スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治屋の時代は終わった 翁長はプーチンになる(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

朝のメッセージ】政治屋の時代は終わった 翁長はプーチンになる
2.2015/4/22(水) 午前 5:33日記その他国際情勢..

 浦添の馬鹿男45歳が選挙公約を反故にして、果たして市民がどういう反応を見せるか見ものである。沖縄県民は翁長の行動を期待を持って見守っている。そんな中45歳の馬鹿が堂々と公約破りをやって軍港受け入れに走ったのであるから、浦添市民のみならず県民全体の怒りを買う事になるだろうと思う。沖縄県民の反基地感情に火をつけたと言うか火に油を注いだ感のある浦添馬鹿男であった。

選挙公約を破るという事は最早人でなしという事であり、民主主義社会では死刑判決に等しい。民主党が今そういう状況にある。今や民主党は死に体である。自民党も実は同じだ。自民党の公約破りは民主党となんら変わらない。不正選挙で全てを誤魔化している訳である。この国は2大政党が既に死に体である。この国にもう政治は存在しない。公約破りは民主主義破壊だったのである。国家体制破壊という事である。だから死刑判決に等しいのである。

安倍政権とは公約破り政権であり、民主主義破壊政権である。自民党は公約破り政党である。安倍政権は政治屋政権であり、自民党は政治屋党である。それと与党を組む公明党も政治屋党である。民主党も政治屋党。維新も同じ。この国の政治は全くどうしようもない。安倍政権はそんな国のどうしようもない政権である。

そんな中で翁長が政治家の行動を全国民に見せた。このインパクトは想像以上である。政治屋国家に一人政治家がいたと言う状況である。小沢も政治家だが如何せんブラックイメージがこびり付いて、国民は政治家と見ていない。だから今国民的に政治家と思える行動を取っているのは翁長だけという事である。普天間辺野古問題がこじれればこじれるほど、政治家翁長の存在感が急膨張する。今翁長はプーチンへの道を歩み始めたと言える。

政治屋だらけの中に一人だけ政治家がいる状況は、目立ってしょうがない。プーチンが世界中から圧倒的に世界一の政治家と認められたのはそういう事である。米欧は偽ユダヤの政治屋ばかり。その米欧と戦うプーチンが目立つのは当然である。翁長にも同じような事が起きる。政治屋だらけの日本に唯一人政治家の行動を取る翁長。沖縄県民のみならず日本国民全体から圧倒的支持を集める事になる。日本に於けるプーチン化現象である。翁長は沖縄の枠を超える。

沖縄に登場した政治家に国民的注目が集まれば、それはすぐに国際的注目になる。習近平もプーチンも翁長に目を向ける。沖縄の政治家は軍事力の背景がないから、どの国からも好意的に見られる。翁長は一気に世界的注目を集める政治家になる可能性がある。そうなると、オバマも翁長を無視できなくなる。そうなれば辺野古はもう無理である。

政治屋だらけの中の一人の政治家は目立ってしょうがない。翁長は短期間で巨大な存在になる可能性がある。そうなると、翁長が革命を起こす事になる。日本の革命は沖縄の政治家が起こす事になるかも知れない。沖縄の地政学的パワーは巨大である。あり得る話である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。