スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅官房長官との密会をスクープされた沖縄タイムスと琉球新報―(天木直人氏)(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

菅官房長官との密会をスクープされた沖縄タイムスと琉球新報―(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/589.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 12 日 21:05:06: igsppGRN/E9PQ Tweet      

菅官房長官との密会をスクープされた沖縄タイムスと琉球新報―(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1smko7u
12th Jun 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks


きょう6月12日発売の週刊フライデーに衝撃的なスクープ記事が掲載されていた。

 すなわち基地問題で一貫して反対の論調を貫く沖縄タイムスと琉球新報という

沖縄の二大地元紙の幹部が、

東京都内の超一流ホテルのバーで菅義偉(すがよしひで)官房長官と密会していたというのだ。

 安倍首相がサミット出席で日本を留守にしていた6月8日の夜だったという。

 翁長知事が訪米から帰国したのは6月5日だから、その直後のタイミングだ。

 一体何が話し合われていたのだろうか。

 もちろんその内容についてはフライデーの記事は何も書いていない。

 沖縄タイムスも琉球新報も、フライデーの取材に対して、

「会合によって、沖縄タイムスとしての立場に変更はありません」、

「本紙の報道姿勢に変更はありません」と答えている。

 あたりまえだろう。変更があればそれこそ大問題だ。

 しかし、沖縄タイムスも琉球新報も、記者会見を開いて沖縄県民や国民に釈明すべきだ。

 沖縄県民や国民はその事を二紙に要求すべきだ。

 その内容を明かすことは出来なくても、

少なくともその会合がどちらから持ち掛けられたものかは明らかにすべきだ。

 メディアと権力の会食がさんざん批判されている中で、

沖縄タイムスや琉球新報の方から持ち掛けたとすれば致命的だ。

 しかし、たとえ誘われたものであったとしても、二人で渡れば怖くないと、

その誘いに乗ったとしたらやはり致命的だ。

 漏れないはずがない。

 菅官房長官が漏らしたとは言わないが、

こうして週刊フライデーがスクープして世間に知れ渡る事となる。

 結果的に菅官房長官のメディア潰しが奏功することになる。

 それにしても菅官房長官に平身低頭する写真が流されるようでは致命的である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。