スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーチン大統領(あと3~4日しかない) (NEVADAブログ) (阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

プーチン大統領(あと3~4日しかない) (NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/kokusai10/msg/177.html投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 2 月 26 日 16:26:05: igsppGRN/E9PQ Tweet      

プーチン大統領(あと3~4日しかない)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4832162.html
2015年02月26日 NEVADAブログ


プーチン大統領は、ウクライナへの天然ガス供給について、『前払いを受けている代金で供給できるのはあと3~4日しかなく、このままいけば、ウクライナだけではなく、ウクライナ経由でヨーロッパに供給されている天然ガスもとまる』と脅してきています。

この天然ガス供給問題はかなり入り組んでおり、ウクライナ政府が親ロシア派地域への天然ガス供給を「停止」したことが引き金になっており、ウクライナ政府が仕掛けた制裁だったのでしょうが、それが今やロシアに逆手に取られ、チェスで言えば「チェックメイト」状態に追い込まれたと言えます。

解決策は、西側がロシアに資金を供給し、それをロシアに払うしかありません。

ウクライナ政府の「嫌がらせ」が極めて高くつく事態になり、あるヨーロッパの外交官は『ポロシェンコはダメだ、もう替え時に来ている。このままポロシェンコを頭におけば、とんでもない事態にヨーロッパは引きずり込まれるかも
知れない』と述べていましたが、プーチン大統領に敵う相手はおらず、しかもウクライナ経済は今や崩壊寸前にまで来ており、このままロシアと対峙して経済が崩壊してしまえば、ウクライナを支える為に、ヨーロッパは何兆円では済まない金額を毎年負担しなくてはいけない事態に陥ります。

ギリシャの負担、ウクライナの負担が増せば増すほど、EU加盟国から脱退を申し出る国も出できます。
イギリスがその最初でしょうが、ユーロに加盟していないイギリスであり、脱退は簡単に出来ます。
もし、イギリスが脱退すれば、その分、他の国の負担が増す訳であり、他の国も脱退を言い出すこともあり得、
EU・ユーロは崩壊に危機に直面します。

巨大な戦略国家であるロシアを敵に回して西側が勝てると思っている外交官はいないはずですが、政治家の思惑はまた違うところにあるために、まともに現状を見ることが出来ない状況になっているのです。

プーチン大統領がどこまで何を考えているか。
そして”地下に潜っている”「メドベージェフ首相」は何をしているのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。