スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RKが私党を公党に(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68519484.html
【御免朝のメッセージ】RKが私党を公党に クリップ追加 .2015/12/19(土) 午後 1:49日記政党、団体.1.

 以前RKの独立党に私党から公党への変化を期待した事があったが、いよいよそれが実現に向かうようである。RK自らブログでその辺を表明した。正に満を持しての決行という感じである。今回その表明を見てなるほどと思ったのは、現行の選挙制度の歪みの中でも選挙で一定の勝ちを収めようという戦略が見えた事である。今の歪んだ選挙制度の中では国民には無名のRKの奮闘も徒労に終わる事は目に見えている。そこでRKは勝つ為の戦略を実行する事にしたようである。植草氏にも直談判するするみたいだ。桑田佳祐にも。要するに有名人でRKと共闘可能な人物をピックアップして参院選全国区に打って出ようという訳である。選挙に勝つには有名人の起用は不可欠と言っていい。悲しいかな無名ではどうにもならない。自民党は有名人をどんどん使う。こっちもそれをやる訳である。たとえば桑田佳祐が出たならば、マスコミも伝えざるを得なくなる。次の参院選では1議席でもいいという事のようである。まず国会に完全に正当な政党を送り込もうという事である。まず国民に完全に正当な政党の存在を認知して貰う。何回かの選挙を経て勢力の拡大を図る。こういう戦略のようである。RK自身は出馬せず黒子に徹する。RKの特質は国会の枠外で生かされる事は明らかである。ブラックマスコミは橋下と維新を国会に押し上げた訳であるが、ネットはRK勢力を国会に押し上げるという訳である。以前であればこういう試みに期待をかける事も難しかったが、今回はちょっと期待できる。もしかして中露のバックアップでもあるんじゃないか。現実に国会に議席を占めるような勢力なら中露がバックについても何ら不思議でない。米の傀儡勢力だらけのこの日本に中露の傀儡勢力がいてもいいではないか。傀儡でもいいものなら結構である。

ネット上の政権批判勢力に留まっていたRKと独立党が姿に変化を加えて国会に出る事はかなりの刺激である。RKがいよいよこういう行動に出るという事は、相当な状況変化があるという事だろう。不正選挙は最早現実的な考察対象になっている。これまで国会内のまともな勢力はほぼゼロにまで駆逐された。もうこれ以上落ちる事はない。そこまで落ち込んだ。そういう中から今回のような動きが出た事は一種の自然現象にも見える。既存の政治勢力とは異なる所から全く異質で純粋な勢力が出る事はある種の自然法則のようなものだろう。日本の民主主義は完全に滅んだが、灰の中から新しい命が生まれる事は輪廻転生を思わせる。時間はかかるかも知れない。しかし、意外に急速な変化があるかも知れない。国民のマグマは十分に蓄積している。一旦出口が見つかれば怒涛のような変化が起きるだろう。RKは戦略家である。勝つ見込みが見えたから動くに違いない。RKは出版も重ね大きな存在になって来た。人脈の広がりは既に十分なものとなったのだろう。日本の反抗のエネルギーをRKが一つに纏め上げる目処が立った可能性もある。

RKは不正選挙追及で功績を挙げた。世界の裏側を知る。そんなRKが表舞台の国会に自らの勢力を送り込むというのは革命だろう。日本の革命がRKの決意によって起きるような事になれば、ネット族の勝利という見方が成り立つ。正にネット革命である。ブラックマスコミ支配がネットによって打ち破られる革命である。一気に不正選挙追及、ブラック供託金廃止、ベーシックインカム導入などが現実となる。世界にも途轍もない影響が出る。灰の中から蘇る新たな命は悪を滅ぼす力を持つ。きっと中露連合の助力も期待できる。

今後のRKの発言に注目である。
スポンサーサイト

経済権力から政治権力への覇権交代(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68491610.html
【夕のメッセージ】経済権力から政治権力への覇権交代
クリップ追加 .2015/12/7(月) 午後 3:02日記その他国際情勢.0.

ロシアは地上最大の巨大国家であるが、経済的には精々6位に過ぎない。しかし、そのロシアが今世界政治を根底から変えようとしている。何故そんな事が可能なのか。経済的には精々関脇クラスに過ぎないが、やはりその巨大な国土、巨大な地下資源、そして巨大核戦力がロシアを大きな影響力のある国にしている。しかしそれだけでも今のロシアの力を説明する事はできない。何故ならソ連は今のロシアよりもっと巨大な国だったからだ。GDP比で言えばソ連は1970年代までは米の4割ほどを維持し第2位だった。今のロシアより遥かに強力な国だったのだ。しかし、ソ連はものの見事に崩壊した。ロシアの人口はソ連の半分である。なのに何故今ロシアがソ連をも上回る影響力を持つ国になったのか。

それは今のロシアがソ連とは権力の本質が全く違う国だからである。今のロシアつまりプーチンロシアは最も立派な政治権力国家であるのに対して、ソ連は偽ユダヤが支配した国即ち経済権力国家だったのである。米ソ対立の冷戦構造は世界を支配していた偽ユダヤ経済権力によるものだった。ソ連の権力はその支配下にあった。米ソ対立は作られたものだったのだ。政治権力と政治権力の対立ではなく、経済権力支配下の米ソ冷戦構造だったのだ。米もソ連も経済権力の下にあった。人類は米ソ対立の作られた舞台の上で踊らされていた。

経済権力はソ連を崩壊させ、米一極構造に舞台を作り変えた。経済権力にとってソ連は最早用済みになったのだ。経済権力は米による一極支配下で世界を新たに作り直そうとした。NWOニューワールドオーダーである。人類世界を経済権力の完全な支配下に置く。この世界から政治権力はいなくなる。それがNWOである。TPPはNWOの一歩手前である。TPPは経済権力の為にある。

プーチンは完全なる政治権力者である。プーチンロシアは政治権力国家となった。プーチンロシアとソ連は権力の本質が全く異なる。プーチンロシアは経済権力の支配を許さない。プーチンが世界で最も影響力がある人物に3年連続選ばれたのは、経済権力支配下の世界に本物の政治権力者が現れたからである。プーチンは経済権力支配を打破する使命を帯びている。それは最早天命である。プーチンは習近平中国を天の同盟関係に引き込んだ。中露連合は巨大な政治権力国家連合である。この巨大連合はプーチンなくして無かった。プーチンが本物の政治権力者である事が習近平を連合形成に向かわせた。中露連合は絶対に経済権力支配を許さない。

シリアやイラクでISが激しく蠢いているが、ISは経済権力の仕込である。経済権力は嘘とごまかしによって権力を維持している。ISはその為の道具である。時代や状況によって道具は変わる。今はISである。プーチンがこのIS殲滅に踏み込んだ。米も同じ事を言うが、決してロシアと一緒にやろうとはしない。やれる筈がない。プーチンは完全に本気だが、米は本気じゃない。米はISの生みの親だ。IS殲滅の言葉だけは一致するが、言葉の本当の意味は全然違う。米の言葉は嘘でありごまかしである。プーチンのIS殲滅の真意は経済権力支配の破壊である。経済権力の道具を壊して嘘とごまかしをやらせない。経済権力から道具を取り上げたら嘘とごまかしができなくなる。経済権力の維持ができなくなる。

政治権力者プーチンは経済権力支配を殲滅する。それは政治権力者にとって使命である。今我々は世界政治の覇権交代を目にしている。時代は全く変わる。人類は良い時代を迎える。

プーチンがエルドアンと米を纏めて追い込む(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68484095.html

【朝のメッセージ】プーチンがエルドアンと米を纏めて追い込む
クリップ追加 .2015/12/3(木) 午後 0:26日記中東情勢.1.
ロシア国防省による大々的な会見があった。衛星写真や動画を用いてエルドアントルコの石油密売の実態を詳細に明らかにした。何百台もの石油タンクローリーの車列や居並ぶ様子が宇宙から手に取るように見えた。映像画像による説明は正に百聞は一見に如かずである。密売石油がどこからどこへ流れて行くのか詳しく説明していた。エルドアンは違法石油密売が立証されたら大統領を辞任すると言ったが、立証されてしまったではないか。シリアトルコの国境検問がIS支配地域である場合、タンクローリーは検問を素通りしていた。何故トルコはそれを許していたのか。エルドアンはどう説明するつもりか。何の説明もなくロシアを非難しても何の説得力もない。説明できる訳がない。それこそが立証である。説明できないなら辞任せよである。ロシアはウクライナ上空でのエアバス機だったかの撃墜事件の時にも、国防省が同じような会見を開いた。その事によりロシアが支援する義勇軍によるミサイル攻撃という言い掛かりは封じ込められた。ウクライナ軍機による撃墜だったのだ。検証に当たったオランダは未だにそれを認めていない。やっている事はフェードアウトの為の時間稼ぎである。ウクライナ問題はすっかり沈静化というのか世界の注目を集めなくなったが、それはロシアの勝利という事を意味する。それでもロシアに制裁を続けている米欧は実に体裁が悪い。もういい加減に制裁は止めろという声が国民や企業側からも出ている。しかし、米欧はロシア制裁を止める訳には行かない。欧は本気ではないが、米との腐れ縁で本気のふりをしている。米は絶対にプーチンを認めない。それが制裁継続の理由である。経済権力は政治権力を認めたら終わりである。

ウクライナの時はロシア自身は飽くまで部外者の立場を主張した。しかし今回は当事者である。立場的には非常に強くなった。ウクライナ政権もISも米戦争屋の傀儡である。と言うか、米戦争屋はそれらの飼い主である。ウクライナ問題もIS問題も根は同じである。ロシアと米は対立する。今回は圧倒的にロシアが優位である。ISは人類の敵と世界全体から認識されるに至った。米が飼い主のISがロシアの立場を強めているという状況は、米にとってはやぶ蛇となった。エルドアントルコのロシア軍機撃墜は、ロシアの立場を更に強めた。今回の国防省による大々的会見はプーチンの大勝利会見である。悔しかったらエルドアンも大々的会見を開いてロシアをやり込める事である。やれる訳もなく、やれば墓穴掘りとなる。エルドアンは追い込まれ、米も追い込まれる。米もトルコの衛星写真や動画を持っていただろう。何故放置していたのだ。ISとトルコの密接関係は、ISとトルコと米の密接関係じゃなかったのか。米の邪悪な意図が暴露される。プーチンは凄い男である。

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。