スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS中国人処刑で中露軍事同盟確定(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68453677.html
【御免朝のメッセージ】IS中国人処刑で中露軍事同盟確定 クリップ追加 .2015/11/20(金) 午後 1:08日記アジア情勢.0.中国人がISに処刑されたそうで、APECの場で習近平がISを批判しテロに厳しく対応して行くと表明した。やや突然に聞いたので驚いた。何で中国人がと思ったが、中国国内の少数民族問題でISは中国を批判していたようである。中国の少数民族問題には米が裏で関与している。ISの行動は米の意思を表している。米は中国国内の民族紛争を激化させたい。中国の不安定化は米の望む所である。しかし、パリテロがロシアとフランスの接近を齎したように、中国人の処刑は対テロから更には対米に於いてロシアとの軍事的一体化を齎す。テロ組織を使って自分に都合のいい状況を作ろうとしても、インターネット時代は無理な状況になって来た。誰でもが嘗てなら極秘情報だったものにアクセスできるインターネット時代は、裏からテロを操作する手口は功を奏さなくなっている。テロでロシアを追い込めば、中国がロシアを支援する。テロで中国を追い込めば、ロシアが中国を支援する。中露はテロの背後関係を既に知っている。中露へのテロは、中露の結束を強める。

これまでは中露の結束は政治的経済的なものに限られて、軍事的には少なくとも表向きはなかった。特に中国は対米に於いてG2関係を維持していたので、ロシアとの軍事同盟関係に踏み込む訳には行かなかった。ロシアにしても軍事的中露同盟構築は米を刺激し過ぎという事で、やはり自重した。米の支配体制が崩れて来たと言っても、まだまだ軍事的には米は飛び抜けている。中露も中々米に正面から挑戦する態度を見せる訳には行かなかった。テロやクーデターが米が黒幕と分かっていても、米を公然と批判する事はなかった。米のようにマスコミを駆使して情報戦争を展開するような下品な大胆さは、中露のような歴史文化国家にはない。海賊国家との根本的違いである。身に備えた上品さが行動を抑制的にする。米のブラックマスコミは海賊国家の象徴である。

軍事的に中露はこれまで明確な同盟関係を世界に示さなかった。米に対して自重的態度を維持していた。中露の軍事同盟化は米には挑戦でしかない。中露は自ら挑戦の意思を露わにはできなかった。中露の軍事同盟的動きは封印されていた。ところがテロが中露に対して連続した事で対テロ目的の軍事協力が表向きに可能になった。対米の挑戦の意味ではない軍事同盟も軍事同盟に変わりはない。対テロ軍事同盟はそのまま対米軍事同盟に衣替えできる。テロが中露の表向きの軍事同盟を実現する。これはプーチンにとっては願ってもない状況である。

先ほどブラックNHKがロシアの最新鋭戦闘機S35の中国への輸出承認を報じていた。契約額は2000億円を超える。既に最新鋭地対空ミサイルS400も輸出されたという。これはもう本格的な軍事同盟である。こうした発表が今行われた所に意味がある。対テロの軍事同盟が公に可能になった。これなら米も警戒を表立ってはできない。実質的な対米軍事同盟を公に構築可能となった。テロに頼った米には正に自業自得となった。やる事なす事裏目に出る海賊国家である。時代は変わった。

スポンサーサイト

ISが促進する中露連合時代(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68448639.html【御免朝のメッセージ】ISが促進する中露連合時代 クリップ追加 .2015/11/18(水) 午後 0:55日記その他国際情勢.0.パリ偽旗テロが国際政治の舞台転換を決定的に促した。オランドはオバマとプーチンを続けて訪問する事になった。ワシントンとモスクワを24日、26日と連続訪問である。ここまでISが派手な立ち回りをやってしまうと、全世界対ISという構図が誰の目にも明らかになり、ロシアと米欧の対IS協力が動かし難い方向となる。これは前々からプーチンが主張していた事である。米が受け付ける訳もないものであったが、米の子飼いのISがいい役割を果たしてくれた。まさかその事を分かった上でテロを行った訳じゃないだろうが、結果はそういう事であった。歴史の大波が米もISも飲み込んだという形である。

米は変な方向に追い込まれた。まだ自分のやり口に完全に鍵が掛かった訳じゃないだろうが、事実上不可能になった。何故なら国際協力の舞台の上でシリア侵略はやりようがない。IS空爆をアサド政府軍空爆にすり替える事をロシアの目の前でやれば、一挙に自分の手口の暴露になる。世界中が既に疑惑を持っている中で手品の種明かしをやる事は馬鹿でない限りできるものではない。自分がISの飼い主などと自白する筈もなく、米はどこまでも正義の味方の仮面を被り続ける事になる。本物の正義の味方プーチンと手を組まなければならない仮面の騎士米は、困った顔を隠しながら微笑を絶やさない風を装う。プーチンは内心ニヤニヤである。

プーチンにとって米欧に対して優位な立場を得た今回のテロ事件であるが、更に良い状況が出て来た。それは中国との軍事的関係の強化である。対ISに対する世界的協力体制が中露の軍事的協力体制構築に順風になる。プーチンは中国軍の高官との会談で、中露の協力体制が軍事にまで及んでいる事に対して非常に嬉しいと表現した。ロシア語でどう言ったかは知らないが、非常に嬉しいという表現は直訳だろう。プーチンの思いがストレートに伝わって来る。プーチンにとって米欧同盟と対決するには、軍事も含めた中露連合の結束が絶対条件である。それが見事に実現している訳であるから、心から嬉しいというのは間違いなく本心である。習近平と心が通じ合っている事が如何にプーチンを助けているか、この言葉によって窺い知れる。ISとの対決に世界の心が一致している事が中露の軍事同盟化に大きな力になる。米がテロ(自作だが)を口実に米軍の世界展開を正当化したように、今や中露連合がそれをやれる状況が出てきた。ISを持ち出せば以前なら憚られていた事も堂々と実行できるようになった。プーチンは今回のパリ偽旗テロ事件の最大の勝者である。ロシアはロシア機撃墜事件もISの爆弾テロと断定した。プーチンは犯人を地球のどこに隠れていても探し出すと言い切った。ISがプーチンの軍事的行動を正当化する。中露連合による対IS軍事行動が可能になって来た。ISがプーチンを人類規模で正義の味方にする。

パリ偽旗テロはプーチンを世界政治の主役の座につけた。米の支配体制の自爆であった。

泣き女優の登場でばれたパリ偽旗テロ(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68446839.html
【朝のメッセージ】泣き女優の登場でばれたパリ偽旗テロ クリップ追加 .2015/11/17(火) 午後 0:12日記ヨーロッパ情勢.2.ボストンテロもネット時代にあっという間に偽旗であった事がばれてしまったが、今回のパリテロもばれてしまった。ボストンテロに登場した泣き女優が今回も登場していた。前回は泣き女優とばれた訳じゃなかっただろうが、同一人物がまたしても現れた事で一挙にばれた。単発の自爆事件とは違う同時多発爆破乱射事件の場合は入念な組織的準備が必要で、今時そんな事をやるのはアルカイダだのイスラム国だのしかなく、飼い主の偽ユダヤ戦争屋の指示で行われた事は初めから確信的に予想されていた。そして証拠写真によって裏付けられた。もうロシアや中国の首脳にも報告済みであろう。オランドの耳にも入ったかも知れない。そうなると、フランスは米から大きく距離を取るだろう。既にシリアのISの拠点に報復空爆を行ったが、米への決別宣言の意味もあるだろう。パリのど真ん中で実行された偽旗爆破テロ事件は米欧同盟に決定的亀裂を生む可能性がある。それはロシアとの協調関係として表れる。フランスの元首相が早速ロシアとの協調の必要性を説いた。ロシアとの同盟関係を拒否したのはフランスの最大の誤りだったと言ったのである。それは、米との同盟関係は誤りだったと言うのにほぼ等しい。フランスは中国の基軸通貨国入りを支持したようで、ロシアだけでなく中国にも目を向けている。これは最早中露連合への接近である。もう米一極支配は終わったと見ていて、ヨーロッパは米一極支配の延命の為に行動するつもりはないという事である。ヨーロッパ主要国のAIIB参加もそういう事であった。フランスはドイツと共にウクライナ内戦詐欺を終わらせようとして動いた。シリアのISにも空爆を仕掛けた。米欧同盟から中露連合へのポジションチェンジは動かし難い流れである。米戦争屋の焦りは相当なものだろう。フランスにテロを仕掛けたところでどうにもならないが、連中には他に手立てがない。今回の馬鹿げたテロ事件は、米戦争屋の馬鹿さを丸出しにした事件だったと見るのが最も正しいだろう。自分が追い込まれると、身内に対してもテロを仕掛ける。日本の3・11も本質は同じである。地震津波テロだった訳である。やる事為す事全てが低次元である。人類はもうこういう低次元にうんざりである。歴史と文化の裏付けを持つ国は米の低次元に付き合えない。

米はどうにもならない低次元国家である。歴史と文化の重みがない国は現世的利益だけを追い求める。今回の馬鹿げたテロでフランスは国家のあり方、方向を変える事になる。頼りになるのはプーチンしかいない。ウクライ内戦詐欺解決でプーチンに手を差し伸べたフランスに、今度はプーチンが手を差し伸べる事になる。あまりにも馬鹿げたテロ事件が歴史の流れを変えそうだ。米戦争屋はもうハチャメチャである。正に末期症状である。

米だけが世界から浮き上がっている(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68430698.html
【御免朝のメッセージ】米だけが世界から浮き上がっている クリップ追加 .2015/11/10(火) 午後 1:05日記アメリカ情勢.1.
 英は何だか変だ。プーチンに近づこうとしたかと思えば、英の脅威リストにロシアを入れたりしている。恐らく本音じゃロシアと上手くやりたいと思っているが、米にも配慮しなくてはいけない。右に行ったり左に行ったり難しいところなんだろう。その米はプーチンに対して徹底的に敵対的である。米という国は歴史文化という拠り所が無い為、今が全ての国家であり、政治軍事的に過剰な反応が起きる。米という国はそういう宿命を背負っている。人類世界にとって厄介者である。 ISと米は根本的に同じである。人類世界は一致協同して米に対応する必要がある。米こそが人類問題である。アルカイダなどという妙なものの後にISというまた変なものが出て来たが、米がそこにいる限りこういう変なものが出て来る。米という巨大悪星は小さな悪星を従えている訳である。日本という巨星もこの巨大悪星の引力圏に取り込まれてしまった。しかし中国という新たな巨大星の出現で状況が様変わりになった。巨大悪星を中心に回っていた世界が2つの中心を持つようになった。中国にはロシアが付き更に強力な中心になった。インドも続こうとしており、そうなればもう勝負ありである。長く続いた米中心の世界もいよいよラストステージである。

かかる状況になって米は深刻な事態に追い込まれる。ヨーロッパは米欧同盟とは言え、米とは根本的に違う立場にある。ヨーロッパは歴史と文化の強い拠り所があり、ロシアと深い部分で繋がりがある。表面で決裂しても完全決裂にはならない。ここが米との決定的違いである。米はそれを恐れてヨーロッパに圧力をかける。ヨーロッパは身悶えしながら腐れ縁に縛られる。しかし、ヨーロッパはもう米欧同盟に未来はないと感じている。徐々にロシア、中国の方ににじり寄って行く。結局、歴史文化が強いのである。米だけが歴史文化から遊離している。米欧は近いようで遠い。中露とヨーロッパは遠いようで近い。日本との間も同じである。米だけがどの国とも深い所で繋がっていない。だから平気で悪事を働く。原爆も落とす。侵略する。監視する。米は根本的に精神不安症患者である。そんな国が世界の覇権国家であったこれまでが異常だったのであり、人類世界は混乱を極めた。

大きく見れば、中露連合は人類の揺り戻しの動きに乗っていると見る事ができる。大きな流れに乗っているから無理がない。全てが自然に運ぶ。ヨーロッパがロシアに中国に近づくのは、抗えない人類の動きである。

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68424488.html【朝のメッセージ】テロと対決するプーチンを証明のロシア機墜落 クリップ追加 .2015/11/7(土) 午後 0:42日記練習用.0.エジプト発ペテルベルク行きのロシア機墜落の原因がテロの可能性が高まっている。爆発物が機内に持ち込まれた可能性が高いと米欧のメディアが報じている。特にフランスは爆発音の録音を関係者の話として報じた。ほとんど決定的と思える。しかしまだロシアは公式の発表を待つべきという立場を崩していない。テロである場合はロシアのIS空爆への妙な批判を加えている米に有利になる状況が出てくるので、ロシアは慎重な立場を崩していないのだ。ISからの反撃でロシア国民の犠牲者が多数出た事は、プーチンにとってプラスになる事はない。少なくとも一時的にはプーチンは苦しい立場に立たされる。それ故米欧のブラックマスコミは爆発説を煽る。プーチンは米欧の意図を承知しているので、公式発表を待つ。しかしテロの恐れはプーチンにも否定できていない。乗客が危険に晒される状況を否定できていない現状では、プーチンも乗客に対しては予防的に対応せざるを得ない。それでエジプトロシア間の全航空機を飛行停止にした。これを米欧はプーチンが追い込まれたとはしゃいでいる感じだ。表面的にはプーチンが困った状況に立たされた事は間違いない。しかし、何故ロシアが狙われたという事を考えれば、本当に困った立場に立たされるのは米である事が分かる。何故アメリカは狙われなかった?という事である。米は1年前からIS空爆をやっている。ロシアはまだ一ヶ月である。それなのにISの反応が随分早く激しい。米に対しては何の反応もなかった。この差は何ですか?という疑問が湧く。ISはロシアの空爆だけを怒っていたという事は、米の空爆はISにとって打撃ではなかったという事が想像される。ロシアの空爆は大打撃だったから、ISは激しい復讐に出たのだろう。人類の敵ISと本当に戦っていたのはロシアだったのだ。プーチンはずっとテロを許さないと言ってきた。プーチンは卑劣なテロに激しい憎悪の思いを持っている。こんなテロで怯む事などあり得ない。プーチンは鬼となってIS殲滅に猛進する筈である。ここからがプーチンとテロ軍団との本当の戦いになる。そうなればなるほど、米は何をやっているという事になる。何故ISはロシアだけに激しく反応するのだという疑問がどんどん大きくなる。ロシア対ISの構図が世界全体で認識されるようになる。米は一体どこへいった? 人類をテロの脅威から守っているのはプーチンという認識が世界全体で共有される事になる。

こう考えてくると、今回のロシア機墜落がISのテロだったとしたら、それはISの墓穴掘りという事になる。プーチンを貶めようとしても全く逆効果になる。プーチンの本当の強さ、激しさが噴出する。世界を人類をテロから守るのはプーチンロシアだ。プーチンロシアこそが人類の指導者となる。

世界一プーチンの決め手は言論力=言霊(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68422809.html
【御免朝のメッセージ】世界一プーチンの決め手は言論力=言霊 クリップ追加 .2015/11/6(金) 午後 1:09日記その他国際情勢.0.世界で最も影響力のある人物世界一にプーチンが3年連続当選した。某有名誌の調査による。2連覇も大変なのに3連覇とは凄い。話題性とか時の勢いとかでは3連覇は不可能だろう。3連覇ともなると実質的な何かがないとできる事ではない。オバマは2位から3位に転落した。因みに今年の2位はメルケルであった。習近平は5位だった。これは納得できないが、米誌の調査だから割り引く必要がある。客観的にはプーチンと習近平でワンツーフィニッシュである。オバマの落ち込みは大事件である。もう米の時代ではないという事が明白になった訳である。

それにしてもプーチンの影響力は止まる所を知らずである。一体これはどこから来るのか。ロシアの大統領が3年連続世界一というのは本当に驚くべき事で、理由を明確にしておく必要がある。ロシアは米英の支配下の世界に於いては常に裏側の存在、日陰者の存在であった。ゴルバチョフが名を上げたが、ゴルバチョフは米英と出来レースをやっていた。ゴルバチョフは飽くまでNo2の存在であった。しかし、プーチンは米英と敵対的関係でありながら3連覇のNo1という離れ業で最早別次元である。米英のブラックマスコミによる反プーチンキャンペーンの中での3連覇は、米英にとっては驚天動地以外の何物でもあるまい。一体何がこんな凄い事を引き起こしたのか。

答は、プーチンの言葉にある。プーチンはしゃべりを訓練をしたような政治屋ではない。プーチンの語り口は独特でその個性から出ている事は明らかである。プーチンの言葉は心の奥深くから湧き出てくる感じで、言葉が何かを纏っている感じがする。正に言霊である。宗教者の言葉には言霊の印象もあるだろうが、現実的な政治家に言霊とは凄いものである。プーチンを3年連続の世界一に押し上げたのは、プーチンの言霊と言っていい。世界はプーチンの言霊に魅惑されたと言える。そうでも考えなければロシア大統領の3連覇は説明できない。

プーチンの言論力は技術に裏付けられたものではない。魂から溢れ出る整然とした言葉の流れがプーチンの言論力の本質である。オバマの言葉の流れは表面の交通整理みたいなものである。人の心を鷲掴みできるようなものではない。月日と共に時間と共にオバマは飽きられて行く。プーチンは逆に時間と共に人々の心の奥深くに忍び込んで行く。両者の差は最早挽回不能である。プーチンの言霊は人類を導く。何と偉大な存在であろうか。言葉は言霊となる。最高の言論力は言霊が作る。

日中韓首脳会議復活は安倍の敗北(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68411636.html

【朝のメッセージ】日中韓首脳会議復活は安倍の敗北
.2015/11/2(月) 午後 0:25日記アジア情勢.2.3年以上ぶりに日中韓首脳会議が行われた。中国からは李克強首相が出てきた。習近平国家主席が出てこないのは何かあるのだろうか。安倍にまだ問題があり過ぎて、習近平が出てくる事には抑制的だったのだろう。流石中国は超大国である。No2が出て来てもバランスは取れる。ニュースの映像でチラッと見たが、李克強は安倍に歴史問題できっちり言っていた。その時の表情は厳しかった。席を同じくする場面でも中国は筋は曲げない。あんな真剣な眼差しは安倍にはない。今回の日中韓首脳会議は中韓には大きな意味があった。中韓は接近している。中韓対日本という構図の中の3者会議であった。日本は中国が南シナ海で暴走していると思っているが、中韓は安倍日本が暴走していると思っている。中韓の数的有利は明らかである。安倍が何故今回の会議に出て来たのかやや疑問が湧くが、やはり全体の流れだろう。日本は対中で米と一体となって敵対的ポジションを持っているが、中韓と露骨に対立してしまえばアジアでの立場を失う。基本的に今回は安倍が追い込まれたと見るべきだ。対中戦争の為に違憲の戦争法まで違法に成立させたのに、日中韓首脳会議に出席していたのでは意味がない。相矛盾する行動を取らざるを得なかったのは、国際政治の流れが従前とは根本的に変わってきたからである。 最早これ以上対中に於いて無理な行動を取る事ができなくなった。米日ブラック同盟の対中に於ける無理な行動はもうこれ以上継続不可能になった。

似たような事はヨーロッパとロシアの間でも起きている。米欧が一体となってロシアと対立し経済制裁も課していたが、ヨーロッパは米から離れつつある。もうこれ以上ロシアと敵対するのは無理だとヨーロッパは考えるようになった。大きな変化である。プーチンの断固たる姿勢、中露連合の強固な結束がヨーロッパに変化を齎した。もう米欧同盟が中露連合に敵対するのは無理と判断したのである。敵対するには相手があまりにも大きい。人為的敵対が維持できる状況はもうない。自然が人為を超えてしまったのである。

中露連合は米の支配体制を事実上破壊した。この状況下で日本が中韓と敵対し続けるのが無理なのはもう誰にでも分かる。だから安倍もちょっと嫌だけど3者会議に出る事にした訳である。事実上の敗北である。3年以上ぶりに会議が復活したが、安倍の敗北があったからである。もう日中戦争詐欺は終わった。

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。