スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍を掌中にしたプーチンの余裕(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan
【朝のメッセージ】安倍を掌中にしたプーチンの余裕
.2015/6/25(木) 午前 8:37日記その他国際情勢.1

 .安倍がプーチンに電話して長い時間話したようである。プーチン自身の発言で確認された。プーチンはきっとにんまりの筈である。安倍が直接電話してきて訪日を招請した事はプーチンの勝利を意味する。プーチンは無条件に訪日する事はない。無意味な訪日はしない。意味がある時だけ訪日する。プーチンには訪日は絶対の要件ではない。安倍に要請された訪日はプーチンの自由意思で決まる。安倍にとってプーチン訪日は絶対の要件である。両者には訪日に関して決定的差がある。

プーチンにとって絶対的要件は中露連合である。こちらは既に確実に得ている。訪日は自由選択となる。しかしこの自由選択は贅沢なものである。米にとって米日同盟は死活的重要さを持つ。その日本を自由選択できるのである。無意味と判断すれば訪日しない。この時、安倍の受けるダメージは大きい。それは米日同盟にも影響不可避である。意味ありと判断すれば訪日する。この時、米の受けるダメージは大きい。米はプーチンを徹底的に敵視している。露日の友好関係は米には不快極まる。プーチンは米日同盟を自由意思で揺さぶる事ができる。安倍が電話してきた意味は、プーチンにとって非常に大きいのである。

プーチンは政治家であり、安倍は政治屋である。プーチンは戦略的に安倍との関係を維持した。安倍は中国を敵視している。安倍はプーチンを対中国で必要としている。この必要は絶対的と言っていいレベルだ。安倍には北方領土問題もある。こちらも絶対的要件である。こういう関係が分かっているプーチンは、安倍を戦略的対象にする。プーチンの対安倍戦略が見事に実を結んだのが今回の電話である。安倍の政治屋である部分に幾度もイラつかされたプーチンであったが、じっと我慢した。この電話の為に我慢してきたのである。

プーチンは安倍は必ず電話してくると予見していた。ウクライナ問題で日本は対露制裁に加わった。しかし、安倍は必ず寄ってくる。じっと待てばいい。決して感情的にならず理性を保った。オバマなどには決して真似できない奥深さである。プーチンにとって安倍は優先順位としてずっと下位であるから感情的にならずに済んだとは言えるが、視野の広さ奥深さなしにはできない事である。安倍の電話などあっても無くてもいいのだが、いざ電話が来てみるとプーチンのにんまりは抑え切れないに違いない。安倍の電話はプーチンの米に対する勝利にも等しいのである。日本という駒は無視できない大きさと重みがある。プーチンはこれを無条件で得る事ができたのである。この駒をどう使うかは全くプーチンの自由である。にんまりが抑え切れなくて当然である。

プーチンは最前線で米と戦いながら、最後方で安倍に応対していた。最前線に全力を尽くすのが当然である。しかし、プーチンは最後方にも注意を払い続けた。その成果が遂に出たのである。米と日本が離れれば、米の世界支配は終わる。その日本が勝手にロシアににじり寄って来る。中露連合で軸を作ったら大きなおまけがついて来た。プーチンにとって日本は天からの贈り物である。プーチンは決定的余裕を持った。これでプーチンは米に勝ったも同然である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。