スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚ましいプーチンの外交戦略(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan
【朝のメッセージ】目覚ましいプーチンの外交戦略
.2015/7/10(金) 午後 0:09日記その他国際情勢.0.

 日本じゃ安倍戦争法案の暴走が止まらないが、ロシアじゃ反対の方向でプーチンの外交的暴走が止まらない。いい方向の場合は暴走じゃなく爆走の方がいいかも知れないが。悪い暴走があればいい爆走があってバランスが取れるという事のようにも思える。大きく見れば自然の摂理なんだろう。

プーチンが議長として2つの国際会議を開催した。BRICSと上海協力機構の2つである。この2つが今世界の注目を集めている。偶然なのかどうか知らないが、会議の議長を今年はロシアが担当する事になった。プーチンは、それなら一遍に2つをやってしまおうという事になった訳であろう。この2つの国際会議は中露そしてインドが中心である。上海協力機構ではまだインドは加入していないが、正式加入は既に決定されている。今世界政治の中で中国とインドはその巨大な人口に裏付けられた巨大な経済で、世界政治の中心になろうとしている。この2国は一国で米欧を相手にできるほどのパワーを持っている。しかしこれまでこの2国は難しい関係にあった。日中の難しい関係と似たようなものだろう。しかし今回の相次ぐ会議の中で関係を改善する事が可能になったに違いない。プーチンが2つのビッグな会議を連続開催した目的に、間違いなく中印関係の根本的改善があった筈である。プーチンが間に入る事でこの巨大な2国は手を結ぶ事ができる。凄い事である。巨大な2国を引っ張り上げる事ができるからこそ、2国は互いに手を結び合う事ができる。巨大な2国を何によって引っ張り上げるのか。これこそ政治家プーチンの本質に宿る力である。本物の政治家は巨大な力を宿している。小沢が政権を握ればとてつもない変化が起きる。政治家はその身の内に巨大なエネルギーを秘めている。それは先天的なものだろう。恐らく習近平もインド首相のモディも本物の政治家である。判断の根拠はその風情である。習近平についてはもう疑いはない。モディは首相就任から日がないが、非常に印象が高まっている。政治家以上の印象がある。人間の奥行き厚み深みが非常に印象的である。プーチンと波長が合う事は疑いない。これは驚くべき事である。本物の政治家は希少な存在である。現在の米欧の指導者にはいないと言っていい。中露印の指導者が揃って本物の政治家である事は奇跡的である。丸でプーチンを支えるかの如く習近平とモディが配されたという印象がある。これは天の配剤、神の摂理と考えたくなる。

プーチンはギリシャ首相のチプラスに国民投票をやらせ、2つの巨大会議で中印の根本的関係改善を図った。ちょっと凄過ぎである。本物の政治家達は強烈な絆で繋がる。プーチンの周りに起きている事は偶然なのだろうか、それとも摂理なのだろうか。何れにせよプーチンは盤石の体制を築きつつある。もう築いたと言ってもいいほどだ。今回の2つの巨大国際会議の連続開催は、世界の体制の転換が起きた事を示したと言っていい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。