スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米日サイコパス同盟は自滅する(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan

【朝のメッセージ】米日サイコパス同盟は自滅する
.2015/6/1(月) 午前 11:28日記練習用.0.

 安倍の「早く質問しろよ」であるが、総理大臣の口から出てくる言葉ではない。こんな事を言う総理大臣は偽物である。小沢事件と不正選挙で総理大臣になった(してもらった)総理大臣の自己証明という訳である。どんな人間でも不正行為で地位に就いたら、ばれはしないかと不安になるだろう。しかし、安倍にはそんな様子がない。逆にこんな馬鹿発言を平気でやる。安倍は何か変である。習近平との関係を良くしようとしたかと思えば、相も変らぬ中国敵視政策に猛進している。言った事と辻褄が合わない事をやっても自己矛盾に気づいてる様子はない。「早く質問しろよ」の異常ぶりは半端じゃない。常人のようで常人じゃない安倍。常人のような異常人はサイコパスと言われる。生来的な精神病質である。恐らく安倍の目線は常に動いているだろう。一点に目線を定められないと思う。サイコパスは全て自分が中心である。相手の立場に立つという事が全くない。それは精神病質による。そういう生まれだから自己中心に対しての反省という観念が存在しない。自衛隊員にリスクが高まる状況が生まれても、自衛隊員の身になって考えるという事がない。過去に殉職者が1800人いたという事を戦死者発生の前振りに使う。普通はこんな前振りはおかしいし、心情として使ってはならない事が分かるものである。しかし安倍にはそれがきれいに無い。サイコパスと見ていいという事になる訳である。サイコパスは通常常人に見えるところが厄介である。人間にとって通常と異常の境界は曖昧だ。そのグレーゾーンにサイコパスの棲家がある。サイコパスが権力者となった時は、普通よりもっと判別が分かり難くなる。権力者自体が普通の存在ではないから、サイコパスと権力者は相性がいいと言える。

安倍はアメリカが大好きである。恐らくサイコパス体質が共通しているからだろう。米はサイコパス国家と言っていい。米は根源的自己中国家である。何しろ米大陸に何千年も原住していた人々を虐殺して作った国家である。これ以上の自己中はあるまい。原爆投下も同じ線である。軍事目標への投下ではなく市民生活の上への投下は戦争犯罪である。米は絶対にこの事を認めない。それは自らのサイコパス体質を公に認める事になるからである。日本への繰り返し地震気象攻撃などサイコパスそのものである。9・11も本当に普通の悪党にやれるものではない。サイコパスだからやったのである。イラクに大量破壊兵器があると嘘を言って侵略し、嘘がばれても謝罪も何もない。謝罪したらどうなる。賠償だ。元々が侵略目的の嘘であった。嘘を認める訳がないのである。最近我々が経験しただけでもサイコパスの面目躍如の事ばかりであった。本当にようやるよ。金融面でもデリバティブなど正にサイコパス金融である。兎に角何から何まで自己中心が米である。TPPもサイコパス協定である。本当に馬鹿げている。

サイコパスは精神病質であり、社会に寄生して生きる。米は正に人類に寄生する寄生虫国家である。そのくせ支配者然としている。その矛盾には無頓着である。サイコパスは寄生を拒絶されたらお終いである。今中露連合はドル離れを加速させている。寄生させないという事である。中露はサイコパス国家を排除しようとしている。もうこうなるとサイコパス国家の復活は無理である。サイコパスは周りに気づかれたら終わりである。棲家のグレーゾーンが消えて無くなるからである。

安倍はブラックマスコミに守られているが、国民は安倍のサイコパス体質に段々気づき始めている。そもそもサイコパスが人に好かれる事はない。5割の支持率など嘘の証明である。サイコパス国家米がサイコパスを首相に据えた米日同盟は正にサイコパス同盟であり、世界中から嫌われやがて排除される運命にある。安倍の歩む道は行き止まりである。サイコパスに未来は開かれていないのである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。