スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーチンに政治権力の怖さを教えられる経済権力(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。


【朝のメッセージ】プーチンに政治権力の怖さを教えられる経済権力
.2015/3/18(水) 午前 11:30日記その他国際情勢.

 .アジア銀行(アジアインフラ投資銀行)にアジア以外からもどんどん参加国が増えて、IMFだの世界銀行だのの権威は一敗地に塗れるようである。もう勝負ありである。偽ユダヤ米の権力は架空経済架空金融の上にあり、そこを実体経済実体金融で置き換えられてしまったのではどうにもならない。米と言う国は権力の観点から言うと潰しが効かない。海賊国家が本性であるから国家の再生などやり様がない。哀れな姿である。巨大な軍事力と巨大な謀略で哀れな姿を糊塗してきたが、それができなくなった。おしまいである。

巨大だった米は中露連合という更に巨大な存在の登場によって覇権者の地位を失った。今我々は巨大な仕掛けの崩壊を見ている。米と言うのは偽ユダヤ経済権力による人類史上最大の仕掛けであった。歴史も文化もない単なる仕掛けである。民主主義もその中の一部という事であった。初めから偽物である。経済権力の強欲がこの巨大な仕掛けを生んだ。この仕掛けを守る為に巨大な軍事力が必要だった。そしてあらゆる謀略が必要だった。金融もその中の1つである。金融と軍事でぶっちぎりのトップを走った米は、自らの巨大な仕掛けが永遠だと思い込む。金融と軍事では実体経済は作り出せない。実体経済は他の人類に任せ、自分はそれを奪い取るという形を作った。

しかし、そこに中露連合が立ちはだかった。少し前まで中国もロシアも国家として酷い状況だった。日本がバブルの頃、中国の何倍もの国力があった。中国は人口ばかりが多い巨大な後進国に過ぎなかった。人口のあまりの多さが却って発展の足かせとなっていた。一人っ子政策もそこから出て来た。しかし、今やこの巨大な人口が巨大な経済力を支え始めた。こつこつと世界の工場の役割に徹し貧困から脱して行った。毎年10%以上の成長を果たし、それが目に見える発展という形に結びついた。巨大な貧困が今や巨大な市場となり、巨大な経済を生み出した。偽ユダヤの巨大な架空経済を支えた中国の巨大な実体経済となった。

この巨大中国に目を付けたのがプーチンであった。プーチンのロシアも偽ユダヤに酷い目に遭わされていた。ロシアの名誉を回復するべく徹底的に国内改革に取り組んだ。それが偽ユダヤオルガリヒの追放であった。プーチンは偽ユダヤ経済権力と正面から衝突した。プーチンこそが恐らく人類史上最大の政治権力者である。プーチンは巨大中国と連合を形成する事に活路を見出した。この一手に全てがある。偽ユダヤ経済権力の謀略と真逆の政治戦略である。

政治の邪道を歩む偽ユダヤ経済権力。政治の王道を歩むプーチン。中国はプーチンを取った。流石歴史と文化の大国中国である。政治の王道を歩むプーチンに決定的に引き寄せられた。中国とロシアの連合体はあまりにも巨大で、巨大な米も霞む。政治権力の一手は経済権力には恐ろしいものである。謀略レベルの事に頭を使っていると、こうした一手は思いつかない。プーチンは中国の心を掴んだのだ。謀略三昧では心は貧困になる。

政治家の一手とは凄いものである。偽ユダヤ経済権力には決して達する事のできない高さがある。プーチンは偽ユダヤ経済権力の手の内を全部読める。常に先回りして対策を取れる。政治権力者の怖さを初めて知る偽ユダヤ経済権力である。もう黙って引き下がる以外にない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。