スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの世論調査の世論調査が必要(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68368663.html
【御免朝のメッセージ】NHKの世論調査の世論調査が必要
クリップ追加 .2015/10/14(水) 午後 1:13日記その他政界と政治活動.3.

 またまたNHKがシラーっと内閣支持率の世論調査をやった。支持するが43%で不支持が40%だったかな。ようやるわ。戦争法案を強行採決してもまだ43%も支持がある。全くあり得ない話で、連中もばれるのも半ば覚悟で出して来たんだろう。戦争法反対の国民世論の定着を何としても防ぎたかった連中である。今時点の世論調査で安倍にマイナスになる結果を出す事は安倍の飼い主から厳禁のお達しがあっただろう。

世論調査を政治目的で捏造する事はあり得ると誰でも疑う訳で、まして今のNHKが経営委員長人事から経営委員人事、会長人事まで安倍チャンネルの様相を呈している中では疑惑度は100%である。政治目的を持った怪しい世論調査は小沢など半ば公然と言っている。小沢が敢えてこの事を強調しない事をいい事に、マスコミは小沢の発言を完全無視している。小沢事件に於いて小沢に関する世論調査は正に捏造の極みであった。小沢がマスコミの世論調査に疑念を呈したのは当たり前である。その事は本来マスコミが取り上げてバランスを取る必要がある。小沢一郎という最大の政治家から世論調査に疑念を呈されたら、疑惑解消の説明を国民に向けてやるべきが当然であり、それを全くしないという事は疑惑の裏証明な訳である。

マスコミの世論調査はマスコミに国民的信頼が確立されている場合に限りあっていいもので、確立されていない場合はあってはならないものである。マスコミはそれぞれが政治的立場を持っている。そんなマスコミの世論調査が自らの政治的立場に有利になるように謀られる可能性は常時ある。そうなると、マスコミの世論調査はそもそもの初めから疑わしい事になる。

マスコミの世論調査は構造的問題を抱えている。公正な世論調査である為の保証もない。選挙と同じである。今の選挙には公正である為の保証が何もない。不正が国民的に相当大きく語られているが、何の動きもない。本来であればマスコミが問題を大きく扱う筈である。しかし、世論調査に関して何の動きも見せないマスコミが、選挙に関して動く訳がない。世論調査と選挙は密接な関係がある。マスコミは自らの世論調査について公正を語らない。それは自らが不正選挙の主役を務めているからである。不正選挙を実行する為に不正世論調査が必要である。不正世論調査は不正選挙の構造的一部である。巨大な不正選挙を実行する為には、常時不正世論調査の必要がある。今回のNHKの安倍内閣支持率の世論調査は次期国政選挙へ向けた動きだった訳である。

不正選挙を防ぐ為には、マスコミの世論調査について世論調査を実行する必要がある。全国各地で街角世論調査を実行しなければならない。特にNHKの世論調査について世論調査する必要がある。あなたはNHKの世論調査は正しいと思いますか?と聞けばいいのである。国民的に怪しいと思われている事が分かってくれば、皆様のNHKは動かざるを得なくなる。NHK包囲デモだけでなく、NHK世論調査の世論調査も必要なのである。

スポンサーサイト

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68357778.html

【朝のメッセージ】プーチンは米の詐欺の破壊に踏み切った
クリップ追加 .2015/10/8(木) 午後 1:04日記練習用.0.

 日本は米のTPP詐欺に自ら進んで嵌って行った。詐欺というのは嵌められるものであり、自分で進んで嵌るものじゃない。という事は、日本はTPP詐欺を仕掛ける側だという事である。驚いた事に、日本はTPP大筋合意の為に自らあれこれ提案したらしい。新薬の保護期間を8年にしたのも日本の提案だったという事のようである。極めつけはTPP成立条件を大幅に引き下げた事である。日本が提案したしたらしい。仰天である。これまでは参加12カ国全員一致が成立条件だった筈だが、それでは成立困難と見て6カ国以上、合計GDPで85%以上と大きく垣根を低くした。日米だけで85%以上が成り立ち、米日豪加ニュージーランドフィリピンの6カ国で条件クリアである。初めから米の日本支配が主目的のTPPであるから、米の傀儡政権がTPP成立に一番頑張るのもなるほどという事になる。

米と日本は今経済力に於いて2位と4位である。少し前まで1位と2位だった。それが2位と4位じゃ完全に覇権喪失である。米日ブラック同盟は必死なのである。これまでは米の政治経済軍事の謀略で覇権を維持できたが、プーチンが天の命を受けたように米の謀略阻止に立ち上がった。プーチン自身米から様々な謀略を受けた。それを退けながらいよいよ今度は自分から米の謀略阻止に動き出した。それが今回のシリアのIS空爆である。ISイスラム国は今回初めて本当の空爆を受けたようで阿鼻叫喚の様相である。 空爆が如何に大変なものか初めて知った。ロシアは空軍による空爆だけでなく、何とカスピ海から巡航ミサイルを20発以上ISの拠点に向けて発射したようである。驚きである。こんな事をやるのは米だけだったが、ロシアもやるのである。プーチンがIS壊滅にかける意気込みは正に超本気という事である。プーチンは米の謀略の手段としてのISを完全に破壊する決意をしたのだ。これは超超注目すべき事である。正に歴史的事件と評価せねばならない。米の謀略の道具を破壊するプーチンは米に牙を剥いた。勿論、直接に米に牙を剥いた訳じゃない。米が自分に牙を剥いたと表立っては絶対に言えない状況下で牙を剥いたのである。米はプーチンの本心を即座に分かった。重い気分になっただろう。ISを空爆する事は米を空爆する事である。

プーチンは遂に歴史を変える決意をした。それは中露連合が米の支配体制を力で終わらせる決意をした事をも意味する。インドがそれに引き摺られるのも間違いない。いよいよ米の世界覇権は終わりを迎える。日本のTPP詐欺への積極加担も先細りの宿命である。最早人類世界は本物の時代に入る。安倍ちゃんには真っ暗な時代である。

戦争法案もTPPも政権交代でひっくり返る(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】戦争法案もTPPも政権交代でひっくり返る
クリップ追加 .2015/10/5(月) 午前 11:18日記その他国際情勢.1.

 TPP大筋合意の嫌なニュースが流れた。こうなりそうだと思っていた。米と豪が薬で対立? 仲間内じゃないか。いざとなりゃ着地するさ。ニュージーランドも乳製品で対立? 仲間内じゃないか。最後の最後は着地するに決まっているさ。豪とニュージーランドしか出て来ない時点で結果は見えていた。どっちかが譲歩すればいい。どっちかが大幅に譲歩すれば合意できるという場合、どっちが譲歩するだろう。米に決まっている。豪はAIIBにも加盟したし、TPPは選択肢の一つであり、何が何でもという状況じゃない。しかし、米は何が何でもである。今回合意できなかったら、米は完全に面目を失う。AIIBの中国に完全敗北である。米は今回合意は絶対命令であった。偉そうに席を蹴るなどできる訳がなかった。新薬の保護期間は米の12年と豪の5年の中間の豪寄りの8年で折り合った。米の敗北である。米は体面を保ちながら負けなくてはならなかった。大筋合意なんて言っても、勝負と見れば米は敗北であった。しかし、米は日本にさえ勝てば良かった。表向き大幅に譲歩しておいて、SDI条項やら政府調達やら何やらで日本に勝っておけばいい。米は日本以外には譲歩して日本には完勝という事である。日本だけが完全敗北である。米の植民地であり、傀儡政権であるから、日本の完全敗北は当然である。枝葉末節で双方譲歩し合ったというポーズで国民を欺く。核心部分は一切知らせない。初めから日本の完敗、完全売国を目的としたTPP交渉であった。傀儡政権は完敗こそ目的であった。全てがアホらしい。全てが国民騙しであった。

問題は今後である。大筋合意したものを各国が批准する。日本の場合は自公政権を崩壊させ、政権交代を果たす。その事で戦争法も廃止する。TPPは国内法を規定する国際条約だが、TPPに反対する新政権なら何とかなる。果たして批准の国内手続きがいつ行われるか知らないが、国内のTPP反対勢力が激しく動き出せば、そう簡単に批准できまい。TPP反対と戦争法反対は全く一つになる。日本は事実上の革命状態になる。こうなればTPPもへったくれもない。

更に言えば、世界の政治の重心は米から離れて中露連合に移る。米の世界政治に於けるポジションは激変する。この状況下で果たしてTPPが機能するかである。無理である。TPPは有名無実化する。戦争法も全く同じである。戦争法もTPPも悪い時代の遺物となる。中露連合に対する米のポジションによってTPPの運命は決まる。米の運命はもう定まっている。TPPの運命も定まっている。米の体面を保つだけの意味しかなくなったTPPの大筋合意という事である。米は負け、傀儡の日本政権も負ける。

ウクライナもシリアもロシアが掌握(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68344616.html
【朝のメッセージ】ウクライナもシリアもロシアが掌握
クリップ追加 .2015/10/3(土) 午前 11:43日記その他国際情勢.1.

 ここに来て霧がかかっていた風景にはっきりした見通しが出てきた。シリアではロシアがIS殲滅に断固とした姿勢を見せ、ほとんど1日にしてシリア内のIS勢力を崩壊させたようだ。シリア政府がISの拠点をロシアに伝える為に、ロシア軍の攻撃が的確であっという間に拠点破壊が完了したようだ。米主導のIS攻撃は名ばかり攻撃で逆に支援物資を届けていた位で、ISは勢力をどんどん拡大できた。それがロシアが出て来るとISは恐怖に落とし込まれたようである。ロシアの空軍は極めて高度で強力な戦力を持つ。図らずも実証された形である。米はまさかISを支援してましたとは口が裂けても言えない訳で、目の前で子飼いのテロリスト達が殲滅されるのを眺めるしかない。精々ブラックマスコミを使って偽情報を出すのみである。それに対してもロシアは間髪入れず反撃情報を出した。同じような事は以前もあった。化学兵器詐欺である。ロシアは正確な情報を国連に提出した。詐欺は押さえ込まれた。今回もロシアは同じ状況を想定していただろう。やる時は一気にやるプーチンである。完璧な勝利の為に十分に時間をかけて準備し、決める時は想定される穴を完璧に塞いで一気に決めてしまう。見事なものである。

昨日のニュースで驚いたのが、ウクライナ紛争解決を目指したミンスク合意に関する4者会合がパリで行われた事である。最高首脳の4者である。プーチン、メルケル、オランド、ポロシェンコ。ミンスク合意と言えばこの4者が1年前だったか16時間もかけて合意に達した。しかし、米はこれを無視するような姿勢を取り続け、ポロシェンコがそれを体現した。ミンスク合意は有名無実化していた。米がその気になればこんなものという感じだった。ところが今回の再会合である。かかった時間は5時間。前回の3分の1以下である。もうすったもんだの時期は終わったという事である。オランドは今回の結果を事前に予告していた。最近のウクライナ情報は少なかった。緊張は大きく減じたのだろう。今のホットスポットはシリアである。ウクライナが上手く行かなくなったので、シリアに向きを変えた。しかし、プーチンが立ち塞がった。ウクライナもシリアもプーチンが掌握して来た。謀略は封じ込まれた。

ヨーロッパはシリア難民の大津波で青色吐息になった。シリア紛争詐欺を解決しないとどうにもならない。もういつまでも米のイスラム国詐欺に付き合っている訳にはいかない。ヨーロッパはロシアと関係を取り戻そうとしている。それがミンスク合意再会合を実現させた理由だ。ウクライナもシリアもプーチンの大きな羽の下に入った。

シリア情報戦争はプーチン優位に推移する(ryuubufanのジオログ)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】シリア情報戦争はプーチン優位に推移する
クリップ追加 .2015/10/2(金) 午前 11:48日記その他国際情勢.1.

 ロシアが中国の政治的アシストを得てシリアのISを空爆した事に対して、米日のブラックマスコミがISはいなかったとか民間人を30人殺したとかの怪しい情報を流した。こうした情報に触れた一般国民はあっという間にロシアを悪く見る。ロシアが非道な事をやっている。何の罪も無い一般人が多数爆殺された。全責任はロシアのプーチンにあるという事になる。ブラックマスコミを使えば大変な政治的謀略をあっという間に達成できる。ブラックマスコミはICBMにも匹敵する武器である。

KGBの親分であるプーチンはこうした連中の手口は先刻承知である。早速反撃した。民間人殺害報道は空爆に飛び立ったロシア軍機が離陸する前にあったと言った。ブラックマスコミの手回しの良さに感心するが、予めそういう事を見抜いていたロシア側にも感心する。感心の度合いは勿論ロシア側の方が大きい。ブラックマスコミを使った手口は米の常套手段であり、それ無しには米の政治軍事は成り立たない。ブラックマスコミは米にとっては平時の武器である。戦時も当然である。常時武器という事である。マスコミが本来の機能を失い、権力の悪事の道具武器となる。これからシリア問題は露米間のマスコミ・ブラックマスコミ戦争になる。

この戦争はプーチン優位に推移する。本物の政治権力は経済権力など問題にしない。レベルが全く違う。本物の政治権力はほとんど神に等しい。邪悪な人間達が敵う相手ではない。今やロシアは中露連合のロシアである。ブラックマスコミ戦争に於いてもロシアは中国から大きな力を得るだろう。常に米のブラック情報を迎撃しておけば、この戦争に勝てる。ブラックマスコミの情報支配はほとんど100%でないと効果は無い。小沢事件が典型である。ブラックマスコミの事実上の完全支配が小沢事件を成立せしめた。ネット国民の情報発信力では事実上の完全支配を打ち破れなかった。しかしロシアのケースではこれが成り立たない。ロシアマスコミは大きな存在だ。プーチンという巨大な発信源もある。中国マスコミの支援も期待できる。インドブラジルイランのマスコミの支援も期待できる。今や米のブラックマスコミの世界に於ける情報支配は限定的である。シリア情報戦争に於いてロシア優位、プーチン勝利は固い。

ブラックマスコミが機能しないと、米の政治力は無力に等しい。シリア情報戦争の敗北は露米間の力関係を大きく変える。国際政治に於けるロシア優位が一気に固まる。ブラックマスコミを失った米は遂に完全に世界覇権を失う。ロシアのIS空爆はシリア情報戦争の端緒であり、米の支配の完全崩壊が待つ。プーチンはこの情報戦争に必ず勝つ。

中露の連合ぶりが目立った国連演説(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

【朝のメッセージ】中露の連合ぶりが目立った国連演説
クリップ追加 .2015/9/29(火) 午後 0:28日記その他国際情勢.1.

 昨日は習近平の国連演説は既にあったと思っていたが、そうではなかった。別の所での演説を勘違いした。しかし、全体の筋に影響はない。私は全体の筋に影響があると感じた場合は情報の正確さを確認する。私は全体の筋を重視して書いているので偶に細かい情報で間違う事もある。その場合は適宜修正する。今日のロシアメディアはプーチン始め習近平、オバマ、オランドなどの国連演説をかなり詳細に伝えていた。フランスのオランドはシリア問題で良い事を言っていたが、アサドは完全に除外しなくてはならないと言って、プーチンとは完全に立場を違えていた。やっぱりなという感じである。フランスもダメだね。オバマはもうどうしようもない。習近平を国賓として迎え会談していながら、中露を一まとめにして敵対的な事を言っていた。米はどこまで行っても自分の為の人類世界というスタンスである。米つまり経済権力は自分中心の発想から抜け出る事ができない。偽民主主義の衣を纏って独裁暴力政治をする。全ては自分の利益を極大化する事に結びついている。戦争はその為にでっち上げる。米は既に実質破綻しており、米は自分自身の暴力的やり方を変える訳にはいかない。それは自らを破綻に追い込むからだ。破綻を逃れる為に世界中に混乱を起こさなくてはならない。最早これは宿命である。宿痾と言うべきか。米自身にもどうしようもない。人類と米は決定的に衝突する。オバマの国連演説はそういう事を暗に言っていたのである。

それに引き換え、習近平の演説は米の姿勢と真っ向から対立していた。「ジャングルの掟」は国家間の相互関係のモデルにはなり得ないと言ったのである。米は人類世界を偽民主主義の中でジャングルの掟に従わせてきた。米は人類世界のジャングルを軍事力で支配してきた。米はジャングルを必要としている。誰かがジャングルを抜け出そうとすると、強引に引き戻すか殺すかである。習近平の脱ジャングル発言は、脱米支配発言に他ならない。中米会談でも間違いなく雰囲気は厳しかっただろう。やはりと言うか当たり前であるが、中国は今や中露連合の中国なのである。米は中国を自らの方に引っ張り込みたかっただろうが、あり得なかったという事である。

さて注目のプーチン演説であるが、正に米の正体暴露と言うべきものであった。米を名指しこそしなかったが、誰が聞いてもそれが米の事である事は分かる。イスラム国は周到に育成されたものである事、ウクライナの国家転覆は国外からの扇動によるもの、カラー革命の偽善性偽物ぶりが1つの発展モデルに従う義務が誰にもない事を語っている事、TPPなどが経済エゴの拡大である事などに言及したが、全て米の事である。中国が言えない事もプーチンは言える。習近平はプーチンの演説内容をジャングルの掟という言葉に置き換えたと見る事もできる。中露の対米ポジションは完全と言っていいほど一致していた。

プーチンは露米会談もやった。序でに安倍とも会談してやった。米にとってこの米露会談は意味が見出せないが、結局追い込まれたのだ。意味を見出せなくてもやらざるを得ない。自分でイスラム国を作り出しておきながら、後始末にはロシアの助けを得なければならない。馬鹿丸出しである。プーチンの大勝利であった。

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。