響があった。安倍ブラック政権もこれから鳩山に振り回されるだろう。

プーチンは日本に関与し始めた。今後日本に大きな変化が起きる事が期待できる。

鳩山と安倍の違いの本質は人品 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】鳩山と安倍の違いの本質は人品
.2015/3/13(金) 午前 11:29日記その他政界と政治活動..

 久方ぶりに鳩山にスポットライトが当たって感じる所があった。都知事選での細川にも感じた事である。政権にある自民党だの公明党だのはそもそも品格が備わった政党か。公明党などは品格云々以前の問題である。そんな公明党に選挙で全面的に頼る自民党なるものに品格などある筈もない。政治は最早イデオロギーの時代ではない。

国家にとって最も重要なものとは何なのか。それは品格である。品格の備わった国家なら共産主義でも構わないのである。品格のない国家なら民主主義も自由も意味を成さない。品格とは質素にして美なるものである。品格のある国家は馬鹿な真似はしない。ウクライナ問題で独仏が和平調停に乗り出したが、そこに独仏の国家の品格が関係している事は注意すべき事である。折角の和平調停を邪魔しようとしているのが米である。米は国家の品格に欠ける国家である事は万人の納得する所である。品格無き米の民主主義が機能しないのも当然なのである。品格無き米に世界政治の中心を担わせる事は、人類の不幸である。品格無き米が世界経済の中心である事は人類の不幸である。政治も経済も品格が中心になくてはならない。それでなければ意味が無いのである。原発の問題も最終的には国家の品格が決めるのである。

マスコミが品格を失った時、権力に取り込まれてブラックマスコミとなる。米は国家自体に品格が無い故に、マスコミも品格を失う。米が世界支配した世界のマスコミはブラックマスコミだらけとなる。TPPとは品格を欠く経済統合計画の事である。米のえげつない要求を各国に押し付けようというだけの事である。ブラックマスコミがTPP推進側に付くのも当然である。

国家の顔は国家の指導者にある。米の顔はオバマであり、日本の顔は安倍である。共に品格に欠ける。特に安倍は際立った無品格ぶりである。品格なき安倍がやる事に国家の品格を増進するものがある訳がない。安倍政権の面々に品格を感じさせる者は皆無である。自民党にあって自らの品格を維持する事は不可能であろう。同じ鳩山でも自民党の邦夫には品格を感じない。不思議なものである。邦夫は学業成績なら由紀夫も上回る俊才だったようであるが、品格は備わっていない。由紀夫には品格がある。エリート教育をやったからって品格教育はできない。品格とは備わったものであり、自然の成せる業であろう。

国家の指導者は品格こそ最も重要な条件である。品格を備えた者が政治家になるとは限らず、寧ろ政治を嫌がる者が多いかも知れない。政治の世界で品格を自然に滲み出せる鳩山は真に貴重な人材である。今回の鳩山外交は鳩山の品格の成せる業であったと言っていい。日本の品格はクリミアの品格でもある。品格は国の壁を超える。鳩山の品格は世界に通じる。首相の地位に無くても品格は無くならない。元首相の肩書きに品格が加味されてこそ成し得た外交であった。菅だの野田だのの哀れな人品ではお話にならない。

外交は人間力が決め手である。外交を担う者は品格を備えていなければならない。日本の外務省にはこの品格が欠ける。無品格日本政府の鳩山批判は真に品位を欠くものである。伝えるテレビの報道姿勢も真に品位を欠く。品格鳩山には無品格政権の非難など上から目線である。

中露連合は天の同盟であり、品格同盟である。下劣な偽ユダヤ支配から人類を解放するには、品格を備えた大国が連合しなくてはならなかった。プーチンにも習近平にも品格が備わっている。鳩山は今でも中露連合と堂々と外交ができる。今回、プーチンは鳩山に特使を送って迎えさせている。プーチンは日本の次の政権、次の体制を睨んでいる。

鳩山は今が一番個性が発揮できる。品格がそれを可能にしている。国家は品格である。民主主義は国家の品格の上に成り立つ。小沢の民主主義は国家の品格を要求している。今日本に品格を齎し得る政権は小沢と鳩山がいる政権である。


鳩山クリミア訪問はプーチン-鳩山-小沢ラインの可能性(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】鳩山クリミア訪問はプーチン-鳩山-小沢ラインの可能性 .
2015/3/14(土) 午後 0:12日記その他国際情勢.

 .鳩山のクリミア訪問は大成功だった。米政府も深く失望したとかコメントしたようだ。元首相ではあるが政界を引退した身分の鳩山の行動に目くじら立てる必要もない筈だが、米政府までがそう言うとは、余程今回の訪問の持つ意味が大きかったようだ。マスコミを押さえて反体制的分子も押さえ込んでいる偽ユダヤ体制に於いては、今回の元首相の行動は非常に打撃だったのだろう。政治家が勇気を持って立ち上がれば、偽ユダヤ体制は根底から揺らいでしまうのだ。偽ユダヤにすれば、だからこそマスコミを押さえ込み、政治家を悉く政治屋に作り替えているのだ。鳩山は一度は連中に完敗したが、このままでは死ねないという思いが出て来たに違いない。プーチンの見事な戦いぶりに感化された事は疑いない。

今回の訪問を一言で言えば、マスコミの報道は間違っているという事だ。鳩山ははっきりと日本のマスコミ報道は米の報道の影響を受けていると言った。「米国中心の情報によって日本の多くの報道がなされています」・・・これが鳩山の言葉である。私流に言うなら、日本のブラックマスコミは米のブラックマスコミに支配されています、という事である。クリミア問題に関する日本の報道は間違っていますと、鳩山は言っている。米の報道も間違っていますという事でもある。だから米政府も結構強く反応したのだろう。

鳩山にすれば日本のマスコミが如何に出鱈目なものであるかは、自らが被害者となった小沢事件によって骨身に染みて分かっている。衆参不正選挙についても分かっている筈である。鳩山に近い孫崎氏が都知事選での舛添の確定的不正を強調していた事から、鳩山も不正選挙の現実を知る事になっただろう。それ以前にロシアからの情報が届いている可能性もあるが。鳩山は日本のブラックマスコミを知り尽くしている。だからクリミア問題も嘘だらけ報道である事は先刻承知。偽ユダヤ米欧対ロシアの対決構図が抜き差しならなくなっている今こそ、自分が出て行って流れを変えたいという熱情が湧き起ったのだろう。

ロシア側が大歓迎し、米日が激しく不快感を示した事は、訪問の大成功を語っている。日本の政治シーンから完全に弾き出された男が、突如世界政治の檜舞台でスポットライトを浴びるとはどういう事だろうか。本当に自らの力不足で弾き出されたのなら、こんな事は起こり得ない。誰も相手にしない。真実は罠に嵌められて弾き出されたのである。実力は未だに維持していた。だから思わぬ形でそれが表に出て来たという事だ。罠に嵌めた米日側がカリカリするのは当然だろう。出口を見つけた被害者鳩山が、罠に嵌めた政府の訪問中止勧告など聞く訳が無かった。恐らく訪問は小沢にも伝えてあって了解済みと言うか、次を狙った共同の政治行動だった可能性もある。小沢と鳩山は一緒にプーチンと会談した経験がある。プーチン-鳩山-小沢ラインの存在が見えて来る。プーチンは今回鳩山に特使を差し向けている。

日本の中には安倍の流れとは全く異なる流れがある。日本が米に完全に支配されている現状で、プーチン鳩山小沢連合で流れを変える試みが為された可能性がある。鳩山のクリミア訪問は本当に意外性があった。影響も予想外に大きかった。大きな背景があってもおかしくないのである。

罠に嵌めても完全犯罪になるとは限らない。鳩山は完全に蘇った。細川もまた出て来るかも。2009年政権交代の炎はまだ消えていなかった。プーチンを引き込んで再び大どんでん返しだ。

鳩山が帰国したらブラックマスコミがギャーギャー騒ぐだろうが、現地を実際に見て来た者の発言は強い。鳩山を批判するなら、クリミアに行って来い。鳩山は嘘吐きと言うなら証拠を示せ。お前らこそ嘘吐きだ。お前らこそ売国奴だ。売国奴が売国奴呼ばわりとは、臍が茶を沸かす。

真実を報道させない財閥傀儡政府(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

4年目の3・11<本澤二郎の「日本の風景」(1930) <真実を報道させない財閥傀儡政府>http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/349.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 11 日 10:29:17: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52098111.html
2015年03月11日 「ジャーナリスト同盟」通信

<真実を報道させない財閥傀儡政府>

 2日間の東京滞在を終えて帰国(3月10日)したドイツのメルケル首相は、昨日も指摘したが、ナチスの幻影を見せ付けられて窒息しそうになったのではないだろうか。70年後に「過去を直視して」とまるで子供を諭すような発言を強いられたのだから。それに3・11の教訓を即座に実行しているドイツ政府に対抗するかのように、その教訓を否定して再稼動に走るシンゾウ・自公内閣なのだから。そこには、ドイツのテレビ報道で真実を知るドイツ人と、真実を伏せられている日本人との落差、先進欧米と後進アジア・日本との政治と言論の落差。背後で、シンゾウを突き動かしている三井・三菱などの財閥・1%の傀儡政府に、自在に操られている日本人と日本政府への憐憫は、なにも70年前の歴史認識にとどまらない。そうして月日は3・11から4年目を迎えた。

<信濃町の罪と罰>

 シンゾウの心臓を狂気にさせている原動力、それは繰り返し指摘しているが、選挙が怖くないためである。内外の研究者も理解していない事柄なので、繰り返し訴える必要がある。
 政党も政治屋も選挙におびえるものだ。いかなる場合でも、これが足かせとなるのだが、シンゾウにはそれがない。創価学会を配下にして、信濃町を自在に操れるからである。
 これは神社本庁や統一教会、日本会議が逆立ちしても創価学会の集票活動に及ばない。国粋主義が信濃町をレイプ、完全支配をしているからである。日本の悲劇、戦争する日本へと、創価学会が貢献している。これの罪と罰は計り知れない。
 池田大作氏が健康を取り戻したら、それこそ驚愕して卒倒してしまうような、現在の信濃町の対応である。後世の史家が証明するだろう。

<東芝3号機は核爆発>

 三井傘下の東芝が製造した東電福島原発3号機は、水素爆発ではない。核爆発を起している。政府も東電も嘘をついている。その嘘を報道するだけの新聞テレビである。 
 素人でも、インターネットで確認できる。嘘だと思ったらネットを開け、といいたい。間違いなく核爆発である。
 それでいて東芝は、沈黙している。およそ責任を果たそうとの姿勢が全くない。東芝は中国など海外では「社会的責任を果たす企業」と吹聴している。お笑いである。
 原発と武器弾薬にのめりこむ東芝は、間違いなくブラック企業である。人間の命を大事にする財閥企業ではない。断言できるし、確たる証拠もある。

<何も変わっていない東電福島原発>

 要するに、シンゾウがいうように「放射能はコントロールされている。ブロックされている」わけではない。4年前と何も変わっていない。東芝などは、火事場泥棒よろしく高額な除染装置を売りつけて、さらなる暴利を得ている。
 復興予算が適切に使われているのか?これも怪しい。不正・腐敗がまとわりついている。
 現に、肝心の現場に政治屋も役人も出入りしていない。4年前と同じだからである。シンゾウでさえも、原発現場に決して立ち入ろうとしていない。シンゾウの恐怖は、選挙ではなく、放射能の福島なのである。

<責任を問わない・問えない政府>

 誰もが不思議に思っていることは、史上最大・最悪の放射能汚染事故に対して、一人も責任を取っていないという事実である。警察も検察も政府与党によって、事実上、拘束されているのが実態なのだ。
 国民が決起しない限り、この壁は乗り越えることが出来ない。いつの日か?
 それにしても、こんな不可解な事態は、どのような体制の国でもありえないことである。当時の東電幹部は海外でのんびり暮らしている。それを報道できない新聞テレビである。
 日本の言論の自由度は、世界61番目というが、もっともっと悪い。財閥に支配されている新聞テレビを裏付けている。
 真実を伝えない日本で、具体的に進行する国粋主義政策を、まともに理解しない多くの日本人に対して、隣国や国際社会は警戒しているのである。日本の言論の劣化は、いまや外国人のジャーナリスト全てが認識している。

<原発再稼動の自公内閣>

 54基の原発によって、日本は完全に支配されてしまっている。これの実績に汗をかいてきた人物は、主に中曽根康弘とナベツネの読売である。筆者を含め誰もが知るようになった。
 福島原発崩壊の副産物である。恐ろしい日本人に改めて愕然とする。その先に原発再稼動のシンゾウ・自公内閣が存在する。このことも歴史が証明するだろう。悪しき政治屋と堕ちた言論人である。日本列島と無知な日本人に毒を飲ませ続けてきている、悪魔のような日本人である。
 数千年後の日本人が処理するしかないだろう。70年前に敗戦した、その責任者と彼らの後裔が54基の原子力発電所を建設して、身動き取れない放射能列島に変質した日本である。
 それに対する反省も謝罪も聞こえてこない。われながら悪しきリーダーの存在に、茫然自失するばかりである。「平成の妖怪」と決め付けた筆者の主張の正しさを裏付けてくれるのだが、さて今後の日本はどうなるのか。

<改憲の先に見え隠れする日本核武装>

 歴史は繰り返される。過去の教訓を学べない者は、現在も盲目である。そこでは同じ過ちを繰り返す。そのことを隣人は警戒しているのである。NHK記者のいうように「歴史認識を武器にした日本たたき」では全くない。
 福島を教訓としないシンゾウ・自公内閣の、その先には極右の悲願である核武装する日本が見え隠れしている。
 ワシントンの高い壁がそびえているが、国粋主義は秘密裏に進行させよう。その最初のステップが、アメリカ軍に自衛隊を差し出すことである。目下、そのことに自民党も公明党もワル知恵を働かせている。悪魔に魅入られた自公・シンゾウ内閣である。

<9条ノーベル平和賞でしかアジアの平和は確保できない>

 平和を愛する日本人とアジア諸国民も、知恵を働かせる責任がある。日本人だけでは不可能である。隣人の中には「日本人の責任」と突き放す意見もあるようだが、それは間違いである。
 日本の改憲軍拡は、東アジアの国際環境を一変させるだろう。日本の科学技術は、北朝鮮の比ではない影響力がある。アジア諸国全体に軍拡と核武装化を促すことになろう。

 最悪の場合、世界の争いの震源地になりうる東アジアを、アメリカもコントロール不能となろう。むしろ、悪用しかねない。大陸と半島もその渦中に巻き込む。国粋主義を甘く見てはならない。これの芽を摘む好機が、今秋のノーベル委員会の決断にかかっている。
 地球を核・放射能の恐怖と被害から守るためには、戦争放棄の9条存続は必要不可欠である。見方によれば、9条は世界の宝物だ。これを守るための人類でなければなるまい。
 日本1国の問題ではない。既に良識ある日本の市民・文化人・政治家が決起した。それに韓国の政治家・文化人も、無論市民も立ち上がり、9条をノーベル平和賞に推薦する崇高な平和運動を開始した。

 これをアジア全体、さらには欧米・中南米・アフリカにも拡大させるのである。これが2015年問題の核心的・世界的課題なのだ。冷静・沈着な人類の知恵で実現可能となろう。3・11から導き出される大局遠望論でもある。これならドイツ首相も安堵するだろう。

2015年3月11日記

ツイッター情報抜粋 2/28(2015)

丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月21日
≪国民の倍返し 安倍のホップ・ステップ・ジャンプは最後にドボン!(世相を斬る あいば達也)(阿修羅より)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1065.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月21日
≪「自民党の皆さん、怖くはないんだろうか?:松井計氏」≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/321.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月22日
≪キエフ軍デバリツェボ撤退が示すロシアの強さ(ryuubufanのジオログより)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1066.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月22日
≪米英イサが、再311と511を起こせば、もはや公然の秘密ですが、911・311・その他が連中の仕業と確定します≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/240.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月22日 ≪本質民間銀行の日銀と民主主義否定の関係(ryuubufanのジオログより)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1068.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月23日
≪「私が幸せでありますように」(自由人の カルマ・ヨガ ノートより)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1067.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月24日
≪BIT・対米気象兵器戦争、これまで好き放題に地震・津波・熱波・寒波・突風を起こしてきたツケが回ってきたようです≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/244.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月23日
≪要警戒、国債の金利が上昇-今こそ米国債を売れ!≫(カレイドスコープ)http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3423.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月24日
≪露が911詐欺で米を脅迫、ベン・米諜報機関を捜査、アノが英悪魔教徒公開、アラン・重要な市場イベント、だそうです≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/245.html … 



丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月25日
≪【早春の鎌田山・坂田山麓散策と縄縛り術】を企画した!≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1069.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月25日
≪精神異常内閣の安倍晋三は国民に対して犯罪を働いている(カレイドスコープ)≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/498.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月26日
≪ベネ・米英イによるクーデター阻止を発表、露の声・M5の地震を気象庁が発表せず、メガ津波に警戒が必要です≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/256.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月26日
≪やっぱりテレビは断末魔だ!(simatyan2のブログ)≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/559.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月27日
≪朝のメッセージ】税金を払う国民に供託金を強要するとは何事か ≫(阿修羅より)http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan  

丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月27日
≪自民重鎮たち、CIAメディアさえ安倍晋三の首を切りにかかる≫(阿修羅より)http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3434.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月27日
≪プーチン・戦争なら世界滅亡、戦争詐欺を進めているのは米英イサ、人類がこの4ヵ国を封じ込められるかどうかです(阿修羅より)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1070.html


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月27日
≪プーチン大統領(あと3~4日しかない) (NEVADAブログ) (阿修羅より)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1071.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月27日
≪毒饅頭内閣を葬れ<本澤二郎の「日本の風景」(1918) <腐敗大臣は嘘つき> <狂った官房長官の菅>≫(阿修羅より)http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/666.html … 


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月28日
≪日清オイリオ「コレステロールゼロ」ごま油は“優良誤認”食事のコレステロール値は気にする必要ナシ≫(マイニュースジャパン)http://www.mynewsjapan.com/reports/2134  


丸山一郎(脱原発に1票+6)長野1区 @iiyamaitiro · 2月28日
≪ベン・311は、ブレア・ブッシュ・ロスその他が、北朝鮮への強制移住を狙いとして起こした、だそうです(阿修羅より)≫(月光舎人の気まぐれ日記)http://maru101.blog55.fc2.com/blog-entry-1072.html




2016年には物凄い数の人たちがバタバタ死に始める(アマさん)_さうさう(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

2016年には物凄い数の人たちがバタバタ死に始める(アマさん)_さうさう
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/200.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2015 年 3 月 08 日 14:27:01: 8rnauVNerwl2s Tweet      

「さうさう」から
http://takehariy.seesaa.net/article/361059481.html

2016年には物凄い数の人たちがバタバタ死に始める(アマさん)
被曝には潜伏期間があるのです。チェルノブイリではおおむね五年でした。
http://hirukawamura.web.fc2.com/radio/inuyama2.html
福島でも同じようなことになり、2016年頃から被曝障害が爆発すると予想しています。
私の予想では、2015年頃から 目に見えて病気になる人が増えて
16年には物凄い数の人たちがバタバタ死に始める。
たぶん、全体で数千万という人たちが寿命を全うできずに死んでゆくでしょう。

この現実がはっきり見える頃には、国民にウソばかりついて、
原子力産業を守るが国民を守らない日本国政府を信用する人もいなくなり、
国が立ちゆかなくなると思います。
つまり日本という国はソ連と同じように潰れてしまうでしょう。その後、どうなるか? 
物凄い死者、病人を生み出しながら凄まじいインフレがやってくる。
人々は医療も受けられず、食料もなく、次々と野垂れ死にしてゆく運命しか残されていない。
至る所に死骸の山が放置されるような地獄社会になるだろうと考えています。

被曝の実態は本当はみなさんが腰を抜かすほど恐ろしいのです。
私は事故後、十数回の講演会を行いましたが、そのなかで、フクイチの事故は、
みなさんが予想しているよりも千倍も恐ろしい結果が出ると言ってきました。

1986年にチェルノブイリ原発事故が起きたことを誰でも知っていますが、
このとき本当は、どんな被害が出たのか、実は誰も知らないといっていい。
なぜならば、チェルノブイリ事故の本当の被害が公になれば、
原子力産業など跡形もなく潰れてしまうことが明らかであって、
金儲けの利権を失う人たちによって強力に隠蔽されてきたからです。

チェルノブイリ事故では公式には33名の被曝死者が出ただけということになっています。
福島はゼロということにされています。どちらも真っ赤なウソで、
本当はとんでもない事態になっています。
ソ連政府は事故後の人口動態統計を隠してしまいましたが、
平均寿命グラフなどのデータから真実が少しずつ漏れてきました。
これによれば、事故後、それまで右肩上がりだったソ連の平均寿命は
史上はじめて低下傾向になり27年後の今も下がり続けています。
5年後の1991年、この年、ソ連という国がこの世から消えてしまいます。
大統領だったゴルバチョフはチェルノブイリ原発事故のせいでソ連が崩壊したと明言しています。

平均寿命の凋落は7年後がピークでした。この年、
本来あるべき寿命に比べてソ連国民の寿命は実に7歳も下がっていたのです。
これは寿命前に死亡した人が数千万人もいなければ説明できないものです。

チェルノブイリ原発事故は数千万の人たちを殺したと言い換えることもできるでしょう。
世界中で起きた胎児死亡や寿命短縮、癌発生を考えれば地球規模では億の単位で人を殺しているのです。

ところが原子力産業は、この寿命低下の原因について、
ソ連国崩壊で絶望した男達が酒を飲み過ぎたせいと強弁し、
日本の御用学者たちも同調して同じような説明をしています。
京大の今中哲二さんも、同じようなことを言いました。

実際には、被曝によって、物凄い数のソ連国民が寿命を短縮させたことが明らかです。
当時、チェルノブイリのお膝元、北ウクライナのデータがあるのですが、
これを見ると事故後、五年後から被曝病が激増し、
とりわけ循環器系、心筋梗塞などで死亡する人が激増していました。

この理由は、最初、ソ連政府が事故を受けて周辺数十万人を強制避難させたのですが、
数年経っても何も起きない。そこで「あんなに怖いと言いながら何も起きないじゃないか!」
と勘違いした人たちが出て、事故後禁止されていた汚染食品を平気で食べ始めたからといわれています。

日本では、ソ連のような強制避難も極めて少なく、福島市内の平米3000万ベクレルなどという
途方もない汚染地に平然と人々を住まわせ続け、あまつさえ強制立入禁止を解除し、
避難した人たちまで呼び戻しているのです。さらに人口密度がウクライナの6倍もあるし、
おまけに汚染食品の基準がキロ100ベクレルと、放射性廃棄物と同じという
信じられないような汚染食品を許容し、それを学校給食で強制的に子供達に食べさせる
というような、まるでアウシュビッツ収容所のような愚かで残酷な政策をとっています。
また「福島を食べて応援」というような世界中の放射線生物学者が仰天する
馬鹿げた被曝強要の宣伝を行っています。
したがって、チェルノブイリで起きた以上の恐ろしい発病が起きることは確実です。
5年かかるかどうか判らない、フクシマの方がチェルノより酷い。進行も早い。

<参考リンク>

http://twilog.org/tokaiama

アマちゃんだ@tokaiama
5年後、人々は周囲でバタバタと死んでゆく現実に恐怖した
誰一人健康な者がいなくなった
子ども達が死に始め、生き残った者も病気になった

これが2016年問題だ
https://twitter.com/tokaiama/statu/539003490685575168…
20年後、子ども達の9割が何らかの被曝病を抱え込むことになった
posted at 07:42:49

2月22日@tokaiama
アマちゃんだ@tokaiama
今、日本で起きている現実はチェルノブイリ後を、そっくりなぞったものだ
豊富な被曝事故経験のあったソ連政府はチェルノブイリ事故対策を迅速に進めた
危険地域をたちまち封鎖した
移住させられた住民は「数年たっても何もおきないじゃないか、放射能は安全だ」と勘違いしはじめた
そして5年後
posted at 07:38:53

2月22日@tokaiama
アマちゃんだ@tokaiama
干椎茸を食べた後に心臓がきりきりと痛むことはありませんか?
干椎茸は例え九州産でも安心できない キロ十数ベクレル検出されている
食べてから、わずか30分ほどでセシウムが心臓に集まり細胞の破壊を始める
このときキリキリとした痛みが起きる
破壊された心臓細胞の修復は非常に困難だ
posted at 07:16:28

2月22日@tokaiama
アマちゃんだ@tokaiama
ああ、日本陸軍特高憲兵隊中尉 槇枝元文
 後に日教組委員長、総評議長 そして岸信介の下で北朝鮮帰還事業事務局長
彼がトップとしてかかわった、すべての事業で恐ろしい悲惨な結末を迎えている
一体何者だったんだ?

ジム・独はEU離脱、BIN・イラクがイスラム国の米イ軍人を逮捕、米英イサはドル詐欺を諦める事です(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

ジム・独はEU離脱、BIN・イラクがイスラム国の米イ軍人を逮捕、米英イサはドル詐欺を諦める事です。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/308.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 3 月 08 日 19:13:38: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

 もう、ドル詐欺崩壊のバックアップシステムは出来上がっており、連中が目論む大恐慌詐欺と天文学的借金をチャラにする事は無理で、その前段としてのイスラム国詐欺もポロチンコ詐欺も風前の灯火で、急遽、やり直している宇宙人詐欺も朝鮮戦争詐欺もまたかよー、アポロ詐欺ケジメつけてからにしろやー、もう金ドン劇団いいからーと飽きられており、そういう欽ちゃんの仮装大賞みたいのは本当にお腹一杯だから、いいから金返せやー、明日金返せやー、ちゃんと金返せやーとワールド金融道の世界に入っており、いくら喜怒哀楽の目眩ましをしようとしても、世界中が目が座っており、ニコリともせず、とにかく金返せで世界中がまとまってきている訳です。
先日、ポールの偽物騒動再浮上と火消し騒動がありましたが、ビートルズというのがそもそもダビストック詐欺から誕生したグループですが、要は洗脳の社会実験ですが、相手が白けていると洗脳のしようがなく、スピンが全く効かない状況で連中もお手上げという事です。
 
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。