スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル詐欺陣営が狙う世界同時株安→世界恐慌→世界大戦は、中露が見透かし、世界にもバレバレなので、内輪の自爆で終わります(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。

ドル詐欺陣営が狙う世界同時株安→世界恐慌→世界大戦は、中露が見透かし、世界にもバレバレなので、内輪の自爆で終わります
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/154.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 8 月 27 日 09:25:30: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

ネット以前であれば何度でも通用した三毛作ですが、ネットでドルってただの紙屑じゃねとかなんであいつらだけ勝手に印刷する訳よーとかタングステンが担保じゃ担保割れじゃんとか痛いところを突かれる時代になるとそうもいきません。
また、ドルの続落をダマスゴミが報じていないようですが、米国限定大恐慌が起きている事など報じられる訳がなく、せいぜい、中国バブルが崩壊したー、全部中国が悪いんだー、有事のドル買ってよー、安いよ安いよそのうちタダだよ買った買った買わねーと殴るぞワリャーとか怒鳴ってごめんねーお願いだから買い支えてよードルが死んじゃうよー今まで通り植民地の上がりで食べさせてよー今更真面目に働けとか言われても絶対無理無理無理無理、ヒモ以外絶対無理、お願いだから俺様に楽させてよー鼻血が出るぐらい働いて死んでよーと哀願してきている訳ですが、棺桶に両足を突っ込んでるくそじじいに言われても早くセレモニーホールの予約とか終活始めろってーのー、わだじの事は嫌いでも息子や孫の事は嫌いにならないでくさいとか殊勝な事言えねーのかーとか思われてる中で、いつものやついっちゃうとか始めてもまたお前かと思われるだけな訳です。
中露もどんどん紙屑のむじんから手を引き始めており、株式市場も為替市場も先物市場も連中の空売りと言うよりも撤退ラッシュで相場が崩れている訳です。
架空経済が実体経済を破壊しようとしても紙屑と紙幣の両替拒否が広がり、紙屑屋とパシリの二人負けで、世界恐慌も世界大戦も無理です。

スポンサーサイト

生き抜くぞ!!エアコン無しで、この夏の酷暑に対応できた!(日よけオーニングとカヤ、キウイの棚と芝生、そして扇風機を組み合わせた我が家の酷暑対策)

 それぞれの効果は微々たるものだが、多面的に組み合わせることによって、今年の酷暑にも耐えうる快適な環境を作り出すことに成功した。今日はその成果を発表したい。

1. 庭のキウイをいつもなら葉があまり茂らないように剪定して、キウイに日が当たるようにするのだが、今年は暑さをしのぐことを最優先する為、500個ほど剪定したが、後は自由に生らせることにした。この為、息子の部屋は南面は日が当たらず、居間も午後1時頃から日陰をつくるようになった。

2. 庭の散水をこまめに行い、(芝生は念入りに)常に湿った状態にした。

3. 家の周りのサッシに日よけオーニング(部分的に2重)又はカヤを設置した。

4, 玄関の庇を、竹と日よけオーニングとカヤで新たに設置するとともに、更に通路の西側に日よけオーニングをぶら下げて、強烈な西日を緩和した。

5, 2階のベランダ、及び階段室の踊り場の外側に軒先から日よけオーニングをぶら下げ、直射日光を緩和した。

6, 1階の居間の廊下のサッシには、床用の断熱材(8ミリ)をぶら下げ、更には薄手の遮光カーテン、厚手の断熱遮光カーテンを設置、合計で3重の対策を施した。

7, 居間―廊下-キッチンの建具(引違戸)は全て取り外し、空気の流通を良くした。他の部屋の扉も開けたままのして、家中を空気が循環できるようにした。

8, 扇風機が安くなっているので(3000円程度)、サーキュレーターも含めて、合計10台(400Φ1個、350Φ2個、300Φ5個、サーキュレーター2台)を使って、家の中に微風サイクルを作って、空気溜りを解消した


【効果】 
 普通なら西日の当たる階段室の上部踊り場付近の天井周辺の熱は、朝方までかかって排出されるが、その近辺にに大型扇風機を置いて、朝から廻している為、2階の寝室で一時的に32度までは上昇するが、夜の10時頃には28度まで下げることが出来た。(その頃の最高外気温は35~36度だった)
 ここまで下がれば、後は扇風機やサーキュレーターを使って快適な睡眠を得ることが出来る。
 扇風機やサーキュレーターは適当な時間をタイマーにしておけば、この夏の酷暑も快適な睡眠を得ることが出来る。(出来た)夜中の3時頃には25~26度前後まで下げることが出来た。
 まして、今年の夏は異常な暑さで、平均で例年を3度程上回っているという。思えば去年までは、寝苦しくて夜中の2時ごろ外の芝生で寝てみたり、じたばたしたものだ。特に妻はこの暑さにも関わらず、熟睡しているようだ。会社へ行っているだけに何よりだ!

 【イニシャルコスト】(初期導入資金)
     
      日よけオーニング、カヤ類       一式    21,000円
      扇風機、サーキュレーター類(10台)  一式   38,000円
             合計                    59,000円
       
  【ランニングコスト】(運転資金)

      電気代(扇風機運転)          一式   約4,000~5000円

      扇風機のワット数は、熱を発生しないので、一台40~55W/h と圧倒的に少ないので、10台可動したとしても410wh/h(平      均)だ。分かり易くいえば、便所の電球40Wを10個点けた感じだ。これに対し、エアコンの場合は10帖用1台だけで600W/h      で扇風機の約10倍だ。(ついでに書くが、乾燥機の場合は1200W/h、乾燥機はなるべく使わないことだ!)
     
 この内、去年までの設備が35,000円あったので、新たに購入したものは23,000円だ。ちょっと痛いが、その効果を見れば安いものだと思う。また扇風機の電気代は熱を出さない為、圧倒的に安く、10台の扇風機をフルに回しても、1ヶ月4,000~5000円位である。ちょっと高いように感じるかもしれないが、どこの家でも2台や3台の扇風機はあると思うので、、実質+3000円程度だと思えばいい。
 これに比べて、エアコンを使う場合は最低でも大小3台のエアコンが必要となる為、イニシャルコストは20~30万円、ランニングコストは、合計1500W/h程度は必要となる為1500W×15h×31=675,000WH=675KWH程度はプラスになる。概算で675×28円=18900円。エアコン導入(1500W程度と仮定)の場合はフル稼働すると、20000円程プラスになるということだ。
 このデータは今年の酷暑を元に試算したもので、平年ならばもっと安くなるだろうが、それにしても エアコン無しで対応することが、いかに安いかわかるだろう!

 このブログでアコン無しでここまで出来る、ということを実証したつもりだ。(本当は2階の小屋裏に換気扇を設置して小屋裏換気をすればいいのだが、金もかかるし今回は止めておいた)
  以下、詳細は写真で紹介するので見てほしい。

換気平面A
 1階平面図:点線は空気の流入経路をしめしたものである。要は北側と東側の窓から冷たい空気を取り入れ、家の中を扇風機で循環させ、、直射日光の当たっていない窓から排出する、ということだ。その際午前中は南面の窓はシャットアウト(完全に締め切る)し、午後は西面の窓をシャットアウトする。排出は午前中は玄関、子供部屋西面、2階の階段室踊り場西面から、午後は子供部屋南面、2階廊下南面からを主に行う。原則として北側窓、東側窓は空気の取り入れのみとして、直射日光の当たっていない窓に排出する。

換気平面B
 2階平面図:同様



P8125572.jpg
居間から廊下、キッチンを望む。引違建具は全て外し、空気の流通を容易にした。


P8125574.jpg
縁側の断熱遮断カーテン(3重)は午前中締め切っておく。


P8125573.jpg
午後1時過ぎに半分ほど開けるが、日差しが強く、直接光が当たらないにしても乱反射や隣の建物や木々などからの輻射熱を受けるので、半分ほど開けておく。日が沈んだ頃全開できる。、



P8125575.jpg
座敷の縁側は物干し場として利用している。(居間の縁側にもある)人が常時いる訳ではないので、側にサーキュレーターを置いて洗濯物を乾かしている。引違戸、カーテン共半分ほど開けて乾燥に役立てている。ちなみに我が家では洗濯物を布団以外は一年中外に干したことが無い。(自慢)


P8125576.jpg
書斎の東側の窓。隣の家からのエアコンの排熱や建物の照り返しがあるので、カヤを設置して対処した。


P8125578.jpg
玄関には扉用網戸を設置して常に開けておく。但し午後は熱風の流入を防ぐ為締め切っておく。



P8125579.jpg
今回玄関廻りの遮熱対策を充実させた。まず、軒天井の下に単管と30Φの竹を組み合わせてパーゴラのようなものを作り、そこに日よけオーニングを貼り、更にその上にカヤをかぶせ、簡易型の軒天井を作った。その下にすだれを2枚ぶら下げたのだが、これは意匠(デザイン)として捉えている。(何か料亭に行ったように見えないだろうか?)
 そして左側の木の脇に日よけオーニングを2重に貼って、強烈な西日をさえぎるようにした。
 ここは1階では一番のガンである子供部屋の外で、直射日光を避けることはもちろん、乱反射や道路からの輻射熱をさえぎることにも苦労した。


P8125581.jpg
子供部屋の南面。ここはキウイの棚が全面的に覆い、さほど温度は高くならないが道路などからの輻射熱を避けることが必要だ。
午前中は南面の窓をシャットアウトして、東面の窓を開けて排熱し、午後1以降は東面の窓はシャットアウトし、南面の窓を開けて排熱する。


P8125582.jpg
居間南面の4連引き違い戸。以前は大きな日よけオーニングを付けてあったのだが、お袋が生きていた時ここから車椅子で出入りしたので、邪魔になり取り外したものだ。今は内部が3重のカーテンで遮熱されているので殊更必要ない。




P8125583.jpg
座敷の縁側部分の引違戸。もっぱら洗濯物の乾燥に使っている。常時戸を半分位開けて使っている。



P8125584.jpg
書斎の東側窓。隣の家のエアコンの排熱器がすぐ側にあるので、カヤを2重に被せて遮断した、また隣の家に当った西日が反射して入る輻射熱もカットした。空気の取り入れ口でもある。



P8125585.jpg
書斎の北側の物置の北側の開口。カヤを設置して空気の取り入れ口とした。


P8125586.jpg
キッチン北面窓。日よけオーニングの上に更にカヤを2重に設置した。北面と言うより北西面と言った方がいいかもしれない。西日がかなり入る。だから4面のうち両サイドの部分には、更にフォームポリスチレンt20を入れ、遮熱を行った。ここも空気の取り入れ口だ。
また、午後は若干の西日も当る為、換気扇も利用して廃熱するようにしている。


P8125589.jpg
便所西面。強烈な西日が当るので日中サッシは締め切っている。日よけオーニングを貼った上にフォームポリスチレンt20を覆い、更にカヤを2重にして覆った。完全シャットアウトだ。


P8125587.jpg
2階のベランダ南面には軒先から日よけオーニングを垂らして(3連)覆った。


P8125588.jpg
2階の階段室窓には日よけオーニングを張った後、更に軒先にも日よけオーニングを垂らして西日を軽減した。


P8125590.jpg
階段室2階踊り場には、午前中、大型扇風機で1階や2階の暖かい空気を排出する。午後は窓を閉め、ブラインドを下ろして、扇風機を廊下南面に移動する。


P8125597.jpg
午後、窓を閉め、ブラインドを下ろし、扇風機を移動した状態。



P8125593.jpg
2階廊下は午前中は窓を閉めシャットアウトする。


P8125594.jpg
午後、窓を開け、大型扇風機をこちらに移動して排熱する。



P8125596.jpg
2階寝室に設置したサーキュレーター。最新式のもので、左右、上下に旋回する。部屋の空気を攪拌することができ、冬も活躍する。上下旋回付きのもので7000円ほどする。左右旋回だけのものもあるが、どうせならこれをお勧めする。メーカーの試算によると1/2の設置効果だという。


P8125591.jpg
2階寝室北面。ここは正確には北西面で西日が相当入ってくる。だから扇風機で排出しているところだ。夕方までは窓とカーテンを締め切っておいても構わないと思う。


 ≪日よけオーニングとカヤ、キウイの棚と芝生、そして扇風機を組み合わせた我が家の酷暑対策≫:いかがだっただろうか?
要は“夏の暑い日ざしを入れず(日よけオーニングなど)、部屋の空気を循環させ、常に暑い空気を排出して、熱の空気溜りを無くして、夜一刻も早く、低い外気温に近づけるか?”ということではないだろうか。扇風機を単に人体に当てて冷やすということで無く、家全体の送風機として捉えることがミソである。 
 エアコンなど、とても高くて手が出ないので苦肉の策で思いついた方法であるが、ランニングコストがかからないので、是非参考にしてほしい。何か一つでもヒントになれば幸いである。
 (但し、夜の外気温の下がらない東京方面などでは無理かもしれない)
 おそらくこんなに扇風機を多用した方法を提唱するのは私が初めてだと思う。

【追伸】 7月末~8月中旬にかけて日本を襲った酷暑だが、8月末からいつもの夏の陽気になった気がする。暑さ対策に万全を期した為、後半は余裕で過ごすことができた。私が提唱する暑さ対策は、≪酷暑≫にも耐えうるものだということを述べておきたい。

















      
      
      

tag : 自営工事

安倍庇いの「自席発言」はNHKの不規則表現(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68267440.html
【遅い朝のメッセージ】安倍庇いの「自席発言」はNHKの不規則表現
クリップ追加 .2015/8/28(金) 午後 1:22日記その他政界と政治活動.0

 .国会では本会議でも予算委員会でも与野党のヤジは日常の光景である。特に自民党議員のヤジは汚い。この前は女性議員を蔑視したとも受け取れるヤジがあった。都議会だったかな。国会に限らず日本中の議会で汚いヤジが乱れ飛んでいる。これらのヤジは全て自席での発言である。自席があれば他席もあるが、他席に座ってヤジを飛ばす者はいない。議会でのヤジは自席での発言と決まっている。しかし、自席での発言は全部ヤジかと言うとそうではない。学校なら自席での発言は当たり前だろう。先生から指名された生徒は自席で発言する。

私は嘗て自席発言という言葉を聞いた事がない。この言葉には全く意味がない。自席という言葉すら初耳である。自席が自分の席である事は分かるが、他席は自席以上に?の感じがある。他席なんて使う機会状況がない。言うとすれば他人の席であろう。他人の席を他席などと言う人間はいまい。つまり、他席は現在の日本語世界には存在しない。辞書で見てみたが無かった。一般の検索でも無かった。自席は辞書にあった。今回NHKが安倍の自席発言と報じたからには辞書での確認もあっただろう。とは言え、自席が辞書にあるからと言って日常的にはまず使う機会はない。辞書には「自席に戻る」という例があったが、日常会話で出る言葉ではない。他席のない自席など全く現実的でない。

安倍は参院の戦争法案の審議中に野党議員に対して不規則発言をした。「そんなことどうでもいいじゃん」と言ったらしい。その現場を見た訳じゃないが、国会議場での総理大臣の言葉かと耳を疑われて当然である。戦争法案の審議で出る筈のない言葉である。「じゃん」が素晴らしい。安倍の人柄が見事に表現されている。総理大臣の器に非ずを証明している。野党がこの不規則発言を問題視したのは当然である。安倍の不規則発言は今回が初めてではない。前回は辻元清美に対して「早く質問しろよ」であった。これも見事な総理大臣の器に非ずの証明である。戦争法案の審議中に2度も続けて総理大臣の器に非ずの不規則発言が出た事は、法案の成立を不可能とすると言ってもいい。それほど重大な不規則発言であり、ヤジという言葉も事の重大性を表現できていない。決定的な不規則発言を今問題にしなければならない。国会に法案を提出した当人がこのざまじゃ、法案は審議するに値にない。安倍の決定的な不規則発言は戦争法案廃案に直結して当然である。だからこそ、NHKはこの不規則発言に自席発言という不規則表現を当てたのである。NHKは安倍に有利になる報道をした事になる。決定的不規則発言をわざわざ自席発言と言い直したNHKの意図は明らかである。安倍の不規則発言をNHKは不規則表現で庇ったのである。やはりブラックNHKである。

(国民怒る)8/25山本太郎議員国会質疑動画:NHKが太郎議員の質疑途中で放送を打ち切るという大暴挙!(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

(国民怒る)8/25山本太郎議員国会質疑動画:NHKが太郎議員の質疑途中で放送を打ち切るという大暴挙!
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/394.html
投稿者 pochi 日時 2015 年 8 月 25 日 20:06:57: gS5.4Dk4S0rxA Tweet      
健康になるためのブログ

【国民怒る】8/25山本太郎議員国会質疑動画:NHKが太郎議員の質疑途中で放送を打ち切るという大暴挙!
http://健康法.jp/archives/4457

今日の山本議員はアメリカの国際法違反の戦争犯罪を取り上げ(イラク・原爆・空襲含む)、そんなアメリカの戦争犯罪を認められないのに、アメリカが間違った戦争をやろうとしている時にNO!と言えるのか?と問い詰めました。総理は、いつものようにまともに答弁せず。命を懸けて質問する男と、逃げ続ける男の違いが画面越しにもハッキリ伝わってきます。

【速報】山本太郎8/25「総理との一騎打ち 」【全19分】


以下ネットの反応。

http://t.co/o1jMeo3h2h 国民の皆さん、いまNHKは犯罪を犯しました。国会中継、山本太郎議員の質問をぶったぎりました!私は即座にNHKに抗議の電話を入れました。案の定話中です!繋がらなくしてます!これは明らかに放送法違反でしょう!隠しましたね!

― wakatyan (@tokuisaki0313) 2015, 8月 25


山本太郎質疑 国会が 静かになった NHKは 中継停止 頑張れ日本国民

― ATUSHI (@hikarugenzin) 2015, 8月 25


山本太郎大正論だよ

― ちるちる (@chilchil2012) 2015, 8月 25


高校野球でも大相撲でも最後まで中継するNHKが国会中継を6時で打ち切った。山本太郎議員の質問中。#アベ政治を許さない

― 激オコぷんぷん丸 (@azvvvtulip) 2015, 8月 25


@isikoro14561456 俺たちひとりひとりが山本太郎になればいい。 / #国会を見よう 参 平和安全特別委員会 http://t.co/lm9kyjDSBw | 2:15:14経過

― 須佐心一 (@susasinichi) 2015, 8月 25


犬HKラジオ 山本太郎さんがアベを「アメリカのイラク侵攻時の戦争犯罪行為をジャッジできないあなたが、戦争法案成立後アメリカにちゃんとものを言えるのか」と追求中、突然中継打ち切りニュースに。その筋から、これ以上アベの惨状を晒すなと指令があったか?

― yamachan1938 (@yamachan1938) 2015, 8月 25


山本太郎「宗主国様(アメリカ)には逆らえないんですね?」 安倍ちゃん「(ぷるぷる)」

― ウワバミ琉球守 (@uwa_R) 2015, 8月 25


山本太郎に対して安倍総理はたぶん苦手意識を持ってる。中谷防衛大臣はビビってる。 やむなく岸田外務大臣がちょっと離れたところから援護射撃したけどかなり狙いは外れていた。 山本太郎アワーはまだ続くみたいだ楽しみです。

― 佐藤路加 (@littlechurch) 2015, 8月 25


@lovepeacemama 山本太郎さん。米軍による広島、長崎、東京大空襲などでの市民大虐殺を大きく発信してくれました。

― 森田和夫 (@okcmahoo) 2015, 8月 25


山本太郎議員の質問に総理は何一つまともに答えられなかった。終いには岸田が出てきて代わりに答弁…あなたには聞いてない… 一国のリーダーがこれでいいの?

― 吉助 (@kstr_kst) 2015, 8月 25


国会中継、山本太郎さんの質疑中、突然中継をきった!なんという愚行?バカNHK!絶対ゆるさない?

― あんじゅ (@anjyeri) 2015, 8月 25


山本太郎の背景に映っていた自民党参議院議員連中の間抜け顔が余計に際立ってしまった今日の参議院特別委員会の中継を終わります、犬HK!

― keith forest (@nsw2072) 2015, 8月 25


国会中継における山本太郎議員。完全に安倍総理をノックアウトしてますね。 日本が、アメリカの植民地であり、宗守国アメリカの言うことには、何も逆らえないこと。… http://t.co/I2btPFKNzF

― 山本 誠一 (@felixkyama) 2015, 8月 25


NHKは山本太郎の質問中に途中で中継を切ったらしい。NHKみたいな、こんな放送局はなくなってしまえばいい。国会中継はネットで見よう。こんな腐った没落メディアのテレビなんか捨ててしまえばいい。廃棄する時もリサイクルショップに売る時も控えを保管しておけば、NHKを堂々と解約できます。

― 中山幹夫 (@nakayamamikio) 2015, 8月 25


山本太郎はイラクの画像パネルを示し振り絞って言った。「米国は国際法違反の戦争犯罪常習国だ」惚けるアベに「逃げた」か「知らない」の何れかだと断言。イラク戦争検証不能な国、原爆空襲で殺られた国、眠そうなアベと山本太郎。どちらが日本のリーダーに相応しいか。 @tim1134

― カムイヌプリ【生活の党】 (@kamuinupuri) 2015, 8月 25


いいか、安倍晋三よ。 もし、山本太郎が暗殺されたら、国民が黙ってないからな!! #安倍晋三 #NHK #自民党

― リ コ  (@riko0058) 2015, 8月 25


聖蹟桜ヶ丘で見かけた、山本太郎さんの頼もしきボランティア女子。 pic.twitter.com/QeXsgP5eGP

― emi kiyomizu (@kiyomizu5) 2015, 8月 25


山本太郎氏 凄い男が現れたもんだ、石原みたいな従米似非ライトに騙された事もあったが長生きもするもんだ。GHQウォーギルトインフォメーションプログラム洗脳工作された日本から本物の「嵐を呼ぶ男」が現れた植民地いつやめるんですか米国のATMいつまでするんですか 東京の空米国の空

― yamako100y (@yamako100y) 2015, 8月 25


山本太郎議員の質問が凄かった。首相は逃げの一手。知らないはずないだろ。アメリカの戦争犯罪を取り上げる。その事実を確認していないと首相。なら、独立した第三者委員会で検証を。完全に太郎君のペース。最後の最後で NHKの放送が終わった。 YouTubeに期待。

― ブレルナ玉木大輔 (@bureruna) 2015, 8月 25


最後切れちゃったけど、山本太郎の答弁には意味がある。アメリカの戦争が国際人道法違反であり、これから踏み込む自衛隊の行動は、国際人道法違反になるという認識を国民に植えつけることができた。もはや知らないでは済まされない。

― Gooner_TAKU (@taku0713) 2015, 8月 25


NHKは国会中継(参院特別委)を途中でぶった切るのか。唖然。どうせあと少しで終わるのになぜ最後まで中継しない。しかも「米軍の戦争犯罪に日本も加担することになる」という、安保関連法案(戦争法案)の核心を突いた質問を、山本太郎議員がしている最中に。

― IKEZOE_Noriaki (@ookaminami) 2015, 8月 25

高校野球を延長して、国会中継を延長しないNHK。今頃は有志によって取り囲まれているはずです。

【拡散】8月25日(火)NHK包囲行動開催決定!「”政権べったりの報道をやめろ”怒りの声でNHKを包囲しよう!」

こんな暴挙が許されていいわけがありません。犬HKに対する怒りのツイートがめちゃくちゃ溢れています。犬HKに対しての国民の怒りが燃え上がっています!  

今回の全世界的下落は、連中の空売り詐欺を超えて、実体経済に合うまで調整とポスト株式制度の動きと思われます(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

今回の全世界的下落は、連中の空売り詐欺を超えて、実体経済に合うまで調整とポスト株式制度の動きと思われます。http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/147.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 8 月 24 日 20:21:07: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

これまでは、連中が吊り上げては売り抜けて、連中が叩き落としては買い占めるという繰り返しで、為替や商品も不動産もそんな調子で、カツアゲされるか八百長で巻き上げられるかという嬉しくない二択でしたが、日本がそのルールの中で連中を凌駕しそうになると新しいカツアゲ方法と八百長で潰され、連中の千年王国揺るぎなしと思われましたが、それを横目で見ていた熊と龍が日本以上に盤石な形でくそじじいに襲いかかり、とうとう連中の資本主義詐欺を終わらせる所まで来たという事だと思いますが、今回の大幅下落と世界の冷静さは、架空経済のバブルが崩壊しようがしまいが、それに踊らされなければ実体経済は揺るがないという自信と先祖代々の月謝を納めてきた成果によるものと思われます。
やはり、ネットが連中の八百長のからくりを暴いたのが大きく、同時に中露という大国がくそじじいを肩叩きしているという安心感も大きいと思います。
ゲリラ的に戦って惜敗した小国は数知れず、期待の星だった日本が敗れて背のりにギチギチに日本を支配させ始めたのを見て、世界はいったんは落胆しましたが、被害者の老舗の中露が満を持してくそじじい退治に乗り出したという所だと思います。
これ迄普通の事として受け入れてきたものが、より良くなるとしても、ガラッと変わればまごついて大混乱が起きるのは当然ですが、このままくそじじいが用意した毒入りのぬるま湯に浸かっていては、茹で蛙にされるか冷凍にされるかのどちらかで上がり目がなかった訳ですから、正常化の為の大混乱と人によっては大損や丸損する事を喜んで受け入れる事です。
やはり、命と健康と安全に勝る財産などなく、母の終活準備を手伝ったり、万札におしっこをする猫をみるにつけ、連中に煩悩をいいようにいじられてきた事を実感しますが、人間はどうも不自然な生活を代々重ねてきたようで、ネットだ人工知能だと便利で余計なものまで作り上げてしまった今、原始人や江戸時代そのままの生活をする必要はありませんが、他の動植物からも見習って、霊長類などという鎧も脱いで、普通に生き直す必要があると考えます。
こう書くとお花畑系が次元上昇詐欺を持ち出して来そうですが、連中の言葉に合わせて言えば、下にまいりますの次元下降こそ必要で、おだてられて木に登った豚が大地に両足を踏みしめる事こそ必要で、幹や枝にへんてこな加工を施して悦に入っていた愚かさを反省すべきときだと思います。
これから米国と中露の頂上決戦が行われる中で、タイヤ付きまな板の上の鯉の日本人は車酔いするほど翻弄されると思いますが、その中で家族や職場や町内だけは極力普通であり続ける事で、それがまな板の上から脱出する最善手でジタバタせぬ事です。
所詮は我々もくそじじいも地球劇場のエキストラで、たかが通行人のチョイ役の癖に神の代理人だの天に選ばれし民だのと勘違いも甚だしく、悠久の歴史から考えればくそじじいが自分で自分にスポットを当ててセンターだと言い張ってきた出演時間などほんの一瞬で、鼻くそよりちっぽけでいくらでも代わりのいる脇役に過ぎません。
今回の頂上決戦も地球からみたら、蚊に刺されてお尻痒いのみたいなもので、屁でもありません。
馬鹿キャラの立っているくそじじい以上に目立たない存在の我々は、猫みたいに大あくびをしてくそじじいの悪あがきを見守り、食べて寝て仕事をして酒を飲んで、くそじじいの出演時間が終わるのを待つ事で、ハラハラドキドキする必要もありません。
 

南北戦争間近茶番劇早期終演は中露連合の完勝(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68260435.html
【朝のメッセージ】南北戦争間近茶番劇早期終演は中露連合の完勝
クリップ追加 .2015/8/25(火) 午後 0:48日記アジア情勢.0.

 韓国と北朝鮮の戦争間近茶番劇が予想外に早く終演した。双方が譲歩した。一方の譲歩による終演ではなく、双方である所が価値がある。韓国は北へのプロパガンダ放送を止め、北朝鮮は軍事的緊張を高めた事に対して遺憾の意を表した。双方が意地を通す事を止め握手した。茶番劇は幕を降ろした。中国は北朝鮮との国境沿いに部隊を集結させた。ロシアは外交ルートを通して適切な警告を必要な人物らに送ったと、ロシア下院国防委員会の議員が明らかにした。果たしてどちらの国に送ったのかは不明だが、恐らく両方に送っただろう。米は韓国に戦略爆撃機B52と原潜を派遣する事を討議していると、韓国国防省報道官が表明した。米は南北の戦争詐欺を本格化させようとしているのだろう。こうした情報を考えると、中露が強く火消し役を果たした事が推認できる。米の考えはどちらの方向にも取り得るが、具体的に火消しに動いた印象はない。具体的という事になるとやはり中露である。中露は共に朝鮮半島での戦争は絶対に起こさせないという意思がある。それを具体的に行動に移している。中国は北朝鮮に対して直接的である。地上部隊が国境間近に集結したのだから、金正恩も穏やかではいられない。中露は中が北風役を、露が太陽役で北朝鮮に対応した。見事と言える。中露連合は役割を分担する事で不可能も可能にする力を得た。大国と雖も単独でできる事には限界がある。理想的な連合関係を築く事で大国は無限に近い力を得る。ここが米には届かない部分である。唯我独尊という言葉が完璧に当て嵌まる米は、中露連合が結成されると完全に行き詰まる。

今回の全体の経緯を見ると、最早朝鮮半島での紛争詐欺ましてや戦争詐欺は不可能になった事が明白になった。中露連合の力の偉大さが中露にとっての隣国の紛争戦争詐欺に及ばない事などない訳である。遠くの米が如何に策略を巡らそうと、中露は自らのお膝元でそれを実行する事は絶対に許さないのであり、今回の結果は初めから分かっていた。実にその通りになった。南北双方ともまだ鎧をつけた状態を維持してはいるが、事実上武装解除したも同然である。中露連合が真横にいる状態で最早馬鹿な真似は実行不可能である。米に対する中露連合の完全勝利である。米はあちこちで爆発事件を起こしているようだが、朝鮮半島に波乱を引き起こすことは最早不可能。安倍戦争法案にもアシストにならないどころか、逆効果のマイナス効果である。朝鮮半島が鎮まれば安倍戦争法案は不要同然である。在日駐留米軍も不要になる。今回の茶番劇は中露と米の戦いだったのであり、米は当然ながら完敗した。アジアは今や中露連合時代である。

積極的平和主義とは好戦的平和主義だろう(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】積極的平和主義とは好戦的平和主義だろう
クリップ追加 .2015/8/24(月) 午後 0:34日記その他政界と政治活動.0

 .自民党政治とは全て嘘ごまかしと言っていい。CIAが資金を出して作った傀儡政党が根本にある政党である。国民がこの事を知れば最早自民党は存立し得ない。自民党は根本的に自らの素性を隠さねばならない宿命を持つ。こういう組織では常時言動に嘘ごまかしが付き纏う。自民党は米にいる飼い主と国民の間で演技を宿命づけられている。哀れな集団であるが、出自が違えば哀れとも思わないかも知れない。自民党という政党は米の権力と生き写しである。自らの為に永遠に嘘ごまかしをつき通さなくてはならない。生きる事は嘘ごまかしに等しい。それが自民党である。今の安倍が党首を務める自民党は嘗ての自民党から国民寄りの部分を捨て去って純粋の傀儡政党となった。先祖返りしたようなものである。岸返り。

先祖返り自民党の党首安倍が成立を目論む戦争法案であるが、平和安全保障法案とか何とか言っている。真逆の印象を与えている。嘘ごまかしである。安倍は戦争法案という言葉はレッテル貼りだと非難した。本当の事はレッテル貼りとなる。この場合、安倍は決して嘘のレッテル貼りとは言わない。ただレッテル貼りと言うだけで、嘘は言外に仄めかしている。嘘を明示すれば逆に自分の嘘ごまかしが浮き立つから、ただレッテル貼りと言って嘘の雰囲気作りをしている。全てが嘘ごまかし、それが自民党政治である。

そんな安倍自民党が使う積極的平和主義という言葉も笑える嘘ごまかしである。積極的って何に積極的なんでしょうか。曖昧な表現ですね。平和主義に積極的とか消極的とかあるんですかね。分けたくなる気持ちも分からぬではないが、よく考えるとやっぱりおかしいのである。平和主義は平和主義であって、そこに妙な区別を入れる事にこそ如何わしいものがある。平和主義に積極消極を持ち込んで、積極に価値を持たせる。消極的平和主義には初めから価値がない。ガンジーの無抵抗主義の平和主義は安倍にとっては消極的平和主義となる。安倍はガンジーより積極的平和主義なのか?

結局、戦争法案を成立させたい為に平和主義に積極的消極的の区別を設けて、自分達は積極的だからいいんだと言いたいし思わせたい訳である。嘘ごまかしの砂川判決を根拠に戦争法案を正当化した安倍自民党であったが、何から何まで嘘ごまかしの戦争法案である。安倍の積極的平和主義というのは、戦争に積極的な平和主義という意味で、支離滅裂である。正に嘘ごまかしのシンボルである。笑うべしである。

小さな日本政治の世界だが、盛者必衰・因果応報を目の当たりに(世相を斬る あいば達也)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

小さな日本政治の世界だが、盛者必衰・因果応報を目の当たりに(世相を斬る あいば達也)
www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/215.html投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 22 日 10:58:44: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/ca77c0ed761f0d02a2b11b63ad96cd68
2015年08月22日

PS: 速報:21日NY証券市場ダウ、大暴落!一時マイナス500ドル。500円じゃないよ!500ドル61,000円安ね。

ーーここから本文ーー

思わず、含み笑いの出るような出来事が連続して起きている。東海大地震の前ぶれほど重大ではないが、1強5弱の永田町に君臨していた、安倍晋三率いる政権がボロボロになる前兆が、驚くほど連続的に出てきた。一つ一つでも、日本にとって重大なのだが、ここまで悪事の限りを尽くした政権の中においては、まだまだ、序の口なアクシデントの数々だが、大変に先々が愉しみだ。間違っても、あっさり腹痛で「僕、やめます」なんて言わせない。もっともっと、ボコボコになったから、ボロ雑巾のように捨ててやる。

まず、世界同時株安が定着方向を示したことだ。昨日の東京株式市場は600円弱下げ、前の三日分の下げを合わせて、1200円かた大幅に下落した。個人の底入れ見越しの買いも入っているようだが、同日のNY市場が300ドル幅の下げを見たら、明日には見切り売りしたいだろうが、土曜日だ(笑)。この現象は、世界の同時不況が前提で起きる金融現象なので、打つ手はない。流石に、此処まで来て、買いに回るファンドは博打に近い。円レートも、122円前後で、日本輸出企業も一息ついた収支体質にも、踊り場が訪れるだろう。しかし、このような世界の金融サークルだけが利益を蝕む、所謂「格差社会」の根源が壊れることだから、最終的には良い傾向である。

次の安倍晋三がボロボロになる前兆は再稼働させた川内原発で、重大な復水継投で故障が起きた。この冷却に関係したポンプの周辺で、8月上旬に異様な振動が計測されたが、目視の結果、計測器の不具合だったことが報告されていたが、九電は再確認せずに、官邸・経産省の強い要望を受け、再稼働強行した。しかし、やはり故障は起きた。この復水系の点検修理には、最低二カ月以上かかる筈だから、その頃は、官邸の主は変わっているかもしれない(笑)。

え~と、その次は何だったかな?そうそう、二階俊博総務会長を抱き込むことに成功、これで自民党総裁選で余計な神経使わずに済むと、胸をなでおろしていた晋三に、胃が痛む、いや、晋三の場合は腹が痛む情報がもたらされた。「野田聖子なんかに出られたら、党員票で負けるぞ。推薦人集まらないように手を打て。それでなくても、レンホーの理詰めに切れて、また、野次って、取り消す恥をかいて、腹は痛んだままだ。その上、野田聖子が…血を吐きそうだ。菅官房長官を呼べ。野田聖子の推薦人潰しに全力を上げねば。別荘はキャンセルだ。なに、理由は腹が痛い?馬鹿!朝鮮半島情勢を鑑みとでも言っておけ!糞~どいつもこいつも、逆らいやがって…ウェ~」まあ、実況中継すれば、こんなもんだろう。

野田聖子は岐阜市で開かれた経済団体の会合後、総裁選について記者団に「(自民党には)有望な議員がたくさんいる政党だと信じているので、無投票になることはおそらくないと思う」と強調。自身の対応については「初当選以来、それ(首相・総裁)を目標にしなければ堕落すると思ってやってきている。毎回(出馬を)考えては、やめたり、やめさせられたりといろいろあるが、今も同じような状況だ。その延長線上だ」(産経新聞)と述べたが、この経済団体の会合の講師として石破茂が出席した点が注目だ。石破自身は出馬を否定していたが、麻生も「誰も出ないのは変だろう」の方向性。必ずしも、推薦人20名が集まらないとも限らない。

最後がとっておき。“SEALDs 金曜デモ”が国民の覚醒に、ますます貢献している。昨日のキャッチコピーは≪「どうでもいいなら総理を辞めろ!」 「どうでもいいなら政治家辞めろ!」 「中谷出てこい!」 「安倍はここに来い!」≫とラップ調で、煽り立てる。なにか、時代は変わったから、反政権デモの様相も変わるのは当然だが、若者が本気で立ち上がってくれる姿は、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと、ニヒルに構える筆者の心にも響く。この調子で、8月30日の『戦争法案廃案!安倍政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動』がどこまで盛り上がるかで、安倍官邸の様々な揺らぎに是正が行われる可能性は大きい。TBS・NEWS23がデモの告知をしたことの影響は大きいだろう。

仮に、そのまま、安倍自民党政権が、安保関連法案、原発再稼働、辺野古新基地建設の3点セット強行となれば、総裁選再選も、実は怪しくなるし、自民党自体が、参議院における修正し難い、“ねじれ”を自ら招く事態となる訳で、到底、事なかれ主義、俺さえ良ければOKの政治家にとって、それは由々しき事態だ。ここまで来ると、誰が安倍の首に鈴を付ける論争が、自民党内の議員らから起きるのは必定だ。ゆえに、怖くて、安倍晋三は、官邸を離れる気にはなれないと云うことだ(笑)。愉快な方向が見えてきたね!


山本太郎5人で日本国民覚醒可能(ryuubufanのジオログ)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68254732.html

【朝のメッセージ】山本太郎5人で日本国民覚醒可能
クリップ追加 .2015/8/23(日) 午後 0:18日記国会.0

 .山本太郎が国会でタブーを破った。日本が米の植民地であると国会で公然と言い放った。これに対して議場からは何のヤジも無かった。皆認めている訳である。植民地でないなら、何言ってんだ‼️となるだろう。あまりにも完璧な植民地である為に、そういう反論も出ない。ヤジも反論も全く出なかった事自体が大ニュースと言うべきである。日本は山本太郎の言うように米の植民地なのである。だから戦争法案であり、TPPであり、原発再稼働であり、消費税増税なのである。日本国民が大反対するものをどんどん通して行く。国民の望む方向と全く反対である。これこそ植民地である。山本太郎が縷々述べている事が図星である為、議場は固まったのだろう。表面は平静を装っているが、内心はかなりドギマギしていたに違いない。特に閣僚席は。山本太郎は本論に入る前に、国会議員は皆知っている事だがタブーを破りたいみたいな事を言っていた。国会議員にとって日本が米の植民地である事に関わる事に触れる事はタブーだろう。タブー破りは米の怒りを買う。その結果どうなるか、国会議員は知っている。タブー破りは国会議員にとって命にさえ関わる。正にタブーなのだ。山本太郎はそれを公然と堂々と破った。皆内心呆気にとられただろう。ヤジどころじゃなかったのだ。人間、タブーを図星されると固まる。命にさえ関わるとなると尚更である。

山本太郎は命にさえ関わるタブーを破った。山本太郎は有名タレントであり、命を狙われる危険は低い。命を狙う側には難敵である。有名はいい事である。山本太郎は自分の特質を生かしてタブー破りに挑み成功した。この重要なタブー破りを公共放送は報じなかった。公共放送もタブーに支配されていた。

タブーは一旦破られると最早タブーではない。勇気ある者は山本太郎に続け。山本太郎の後に続けば命の危険は低まる。ネット界ではRKがそういう位置にある。RKと繋がっていれば安全である。目立つ者は安全度が高い。山本太郎自身も山本太郎に続く者も安全度が高い。人数が増える程安全度が増す。山本太郎はタブーを破った。山本太郎に続く者はタブーを完全に破壊する。国会でこの状況が出来上がれば、最早公共放送によるサボタージュもできなくなる。日本が米の植民地である事が国会論戦の場から公共放送と新聞に乗って全国民に伝搬する。山本太郎一人ではできない事も仲間達が5人もいればできる。国会の場がタブー破りに最高の場となる。やはり、言論は強しである。国会は流石言論の府という事である。

米国の命令にひれ伏すだけの残念な安倍晋三政権(植草一秀の『知られざる真実』)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

米国の命令にひれ伏すだけの残念な安倍晋三政権(植草一秀の『知られざる真実』)http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/166.html投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 21 日 09:34:33: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-18f1.html
2015年8月21日

8月19日の参議院平和安全法制特別委員会で、

生活の党と山本太郎となかまたち

共同代表の

山本太郎氏が質問に立った。

山本氏が質問に立つと、委員会が引き締まる。

用意周到に準備して、核心を衝く質問をぶつけるからだ。

山本太郎氏の活動は、迷走する日本政治の一筋の光である。

山本太郎氏は、安倍政権の政策運営が、基本的に米国の命令、指令に基づくものであることを鮮明に浮かび上がらせるものになった。

安倍晋三氏がアジア諸国に対して敵対的な姿勢を示していることから、安倍晋三氏を「強い日本を目指す宰相」と勘違いする向きがあるが、完全なる誤りである。

たしかに、安倍晋三氏はアジア諸国に対しては敵対的な姿勢を示しているが、その裏側で、米国に対しては、何ひとつものを言えない、

完全隷従、

植民地状態

の政治を実行している。

ここには、日本の自主独立、独立自尊の気概も行動もない。

敗戦後の日本は米国に支配され続けてきた。

戦犯で処分されそうになった者のなかで、何人かの者たちが処分を免れて、その後、権力の中枢に接近したが、これらの者は、例外なく、戦勝国米国と「取引」した者であると見て間違いない。

米国に屈服し、米国に隷従し、米国に服従することで、

「復権」

を獲得してきた者たちである。


米国は戦後、一貫して日本を支配下に置き続けてきた。

そして、いまなお、日本を支配下に置き続けている。

自民党は米国が資金を投入して創設した政党である。

米国は日本支配を実行するうえで、自民党を徹底利用し続けてきた。

戦後の一時期、GHQは日本を民主主義のモデル国家として再出発させる構想を持った。

しかし、方針は瞬く間に大転換された。

冷戦が激化して、米国は日本の民主化を中止して、日本を完全なる属国にする方向に舵を切った。

その延長上に現在の日本がある。

2009年9月に誕生した

小鳩政権(小沢-鳩山主導の政権)

が、あらゆる角度から総攻撃を受けて、破壊されたのは、この政権が、米国に隷従しない政権であったからだ。

この政権破壊を実行したのが、

民主党悪徳10人衆であり、

民主党悪徳10人衆は小鳩政権を破壊したのちに、

完全なる米国の傀儡政権である

安倍晋三政権にバトンを引き渡したのである。


第二次安倍政権が誕生してから、今日までの2年半の間に実行されたことは、

特定秘密保護法の制定

武器輸出禁止三原則の撤廃

TPP推進

原発再稼働

集団的自衛権行使容認の法整備

そして、

辺野古米軍基地建設

である。

これらのすべてが、

2012年夏に提示された

第3次アーミテージレポートに提言として示されている。

このことを山本太郎氏は安倍政権に突き付けた。

山本太郎氏は、

「永田町ではみんな知っているけれども、わざわざ言わないことを質問していきたい」

と宣言したうえで、安倍政権の実相を国民の前にくっきりと浮かび上がらせたのである。

そして、

「アメリカ、アメリカ軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも、真摯に全力で取り組むって、これ、どういうことなんですか?

これ独立国家って呼べますか?

完全コントロールされてんじゃないかよ。誰の国なんだこの国は!

って話をしたいんですね。」

と問い詰めた。

こうした論戦こそ国会審議で求められるものだ。

迫真の茶番劇朝鮮半島戦争間近 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】迫真の茶番劇朝鮮半島戦争間近
クリップ追加 .2015/8/22(土) 午後 0:07日記アジア情勢.0.

 日本の戦争法案成立支援の為なのか、はたまた日中戦争を諦めた故なのか、俄かに朝鮮半島が噴火寸前の警戒警報が鳴り響き始めた。戦争法案成立支援の為にそこまでやるとも思えず、やはり日中戦争は困難と見て朝鮮半島に狙いを定めたという感じだろう。しかし、本気で朝鮮半島を火の海をするかと言うとそれも何だか非現実的で、場当たり的な騒動というのが本当の所ではないか。北朝鮮の飼い主も日本の飼い主も同じであると言う。プーチンを攻撃し習近平を攻撃しているのも同じである。ウクライナにクーデターを仕掛けたのも同じである。世界中に謀略を仕掛けている。そこに綿密な統一性はなく、その場その場の場当たり的行動である。近年はその行動が悉く不調を囲っている。その為行動がますます場当たり的になる。悪循環である。結局「飼い主」らは追い詰められているのだ。嘗ては悉く上手く行ったものが近年は反対になっているのも、追い詰められている為であろう。追い詰めているのが中露連合という訳である。

中露連合にとって朝鮮半島が火の海などは全くあり得べからざる事であり、断固阻止に入る。表向きは南北とも超強気の姿勢だが、韓国には中国が、北朝鮮にはロシアが指導に入るだろう。中露は中露連合として朝鮮半島有事の危機に対処する。即ち、危機を絶対に現実化させない。北の飼い主の場当たり行動で朝鮮半島が火の海になるなどという事は、絶対に許されない。中国は既に北朝鮮との国境に部隊を移動させているという情報もある。暴発に備えている訳である。朝鮮半島有事の構造がもう分かり切っている今、戦争詐欺など絶対に実行させない。茶番は茶番のまま終了させる。茶番が熱い湯気を立てている。中露は緊張感を持って見守っているだろう。常時連絡し合い対応策を練る。中露連合の前に朝鮮半島危機の茶番は封じ込められる。

結局、朝鮮半島有事危機は米対中露の対立構造の中にある。米にとってウクライナもイランも上手く行っていない。鬱屈した状況の中、朝鮮半島に煙を立てた。今にも火の手が上がりそうだが、中露連合が消火に動く。仮にドンパチがあっても小火で収めて大火にしない。こういう朝鮮半島の危機対応について、中露連合は綿密な対処計画ができている筈である。米が火の手を上げようと狙っているのは分かっているのだから、対処策を練っていない筈がない。ウクライナの場合はロシア単独で対応せざるを得ず、火の手を上げられてしまった。それでも現在上手く状況を収めている。中国も裏からロシアをしっかり支えている。朝鮮半島の場合は中露とも当事者であり、初めから中露連合として対処する。この時、火の手を上げさせる事は決してない。

結局、今回の朝鮮半島危機茶番は中露連合によって茶番のまま終わる事になる。とは言え、北の飼い主も必死だから茶番も迫真で中露も大変である。しかし、中露連合は磐石である。安倍戦争法案にも何のアシストにもならない。逆に戦争危機で戦争法案反対運動はますます熱を帯びる事になる。

自分自身が自分の運命をつくり、支配している   あなたの本質は、自由な魂であり、精神であり、意識です(zeraniumのブログより)

≪zeraniumのブログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-75b2.html
自分自身が自分の運命をつくり、支配している   あなたの本質は、自由な魂であり、精神であり、意識です
   あなたは今のこの瞬間、自分の好きな真実と現実、あるいは幻想を自由に創造し、体験することができます。そしていつの瞬間にでも、自分が望むなら、あなたはこの夢を改めて創造し直すこともできます。あなたには本来、それをする限りない力が備わっているからです。

   カルマは存在しません。
   ですが欲求は存在します。そして欲求はとても気まぐれです。つまり、いつの瞬間にも望むことを何でもすることができるし、何にでもなることができます。それはまさに何かになっている真っ最中にでも、心変わりをすることだってあり得るのです。

   殺人や事故、強盗に遭うことは別に懲罰でも何でもありません。
   それは以前のあなたの行為の「償い」でもなければ、罰でもありません。それはあなたが思いをめぐらし、思考した結果、あなた自身が創造したものであり、あなたの意識が作り出した体験なのです。それはより大きな叡智の中では残酷なことではなく、振り返って見る時、それがすばらしい経験と学びの師であったことがわかります。

   あなたは1万人もの無実な人々が殺されるのを見て、こう言うかも知れません。
   「何て酷い惨状だ。この残虐行為を前にして、なぜ天使たちは涙を流さず、神の栄光を歌い続けることができるのか?」と。それは天使たちが、生命はいつか終わるものだと信じて、自分を限定することがないからです。殺された者たちは、さらなる学びと体験のために、つまり私が冒険と呼ぶもののために、彼らは速やかに「天国」と呼ばれるある場所へ行きます。

   そしてあなた方はその1万人もの虐殺された死体を埋葬し、その死に涙を流すかもしれませんが、神は泣くことはありません。新しい明日がいつも必ずやって来るのは、このおかげなのです。

自分自身が、自分の運命をつくり、支配している

   いったい誰が、あなたの運命をつくり出していると思うでしょうか?
   ほとんどの人々は、力ある至高の存在が運命を操り、すべてのことを起こしていると信じています。なぜならそう信じていることで、自分自身の人生の責任は自分にはないと考えることで、肩の荷を降ろすことができるからです。

   しかし実際には、あなたが自分の運命を支配しています。
   あなたが瞬間瞬間に考え、感じることによって、あなた自身の人生のあらゆる瞬間を創造しているのです。あなたが学ぶべきことは、ただ一つです。それがこの今という瞬間、瞬間が永遠のものであり、それは途切れなく続いているのだということです。

   しかも、今というこの瞬間の継続性において、あらゆる瞬間がまったく新しいものなのです。それはあなたがどうであれ、昨日に囚われてはいません。あなたが明日のことを夢見て、あるいは無意識においてであろうと、あなたが作り出した現実化を、今、あなたは手にしているのです。(無意識は無意識なりに何かを生み出している)

   つまり今というこの瞬間こそが、あなたの明日をつくり出しており、あなたは自分のために何でも好きな現実をつくり出せる自由があります。これこそが、あなたの親である創造主があなたに与えている愛であり、それが、一瞬一瞬を新しく創造していく力と自由なのです。

   誰も過去に支配されている人はいません。
   それは一瞬前であれ、千年前であれ、あなたの行為の償いをしなければならないということはありません。そこにあるのは、あなたのその行為による一つの理解であり、そこで学ぶべきことへの気づきを得たということです。過去とは、そのときに体験された「今」と言う瞬間に過ぎず、それはもうここにはありません。それを現在との関連から言えば、あなたはそこから学べるすべてを学んだということだけなのです。

   その過去はもう終わっているのです。
   それはもうここにはなく、過去は智慧として、この瞬間の今のあなたの内面に生きています。それをあなたは、過去のおかげで得ることができました。ですから、この今という瞬間のあなたは、これまでの限りない人生において最も偉大であり、過去のどんな時よりも、「本来の知っている状態」にさらに深く突き進んでいるのです。

失敗や間違いなど存在しない

   実際に存在しているのは「今」だけなのだと気づくと、あなたはあらゆる瞬間に、自分の魂が求める力強いフィーリングを求めて冒険を始め、偉大なる智慧に向かって自分を広げていくようになります。そしてこれまではしなかったような体験を、進んでしていくという生き方をどうしても選ぶようになります。

   あなたが再びこの地上に戻って来たのは、何か自分が思い出せないようなことを「解決」するためでもなければ、何かよくわからない「自分がすべきこと」をするためでもありません。あなたがここに戻って来たのは、自分でそれを選んだからであり、自分が選択した肉体を通してやって来たのです。それは過去にしたことの帳尻を合わせるためではなく、肉体という固体を通して進化するためであり、この次元でしか得られない体験を通して「感情において」自分を完成させるためなのです。

   あなたがここにいるのは、そこがどこであろうと、自分がそこにいたいからいるのだということを学ぶためです。あなたが繰り返し、何度もここに転生して来ているのは、この幻の世界を生き、魂が叡智という生命を満たすのに必要な体験を積むためです。そしてこの次元での体験から豊かな感情を得ることができた時、あなたはもはや、ここに戻る必要も望むこともなくなります。

   あなたは自分が、本質的に神であることを思い出すためにここにいます。
   それを思い出し気づいていくためには、あなたの中に埋め込まれたすべての法律やすべての宗教的教義、そしてすべての儀式的な慣行を取り除き、思考を解き放ち、限りなく自由なものにしなければなりません。それは無限の自己表現の自由と、決して死ぬことのない身体、存在することの喜びと心の平和であり、あなたの生命は無限のものであることを知るでしょう。

   あなたがそれを知ったとき、生命は無限のものになるのです。
   なぜなら自分が真実だと知ったこと、望むことは、すべてその通りになるからです。これだけが、あなたが自分の世界で受け入れる必要のある「法則」です。

   自分は永遠の存在であること。これまでにも失敗は何一つ存在しないこと。ただこれまでにあなたが犯した「たった一つ」の間違いは、自分が何か間違いをしてしまったと「信じた」ことなのだと知りなさい。

   自分を愛しなさい。
   自分が内側で語ることに耳を傾け、それから何を感じる必要があるかに心を傾けることです。心をこめてそれを追い求め、それがつまらなくなるまで続けなさい。興味を失い、つまらなくなるのは、その体験から学ぶべきことは終わったという、魂からのサインであり、もう別の冒険に進む時期に来ているということです。

内なるフィーリングに聴く

   自分の内なるフィーリングにだけ耳を傾けることができるならば、この瞬間にも、あなたは自分がなりたいものになれる自由があります。そこにはどのような法もどのような教えにも、誰に対しても申し開きする必要のないことを知ってください。今という瞬間、そこから得られる内なるフィーリングこそが、ただそれだけが、今もこれからも唯一大切なものなのです。

   無法になりなさい。
   ですがそれは、無軌道になるということではありません。あなたの首の周りに縄を回してコントロールしていた人間がその縄を外し、あなたがやっと大きく息をして呼吸できるようになるということです。法律や宗教的教義、限定された社会的信念などから自分を切り離すならば、本質的に神であるあなたが持つ自由と無限性を取り戻すことが可能です。

   あなたは自分本来の姿であるエネルギーそのものになり、自分自身を、そして生命を再創造し始めます。そしてあなたがここにいる理由は、誰かに何かに取り繕(つくろ)うためではなく、「ただ、生きたいから」になり、新たな冒険が一瞬ごとに展開していきます。幸せに生きなさい。あなたの親である創造主が唯一、あなたに求めているのはそのことなのです。


   『ラムサ―真・聖なる預言』 ラムサ  角川春樹事務所

                          抜粋

山本太郎議員、痛快な追求 「戦争法案はアメリカのリクエスト通り。コバンザメを続ける気ですか!誰の国なんだ、この国は!」(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

本太郎議員、痛快な追求 「戦争法案はアメリカのリクエスト通り。コバンザメを続ける気ですか!誰の国なんだ、この国は!」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/903.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 19 日 17:00:05: igsppGRN/E9PQ Tweet      

参議院特別委、「米国からの指示書」と言われるくらい安保法制と内容が重なる「第3次アーミテージ・レポート」について、山本太郎議員が追求。「戦争法案はアメリカのリクエスト通り。こういうの完コピっていうんですよ。誰の国なんだ、この国は!」 pic.twitter.com/54ZYQ1nPR4

— arekore (@Are_Kore04) 2015, 8月 19

アーミテージ・レポートを「民間のシンクタンクの提言だから……」と無関係を装う岸田&中谷。山本太郎議員、アーミテージとナイが官邸を訪問した写真を出して、「民間人と随分、懇意ですよね。よくやったと、褒めに来てくれたんでは? 」 pic.twitter.com/Ceaojy4BH7

— arekore (@Are_Kore04) 2015, 8月 19

山本太郎議員「いつまで、(アメリカの)コバンザメを続ける気ですか? 出されたリクエスト、すべてやるんですか? アメリカの、アメリカによる、アメリカのための戦争法案は、廃案しかありえない!」で、午前の質問は終了。午後の質問(4時半くらい)にも期待!

— arekore (@Are_Kore04) 2015, 8月 19

山本太郎が安保法制の本質に迫りブチギレ激怒!山本太郎(生活)vs中谷元防衛大臣[国会中継]最新2015/8/19

Tweet      

  拍手はせず、拍手一覧を見る


コメント
1. 知る大切さ 2015年8月19日 17:22:31 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
米国からの日本への提言書「アーミテージ報告書」
ナイスタイミングで発言してくれました。
(大事な法案審議なのに放送しない犬HKに怒りを覚えます。)
マスコミがニュースで番組編集権の名の下にどう見せるか?
マスゴミなのかマスコミに戻るか?


ちなみに「アーミテージ報告書」少し前までは「年次改革要望書」だったやつですね。
要求は数年でほぼ履行されてます。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/年次改革要望書

若き誠実な政治家に皆が注目する今のタイミング!それに呼応する意識ある
民衆が横につながるツールがある今、国民が催眠から目覚める事ができるか?

マスゴミがマスコミだったら100%覚醒してる現状だけど、犬HKを筆頭に
マスゴミがあちら側に組みしてるから引張がせるか? マスゴミと認識し
信用しないやり方を作るかですね。

2. 2015年8月19日 17:26:07 : qpd25J8Ajs
いいね、これをNHKで流して欲しい。

3. 2015年8月19日 17:34:23 : 3HiOc55HTU
 今日の午前・午後の質問拝見した。
 安倍グループがいかにアメリカの奴隷となって従順に行動しているか、鮮やかに証明していた。まさに「日本人による、アメリカ人のための政治」が行われているのだ。また彼らがしばしばよりどころとする砂川判決までもが、実はアメリカに魂を売り渡した司法によって生み出されたということだ。
 アメリカは待っている。この法律が通って、自分たちの費用的負担や命の犠牲までも日本が負担してくれることを。安倍政権はこのアメリカの期待にこたえなければならない。アメリカは一日千秋の思いで待っているのだ。
 今、国家開闢以来最大規模の売国行為が与党によって行われようとしているのだ。

4. 2015年8月19日 17:38:14 : lKtNFkyivw
山本太郎氏は素晴らしい。
動画の後ろに映っている各議員さん、山本氏の迫力に口あんぐりだ!!!


5. 2015年8月19日 17:42:38 : FaaAqaVG3Y
山本議員よくやってくれました。安倍の背後にアメリカがいることは常識ですが、それを
国会で取り上げることに最大の意義があるのです。ネット民だけでなく一般人の知るとこ

ろになるとマズゴミや自民党は逃げ回るしかないでしょう。

ネトウヨという異常者たちがいかに売国奴であるか知れ渡るきっかけになります。


6. 2015年8月19日 17:43:52 : LgFcKFdcuo
 
アメリカからは、もう別れようと言われているのに、別れてほしくない日本が、今のアメリカの好きそうなもの、以前にアメリカが欲しがっていた物をプレゼントしようとしているように見えます。
 
「アメリカは麻薬が欲しいと言っているよ。コカインはどうかな?」
 
「コカインは違法でしょ。大麻ならいいんじゃない?」
「大麻だって違法でしょ!」

「世界中の国々で、大麻が違法だ!なんて言っているのは日本だけだよ。」

「コカインじゃないと、アメリカは日本の離れ島は守らないって言っているよ。」

「それなら、日本の国民にはアメリカに大麻を贈ると言っておいて、本当はコカインを贈っておこうよ。」

「でも、アメリカが日本に本当に求めていることは、日本が外国で体を売ることだってさ。」
 
「アメリカのために、どこで日本が体を売るの?」

「中東さ。」

「彼女に外国で体を売ることを求めるっていうのは、正常な恋愛関係といえるのかな~?」

「最初から愛人関係なのさ。」
 
「中東で体を売っておけば、アメリカは、これからも日本を守ってくれるらしいよ。」

「それなら、しゃあないな。」
 



7. jk 2015年8月19日 17:45:55 : QW.9qSn21uBt. : tceVB0iwr6
太郎氏の質問内容は事実であり、日本のメディア、知識人、政治に関心のあるネット愛用者間では知られてること。
なぜか、国会ではタブ-化されているようで取り上げられない事実。太郎氏の勇気ある行動に拍手を送ります。太郎氏は、旧来の国会のあり方を代え真実に基づいた討論をこれからも続けて行く事を希望します。


8. 2015年8月19日 17:50:15 : qpd25J8Ajs
>03
午後の分何処で見られたのですか。

9. 2015年8月19日 17:55:33 : YHJX5Av6Dc
■山本議員の質疑の全文文字起こし

【安保法制国会ハイライト】山本太郎議員が日本政府の「属国タブー」を追及!原発再稼働、TPP、秘密保護法、集団的自衛権…安倍政権の政策は「第3次アーミテージレポート」の「完全コピーだ」
2015.08.19 IWJ Independent Web Journal

 「米軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも真摯に全力で取り組むって、これ、独立国家と呼べますか?」——。

 お盆休み明けで再開した参議院審議。山本太郎議員は2015年8月19日、午前の質疑で、安倍政権が米国の「指示書」通りに政策を進めていることを批判。2012年夏に発表された「第3次アーミテージレポート」を突きつけ、政治家もメディアも触れようとしないこの国の「属国タブー」を追及した。


・【IWJブログ】CSIS「第3次アーミテージレポート」全文翻訳掲載
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56226

 「第3次アーミテージレポート」では日本に対し、原発再稼働、TPP推進、秘密保護法、武器輸出三原則の撤廃、そして集団的自衛権の行使容認が「提言」されている。山本議員は、安保法制も、そのベースとなっている日米新ガイドラインの合意も、この報告書(第3次アーミテージレポート)の実現のために進められているのではないか、と質問した。

 岸田外務大臣は、この報告書は「あくまで民間の報告書」であり、安保法制も新ガイドラインも「報告書を念頭に作成したものではなく、あくまでも我が国の国民の命や暮らしを守るためにどうあるべきなのかという自主的な取り組みだ」と否定した。

 さらに中谷大臣も、「安保法制はあくまでも我が国の主体的な取り組み」であり、「報告書を念頭に作成したものではない」と否定。「結果として重なっている部分もある」などと答弁した。

 これに対し山本議員は、この「民間のシンクタンク」(CSIS)が頻繁に日本にと訪れ総理と会い、総理もCSISで演説する(※)など極めて「懇意」な関係にあることを紹介。「結果重なってしまっている部分があると言うのですが、ほとんど重なっている。そっくりそのまま、『完全コピー』ですよ」と指摘した。

(※)【IWJブログ:「アーミテージさん、ありがとうございます」属国日本の姿を堂々とさらけ出した安倍総理 米講演で】
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/61863

 「米軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも真摯に全力で取り組むって、これ、どういうことなんですか? これ独立国家って呼べますか?」「いつまで、没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですか」などと、舌鋒鋭く追及した。

 以下、山本議員の質疑の全文文字起こしを掲載する。(原佑介・佐々木隼也)

・2015/08/01 「いつ植民地をやめるのか、今でしょ!」対米追従姿勢に警鐘! 東京、大阪、米軍基地、そして原発…日本全土にミサイルが雨あられと降り注ぐ!? 岩上安身による山本太郎議員インタビュー!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255943

■8月19日参院特別委、山本太郎議員の午前の質疑全文

山本太郎議員「『生活の党と山本太郎となかまたち』共同代表の山本太郎です。

 永田町ではみんな知っているけれども、わざわざ言わないことを質問していきたいと思います。答弁は簡潔、明瞭にお願いします。まず、中谷防衛大臣、よろしくお願いします。

 中谷大臣はですね、7月30日の本委員会、福島みずほ委員の『今まで周辺事態法で“できない”とされていた弾薬の提供がなぜできるのか』という質問に対し、『現行法制定時には、米軍からのニーズがなかったので、弾薬の提供と戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備については除いていたが、その後、日米の防衛協力、ガイドラインの見直しの中で、米側から、アメリカ側から、これらを含む、幅広い後方支援への期待が示された』と答弁されました。

 ということは中谷大臣、今回の安保法制制定の立法事実として、米軍のニーズ、要請があるということでよろしいでしょうか」

中谷防衛大臣「まぁあの、現行法の制定時におきましては、米側からのニーズがなかったということで、あの支援内容から省いておりました。これはあの、国会でも答弁いたしました通りでございます。まぁしかし、その後、日米防衛協力ガイドライン、これの協議が行われまして、その中で米側から、これらを含む幅広い方針への期待が示されたということです。

 また先ほど答弁いたしましたが、一昨年、南スーダンPKOに参加している陸自の部隊が、国連からの要請をうけて、韓国部隊のために弾薬提供を行ったように、想定外の状況によって弾薬を有する必要がある場合も想定されるということ、また、色んな状況も変化してきたということでございまして、こういったことをもちまして、今回、あらかじめ、法的に措置をしておく必要があると考えたわけでございます」

山本太郎議員「中谷大臣、現在の周辺事態法ではできなかった弾薬の提供などを、今回の安保法制でできるようにするのは、アメリカ側からの期待、米軍のニーズがあったからということでしたけれども、米軍からいつ頃どのようなかたちで、どのような具体的なニーズがあったのかってことを教えてもらえますか」

中谷防衛大臣「はい、あのー、日米防衛協力が進展をしたということ、またあの、ガイドラインの見直しが進められたということ、またあの、自衛隊もそういった能力が向上してきたということで、米側から、これらを含む幅広い後方支援への期待が示されたということで、今回、重要影響事態に際しても、これらの支援を行うように、できるように、法的措置を講じることにしたということでございまして、基本的には、日米間の協議の中で、ニーズが出てきたということでございます。

山本太郎議員「あの、あんまり答えていただけないような状況だったと思うんですけれども、まあとにかく米軍のニーズが立法事実になってるんだ、っていう話ですよね。リクエストされたから、ニーズがあったから、それによってこの国のあり方、ルールを変えていく、っていう話ですよね。

 弾薬の提供・輸送すると、弾薬は法律上、法律上は、銃弾、砲弾、手榴弾、ロケット弾、果てはミサイル、核兵器まで提供・輸送できる。また戦闘作戦行動のために発進準備中の航空機への給油、整備も。これらは誰がみても明らかに武力行使と一体となった輸送、兵站で、明白な憲法違反。

 弾薬の提供・輸送と戦闘作戦行動のために、発進準備中の航空機への給油、整備については、これまで武力行使と一体となった後方支援ということで、憲法違反だったんですよね。でも今回憲法解釈を変えたんですよね。米軍のリクエストで。実はアメリカ側のリクエストっていうのはですね、もっとスケールが大きくて、綿密なんだよってことをお知らせしたいと思います。

 パネルをお願いします。

http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2015/08/image1_300.jpg
▲パネル(1)

 えー、このパネルはですね、集団的自衛権を認める昨年7月1日の憲法違反の閣議決定の2週間後、7月15日、首相官邸での写真でございます。首相官邸のホームページから引用させていただきました。

 安倍総理と握手している方、『ショー・ザ・フラッグ、ブーツ・オン・ザ・グラウンド』。この言葉で有名なリチャード・アーミテージ元アメリカの国務副長官。

 一人おいて左から2番目、赤いネクタイの方、まぁほとんど側頭部、後頭部しか映っていない方ですけれども、この方がジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授。この2人、一体何者なのってご存じない方のために、外務省のホームページで次のように詳しく紹介されています。

 日米安全保障研究会、米側委員を代表して、『ジョン・ハムレ戦略国際問題研究所』…CSISですよね。CSISの所長が、14年前に、アーミテージ元国務副長官と、ナイ・ハーバード大学教授が、アーミテージ・ナイレポートを作成し、日本の安全保障に対するアプローチについて、提言したと述べた、と書いてあります。

 このお二人、このお二人が提言してくださった、ありがたーいお言葉の数々が日本国の政策にそのまま反映されている。とても影響力のある方々というお話なんです。2000年10月に第一次、2007年2月に第二次、そして2012年の8月に第三次が公表された。アーミテージ・ナイレポートは、それぞれ日本の安全保障政策に大きな影響を与えた。

 パネル、入れ替えてもらっていいですか。お願いします。

 2枚目のパネルは、その第三次アーミテージ・ナイレポートの中の日本への提言9項目、そしてその他、注目すべき記述を抜粋したものです。

http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2015/08/image2_300.jpg
▲パネル(2)

 注目すべき記述を抜粋したものです。これを見ると、今回の憲法違反の閣議決定から憲法違反の安保法制まで、ほとんどすべて、アメリカ側のリクエストのよるものだということが、よくわかる。

 まずパネルの下の方ですね。いきなり下のほうでごめんなさい。

 『その他』の(10)番をご覧ください。レポートの本分ではこのように書かれています。

 『皮肉なことに、日本の国益保護に必要なもっとも過酷な状況下では、米軍は自衛隊と日本の集団的防衛を行うことは、法的に禁止されているのだ。日本の集団的自衛権禁止を変えることは、こうした皮肉のすべてを解決するだろう。政策転換において統合軍や、より軍事的に広義性の高い日本、日本の平和憲法の変更は希求されるべきでない。集団的自衛権の禁止は同盟にとって障害だ』と書かれています。

パネル1を一瞬、上に被せてもらっていいですか?

http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2015/08/image3_300.jpg

 この時の写真、一体何なんだろうな、と思ったら、集団的自衛権容認の閣議決定を提言した人たち、そうですよね、提言した。しかもそれが実現した。だから彼らは官邸まで『よくやったね、君たち』と褒めにきてくれた。そんな現場での心あたたまる写真の一枚なんじゃないかな、っていうふうに考えてしまいます。

 2枚目のパネルに戻ります。

 提言の①。ここではなんと原発の再稼働を求めている。安倍総理は、これも安全性無視で実行しましたよね。

 提言の②。TPPの交渉参加。安倍政権は2012年の衆議院選挙での自民党の選挙の公約を堂々破って、これを忠実に実行している真っ最中でございます。

 提言の⑧。日米間の、あるいは日本が保有する国家機密の保全。これ、特定秘密保護法そんまんまじゃないかよって。これもクリアしてしまっています。

 『その他』の⑫。日本の防衛産業に技術の輸出を行うよう働きかける。これ、防衛装備移転三原則で実現してますもんね。

 今年4月27日、新しい日米防衛協力ガイドラインを承認したときの、日米共同発表文書には、『日本が国際協調主義に基づく、「積極的平和主義」の政策を継続する中で、米国は、日本の最近の重要な成果を歓迎し、支持する。これらの成果には、切れ目のない安全保障整備のための2014年、7月1日の日本政府の閣議決定、国家安全保障会議の設置、防衛装備移転三原則、特定秘密保護法、サイバーセキュリティー基本法、新宇宙基本計画および開発協力大綱が含まれる』と書いてあるそうです。

 この『第三次アーミテージ・ナイレポート』の提言通りの新ガイドラインと、その他の重要な成果なんですね。そして今回の安保法制、戦争法制はパネルで見てみると、②シーレーン保護。⑤インド、オーストラリア、フィリピン、台湾等との連携。⑥日本の領域を超えた情報監視、偵察活動、平時、緊張危機、戦時の米軍と自衛隊の全面協力。⑦日本単独で掃海艇をホルムズ海峡に派遣、米国との共同による南シナ海における監視活動。⑨国連平和維持活動(PKO)の法的権限の範囲拡大。⑪共同訓練、兵器の共同開発。

 これらほとんどすべて、今回の安保法制に盛り込まれたという話です。岸田外務大臣におうかがいします。この『第3次アーミテージ・ナイレポート』で示された日本への提言などが今年4月27日の新ガイドライン共同発表に書かれた日本の最近の重要な成果や、今回の安保法制で実現することになったとお考えになりますか?

岸田文雄外務大臣「まず、ご指摘の報告書ですが、これはあくまで民間の報告書ですので、政府の立場から逐一コメントすることは控えなければならないことだと思いますが、少なくともご指摘の今年の新ガイドライン、さらには今、審議をお願いしております平和安全法制、これはこのご指摘の報告書を念頭に作成したものではないと考えます。

 平和安全法制につきましても、あくまでも我が国の国民の命や暮らしを守るためにどうあるべきなのか、これは自主的な取り組みであると考えておりますし、新ガイドラインにつきましても、安全保障環境が厳しさを増す中にあって、日米の防衛協力について、一般的な枠組みですとか、政策的な方向性、こうしたものを示したものであると認識しております」

山本議員「ありがとうございます。中谷防衛大臣。配布資料でお配りした『第3次アーミテージ・ナイレポート』の概要、これ今でも海上自衛隊の幹部学校のホームページに掲載されているものをそのまま使わせていただきました。

 この『第3次アーミテージ・ナイレポート』の日本への提言、今回の安保法制の内容にいかされていると思いますか」

中谷元防衛大臣「防衛省自衛隊としては幅広くですね、世界の色々な方々からの考え方も含めまして、情報収集、また、研究、分析をしております。

 今回の平和安全法制につきましては、あくまでも我が国の主体的な取り組みとして、国民の命と平和な暮らしを守るというために作ったわけでありまして、時間をかけて、オープンな場でさまざまな意見、議論を経て決定をされたということで、特に、政府内の有識者懇談会、また与党内、自民党と公明党の協議下において、25回に及ぶ徹底的な議論を経て作成したものでありまして、このナイレポート等の報告書を念頭に作成したものではないということでございますが、しかし、政府としましては、この、今後の点において、これからも研究、検討は続けてまいるわけでございますので、このレポートで指摘をされた点もございますが、結果として重なっている部分もあると考えておりますけれども、あくまでも、我が国の主体的な取り組みとして、研究、検討して作ったものであるということでございます」

山本議員「民間のシンクタンクなんだよって。『偶然の一致なんじゃないの?』みたいなお話ですけれども、民間のシンクタンクの方々がこれだけ頻繁に日本を訪れ、そして、総理もそのシンクタンクで演説をなさったりとかしているわけですよね。

 随分、懇意だねって。それが偶然の一致って話になるの?って。これらのレポートを念頭に作成したものでないと、結果重なってしまっている部分があると言うんですが、ほとんど重なっているんじゃないかって。そっくりそのままですよ。『完コピ』って言うんですよこういうの。『完全コピー』。

 昨年7月1日、憲法違反の閣議決定から今回の憲法違反の安保法制、『戦争法制』までだけを見たとしても、何だこれ、アメリカのリクエスト通りじゃないかって。おまけに原発再稼動、TPP、特定秘密保護法、武器輸出三原則の廃止、何から何まで全てアメリカのリクエスト通りに行なっているんだなって。

 アメリカ、アメリカ軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも、真摯に全力で取り組むって、これ、どういうことなんですか?

 これ独立国家って呼べますか? 完全コントロールされてんじゃないかよ。誰の国なんだこの国は! って話をしたいんですね。

 これだけ宗主国様に尽くし続けているにも関わらず、その一方でアメリカは同盟国であるはずの日本政府の各部署、大企業などを盗聴し、ファイブアイズと呼ばれる、イギリス、カナダ、ニュージランド、オーストラリアなどとその盗聴内容をシェアしていたと。もう、マヌケとしか言いようがないお話。先月出てまいりました。

 いつまで都合のいい存在でい続けるんですか、ということをお聞きしたいんですよ。

 いつまで、没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですかって。今、後ろから声が聞こえてきました。もう一つの州、最後の州なんじゃないかって。そういう考え方もあると思います。もう一つの州であるならば、アメリカ合衆国の大統領を僕たちが選べなきゃおかしいんですよ。

 そんな状況にもされていないって、諦めているんですか? いつ、植民地をやめんだって。『今でしょ!』って。対等な関係、健全な関係にするべきじゃないですか。すべて、出されたリクエストを全て形にしていくなんておかしな話ですよ。

 今回の『戦争法案』。アメリカの、アメリカによる、アメリカのための『戦争法案』には断固反対。当たり前です。廃案以外はありえません。中国の脅威と言うならば、自衛隊を世界の裏側まで行ける、そのような状態を作り出すことはこの国の守りが薄くなるってことですよ。

 どうして、自衛隊が地球の裏側まで一体化してアメリカと一緒にいろんな所に行かなきゃいけないの? アメリカ以外の国とも一緒に行けるような状況になっていますよね。歯止めありますか? ないですよね。

・【質疑全文掲載】山本太郎議員が戦争犯罪常習犯・米国の手口を告発!「総理、米国に民間人の殺戮、やめろって言ったんですか? この先、やめろと言えますか?」――安倍総理はまたイラクに責任転嫁
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255683

 中国の脅威をうたっている割には、国の守りが薄くなることに対しては全然平気っぽいですね。廃案以外はありえないこの『戦争法案』。廃案以外あり得ないと申し上げて、午前の質問を終わりたいと思います。ありがとうございました」(了)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258755



10. 2015年8月19日 17:58:20 : YHJX5Av6Dc
山本太郎8/19 「いつ植民地をやめるんだ今でしょ 戦争法案 廃案以外ありえない」【全】
https://www.youtube.com/watch?v=ZG3RAtAgBUM





11. 2015年8月19日 18:00:22 : Zwijzz5s0I
▼【国会動画】本日夕方の山本太郎議員(生活の党)の質問(砂川判決など)
砂川判決について
岸田外務大臣は、米国の関与は無かったと思っている旨発言。公文書で出ているにも関わらず!腐ってる!
山本太郎議員は、星条旗新聞やフォーリンポリシー誌の記事を用いて、日本で儲けようと報じている点も述べた。ロックフェラー財団やロッキード社のワードも飛び出た。快挙です
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2015/08/blog-post_884.html

12. 北の零年 2015年8月19日 18:48:02 : pi7eKAjFENWsU : qcsL5vw10c
09.氏の書き起しに感謝。
山本太郎議員のかくあるべき国会質疑に大拍手。
カレは当選以来、年々歳々、成長し続けている。
今後とも頼もしい限りだ。
末筆ながら…仙台育英、あと1勝! ガンバ!



13. 2015年8月19日 18:48:47 : GEo9cmZcvA
 
アジアから去り行くアメリカの地上兵力を引き止め、いざというときにアメリカを巻き込むために、日本が進んでアメリカのために、できるだけの奉仕をしようとする側面もある。
 
日本の集団的自衛権行使については、安倍首相に親しい台湾出身者の金美齢氏など、中国を敵視する台湾出身者からの要望が強い。
 
オバマ政権は、安倍政権ほどは中国敵視政策に陥ってはいない。
 
安倍政権の中国適視政策は、安倍首相に親しい台湾独立運動家の金美齢氏の影響を強く受けている。
 
 
■ 川上高司(著)『「無極化」時代の日米同盟』(ミネルヴァ書房,2015)
 集団的自衛権行使で何ができるのか
(p.260)
 
中国に対して宥和政策をとるオバマ政権は、中国を刺激するような日本との防衛政策は容易に進展させないであろう。
 
このことは日中間の争いに「巻き込まれる」ことを懸念するオバマ政権、米国の抑止力を確保してアメリカを「巻き込もう」という日本政府との間に同盟のジレンマとして横たわる。
 
今後は中国に対する日本とアメリカの脅威認識と政策の相違から、日米同盟は試練の時を迎えることになるだろう。
 
 
■ 石破茂(著)『日本人のための「集団的自衛権」入門』(新潮社,2014)
(p.145)
 
いま日本には、「巻き込まれる」という受け身の発想だけではなく、日本有事の際にはアメリカを「巻き込む」という積極的な発想こそが必要なのではないでしょう。
 
 



14. 2015年8月19日 18:54:39 : qpd25J8Ajs
>13
くだらん!ゴミ!

15. 市籠 2015年8月19日 19:22:00 : ocOCMh2rQ0BPs : 1kPTDdS3jE
【参議院インターネット審議中継・録画】
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
会議名・開会日・発言者・案件名で検索できます。

16. 2015年8月19日 19:26:56 : hieQlSpdHc
いいね。
太郎ちゃん煽る煽る。
質問時間が短い中で、政府側から返ってくる答弁の機械的な中身についてほじくるのではなく、機械的な答弁に終始せざるを得ないわが国政府とアメリカの異常な関係に重心を移して、そこをガンガンほじくり見ている側にわかりやすく提示する。
なにが良いといって、質疑に入る前のマクラ言葉の「永田町では誰もが知っていながら誰も言わないことを質問します」ってのが良い。


17. 2015年8月19日 19:40:39 : HraepRraok
アベコベのアホちんは国を売ってでも総理を続けたい、アベコベ晋ちゃんはゴルフ三昧で夫婦仲良く山籠もりせよ。もう帰って来ないでも良い。

18. 2015年8月19日 19:50:15 : 0yHkuH2LlU
>安倍政権の中国適視政策は……金美齢氏の影響を強く受けている。
 
金美麗の煽りで得するのは中国とアメリカ。
中国との戦争で負けるのは、敵国である日本。
ついでに台湾も灰になる。
金美麗ごときにアベは、赤子の手を捻られているのかね。



19. 2015年8月19日 19:56:53 : 0yHkuH2LlU
18です。
金美麗を金美齢に訂正。


20. 2015年8月19日 19:57:53 : HraepRraok
いつもながら 山本太郎議員の国会での質問は立派の一語 対して大臣 (自民党)
のしどろもどは恥ずかしいのと違うか自民党。



21. 2015年8月19日 20:20:53 : 9GTTtZd5Mg
このコバンザメ状態を国民に支持させる道具立てが「経済成長崇拝」という宗教。
「欧米に追いつき追い越さなければ国が衰退する」という戦前の富国強兵思想と大差ない。

22. 2015年8月19日 21:00:07 : M6P7nhoK5E
おお、これはすごい
山本太郎、やるねえ
しかし、アメリカのタコ坊主というか民間人を官邸に招き入れるだけでもおかしいのに、ヤツラの話を聞き、その通りに実行して日本人を苦しめるとは狂ってる
アヘは外患誘致罪じゃないのかね?
最高刑は死刑だよね

アヘちょんの今後だが、法案は廃止、号泣会見して政界引退を発表し、直後に失踪するしかないだろw


23. 2015年8月19日 21:10:17 : p812jnpF6c
じゃあ、お次はアメリカのリクエストで山本の逮捕か?

24. 2015年8月19日 21:45:51 : m2San6qNhs
山本議員の命を心から心配する。
小沢先生の懐の深さゆえの最高の異端児だな。
安倍に質問を振らないのは正解。
あいつには発言させるな。
適当なことばっかり言って時間を食い潰すから。

25. 2015年8月19日 22:02:28 : fpt8itpB5Q
凄いよ
ここまで言える奴だったのか山本は
感激して目がうるうるしてしまったよ
同じ太郎でも腐れ朝鮮人の麻生太郎とは月とウジ虫ほどの違いがある
山本太郎以外の朝鮮人議員を国会か追放して東京湾に沈めてしまえ

26. 2015年8月19日 22:17:47 : qR018y1gQY
『<太郎ちゃん>ますます絶好調!物事の“根元・本質”にズバッと切り込む。』
まぁ相手が“絶不調”の<パンパース政権>とは言え、与えられた短い質問時間の中で、ノラリクラリ責任回避の霞ヶ関答弁を予想&封殺し、逆手に取るってのは並大抵の“手腕”ではない。
つまり、根拠のある事実を提示し、ヘドロ姦猟族が「文書が無いから事実はない」「見解の相違」って答えるのも予め想定し、抗弁のしようがない状態に追い込む!極めて高等な戦術なのである。
午後の質問でぶちかました“砂川事件・最高裁判決”のアメポチ欺瞞もその続扁である。
ガンバ!<太郎ちゃん>!
応援しまっせ!



27. 2015年8月19日 23:00:26 : iYxMqSJLUg
小心者の小沢一郎含め、その他全エリート国会議員が、出来なかったことを、
新人議員の山本太郎が、あっというまにやってのけた。
その度胸と知的戦略に拍手を送りたい。勇者である。
山本議員には、このまま成長してもらい、5年くらい先には首相になってほしい。

アメリカの工作で、病気になったり、殺される可能性も高いので、
食事やセキュリティーには気を付けてほしい。


28. 2015年8月19日 23:10:23 : qpd25J8Ajs
NHKは一切報道せず、あの古舘も怖いのか太郎ちゃんの報道はせず。メディアが強権で報道の自由を失っている事は明確。これは安倍が枕詞に使う自由と民主主義の国家ではない。日本は植民地だ!!!NHKを取り囲もう。国会も取り囲もう。

29. 2015年8月19日 23:28:01 : ANJNbEpz1M
共産党の小池議員の質問はいつですか。
山本太郎さんグッドジョブですよ。国会議員は誰でもこの位の質問はきちんとしてもらわなくては、税金泥棒です。

国民はさりながら、議員ですらこの国の実情を勉強もしないで、税金のピンハネや、不正蓄財ばかりに走る陣笠ども。亡国の輩、昔関東軍、今国会議員。質が悪すぎる。国民もおかしなことはおかしいと言わなければ。いつまで騙され続けるのだろうか。


30. 2015年8月19日 23:42:13 : iYxMqSJLUg
共産党は、アメリカの奴隷政党だから、小池にこんな質問できるわけないでしょう。
共産党は陰でアメリカがバックアップしているのだから。

共産党は、選挙でも、いつも、野党共闘を拒否し、全選挙区に候補者をたて、
自民党を勝たせるために存在している政党なんだから。




31. 2015年8月19日 23:52:21 : FfzzRIbxkp
民間のシンクタンクが国の主権をおびやかしているのは、問題ですよ。
アーミテージ氏とジョセフ・ナイ氏を証人喚問に呼ぶ必要があるのでは。

この民間のシンクタンクへのお金の流れも注目です。


32. 2015年8月19日 23:56:47 : eRwKFahdVA
山本太郎さん、最高!!!!!!!!!

33. 2015年8月20日 00:18:15 : RLaYD9igIc
太郎議員
これは素晴らしい
>>31. 2015年8月19日 23:52:21 : FfzzRIbxkp様

のおっしゃる通り

次は
アーミテージ氏とジョセフ・ナイ氏を証人喚問
是非お声を聞かせて頂きたいものです

そしてお金の流れ

今まで何人の正義の人たちがその命を、名誉を犠牲にされたか
恨みはらさでおくべきか
世紀の弔合戦です



34. 2015年8月20日 00:22:33 : u1WtSLjHyw

山本太郎、ブラボー!!
非のうちどころがない。 国民の声の代弁者としてのこれが本当のあるべき政治家の姿だろう。

心配するのも分かるが、これしきのことで山本太郎に何かあるとは思えない。だって何かあったとしても、もう犯人が誰だかもうわかっちゃってるわけだからねぇ・・・。w
彼はネットしてる人間ならば、その多くが既に知っていることを言っただけのことだし、

アーミテージなんぞは開き直って自分の書籍まで出して、アメリカのために日本を食いつぶすことを堂々書いてるって話ぢゃないか。
しかも表紙の帯には(中国指しているフリして実は日本国民を指しているであろう)こちら指差しでたこ坊主の写真が載ってる。w 

もし何かあったとしたら、彼の国会での答弁が正しかったからだということになるし、これだけ国民の声を正しく代弁し、国民に絶大な支持を得ている人に何かあったら、

それはもう、ただでさえ怒りの炎をたぎらせてる今の日本国民に、さらなる油をそそぐことになり、日本人のDNAに眠っている「敵討ち」という武士の魂をさえも蘇らせヤツラのコントロール不能となるだろう。

太郎氏ご自身には、念には念を入れて身の安全の注意は怠らないでもらいたいのは当然で、口に入れるもの全ては持参でくらいの徹底ぶりでお願いしたい。

しかし、何かやったところで現在の形勢が変わるものでもなく、ヤツラに何も得るものはない。

国民はさらなる援護射撃と同時に、安倍自民党とその人形使いをぶちのめしてその操る糸を今こそ断ち切ってもらいたい。



35. 一主婦 2015年8月20日 00:22:37 : rfKiZAFzfsBYA : 48m7LBJItE
山本太郎さん素晴らしい質疑でした。
私の心の中で渦巻いている不安・不満をすべて国会で語って下さいました。
それも、眠くなるような、国会言葉ではなく、国民の心にある、国民言葉で語って下さいました。「いつまでアメリカのコバンザメでいるんだよ!」と言う国民目線の怒り言葉。その後に「ということなんですよ」と言う国会議員としての最小限の修正言葉を入れている。ウマイ!!国民の怒りを上手に国会に届けて下さいました。ありがとう!

太郎さんはすごい議員だと思います。このまま、ずっと、国民目線をはずさないでこの国のトップまで上っていって下さいね。貴方みたいなトップが、この国には必要です。国会の裏側のこと、国会の溝、国会の底なし沼、国会の穴も気をつけてください。それは、共同代表の小沢氏がすべて良くご存知ですから、折を見て伝授してもらってください。小沢氏の引退前にすべて国会での裏表を、そしてアメリカとの対等の付き合い方も伝授してもらってください。

私の孫の為にもお願いします。孫の将来の日本を貴方に託したい思いでいます。



36. 2015年8月20日 02:20:57 : vyDUcFJ8Sc
次は郵政の闇も質問して欲しい。
民営化後、西川・竹中が毎月1兆円づつ、アメリカに流れるシステムを作り、
それを止めたのが亀井さん。
その後、どうなったのか、聞いて欲しい。

37. 2015年8月20日 02:24:03 : XF4wW45Ov6
安全保障環境が特に厳しさを増しているとは思えません。
だって、米国と中国は互いにもたれ合いの関係で片方がコケれば、
もう一方もコケると言われている通りです。

38. 2015年8月20日 02:34:29 : XF4wW45Ov6
命がけの太郎さんを守れるのは国民の支持以外に在りません。
太郎さんと小沢さんのグループを皆で支えましょう!
日本国民が米国から実質的な独立をしようとしなければ、
骨の髄までしゃぶられてポイされます。
日本の国富も随分掠め取られているらしいではありませんか。


39. 2015年8月20日 02:46:07 : iYxMqSJLUg
今回の質問をしたために、
・石井議員みたいに、ニセ朝鮮人右翼にナイフで刺される可能性がある
・食事に脳出血や脳梗塞やガン発生させる薬を盛られる可能性がある。
 (レストランの厨房でいれられる)
・中川昭一議員みたいに、自殺に見せかけて、どこかのホテルの部屋か自宅で暗殺される可能性もある。
(その前にスキャンダルをでっち上げられて、マスコミが山本は悩んでいる報道を無理やりする)
・山本にお株を取られ続けている小沢が裏切る可能性もある。


これからは鉄壁のボディーガードを付ける必要がある。
また、外食は絶対にしない方がいい。

山本議員の命を守ってほしい。
どうか、首相になってほしい。

津大爆発事件早くも10人拘束 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68246071.html
遅い朝のメッセージ】天津大爆発事件早くも10人拘束
クリップ追加 .2015/8/19(水) 午後 0:51日記アジア情勢.0.

 天津大爆発事件が習近平政権に対するテロ事件である事がいよいよはっきりしてきた。なぜ事件が天津だったのか。天津は北京と上海、つまり中国の政治経済の中心と関わりがあった。やがて来る抗日戦争勝利70周年記念式典で北京は厳戒態勢に入るが、天津が首都機能を代替する。また天津はこの4月習近平肝煎りで上海に続いて自由貿易試験区に指定された。天津市長は習近平の側近だそうである。天津で大爆発事件を起こせば習近平体制への強烈なダメージになる。これだけ背景が見えて来れば十分である。大爆発が起きてすぐに習近平政権はテロだと思っただろう。テロの首謀者も直ぐに目星がついただろう。そして時間を置く事なく事件の容疑者を10人拘束した。爆発した危険物倉庫の関係者のようである。この関係者を追及して行けば芋づる式に拘束者が増えそうだ。そして爆発事件の全体像が明確になる。習近平政権が激しく江沢民派勢力を汚職で追及しているから激しい反発が起きるのは当然である。事件発生と同時に瞬時に首謀者の顔が見えて来ただろう。これで攻守逆転である。この素早い反応はプーチンを思い起こさせる。ロシア野党党首ネフツォフ殺害事件である。プーチンの謀略に見せかけようとしたが、プーチンは逆にあっという間に容疑者を拘束した。結局これで事件は鎮火した。今じゃ誰もあの事件を語らなくなった。殺害されたネフツォフは哀れなものである。おそらく事件発生と同時にプーチンから習近平に事件概要についてメッセージが送られたであろう。直接だった可能性もある。事件の重要性に鑑みれば直接電話を入れたと見るべきだろう。中露の一方が攻撃された時、中露連合として事件に対処する事が最善であり確実に克服できる。中露が同時に攻撃される可能性はほとんどない。何故ならそれは中露連合に最強の結束を齎すからである。中露連合に対する同時攻撃は全く非現実的である。

今や中露連合は盤石であり、如何なる謀略策略果ては軍事攻撃に対しても揺るぎない。米欧同盟と違い対等にして高潔な連合である。天の同盟と言われる所以である。今回の大爆発テロ事件は中国を狙ったものだが、最早中国は中露連合の中国である。全く無駄なテロであった。逆に追及を受けて墓穴掘りになる。

それにしても何故爆弾なのか。バンコクでも連続爆破があった。何かあると爆弾を使って目的を果たそうとする。何という浅ましさか。爆弾で道を開いてどうするのだ。そんなやり方に未来が扉を開ける筈がないじゃないか。人間として全く低級である。広島長崎に原爆を落とした偽ユダヤも同じである。原爆で世界支配の未来の扉を開けようとした。実に低級である。今回の反習近平勢力とこの偽ユダヤ一味が結託している。この連中はやる事なす事愚劣である。ところでもし今回の爆弾が9・11と同じ核兵器であったなら、やがて大量の放射線被曝者が出て一遍にばれる。中国のマスコミはこれを大々的に伝える。それは偽ユダヤ側には最悪である。核を使ったとは思えない。

中露連合を更に結束させる天津大爆発事件(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68244341.html
【朝のメッセージ】中露連合を更に結束させる天津大爆発事件
クリップ追加 .2015/8/18(火) 午後 0:16日記アジア情勢.1.

 天津大爆発事件の様相が分かって来た。130mを超える巨大なクレーターが出現した。巨大なキノコ雲と火の玉が出たようだ。事件時、現場から近い所で中国首脳が集まる会議があったそうだ。こういう事を考えれば、今回の巨大爆発事件が習近平体制へのテロ事件であった可能性が高い事が読み取れる。おまけに昨日か、タイのバンコクでも市場の爆発事件があった。被害を受けたのは中国人観光客という話だ。中国習近平体制への敵意を持つ勢力がやらかした事は間違いない。本当にようやるね。爆発などはどこでも起こり得ると思うが、普段は世界中で聞かない。飛行機事故もどこでも起こり得ると思うが、やはり普段世界中で聞くものではない。であるから、大きな爆発事件、大きな航空機事故ではテロがまず疑われなければならない。テロは目的があるから、おぼろげでも目的が見えてくるとテロの可能性が非常に高くなる。今回は正にそれである。中露連合の攻勢が非常に強くなっている今、米欧同盟は追い込まれている。プーチンロシアに攻撃を仕掛けて来たが、いよいよ中国にも矛先を向けて来た。という事は、中露の結束はますます強まるという事である。今の中国やロシアがこの程度のテロ事件で動揺する事などない。既に中露首脳は情報を共有しているだろう。中国単独、ロシア単独ならテロも相応の効果も期待できようが、中露連合が結束してしまえば効果は初めから無いという事である。テロを仕掛けた連中はこういう政治的効果を読めない。テロをやるような連中は単純である。高度な政治的効果等見える訳がない。馬鹿げたテロが中露連合をますます強固にする。全く逆効果という事である。結局、偽ユダヤ勢力は状況をますます悪化させる。中露連合に馬鹿げた挑戦など墓穴掘りという事である。

天津大爆発事件は程なくして概要が見えて来た。ネット上ではテロとほぼ断定している。そして習近平体制へのダメージがやや弱気に懸念されている。しかし、全く違う。今回のテロは規模としては巨大だが、中露連合は超巨大連合である。日本だったなら影響は不可避だが、中国のような巨大国家、ましてや中露連合という超巨大連合には影響が出ようがない。テロの首謀者と背景がはっきりしてくれば、反撃のエネルギーは倍加する。首謀者は徹底的に追い込まれる。結局、自分の首を絞める。中露連合にテロを仕掛けるなど大馬鹿以外の何物でもない。偽ユダヤはやはり大馬鹿の愚か者なのである。

原爆3発目は8月19日 計15発を計画の悪魔(ryuubufanのジオログ)

≪≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68240625.html

【朝のメッセージ】原爆3発目は8月19日 計15発を計画の悪魔ぶり
クリップ追加 .2015/8/17(月) 午後 0:32日記アメリカ情勢.0.

 ロシアマスコミSputnikが伝えた。Sputnikはロシアが情報国際戦略として鳴り物入りで発進させた世界大のマスコミである。そういう国家的権威を背景にしたロシアマスコミが伝えた情報には信憑性がある。京都、横浜、小倉、新潟、東京などが標的だったと言う。京都も東京もという事はもう日本全滅を狙っていたと言っていい。今回の情報では15発となっているが、新ベンチャー革命さんは60発と言っている。もう何も言う事はない。偽ユダヤ米の原爆投下計画は日本が降伏するまでやり続ける計画だった訳である。 降伏が先か全滅が先かという話で、降伏しないなら全滅させるという事である。戦争を早く終わらせる為に全滅させるという笑い話が成立する。地上戦で米軍の被害と日本国民の被害を無くす為に日本を全滅させるというもう1つの笑い話も成立する。原爆が10発以上投下されていたら、原爆投下の正当性を言い張るのも不可能だったろう。日本にしても10発も落とされたのでは、原爆投下も仕方なかったと言ってられない。結局、広島長崎の2発が米日双方にとって都合が良かったと言える。広島、長崎、小倉、新潟と原爆が落とされていたら、原爆記念日も多過ぎて記念にならなくなる。本当に上手い具合に2発で終わったものである。2発だったから原爆の正当化も成り立ち、日本も国家的に米を非難せずに済んだ。そして、原爆投下の本質論が消えて行った。

金融を偽ユダヤに握らせると金融悪魔になる。原爆を偽ユダヤに持たせると原爆悪魔になる。本当にとんでもない連中である。金融悪魔については一般国民には中々分からない。しかし、原爆悪魔については分かる。ところが、2発だった為に分かり難くなった。だから、今回ロシアマスコミが10発以上の原爆投下計画を報じた事は凄い事である。原爆投下の本質を考えれば、広島の1発だけで十分である。悪魔の兵器に手を掛け、そして実際に使った事で偽ユダヤの本質が露わになったのである。10発以上の原爆投下計画の暴露でダメ押しとなった。

さて、ロシアマスコミは報じたが日本のマスコミは報じないんでしょうか? 報じないでしょう。偽ユダヤに支配されている日本のブラックマスコミが報じる筈がない。もし報じれば、日本の原爆世論は一気に硬化する。日本が硬化すれば世界も反応する。米は一気に追い込まれる。だから、報じる訳がない、報じさせる筈がない。だから、ロシアの権威あるマスコミが報じた事は凄い事だったのである。日本のブラックマスコミも追い込まれる。我らネット言論も連中を追い込む。

安倍SOSに3人のお友達<本澤二郎の「日本の風景」(2088)<さすが英紙タイムズ社説><安倍談話を恥ずべき内容と断罪>(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/741.html
安倍SOSに3人のお友達<本澤二郎の「日本の風景」(2088)<さすが英紙タイムズ社説><安倍談話を恥ずべき内容と断罪>http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/741.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 16 日 14:28:22: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52112840.html
2015年08月16日 「ジャーナリスト同盟」通信

<さすが英紙タイムズ社説>

 8月15日付の英紙タイムズは、社説で安倍談話を真っ向からこき下ろした。採点すればゼロ点である。8・14談話に登場した安倍の形相はよくなかった。最悪の体調ではないか。目の下のクマは膨れ上がって痛々しい印象を与えていた。さっそく隣国どころか、世界各国からの手厳しい批判の嵐に押しつぶされそうになり、あわてて夏休みの延長を決め、そこに友達を集めて再起を図ろうとしている?安倍SOSである。

<安倍談話を恥ずべき内容と断罪>

 「安倍談話は、恥ずべきほどまでに日本の罪ときちんと向き合おうとしなかった」とそれこそ、安倍が立ち上がれないほどの、最大級の手厳しい評価を下した。侵略や植民地支配など間接話法で逃避した手口を、根底からえぐられたものであろう。タイムズに脱帽である。
 日本の被害者神話にも切り込んだ。これでは隣国との関係や日本外交をゆがめるとも断じた。全く同感である。極右の人間以外は共鳴できるだろう。 

<3人組招待で切り抜ける?>

 意気消沈の安倍である。側近の知恵は、お友達に別荘に来てもらい、酒とゴルフでピンチを乗り切りさせるという趣向らしい。
 「別荘では、話題の女性議員に来てもらうわけには如何でしょう。15日は靖国参拝で彼女らも大忙しだったのだし」などの冗談も飛んでいる。
 自ら撒いた政治的危機を、3人のお友達で処理する?こんな芸当を耳にしたこともない。無理である。

<郷土入り・神社参拝も効果なし>

 座禅・3度の郷土入りも効果がなかったのだろう。地元では2箇所の神社参りもしていたのだが、むろん、効果があろうはずもない。
 創価学会をうまい具合に活用してきた太田も、いま内部から突き上げを食っている有様だ。太田の次期衆院選はない。婦人部が協力しない。これはほぼ確実である。

<アベノミクスで戦争法>

 南カリフォルニア大学の留学時代の友達も、酒とゴルフに参加したようだ。昔、安倍晋太郎のライバルの事務所で「息子はアメリカ留学中、麻薬を覚えた」という話を聞かされたものだ。ひょっとしてお友達が知っているのかどうか。
 もう一人の内閣官房参与は、米紙のインタビューで「アベノミクスは日本の軍事力を強くするための政策。(軍国主義で)中国と対抗する」という趣旨の発言をしていたということが、ネットに記録されている。
 目下の戦争法が、対中戦略に位置づけられているのも、この悪辣な人物のせいなのだろうか。
 アベノミクスによる急激な円安で財閥の懐は大きく膨らんだ。庶民と反対である。連中は知っていて強行したのである。日本国民からすると、どうみても売国奴である。
 安倍家と三菱の関係は長くて深い。日本最大の三井住友とは、この日の高橋精一郎ということになろうか。

<安倍も太田も総すかん>

 創価学会が覚醒すれば、戦争法の審議と強行採決は崩れることになろう。その可能性を否定できない。
 婦人部以外に創価大学生とOBも決起したのだから。政局の鍵は創価学会の動向で決まる。太田が恩師を裏切って、このまま突っ走ることが出来るのか。婦人部の決起が不発に終わってしまうのかどうか。
 国民から総すかんを食ってしまった安倍である。創価学会から太田が総すかんを食うことになれば、極右・日本会議の野望は挫折することになる。
 三井住友や三菱が奮戦しても1億2000万人の主権者を動かすことは出来ない。

 安倍ナショナリストのお友達のNHK会長のNHKにも、近く大きなデモが展開されることになっている。戦争法廃案を一番心配している自衛隊の家族も、国民の決起を喜んでいる。
 安倍と太田を包囲すれば、戦争法は廃案になる。特に太田を叩き潰すことが出来れば、流れは大きく変わる。戦争遺児が泉下で呻吟しながら叫んでいる。池田理念の真価も問われている。創価学会の再生を多数国民が願っている。

2015年8月16日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

ロシアは米を犯罪国家として扱う(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68234053.html
【遅い朝のメッセージ】ロシアは米を犯罪国家として扱う
クリップ追加 .2015/8/13(木) 午後 1:28日記その他国際情勢.0.

 ロシアが米の原爆投下の人類的犯罪を戦略的に追及する姿勢はそれに止まるものではなかった。ベトナム戦争を始め世界中の沢山の戦争、紛争、革命等で米が主導した犯罪を国際法廷に引きずり出そうという意思をロシアが見せ始めた。原爆投下の追及だけでも戦略的行動の印象があったが、その行動の範囲は原爆投下以外にも及んでいた事になる。原爆投下以外と言うか全ての犯罪と言った方がいい。となれば、9・11も3・11も含まれる事になる。しかし、表向きはそれらはない事になっているから当面は出て来ないであろう。しかし、この行動自体が9・11と3・11追及への圧力になる。本当はもう分かっているんだぞという事である。

米の巨大な犯罪はこれまで国際的に隠蔽されて来た。米が世界のマスコミを支配していたからだ。ロシアも中国も今でこそ大きな力を持つようになったが、戦後ずっと疲弊状態の中にあった。世界の唯一の超大国米を国際法廷に引き出す事など全く非現実的であった。力の差が圧倒的だと正義も捻じ曲げられる。米の正義がそのまま世界の正義の時代がずっと続いた。米は自分勝手に正義を演出できた。米の正義は経済権力の正義であり、偽正義である。つまり、犯罪である。経済権力はあってはならない権力であり、その権力は常時犯罪によって維持される。何故次から次に戦争、紛争、革命等が起きたのか。不正権力である経済権力を維持する為である。歴史を見れば、国家そのものが犯罪の上にあると言って構わない。米という国家と国家の犯罪は常に随伴している。元が海賊という連中が作った国が米であるから、国家が犯罪国家になるのも自然の事であろう。米は犯罪国家の顔を覆い隠す為に民主主義の仮面を必要とした。犯罪国家は偽民主主義を必要としたのである。表面だけ取り繕った本質が歪な国家、それが米である。そんな国が世界の超大国であったのであるから、世界はずっとおかしかったのである。

しかし、やっと世界も変わってきた。経済的には中国が、軍事的にはロシアと中国が米に対抗できるレベルになって来た。プーチンは中露連合を結成し、米を凌駕する巨大パワー連合を作った。こうなると、米の正義がそのまま世界の正義という事にはならない。それどころか、過去の犯罪が暴かれる事になる。プーチンは米の犯罪の歴史を総ざらいするだろう。犯罪国家は犯罪国家として裁かれなければならない。犯罪国家の放置は世界の混乱の最大の原因である。プーチンは犯罪国家が犯罪国家である事を立証する事をロシアの国家戦略目標とした事は、最早疑いがない。ロシアとは大変な国である。流石は世界最大の国土を誇る国家である。それに比べて日本はあまりにお粗末である。米の属国になるとそういう事になる。

内なる敵意と癒やし(自由人のカルマ・ヨガノートより)

≪自由人のカルマ・ヨガノート≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/blog-entry-427.html
内なる敵意と癒やし

  終末期医療の草分けである精神科医のエリザベス・キューブラー・ロスの話は、このブログでしょっちゅう引用しています。

 彼女は、終末期医療のあり方について端的にこう語る。
 「愛において、人生において、臨終において、そばにいることはすべてである」――

 この考え方は、彼女が「わたしの最高の師」と生涯にわたって呼び続けた、ある無名の人物との出会いがきっかけとなっている。
 以前もブログで紹介した有名なエピソードだけど、ちょっとあらためて書いてみますね――


 若き日のキューブラー・ロスが、アメリカの大学病院に勤めていたときのこと、あるとても奇妙な出来事に気が付いた。

 病院には、一人の黒人女性が清掃員として働いていた。
 その黒人女性が病室の掃除を終えて出ていくたびに――、ベッドにいる瀕死の末期患者たちの表情が、明らかに変化しているのだった。
 もはや治る見込みのない状態なのに、精神的に急に元気になっている様子だった。

 清掃員の女性が、医師のいない病室の中で、一体どんなことをしているのか…
 キューブラー・ロスは何としてでも知りたくなり、その女性と廊下ですれ違いざまに、「私が担当する患者たちに、あなたは何をしているの?」と出し抜けに尋ねてみた。
 するとその女性は、「私はお掃除をしているだけです」とこわばった声で答え、すぐに立ち去ってしまった。

 50年前当時のアメリカにおいて、黒人の清掃員が、白人の医学部教授と普通に話をすることの難しさを、スイス出身のキューブラー・ロスは理解してなかったのだという…。


 それから何週間か後のこと、キューブラー・ロスが一人で廊下を歩いていると、その黒人女性にいきなり腕をつかまれ、誰もいない小部屋に連れて行かれた。
 そしてそこで、自身の身の上話を聞かされた――

 彼女は以前、スラム街の劣悪な暮らしの中で子育てをしていたという。
 電気や水道はなく、食べ物も貧しく、医者にかかるなんて特別なぜいたくだった。

 ある冬の夜、3歳の息子が重い肺炎にかかってしまった。地元の病院に連れて行ったが、過去に10ドルの未払いがあったために診てもらえなかった。
 彼女はあきらめず、遠くにある公立病院まで息子を抱いて歩いていった。そこならば、お金のない貧困者でも診てもらえるはずだった。

 その病院で、何時間も絶望的な気持ちになりながら、医者が来るのを待った。しかし、誰も来なかった。
 自分の腕の中で、小さな我が子が死んでいくのを、彼女はただじっと見守るほかなかった…。


 清掃員の女性は、この悲痛な体験を、否定的な言葉を口にせず、人を責めたりせずに、ただ静かに語ったという。
 キューブラー・ロスは、「なぜそんな話を私にしてくれたの?」と尋ねた。
 すると彼女は、こう続けた――

 「私にとって、死はなじみ深いものなんです。死にそうな患者さんの部屋に入っていくと、すごくおびえていることがよくあります。石のように固くなっているもともあります。話してくれる相手が、誰もいないんです。
 それを見ると、私はついそばに行って、体に触れずにはいられないんです。ときには手を握って、心配することはないと言ってあげるんです。私が死をたくさん見てきたこと、死はそんなに怖いものじゃないと。
 あとはただ、そばいにいてあげるだけです。ときどき逃げ出したくなることもありますが、逃げません。その人のために、そばにいてあげようと、思ってしまうのです」


 このやり取りが、延命のみを至上目的としてきた医療のあり方に、キューブラー・ロスが一石を投じていく大きな契機となった。

 それから間もなくしてキューブラー・ロスは、何と、この清掃員の黒人女性を、自分の助手として採用したのだ。
 大学の同僚たちは、その行動に仰天してしまったという…。




 ――以上は、過去の記事でも紹介したことのある内容で、実はここまでが今回の前置きになります。

 このエピソードは、彼女の著書のいくつかに共通して出てくる。
 その一冊に『死ぬ瞬間と死後の生』という本があって、これはキューブラー・ロス自身が執筆したものとは少し違い、彼女の講演を録音したテープを、後年に編集者が書き起こしたものだ。

 そのため、会場での聴衆の反応とか、講演中の言葉の調子などが、カッコ書きで添えてあるところが特徴的である。


 で、講演の中で「清掃員の黒人女性を助手に採用し、医学部の同僚たちから仰天された」というこのエピソードを話したとき――、当然のことながら会場から大きな拍手喝采がわき起こった。

 ところが意外なことに…
 キューブラー・ロスは、その拍手の中に、人々が秘めるとてもネガティブな感情があることに気づき、話を中断してしまう。それに会場の皆が驚いてシーンと静まり返る――、という場面が描写されている。

 そのあたりを、やや長めですけれど、以下に引用してみます――



 「あなたの教師は変装して現れます。子供の姿で、よぼよぼのおばあちゃんの姿で、または黒人の清掃員の姿で、あなたの前にやって来るのです。
 あの清掃員は、自分が何者であるかを知りません。自分がどんな役割を果たしたのか、自分がどれだけの人の命に触れたのかも分かっていません。
 私はこの女性を最初の助手に採用しました。大学の同僚たちは仰天しました(笑いと拍手喝采)。なぜならこの人は……

 (ここで話を中断し、聴衆に向かって穏やかな調子で聞いた)正直に答えてください。さっき拍手をした人の中で、何人が敵意なしに拍手をしたでしょうか?(会場は驚いたようにシーンとなる)
 では何人が敵意を抱いて拍手をしたでしょうか?(静まり返った雰囲気が続く)
 医者や権威に対する敵意でしょうか?(拍手と笑いがばらばらと起こり、やがて「ブラボー」という声)。そうね。でも、皆さんが敵意を抱いている限り、事態が良くならないのは皆さんの責任です(しぶしぶながらという雰囲気だが、拍手が広がる)。

 (あいかわらず穏やかな声で)大切なことなので、どうか学んでください。私たちは悪態をつき、疑問を抱き、非難し、見下します。そのようにして非難したり見下したりするたびに、世界に対してマイナスの感情を付け加えているのです。
 (とても穏やかな調子で)もし世の中を癒やしたいなら、まずこのことを理解してください。自分自身を癒やさない限り、世の中を癒やすことはできません。
 誰かを攻撃したり、非難したり、見下したりする限り、ヒロシマ、ナガサキ、ベトナム、アウシュビッツ、マイダネクで起こったことの責任はあなたにあるのです。このことははっきり申し上げます(会場、シーンとなる)」――


 …という内容です。
 もし自分が講演会場にいたとしても、あの話の個所では、ふつう拍手するでしょう。

 清掃員を助手に採用するなんて、今の医学部教授でもあり得ないことだ。
 そんなことを、常識などお構いなしにやってのけてしまう型破りなところが、いかにもキューブラー・ロスらしくて痛快だし――、「権威主義のお堅い医師たちにガツンと言ってやれ!」みたいな皆の共有感覚と場の空気で、拍手がわき起こったに違いない。

 ところが、講演者である彼女自身は、その聴衆の感覚の中に、見過ごすことのできないような敵意や攻撃性が潜在しているのを読み取った。

 キューブラー・ロス自身、十代後半を第二次大戦中のヨーロッパで過ごし、終戦直後に医療ボランティアとして破壊されたポーランドの街やユダヤ人強制収容所の救済に駆けつけた。
 人間がこれほどまで容易に残虐で凶暴になって、地獄絵のような世界を作り出せてしまうという現実をまざまざと知らされた。

 そうした体験を通じて、人の心に潜む敵意こそが「戦争へとつながる真因」であり――、それを癒やさない限り戦争はなくならないし、自らの内を癒すことが「世界に対する私たち自身の責任」であるということを、きっと痛切に感じていたのだろうと思う。


 その敵意は、ほとんどの人に大なり小なりあるものだろう。
 たとえばネット上の書き込みを見ても――、権威のある政治家や有名人だから、いくらでも非難を浴びせても構わないといった考え方で書かれた誹謗中傷はたくさん目にする。

 間違った考えを持つ悪い人物だから、見下すべき犯罪者だから、こてんぱんに攻撃してやろうというものも多い。
 彼らはそうされるに値する者であって、自分は正義を発揮しているのであり、善の側に立っていると言わんばかりに…。


 もちろん、異なる考え方に意見したり、権力者などの行き過ぎに抗議するのはむしろ大事なことだ。
 ただ、外見上はそのような正当な衣をまといながらも、実は内に秘められた「敵意」の現れだったり、それにもとづいた感情のはけ口になっているケースは、本当に少なくないのではないかと思う…。

 反戦や平和を訴える場合でも、特定の政治家などをターゲットに挙げて、攻撃的に非難していることも多い。
 でも、実際に国が戦争に向かうとき――、時の指導者は、人々の心にあるまさにその「敵意」をたくみに利用して、それが敵国への憎しみと戦意に向かうようにうまく仕向けるんですよね…。


 私たちは、過去に日本が日米開戦へと突き進んだのと同じ敵意、ナチスドイツがユダヤ人を迫害したときと同じ敵意、アメリカが原爆投下したのと同じ敵意を――、全人類で共有するように、心の奥底でひそかに抱えている。
 そしてその敵意がある限り、同じような戦争をいくらでも起こす可能性があるだろう…。

 キューブラー・ロスが語った、「自分自身を癒やす」という道――
 それがまさに、地球を戦争のない星にしていくための、本当に唯一の道なのではないかと感じます。

被爆者代表に糾弾された戦争法案推進安倍晋三氏(植草一秀の『知られざる真実(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

被爆者代表に糾弾された戦争法案推進安倍晋三氏(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/382.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 09 日 13:44:37: EaaOcpw/cGfrA Tweet      

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-fab5.html
2015年8月 9日

70年前の1945年8月9日午11時2分、米国は長崎にプルトニウム原子爆弾ファットマンを投下した。

原爆投下により長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が殺害された。

負傷者も7万人超に達した。

米国による民間人大量虐殺=ジェノサイドが繰り返された。

罪なき市民が米国によって大量虐殺されたのである。

この長崎で、被曝70周年の平和祈念式典が開催された。

田上富久市長は平和宣言で、国会審議中の安全保障関連法案に言及し、政府や国会に慎重な審議を求めた。

安倍晋三首相は来賓として挨拶し、核兵器のない平和な世界を希求することを述べたが、白々とした空気に包まれた。


式典に参列した人々の心を貫いたのは、被曝者代表として「平和への誓い」を語った谷口稜曄(すみてる)氏の言葉だった。

「70年前のこの日、この上空に投下されたアメリカの原爆によって、一瞬にして7万余の人々が殺されました。

真っ黒く焼け焦げた死体。倒壊した建物の下から助けを求める声。

肉はちぎれ、ぶらさがり、腸が露出している人。かぼちゃのように膨れあがった顔。眼(め)が飛び出している人。

水を求め浦上川で命絶えた人々の群れ。この浦上の地は、一晩中火の海でした。

地獄でした。

地獄はその後も続きました。

火傷(やけど)や怪我(けが)もなかった人々が、肉親を捜して爆心地をさまよった人々が、救援・救護に駆け付けた人々が、突然体中に紫斑が出、血を吐きながら、死んでいきました。」

「70年前のこの日、私は16才。郵便配達をしていました。

爆心地から1・8キロの住吉町を自転車で走っていた時でした。

突然、背後から虹のような光が目に映り、強烈な爆風で吹き飛ばされ道路に叩きつけられました。

しばらくして起き上がってみると、私の左手は肩から手の先までボロ布を下げたように、皮膚が垂れ下がっていました。

背中に手を当てると着ていた物は何もなくヌルヌルと焼けただれた皮膚がべっとり付いてきました。

不思議なことに、傷からは一滴の血も出ず、痛みも全く感じませんでした。

それから2晩山の中で過ごし、3日目の朝やっと救助されました。

3年7カ月の病院生活、その内の1年9カ月は背中一面大火傷のため、うつ伏せのままで死の淵をさまよいました。

そのため私の胸は床擦れで骨まで腐りました。

今でも胸は深くえぐり取ったようになり、肋骨(ろっこつ)の間から心臓の動いているのが見えます。

肺活量は人の半分近くだと言われています。」

「かろうじて生き残った者も、暮らしと健康を破壊され、病気との闘い、国の援護のないまま、12年間放置されました。

アメリカのビキニ水爆実験の被害によって高まった原水爆禁止運動によって励まされた私たち被爆者は、1956年に被爆者の組織を立ち上げることができたのです。

あの日、死体の山に入らなかった私は、被爆者の運動の中で生きてくることができました。」

壮絶な被曝の真実を語った谷口稜曄氏。


谷口稜曄氏は安倍晋三氏に対してこう述べた。

「戦後日本は再び戦争はしない、武器は持たないと、世界に公約した「憲法」が制定されました。

しかし、今集団的自衛権の行使容認を押しつけ、憲法改正を押し進め、戦時中の時代に逆戻りしようとしています。

今政府が進めようとしている戦争につながる安保法案は、被爆者を始め平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできません。」

さらに、こう宣言した。

「核兵器は残虐で人道に反する兵器です。廃絶すべきだということが、世界の圧倒的な声になっています。

私はこの70年の間に倒れた多くの仲間の遺志を引き継ぎ、戦争のない、核兵器のない世界の実現のため、生きている限り、戦争と原爆被害の生き証人の一人として、その実相を世界中に語り続けることを、平和を願うすべての皆さんの前で心から誓います。」

安倍晋三氏が主権者国民多数の声を踏みにじって強行制定しようとしている戦争法案を、私たち日本の主権者は、必ず葬り去らねばならない。

金融悪魔は原爆悪魔(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68223399.html
【朝のメッセージ】金融悪魔は原爆悪魔
クリップ追加 .2015/8/8(土) 午前 11:26日記アメリカ情勢.0.

 広島長崎に原爆を投下した者は米の経済権力である。米軍の最高首脳はほとんどが原爆投下に反対だったとロシアマスコミは伝えていた。つまり、軍事的には最早日本の敗北は決定的であり、別に原爆を使う必要は無かったという事である。もし日本が原爆を持っていたならば、敗色濃厚だった日本こそが原爆使用に理由を持っていた事になる。米がダウン寸前の相手に原爆を使う決定的理由がある訳がなかった。軍人は狂人ではない。軍人は国家の名誉を背負っている。残虐極まりない一般都市への原爆投下などやる訳がないのである。しかし、米大統領トルーマンは原爆投下を決定した。そこには軍事的理由ではない理由があった事になる。トルーマンは政治家ではなく経済権力の僕であった事になる。原爆投下を決定したのは経済権力であった。

経済権力は金融悪魔とも言われる。米軍は金融悪魔が所有している。金融悪魔は原爆製造に巨大な利益を見つけた。原爆製造のマンハッタン計画には巨大な国家予算が投じられた。悪魔の兵器は金融悪魔に巨大な利益を齎した。これからも齎す訳である。そんな原爆と金融悪魔の関係を考えたら、金融悪魔が原爆を実際に使いたいと思うのも当然と分かる。原爆の威力を実際に示す事で、原爆の価値が確定する。金融悪魔の利益に大きく貢献する事になる。金融悪魔にとって原爆は途轍もない道具という事である。手持ちの道具は使ってみたい。金融悪魔と軍人では原爆への見方が違う。軍人は原爆投下に後ろ向きで、金融悪魔は前向きだった。こういう違いが基本的にあった訳である。

それにしても一般都市への原爆投下を決定するとは、流石金融悪魔である。人間を人間と感じないのが金融悪魔である。金融は人間にとって命の次に大切なお金を数字で扱う職業である。職業的に常時数字が付き纏う人間は、いつのまにか人間をも数字で見るようになる。数の怖い所は存在の実体を抹消する所だ。事物を数字で見る事が日常になって来ると、人間の感覚が現実から離れ始める。数の世界はバーチャル世界である。軍人も人間を数字で見る所があるが、軍人は常に損害という形で実体現実に向き合わされる。だから軍人は原爆使用に反対したのだ。金融悪魔は徹底的にバーチャル世界に住んでいる。それが原爆使用に一線を引かせなかった理由である。金融悪魔に巨大な利益を齎す原爆製造。そして人間を徹底的に数字に置き換える事ができる金融悪魔。金融悪魔が原爆投下を決定できたのには根拠があった。普通の人間でも環境が金融悪魔と同じになれば、変わらない態度を取るだろう。どんな人間にも奥底に悪魔的部分がある。金融悪魔はそれを常時表に引き出したと理解できる。こういう存在が権力を持てばどうなるか。広島長崎への原爆投下が最高の例証になる。金融悪魔は原爆悪魔になって本質を見せた訳である。

広島長崎への原爆投下は金融悪魔が権力を握った事で起きた。即ち、原爆投下は経済権力が起こしたのである。米には民主主義がない事が原爆投下によって人類に証明された。

ロシアが日本で原爆世論調査(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68221989.html

【朝のメッセージ】ロシアが日本で原爆世論調査
クリップ追加 .2015/8/7(金) 午後 0:31日記その他国際情勢.1.

 プーチンが原爆投下問題を対米戦略上の武器として使う事が明らかになってきた。今回の広島原爆の日に合わせて何とロシアマスコミのSputnikが(多分)英の世論調査時会社Populusを使って日本の原爆世論調査をやったのである。先日ブラックNHKが原爆世論調査をやったが、全くの誘導詐欺調査であった。唯一の被爆国日本は唯一の原爆投下国米を非難する立場に立つのが当たり前である。米の軍事部門が日本の軍事部門に対して原爆を投下したというのなら、そこには一定の理解の余地も出てくる。しかし、軍事部門の無い広島長崎に原爆を投下した事は、無辜の市民の大虐殺以外の何物でもなかった。それは全ての生命を一瞬にして蒸発させるという絶対悪、悪魔の所業である。こんな事を人類世界が許していていいのかという根本的問題がこの70年間ずっとあり続けた。しかし、様々な理由でこの人類の根本問題は誰によっても表舞台に浮上させられる事はなかった。米にとってあまりにも罪深い問題であり、米はこの問題から逃げ回る以外に無かった。実際はブラックマスコミを使ってこの問題を隠蔽して来た。米国民向けのでっち上げの理由で国民を洗脳してきた。欧は米欧同盟の下部構造に組み込まれて、端から原爆投下問題を表舞台に引き上げる事はなかった。中国韓国は国民レベルで日本への原爆投下を天罰と看做す有様であった。世界の表舞台ではこの70年間原爆投下問題は全く光が当てられなかった。一部のイスラム国や反米的な小国で原爆投下問題はビビッドであったが、それは裏舞台の隅を照らす程度でしかなかった。

しかし遂に今年、ロシアが原爆投下問題に強い光を当てた。これはウクライナ問題で露米関係が決定的に悪化した事が原因であろう。米はプーチンを完全に排除しようとして来た。目的の為には何だってする偽ユダヤ米である。プーチンはそんな米に対抗すべく中露連合を結成した。BRICSも上海協力機構も参加国を増やす流れが確実である。プーチンはしっかりと足元を固めた。そして対米戦略として原爆投下問題に手を伸ばしたのである。プーチンは偽ユダヤ米の偽善性、二重基準について繰り返し発言してきた。原爆投下問題こそその頂点、象徴の意味がある。民主主義国家は決して絶対悪、悪魔の所業を為さない。広島長崎原爆こそ米が偽民主主義国家である最高の証明である。カラー革命、イスラム国はこの偽民主主義国家の産物である。広島長崎原爆は現在の世界政治の原点と看做す事ができる。プーチンは現在の米の専横の原点が広島長崎原爆にある事を見抜いていた。だから、ここを鋭く突く事は当然の事になる。間違いなく原爆投下問題はBRICS,上海協力機構に於いて正式議題となるであろう。偽ユダヤ米にとって原爆投下問題こそ人類全体から指弾される問題となる。米の倫理的ポジションは最悪の状態になる。米は全人類に対して謝罪に追い込まれる。絶対悪を為した者は最早数世紀は人類世界で表舞台に立つ事はできない。プーチンは対米戦略の切り札を切ったのである。

日本に於ける原爆世論調査にはそういう意味がある。18歳から64歳までの日本人1004人を対象とした。年齢別・性別・居住地別のバランスを考慮したとある。調査期間は7月29日~8月2日。ロシアマスコミがこんな調査を8月6日を前に日本に対してやるなんて、国家戦略以外に無い。ロシアではプーチンが所属する最大会派の政党の議員(副代表)も原爆投下問題を人類に対する犯罪として国連に持ち込もうとしている。下院議長でプーチン側近のナルイシキンも原爆投下問題を国際軍事法廷で裁く事を提案している。こういう一連の動きは明らかに統一立っており、プーチンが司令塔である事は疑いない。

ロシアの原爆調査は問題の本質に切り込んでいる。

米は日本に謝罪すべきか・・・すべき61%、謝罪の必要はない11%
原爆投下を正当化できるか・・・正当化してはならない74%、戦争を終結させた10%


何故NHKはこういう質問できなかったのか。今でも許されないですかだの、やむを得なかっただの本質から離れた質問で唯一の原爆投下国の存在を消し去った。悪魔の所業をやった米には時効は無い。ブラックマスコミの影響下にある日本人でもまともな質問が来ればまともな反応をする。NHKとは全く異なる国民の思いが浮かび上がったロシアマスコミの調査であった。

プーチンは米を広島長崎で追い込む。広島長崎は人類の問題である。人類は悪魔の所業を絶対に許してはならないのである。

ウィキリークスが明らかにした日本に対する盗聴行為(淺川吉富のブログより)

≪淺川吉富のブログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://www.y-asakawa.com/Message2015-2/15-message123.htm

ウィキリークスが明らかにした日本に対する盗聴行為

先日「世界を覆う嘘偽りの世界」で、今の世の中 がまさに「まやかし」の世界で、そのまやかしの実体を誤魔化すために、各国政府はありとあらゆる手段を使って真相を隠し、その場しのぎをして 全てを先延ばししていること、その典型的な実例がギリシャ問題や中国の株暴落であること記した。

そのまやかしの規模と巧妙さが桁違いに大きいのが米国である。 一昔前の話になるが、先の大戦で日本軍の真珠湾攻撃を事前に熟知しながら、自国民の戦争参加を促すために、知らぬぞんぜずを押し通して、ハワイ在住の国民と一部の軍人を犠牲にしたことは、自国民と世界を相手に大嘘をついたまやかしの典型的な例である。

その後も「自由と正義」の名前のもとに、同様なことを繰り返してきた米国。 数えれば切りがないが、その代表的なまやかしが2011年の「9・11事件」である。 自国民や世界各国に中東への米軍の派遣を正当化するために、自作自演のツインタワー崩壊劇を起こし、世界に恐怖を撒き散らすアルカイダやビン・ラディンを登場させたのはまさに第2の真珠湾攻撃であった。

その結果、イラク戦争やアフガン戦争を勃発させて中近東を戦場と化し、今日のテロリズムを世界に撒き散らすところとなったのは、読者も先刻ご承知の通りである。「ウィキリークス」が明らかとしたイラク戦争に関する機密文書などを読むと、それがいかに大義名分とは裏腹な、まやかしの戦争であったかが分かる。

自国民を誤魔化すことをなんとも思わないのだから、友好国や同盟国に嘘をつくことなど何でもないことだ。 それを白日の下にさらしたのが、米中央情報局(CIA)のスノーデン元職員であった。 その後、独立系ウェブサイト「ウィキリークス」を通じて、米国家安全保障局(NSA)やCIAによって行われてきた、諸外国に対する内部情報の収集や国家元首の電話盗聴行為の実体が、次々と明らかになってきている。

ドイツやフランスの首脳らに対する電話盗聴行為が明らかにされ、米国に対する不信感が各国政府の共通認識となっているが、今回、「ウィキリークス」によって、日本政府の内閣府や経済産業省などの各省庁、日本銀行、大手民間企業などを対象に行われてきた電話の盗聴の実体が、改めて明らかされるところとなった。

米国の支配下に置かれたような我が国に対する盗聴など何を今さらの感があるが、今回の「ウィキリークス」の発表で驚いたのは、盗聴によって得られた機密情報が米国政府内で利用されていただけでなく、その一部が英国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの各国政府に伝えられていたことである。 マナーも道義も関係なし、これが利用出来るものなら何でも利用しようとしている今の米国の実体である。

安部首相の米国議会での講演にもみな裏がある。 彼に上下議員の前で大見得を切らしたのも、今国会で安全保障改革法案を通過させるための約束手形であったのだ。 今、米国が膨大な国家債務で身動きが取れなくなってきていることは、HPで何度もお伝えてしている通りである。 

そんな状況下で国防費の削減が最大の優先事項となっている米国として、我が国にその一部を肩代わりさせることは緊急的重大事なのである。 それが今、安倍政府が国民の60%を越す反対の中を、強引に法制化しようとしている法案改定の裏事情なのだ。




絶対悪原爆投下を一切非難しない日本の新聞(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68220154.html
【朝のメッセージ】絶対悪原爆投下を一切非難しない日本の新聞
クリップ追加 .2015/8/6(木) 午後 0:26日記その他政界と政治活動.1.

 原爆の日の日本の新聞の社説であるが、唯一の被爆国として唯一の原爆投下国への批判非難があっていい筈だが、全国5紙は全く無かった。広島の地方紙ですら同じである。恐らく日本の新聞全てが同じであろう。一方、ロシアのマスコミは原爆投下を人類に対する最大の真の犯罪と言った。ナチスの極悪の記憶にも劣らないとも言った。ブラック朝日は広島市長が再三核兵器を絶対悪と言った事を社説に出していた。広島市長が実際どういう風に表現したのか分からないが、核を持つ事と核を使用する事は違う。核兵器自体が絶対悪なのか、それを使う事が絶対悪なのかはっきりさせるべきであった。核を持つ事と使う事は全く違う。世界の多くの国で核兵器は持たれているが、嘗て使った国は唯一米だけである。またその使い方も、一般市民に使った場合と軍事施設に使った場合とでは全く違う。絶対悪とは一般市民に核兵器を使った場合の事である。軍事施設が一般都市の中にあった場合は絶対悪とまでは言えないかも知れない。広島長崎の原爆は完全な一般都市であった。よって、絶対悪である。ブラック朝日は絶対悪という言葉を社説に出したからには、それを為した者を徹底非難すべきであったが、それはせず逆にクリミアに絡めてプーチンを批判する有様であった。プーチンは未だ嘗て核兵器を一般都市に炸裂させた事は無い。プーチンは絶対悪から最も遠い大国の指導者である。クリミア情勢に絡めて出てきたプーチン発言は、相手方の軍事的ポジションに対する自らの軍事的ポジションを言ったまでの事で、軍事的には当たり前の事である。一般都市に原爆を2つも落として何十万人も無辜の市民を虐殺した悪魔の行為、絶対悪とは全く違う。ちょっと掘り下げて考えれば途轍もない違いがあると分かる筈だが、それをせず為すべき非難をしなかった。

原爆を一般都市に投下炸裂させた事を正当化できる理由は一切ない。戦争を早く終わらせる為だの、地上戦での米兵、日本国民の蒙る損害を無くす為だの、無辜の市民何十万人の一瞬の虐殺と釣り合う訳がない。虐殺されたのは人間だけではない。動物も植物も昆虫も全ての生命が一瞬に蒸発した。正に悪魔の所業である。絶対悪とはこういう事である。絶対悪は何によっても正当化できない。

ロシアマスコミは米の悪魔の所業を人類に対する最大の真の犯罪と言い切った。国連でこの犯罪を確定すべきと言った。日本のマスコミは何故こういう当然の言論が出て来ないのか。最大の真の犯罪を非難しないという事は、その犯罪を野放しにするという事である。つまり、その犯罪は繰り返される。米の為にそうしているのか。広島長崎原爆は人類の問題である。米は絶対悪を為した者として時効の助けを得られない。ロシアマスコミの言である。

宇宙から絶えず降り注いでいる、高い波動の想念や思考(zeraniumのブログより)

≪zeraniumのブログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-eea5.html
宇宙から絶えず降り注いでいる、高い波動の想念や思考  

 本来、脳というものは、宇宙にあるすべての波動としての思考を、その「知っている状態」で受け取るようにつくられており、受け取ることを自分に許した波動だけを受け取って活動するようになっている。だがほとんどの人々は、嵐のように押し寄せてくるすばらしい波動という想念の中でも、社会意識という低い波動の想念だけを「知っている状態」として自分に受け入れているに過ぎない。それがあなた方が繰り返し体験している、極めて限られた狭い思考という意識である。

   そのようにして社会意識だけに従って生きることで、限定された思考の波動だけで物事を考えていると、あなたの脳の活動は、大脳の上左部と右部、それに脊椎の上に位置する小脳の下部の一部分だけになる。今やあなた方の脳のほとんどは休眠状態にあり、つまり何もしていないのだ!

   それは自分の家族や仲間など、あるいは社会や宗教的教えなどの限られた思考に「そぐわない考え」を、あなた自身がそれを理屈で説き伏せてしまい、それを取り除いてしまうからである。つまり言い換えるならば、他の周囲の人間が受け入れてくれる共通の考えだけに思いをめぐらして、それだけを用いて物事を考えるのだ。

地上世界に縛られた「閉ざされた心」

   あなた方の言葉の中には、「閉ざされた心」という言葉がある。
   それは実に、文字通りそのままの描写である。それは社会意識の境界線を越えた思考へと足を踏み入れるのを拒む時、あなた方の脳のある部分が、高い波動の思考に対して文字通り閉ざされてしまうのである。これは脳下垂体がその口部分を、ほんの少ししか開放しないように設定されているからだ。つまりその意味は、あなた方の脳は、社会意識という低い波動を受け入れる部分だけを活動させているのである。

   誰かある天才が、あなたの知らないことを知っているとき、そのただ一つの理由は、彼が心を開き、「もしこうなればどうなるか」というようなとんでもない考えを思い巡らし、人間の限られた思考を飛び越える輝く想念に思いをめぐらしたからである。つまり彼は、そういう思いを抱き、それについて考えることを自分に許したのである。

   だがあなたは、そういうものを否定し拒絶した。
   よって、あなたがそうした高い知識を受け取ることができないのは、そういう思考を通して考えることを可能にする脳の部分を、まだ起動させていないからなのだ。では、絶えずあなたのオーラにぶつかるように宇宙から押し寄せている、無限の叡智や偉大な想念はどうなってしまったのだろうか? それらはあなたの受信装置が跳ね返し、思考の川へと絶えず戻されている。

   閉ざされた心でいるというのは、肉体的五感で体験できる世界観以外に、何か他にも存在しているという可能性に対して自分を閉ざすことである。だが宇宙という創造の領域では何も不可能なことはなく、どんなものであろうと、その概念を持ち、考えることができるならばそれは存在の領域内にある。すべての創造物は、実はそのようにして存在するようになったのだ。

   あなたが誰かに対し、何かを「ただの想像に過ぎない」と言うとき、あなたはその人を愚かさと限界ある創造性の中へとプログラミングしている。そしてまさにこのことが、この地上世界にいるすべての子どもたちに起きていることであり、つまりあなたがたのほとんどは想像性を否定することで、本来自からが持つ創造力を投げ捨てているのだ!

   はっきり言うが、どのようなことであれ、考える対象となることを許されたものは、すべてが存在する。つまり、自分に考えることを許したものを、あなたは必ず体験することになる。あなたの電磁場がそれをあなたの方へと引き付けてくるからだ。

   「閉ざされた心」でいることの最も残酷なところは、それが喜びを知るのを妨げてしまうということだ。それはあなたを、人間の幻影の奴隷のままに留めておく。狭められた心で社会意識に従って生き続け考えている限り、変化を怖れる恐怖のために、未知の次元へ足を踏み出して、さらに偉大な現実の可能性を思い巡らすことは決してないだろう。なぜなら、自分に与えられてきた思考だけで満足している限り、それ以外のものを受け取って体験することはあり得ないからだ。

自分を超える想念・思考を受け入れることで、眠った脳が開花し始める

   これまでに教えられ、自分の基準としてきたものよりも、偉大な想念を一つ受け入れるたびに、それはあなたの脳の中の新しい別の部分を目覚めさせ、明確な目的を持って起動させ始める。超意識や無限に広がる思考を体験したいと望むとき、あなたの脳下垂体は華麗な花が咲くように開き始める。それが開けば開くほど、ホルモンの流れが増え、眠ったままの脳の部分がもっと起動し始め、さらに多くの波動の高い思考を受け取ることができるようになる。

   天才になるというのは、とても単純なことなのだ。
   ただ自分で考えるようになればいいだけなのだ。

   脳とは、多くの人々を困惑させてきた偉大なる神秘である。
   それを取り出して調べてみても、水である液体以外何も見つけることができない。もし脳が、その能力いっぱいまで使われるなら、肉体を一瞬のうちに光に変えてしまうことができて、しかもその肉体は永遠に生きるということをあなたは知っているだろうか? もしも失われている手足があれば、あなたの脳はそれを再生する力を持ち、肉体を一瞬のうちに癒すことができて、あるいは自分の望むいかなる形態にでも物理的に姿を変えることができるのだ。

   これほどに脳全体が持つ能力は膨大なものなのだ。
   しかしあなたは自分の限られた思考のせいで、そのわずか3分の1しか使ってはいない。残りはいったい何のためにあるのだろうか? 

   肉体は、脳とあなたの思考全体にしたがって維持されている。
   なぜならあなたが自分の脳に入ることを許すすべての思考想念は、肉体の全細胞に電気を送り、それを養っているからだ。だがあなた方は物心がつく子どものころから、さらに社会意識で思考するようになると、大人にならなければ、老衰していかなければ、そして死なねばならないというプログラミングを自分に容認してきてしまった。つまりその想念という、あなたが生きる社会が与える情報を認めて受け入れたために、あなたの体内に備わる生命力に指示が与えられ、劣化が始まったのだ。

   その結果、「歳をとっていく」という想念は、遅い波動と低い波動からなる電気信号を、身体全体のすべての細胞組織へ送る。波動の速度が落ちるほど、身体の敏捷さは失われ、身体の再生や、自己を修復する力も弱くなる。こうして老衰するというプロセスが社会全体の常識として許容され、最終的に肉体的死が起きる。

   だがもし自分に、高い波動の想念を受け入れ続けることを許すならば、あなたはもっと速い回転と強力な電流を全身の細胞に送るので、肉体は常にその瞬間に留まることになり、その結果、あなたは老衰したり死ぬこともなくなるのだ。しかしここにいる誰もが、肉体は歳を取って老衰し、死んでいくと”知っており(信じている)”。ゆえに(信じたとおりに)、肉体を流れる電流は、歳を取りながらゆっくりと、その量が減り続けていくことになる。

   現在のところ、まだ活動していない脳の3分の2の部分は、単に「知る」ということを通じて、肉体のどんな部分であれ、損傷した部分を再生する力を持っている。自分の体は自己治癒ができるのだと知った瞬間、その想念という思考は中枢神経系を通じてもっと強い電流を損傷部分に送り、各細胞のDNAに自己の複製をつくることで細胞を完璧に再生させるのだ。それも、”完璧に”、だ! これを奇跡だと思うだろうか? これこそがまさに、あなたの肉体のあるべき姿であり、本来あるべき実際の姿なのだ!

   肉体の治癒は、医者やその薬によってだけとあなた方は信じている。
   それが効くと誰もが信じているから、ある程度は効く。またあなた方は、自分の身体は自分では治すことができず、他人によってでしか治せないと教えられ、それを信じてきたので、あなたは自分を癒すことはできない。なぜなら自分が、「それを(事実だと)知っている状態」にまで信じこんだからだ。

宇宙から絶えず降り注いでいる高い波動の想念・思考

   あなたが存在するいまというあらゆる瞬間、そして眠っていても目覚めていても、意識があるないにかかわらず、あなたは常に絶え間なく、宇宙を包む神の心から想念を受け取り続けている。あなたを一つの存在とし、あなた自身が許すそうした波動こそが、人生における最高の贈り物であり、唯一の現実ともいうべき”感情を得られる体験”となる。

   もし自分は不幸だ、退屈だ、あるいは常に不機嫌で何かを恐れ、自分の内にあらゆる反感や怒り、嫉妬や焦り、憎しみを感じ、落ち込み、愛されていない、誰からも求められていない、と感じている人がいるならば、そういう人に私は聞きたい。あなたはいったい、自分にどのような波動の思考と同調することを許しているのか? それはあなたが属する社会がもたらす社会意識なのだ。どこに喜びが? どこに愛や永遠や神があるというのか? とあなたは訊ねるかもしれない。だがそうしたすべては、ただ自らの内なる想念を変えることができるならば、すぐそこにあるのだ。

   大いなる宇宙から、絶えず一瞬一瞬、あなたに向けて降り注ぎ、あなたの精神を通過しているこうしたすばらしい想念を、なぜあなたは受け取らず、知らずにいるのだろうか? それはあなたが求めず、知りたいとも思わなかったからだ。あなたは社会意識をすべてとし、その庇護のもとに生きることを選んだ。つまり周りに合わせて人と同じように生きることを選び、あらゆる行動も、まとう衣服も、考えることすべてを大衆と同じにすることを選択した。周りに合わせることで受け入れられ、生き延びられることを選んだのだ。

   そしてあなたが「知りたい」と思わなかった理由は、自分が創造主から生まれた子どもであり、神であり、永遠であり、すべてを知る者であるという思考を持つことが、自分の家族や友人、自分の属する宗教や国家の意に反することを知っており、それを怖れたからだ。それであなたは、自分の本来持つ力を手放してしまった。自分の存在という尊厳をあきらめてしまった。そして本来、自分は誰であり、何であるかも忘れ去ってしまい、脳の本来の働きを止めてしまった。それを再び開け放つことが、私がここにいる理由である。

   あなた方の生きている時代とは、社会意識と本来の「知っている状態」との対立であり、戦争である。それは外側に起きる戦闘ではなく、内なる戦いなのだ。本来の神なる者になるというのは、この「知っている状態」の存在になることだ。だが社会意識に生きる人間のままでいるというのは、それ以上の偉大な知識へ自分を開こうとしない「閉じられた心」の状態に留まることだ。つまり理屈は受け入れるが、生きるということを実践しない者、自らの師であるよりは他人から教わり救ってもらおうとする者、冒険を求める探求者であるよりは常に庇護を求める者であることだ。


     『ラムサ―真・聖なる預言』 ラムサ著 角川春樹事務所

                           抜粋


プーチンに人類最終核戦争阻止の使命 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68211132.html
【遅い朝のメッセージ】プーチンに人類最終核戦争阻止の使命 クリップ追加 .2015/8/3(月) 午後 0:50日記その他国際情勢.0.プーチンという人物の本質は何であろうか。ロシアの大統領として絶対的権力を持つ。ロシアを米の従属国から独立させ、今米と激しい対立関係にある。米は本気でプーチンを権力の座から引きずり降ろそうとしている。しかし、プーチンは国民から圧倒的支持を受けている。おまけに中露連合、BRICSである。国際的にもプーチンは大きな支持を得ている。米がプーチンを権力の座から引きずり降ろすのは不可能である。そうなると米とプーチンの関係はどうなるのであろうか。プーチンは折り合いをつけるつもりはあるのだが、米は今の所全く無いようである。プーチンは着実に国際的な自陣営の構築に励んでいる。中国を中心にしてインドまで加わりそうで強力である。プーチンは自陣営の精神的中軸である。凄いものである。米に対する断固たる姿勢が陣営の強力な吸引力となっている。嘗て圧倒的な吸引力を誇っていた米であったが、プーチンが発する吸引力はそれを置き換えようとしている。プーチンと米の関係はゼロサムになっている。プーチンはプラスサム志向なのだが、米が完全にゼロサムである為、プーチンもそうならざるを得ない。

ゼロサムという事は、露米間に於いては究極の対立関係を意味する。即ち、最終核戦争である。双方が保有する大量の核兵器がゼロサム関係を最終核戦争に導く。プーチンと米の関係はそういう事になっている。プーチンはその自覚がある。よって、プーチンはロシアの核戦力の高度化と充実に妥協がない。米の軍事予算はロシアの10倍近くにも上るが、プーチンは核戦力の高度化と充実で米に決定的なダメージを与える能力を持つ事で、米に最終核戦争に踏み込む事を躊躇わせている。プーチンは米を躊躇わせる為に核戦力の高度化と充実に妥協がないという事である。

しかし、それだけでプーチンと米のゼロサム関係は終わらない。米は最終核戦争に踏み込むのを躊躇いながらも、踏み込みの決行を常時考えている。プーチンもそれを分かっている。緊迫は延々と続く。プーチンのこの断固たる姿勢が米の冒険を抑止する。米の冒険は最終的には悪魔の冒険にまで行き着く。どうしても最終核戦争に雪崩れ込む。プーチンはそこまで分かっている。プーチンは悪魔の冒険にまで手を打つ。本物の政治家は気を抜かない。経済権力はどこまでも自分の利益、自分の立場を守る。最終核戦争さえ利用する。偽ユダヤ経済権力は悪魔の冒険の扉を開ける。

プーチンはこの扉を塞ぐ。その為に為すべき事を全てやる。中露印連合を中心として国際的包囲網を強化する 。プーチンは経済権力の悪魔の冒険を絶対にさせない。プーチンは人類を悪魔の冒険から守る。それがプーチンの使命であり天命である。

るい・人工台風の作り方、つまり猛暑も津波も地震も簡単、そして性分と動機と能力があるのはドル詐欺陣営だけです(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

るい・人工台風の作り方、つまり猛暑も津波も地震も簡単、そして性分と動機と能力があるのはドル詐欺陣営だけです。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/886.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 8 月 03 日 14:57:02: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

原潜や空母のおしっこを排出するだけで海面を温める事ができて、後は自由自在という事で、ハープや宇宙兵器もあるでしょうが、深海魚やイルカや鯨が打ち上げられたり小魚の大量死があるのは、ソナーもあるでしょうが、いきなり熱湯ぶろをされるからだと思われます。
そして、連中以外であれば、プールや公衆浴場でおしっこをするのはガキじゃあるまいし遠慮する訳ですが、ガキの時に詐欺マニュアルのトーラーやタルムードを暗唱させられる連中は、自分達は天に選ばれし民だと思い上がって大人になり、昨今のドル詐欺への風当たりの強さを考えると、破産させられる前にやっちゃっとくと躊躇せずにやってしまう訳ですが、気違いに刃物そのもので、取り上げられればいいのですが、連中も経済とエネルギーで中露に負けて、軍事力だけが頼りだから無茶苦茶をして逃げ切ろうとする訳です。
しかし、その軍事力もロシアの戦略と中国の人海戦術の前に敗れようとしており、空回りが目立ってきました。
とりあえず、まな板の鯉の日本人としては、まな板を加熱されてこのままではカツオのたたきみたいになり、焼き魚みたいになり、しまいには干物にされてしまいますから、対症療法として、外に出たらすぐコンビニの場所を確認し、立ち読みを指摘されるまで粘り、次にコピー機を机にしてメールを読んだり書いたりして、それも注意を受けたらトイレで電話を受けたりかけたりし、それも文句を言われたら、店内を十周ぐらいしてそれも咎められたら、切り札の百円アイスコーヒーを
買って退場し、それを何軒か繰り返せば、そのうち終業時間になり、職場に涼みに戻るも直帰するも自由で、とにかく、コンビニをオアシスに見立てて生き延びる事です。
みんなが真似してコンビニが満員電車みたいになって快適でなくなったら、また次の作戦を伝授します。
因みに、私は世間体があるので、その作戦は使わず、冷蔵庫を担いで颯爽と営業回りをしていますが、早く、テレビみたいに超薄型が発売されるかスッチーみたいにクーラーと室外機をカートで運ぶ作戦も検討中です。  


コメント
1. 2015年8月03日 16:27:28 : 9qpsXgVWG6
理科が2なのでよくわかりませんが、ついでに温暖化詐欺と干ばつ詐欺も暴いてください。ハリソン・フォードが森林伐採が激しい国の環境大臣に食ってかかっていました。なぜ取り締まらないんだ! 地球がどうなってもいいのか! だそうですw マヌケなハリウッド俳優です。米国政府と米企業に文句を言うのが筋ってもんでしょう。

2. はろー 2015年8月03日 17:19:11 : TdFHwK8PKxIPA : Xb8c9E2MvQ
そうですよね。
茹でカエルになる前に、コンビニにでも何にでも避難します!
亀の甲より年の功。待望さんの作戦伝授、次回もよろしくお願いします。
ところで、1さん、それ観ました。私もそう思いました。


3. 2015年8月03日 21:31:39 : dXr8CviSMI
広瀬・日本最大の活断層・中央構造線が動けば、鹿児島の川内原発と愛媛県の伊方原発は一撃で吹っ飛び、日本は壊滅。妙に静かな若狭には東日本大震災以降4年分の地底エネルギーが大量にたまっているから、この”空白域“が一番先に動くかも知れない。それでも原発の再稼働にゴーサインを出してきた重大犯罪者の原子力規制委員会と原子力規制庁を、日本が全滅する前に解散させることが、第一だ。
併せて日本が全滅する前にNHKも解散さすべきである。



4. 2015年8月03日 21:49:35 : dXr8CviSMI
そうです。
公共放送である以上、政治に関する情報はできうる限り主権者国民に伝える責務があります。
したがって主権者国民もその対価として受信料をNHKに提供しています。
政治に関する情報はすべてとは言いませんが、できうる限り、最低限国会中継はすべて中継をして主権者国民にその政治的情報を伝える責務があります。
なのにNHKは、これまでご都合主義に、かつまた恣意的に、チョイスした国会のみしか中継してきませんでした。
それで憤りを感じられたのであろうか田中良紹氏が、インタネット上に国会中継を立ち上げてくださったわけだ。
日本国憲法は国民主権を規定している。
国民に主権がある以上、国民に政治情報は最大限提供できるシステムをつくらない限り国民主権は絵にかいたモチだ。
我々主権者国民はそれを回避するべく、民放放送局のみならず公共放送を持ち、その公共放送にその対価として受信料を提供してきたわけだ。
それなのにNHkはその最低限の責務である全ての国会の中継すら責務を果たしていない。
これは明らかに国民主権を冒涜した憲法違反行為である。
今日の磯崎国会も意図的に中継しなかった。
我々主権者国民は、毅然としてNHKに立ち向かうべきである。
主権者国民は憲法違反をしているNHKを提訴すべきである!!

5. 2015年8月03日 21:59:06 : dXr8CviSMI
そうです。
偏向報道の象徴みたいな「日曜討論」を放映するぐらだったら、国会をすべて中継して、その政治情報を主権者国民に伝えるべきです。
皆言っています。

6. 2015年8月03日 23:24:59 : ki8Fk95iO6
台風という気象条件は、潜水艦が相対的に有利になります。
例えば、1グラムの水を1度上昇させるのに必要なエネルギーは1カロリー、4.2ジュールになります。

これを電力の単位に換算すると、
毎秒、4.2ワットの電力で1グラムの水を加熱すると、
水温は毎秒、1度上昇することになります。

次に、このスケールを1000万倍にします。

42メガワットの電力を使うと、1000万グラム、即ち、10トンの水を
毎秒、1度、温度上昇させることができます。

1時間で3万6000トンの水を1度、加熱できます。

このペースでひたすら海水を加熱すると、台風にエネルギーを供給すること
ができます。


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=306497

7. 2015年8月03日 23:59:38 : OPBsOLn0CE
19世紀の終わりごろ、
東京帝大の学者が人工地震の技術を持って
英国に旅立ったというふうな内容の記事をどこかで読んだのですが、
記事を紛失してしまいました。どなたか記憶に留めて調べていただければと
思います。
要はこんな恐ろしい技術(の悪用)も、
日本発のものであったということです。
原爆や放射線医学の資料、生物化学兵器の元になった研究等
だけではないのですね。


TPP交渉決裂に見る米国の凋落と日本の対米従属外交の破綻  天木直人(新党憲法9条)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

TPP交渉決裂に見る米国の凋落と日本の対米従属外交の破綻  天木直人(新党憲法9条)
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/831.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 02 日 08:26:05: igsppGRN/E9PQ Tweet      

TPP交渉決裂に見る米国の凋落と日本の対米従属外交の破綻
http://new-party-9.net/archives/2393
2015年8月2日 天木直人のブログ 新党憲法9条


 正直言ってここまで見事にTPP交渉が決裂するとは思わなかった。

 日本のメディアが楽観的な報道ばかりしていたからだ。

 いかに日本の報道が無能で政府の御用聞きメディアになりさがっているかだ。

 それは、そのまま決裂報道にもあらわれている。

 いきなりニュージーランドが悪者になっている。

 すなわち酪農王国のニュージーランドが乳製品の関税引き下げに最後まで抵抗したからまとまらなかったのだ、と。

 甘利大臣も記者会見で、一部の国は頭を冷やしてほしいなどと八つ当たりしている。

 外交的には考えられない非礼さだ。

 それほど決裂の衝撃が大きいということだ。
 
 その一方で、メディアは新薬保護や著作権保護、訴訟条項など、より深刻な利害対立は他にも多く残っていると報道している。

 こんな支離滅裂な報道があるだろうか。

 これを要するにAPP交渉はこれまで何もまとまっていなかったということだ。

 それを政府の流すウソ情報を書き続けて、今度こそ最後だと囃し立てたから決裂の衝撃は大きいのだ。

 メディアはご丁寧にまだ8月末の閣僚会議が残ってる、それが本当の最後だ、と書いている。

 完全な失敗に終わっては米国の面目丸つぶれだから、なんらかの見せかけ合意はできるかもしれない。

 しかし、実質的にはTPP交渉は終わったのである。

 残るとすれば日米経済交渉の結果の日本の対米全面譲歩だけである。

 なぜこんな事になってしまったのか。

 米国が自らの内政の都合に合わせて無理をして合意を急いだからだ。

 すべては米国の強引さに由来する。

 考えても見るがいい。

 そもそもTPPはニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイという弱小国の4カ国が締結した自由貿易協定が出発点だった。

 そこに米国が目をつけて日本を誘い込んで出来たものだ。

 いまでも12カ国の参加国は日米を除けば弱小国ばかりだ。

 米国の傲慢ぶりはカナダでさえ文句があるなら参加しなくてもいいと脅かす始末だ。

 そんな交渉があるか。

 これを要するにTPP交渉は米国による、米国のための、米国の交渉であり、それに対米従属の日本が追従しただけの交渉だったということだ。

 その米国がもはや指導力を失って迷走を続けた末の破綻だ。

 その米国の破綻に日本政府は、民主党政権も自民党政権も、国民の声を無視して最後まで加担した。

 今度のTPP交渉の失敗は、もうひとつの対米従属外交の破綻である(了)


関連記事
<TPP閣僚会合>合意見送り 知財、乳製品で溝(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/15/hasan99/msg/380.html
TPP交渉 落胆広がる経済界 早期決着を要請 JA全中は政府批判強める(SankeiBiz)
http://www.asyura2.com/15/hasan99/msg/392.html
甘利TPP担当相会見詳報(1)「もう1回閣僚会合を開けば決着ができる」(SankeiBiz)
http://www.asyura2.com/15/hasan99/msg/396.html

TPP合意ならずにAIIB中露連合の影(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68209133.html
【遅い朝のメッセージ】TPP合意ならずにAIIB中露連合の影
クリップ追加 .2015/8/2(日) 午後 0:51日記その他国際情勢.0

 .あと一回会合をやれば合意できると甘利と安倍は言うが、そうでも言わなければ一気にTPP崩壊である。今回合意できなかった事の意味は本当のところ分からない。ブラックTPPの合意ならずの真の理由がブラックマスコミに出てくる事はない。表に出てくる理由は当たり障りのないものだ。騒がしかった割にはいつもの事ながらTPP合意ならずであった。今月末に再度会合をやるようで、そこで遂に合意という演出があるかも知れない。偽ユダヤ米も必死である。絶対に合意に辿り着こうとする。恐らく参加12カ国の政権は全て米の傀儡の可能性がある。マレーシアなど反米だと思われていたが、どうも政権は違う。マレーシア機撃墜事件でも米寄りの姿勢である。TPPでは各国とも国内向けのパフォーマンスをしなければいけない。一頻りパフォーマンスをやってから華々しく合意達成としたいのではないか。

TPPに関しては色々憶測できるが、重要な事は中露連合の影響が出ているという事である。太平洋の西側には巨大な成長市場がある。米一極時代とは全く事情が異なる。無理してまで米の為のTPPに加入する必要はない。米日以外の10カ国はTPPから抜け出す扉が開いている。今回ニュージーランドが酪農製品について強硬だったようだが、NZはAIIBにも加入している。TPPで不利になる位ならAIIBで行けると思う筈である。NZがTPPとAIIBに二股かけているのは疑いない。東南アジア4カ国も両方に関わっている。特にこの4カ国はAIIBに傾いているだろう。AIIBの公開生に比べてTPPの秘密性は大きなマイナスポイントである。実のところTPPはアジアの国から拒絶されている可能性もある。巨大な発展市場である中国が真横にありながら、遙か海の向こうの米に過剰に気を遣う必要があるのか。最早米のTPPには決定的な説得力はない。米の本音が日本にある事はどの国も分かっている。米日だけがTPP合意に必死になっているだけで、他の国々はお付き合いの感じだろう。

こういう風に見てくると、今回の合意ならずは相当根が深いと見るべきだろう。それでも合意するかも知れない。しかしその時は米が大きく譲歩した時という事だろう。あと一回会合を持てば合意できるという甘利と安倍の言葉は何か空虚である。TPPを巡る客観的情勢は極めて厳しいのである。もはや環太平洋諸国を米が力づくで束ねる事など不可能になっている。それにも拘らず米が力づくで来ている訳であるから、合意が先へ先へと延びてしまう。客観的答は合意不能である。米日だけでおやんなさいという事である。TPPはAIIBに押し切られているのである。AIIBの背後には中露連合、更には中露印連合がある。地政学的に既に答は出ている。米はTPPで追い込まれている。

安倍首相が山本太郎に安保法制のインチキを暴かれた! 政府はやっぱり国民の生命を守る気なんてなかった![リテラ](阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

安倍首相が山本太郎に安保法制のインチキを暴かれた! 政府はやっぱり国民の生命を守る気なんてなかった![リテラ]
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/645.html
投稿者 ニュース侍 日時 2015 年 7 月 30 日 06:09:18: MidD7QyBIEdXI Tweet      

安倍首相が山本太郎に安保法制のインチキを暴かれた! 政府はやっぱり国民の生命を守る気なんてなかった!
http://lite-ra.com/2015/07/post-1336.html

 安保法制の審議が参議院に移るなり、安倍首相が中国を名指しした上、「場合によっては日本が先制攻撃することになる」などと言い出した。追い詰められた結果、本音を隠さなくなってきた安倍首相だが、昨日の国会では意外な人物の追及で、安倍首相と安保法制のデタラメが暴露されることになった。意外な人物とは、あの「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎議員のことだ。

 山本がこの日、追及したのは、「原発にミサイルを撃ち込まれたらどうする?」というものだ。いくつかの前提確認の後、山本は、今年1月に提出した質問主意書と同じく「政府自身は九州電力株式会社川内原発発電所に対する他国等からの弾道ミサイルによる武力攻撃を想定していますか?」と質問する。

 すると、安倍首相から返ってきたのは案の定、「弾道ミサイルの脅威に対応するため各種のシミュレーションや訓練を行っている」としながら、「他国等からの弾道ミサイル攻撃に関する想定については、政府として特定の施設についてお答えすることは差し控える」という典型的なゴマカシ答弁だった。


 そこで、山本議員は「総理、さまざまな事態を想定し、各種シミュレーションを行っているそうでございますが、川内原発の稼働中の原子炉が弾道ミサイル等攻撃の直撃を受けた場合、最大でどの程度、放射性物質の放出を想定していらっしゃいますか?」と切り返す。

 しかし、この質問に答えたのは、名指しされた安倍首相ではなく、原子力規制委員会の田中俊一委員長。しかも、田中委員長は「弾道ミサイルが直撃した場合の対策は求めておりません」と回答したうえ、川内原発1・2号機で何かが起こっても、放射線物質の放出量は「福島第一原発で放出された1000分の1以下」と想定していると答えたのだ。

 シミュレーションしているといいながら対策は講じず、何かあっても放出される放射性物質は、見積もって福島の1000分の1くらい……。このいい加減な回答に、山本のツッコミが炸裂する。

「要はシミュレーションしていないんだと、シミュレーションしないんだということをおっしゃったんですよね?」
「みなさん、どう思いますか? 弾道ミサイルが着弾したとする。そのほかにいろんなミサイルが着弾したとして、原子力施設破壊されて、福島の東電原発の1000分の1の放出量で済むと思いますか?っていう話なんです。思えませんよね」

 そして、「仮定の質問であり、お答えすることを差し控えたい」といった安倍首相に対しても、山本議員は「仮定の話って言っているけれども、やっぱり仮定の話っていうと、これ、答えるの難しいものなんですかね?」と水を向ける。すると、安倍首相から返ってきたのはまたぞろゴマカシ答弁だった。

「武力攻撃事態はですね、その手段、規模の大小、攻撃パターンが異なることからですね、実際発生する事態もさまざまであり、一概にお答えすることは難しいということでございます」

 しかし、こんなもので引き下がる山本ではなかった。ゴマカシを重ねる安倍首相に、安保法制の姿勢との矛盾を突きつけたのだ。

「でも、考えてみてください。今回の(安保)法案の中身、仮定や想定をもとにされてませんか?“A国がB国に攻撃をしかけた”“友好国のB国から要請があり、新3要件を満たせば武力行使ができるのできないの”、これ、仮定ですよね? 仮定でしょ。仮定でよくわからないとごにょごにょ言うわりには、仮定で物事をつくっていこうとしてるんですよ」
「都合のいいときだけ仮定や想定を連発しておいて、国防上、ターゲットになりえる核施設に関しての想定、仮定、できかねますって、これどんだけご都合主義ですか?って話だと思うんです。“我が国を取り巻く安全保障環境、著しく変化”してるんでしょ? 飛んでくるかもしれないんでしょ、ミサイル。“中国が!北朝鮮が!”。いろんな話されてるじゃないですか。“10分で到達します!”。え、で、飛んできたときは? 何もできてませんよ。困りますよね。本気で守る気、あるんですか? この国に生きる生命、財産、幸福追求権守るんだったら、いちばん脆弱な施設、しかも核施設を、どのように防御するかを考えなくてはいけないのに、その(人びとを)逃がす方法も、1000分の1、100分の1? その程度の放出量でしかないなんて、これ、なんなんですか? 意味がわからない」

 さらに、山本は、もし弾道ミサイルが川内原発に撃ち込まれたとき「防災計画作成の必要性は最大で何キロメートル圏の自治体に及ぶと想定していますか?」と質問を出していたというが、これに対する回答がなかったと言う。もしもの場合、どの範囲で避難をするか、もちろん考えられていなければいけない問題だが、大庭誠司・内閣官房内閣審議官の回答は、「事態の推移に応じて避難の範囲を決定する」というもの。“起こってから考える”と言っているのだ。この答えに、山本の怒りは頂点に達する。

「要は一度、被曝していただくという話ですよ。実測値で計っていくしかないっていう話ですよ。こんないい加減な話あるかよ」

 北朝鮮や中国の脅威を叫ぶばかりで、もっとも標的になると思われる原発に関しては何の検討も行っていない。津波であれだけの被害を出したのだから、弾道ミサイルだったらどれほどの被害になるか、そんなことは小学生でもわかる。そればかりか、国民に何かがあっても被曝してから考えると政府は言っているのだ。

 ようするに、安倍首相は「国民の生命を守るため安保法制は必要」と言いながら、国民の生命のことなど何も考えていないのだ。集団的自衛権も実際は「日本人にも命をかけさせてアメリカと対等になりたい」、そして「中国をやっつけたい」という危険な欲望に突き動かされた結果にすぎない。

 今回、山本の質問と追及はその安倍の本質を見事に暴き出した。事実、山本のほとんどの質問に、安倍首相はまともに答えることが出来ず、肝心のところはすべて田中委員長や大庭審議官に押し付けた。

 ただ、こうした山本の主張をまともに取り上げ、安倍首相を追及しようというメディアはほとんどないだろう。これまで、山本がどんな本質的な問題を突きつけても、永田町にいる「政治の専門家」と称する連中はまともに相手にしようとせず、「どうせ山本太郎だから」と冷笑を浴びせかけてきた。

 実際、今回もNHK『ニュースウオッチ9』をはじめ、ほとんどのニュースはこの山本議員と安倍首相のやりとりを一切無視した。比較的、安保法制の報道に力を入れている『報道ステーション』(テレビ朝日系)や『NEWS23』(TBS系)でさえ、である。

 だが、メディアは山本のことをトンデモ扱いして無視する前に、もう一度、「国民の生命を守るため」と戦争法案をゴリ推ししながら、原発がミサイルの標的になるケースは一切考えていない首相のことを考えたほうがいい。トンデモなのは、明らかにこっちのほうなのである。
(水井多賀子)

[リテラ 2015/7/30]  

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。