スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国でふたりの上院議員がTPPの秘密主義と巨大資本との癒着をを批判する文書をオバマ大統領に(櫻井ジャーナル) (阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたのでてんさいさせていただきます。


米国でふたりの上院議員がTPPの秘密主義と巨大資本との癒着をを批判する文書をオバマ大統領に(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/kokusai10/msg/571.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 26 日 17:18:05: igsppGRN/E9PQ Tweet      

米国でふたりの上院議員がTPPの秘密主義と巨大資本との癒着をを批判する文書をオバマ大統領に
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201504260000/
2015.04.26 16:45:43 櫻井ジャーナル


 アメリカのバラク・オバマ政権は環太平洋でTPP(環太平洋連携協定)、EUとの間でTTIP(環大西洋貿易投資協定)を締結しようとしている。いずれも秘密交渉で、その内容は議会にも明らかにされず、勿論、庶民にも知らされていない。そこで、議会に協定の承認を求める前に中身を国民へ示すべきだとする文書をふたりの上院議員、シェロード・ブラウンとエリザベス・ウォーレンがオバマ大統領へ突きつけている。
http://big.assets.huffingtonpost.com/WarrenBrownTPPLetter.pdf

 両議員によると、アメリカ政府が設置しているTPPに関する28の諮問委員会には566名の委員がいるが、そのうち480名、つまり85%が大手企業の重役か業界のロビイスト。交渉をしているのは大手企業の「元重役」。当然、交渉には業界や大手企業の意向が反映される。委員会をこうした構成にしたことからもTPPが目指している方向がわかる。巨大資本に各国政府を凌駕する力を持たせようということで、民主主義の否定とも言える。

 以前から多くの人が指摘しているように、最大の問題はISDS条項。巨大企業のカネ儲けを阻むような法律や規制を政府や議会が作ったなら、企業は賠償を請求できるとしている。健康、労働、環境など人びとの健康や生活を守ることを許さないというわけだ。農産物云々という議論に終始する政党があるとするならば、それは人びとをミスリードしようとしている、あるいはTPPに反対しているように見せかけながら、実は成立させようとしていると疑われてもしかたがない。

 これとは逆の方向を目指したのが1932年のアメリカ大統領選挙で勝利したフランクリン・ルーズベルト。巨大企業の活動を規制し、労働者の権利を拡大しようとした。最高裁の妨害で政策の実現は難しかったが、それでも巨大資本はルーズベルト政権を排除しようと計画、1933年から34年にかけてクーデターを目論んでいる。これはスメドリー・バトラー少将の議会証言で明らかになった。

 そうした経験をしたルーズベルトは1938年4月29日、ファシズムについて次のように定義している。

「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。」

 この定義にしたがうと、巨大企業が政府や議会を支配するシステムはファシズム。TPPやTTIPはファシズム体制を構築することが目的だということになるが、このファシズム体制を全世界へ拡大させる上で大きな障害になっているのがロシアと中国。TPPで日本やオーストラリアなどを、TTIPでEUを巨大資本の支配下に置いてもロシアと中国を中心として巨大資本の支配を拒否する勢力が形成される可能性が高いからだ。中東や南北アフリカを制圧して資源を支配することもままならない。

 中東や南北アフリカではアル・カイダ/IS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)、ウクライナではネオ・ナチを使って制圧プロジェクトを進めているが、アメリカ支配層の思惑通りに進んでいるようには思えない。東アジアでは、中国と戦う戦闘集団として自衛隊を想定している可能性がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。