スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄は知事選と総選挙で反安倍で要塞化 (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】沖縄は知事選と総選挙で反安倍で要塞化
2014/12/18(木) 午前 11:56日記選挙

衆参不正選挙第3弾も次から次に問題やら何やらが噴き出してお祭り状態である。RK独立党は国政選挙つまり不正選挙の度に注目度を高めている。今や余裕の中で巨大不正選挙をいじくり回している。1回目とは様変わりである。RK独立党の前に次から次に美味しい具材が提供される。笑いが止まらぬRK独立党である。


今回の第3弾は無理な状況の中でやったという印象評価がはっきりして来た。沖縄が完全に反安倍で要塞化した事は、無理が祟った事を端的に示している。前回第2弾では沖縄もやられた。民主が壊滅して自民が復活した。今回その自民が小選挙区で全敗したのである。民主もいない。今沖縄は自民も民主も小選挙区から排除された。共産、生活、社民、無所属が勝った。全部完全に非自民候補である。民主がこの中にいないと言うのがかなり凄い。民主は沖縄で完全に排除されている。日本の2大政党が沖縄ではもう存在すらできなくなってきた。日米ブラック同盟の要の沖縄がこういう風に反ブラック同盟で要塞化した事は、今回の妙な解散総選挙最大の結末だったと言える。安倍はこんな要塞沖縄で辺野古を強行したら自滅する。知事から国会議員から全部反安倍である。尚、比例復活当選組5人は飽くまで九州ブロックの議員であり、沖縄の議員ではない。沖縄の民意は自民を完全に排除した。知事選での自民の大敗、総選挙での自民全敗、これほど強烈なメッセージは無い。こんな結果を招いた今回の安倍の解散は失敗だったのである。沖縄が安倍の暴走に立ちはだかった形だ。辺野古の頓挫は安倍の終わりである。日米ブラック同盟の終わりとさえ言っていい。誰が安倍に今回の解散を命じたか知らないが、とんだ判断ミスだったのである。そこまで深読みできなかったという事である。そんな余裕はなかった。米共和党の両院制覇に合わせての安倍リフレッシュ作戦として解散した訳だが、巨大不正選挙第3弾ともなると無理が生じる。派手な自民320議席のアドバルーン作戦が却って不正選挙への反感を招いた。不正選挙の最大の恐怖は発覚である。国民に広く疑念を持たれる事が何より怖い。沖縄では当初から無理だった。全国的にもかなり無理が来た。320を291に減らして取り繕ったが、沖縄知事選直後の解散総選挙で沖縄要塞化を残してしまった。この意味は自民議席50分位に匹敵すると言えるだろう。民主党政権の鳩山は辺野古で退陣に追い込まれた。安倍も同じ状況になったのだ。解散などせずにあのまま辺野古を強行しておけば一気に行けただろうに、もう無理だ。


安倍は追い込まれていた。だからリフレッシュする必要はあった。そこで解散となった訳だが、沖縄知事選の直後という時期のミスがあった。このミスの判断がつかなかったのだ。1つでも自民が勝っておれば状況も違っていたが、全敗というのはショッキングである。日本のブラックマスコミは沖縄では支配権が無い。ここが判断ミスの原因だ。ブラック政権はブラックマスコミと一体である。沖縄にはブラックマスコミの手が及んでいなかった。それが沖縄の反安倍要塞化を生み出した。ちっちゃな沖縄の要塞位どうって事ないとはならない。沖縄の要塞は平和の要塞であり、これを粉砕する行為はその者の自滅行為となる。


仲井眞が退任直前に最後っ屁となる移設工事承認に踏み切ったが、今となってはありがとうである。12月5日、衆院選中である。あれで自民全敗が決定づけられたと言っていい。辺野古の海に沈むのは安倍と日米ブラック同盟である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。