スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露学会が放射能中和策発見、中が福田と安保局長と会談、この二人がキーマンで、安倍は前回も今回も名ばかり総理です(阿修羅より)

≪掲示板:阿修羅≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。

露学会が放射能中和策発見、中が福田と安保局長と会談、この二人がキーマンで、安倍は前回も今回も名ばかり総理です
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/825.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 7 月 18 日 14:26:36: 4sIKljvd9SgGs Tweet      

ようやく、放射能中和策が表に出てきましたが、ドル詐欺陣営の原発メジャーが妨害する力が弱まってきた事を意味します。
これで、東日本は救われ、作業の為の国内移住や一部大陸移住は必要だと思われますが、ドル詐欺陣営による日本乗っ取りは免れました。
また、安倍の強行採決と国民の猛反発を確認した上で、中国が自民党と霞が関に手を突っ込んできましたが、早すぎず遅すぎず、いいタイミングで熊と龍が動き始めました。
学者の会一万人というのは、司法と立法を凌駕し、霞が関の中枢と互角の質量を誇り、三権分立の上に鎮座する日米委員会の指揮命令系統を脅かす存在で、二大政党制ならぬ二大行政制を可能にしたようなもので、パトロンさえいればもう一つの国を作るのが可能な状態になった事を意味します。
沖縄という自治体の抵抗と学者というシンクタンクの反発は、そこまで発展したという事で、安倍の飼い主であるドル詐欺陣営の行った憲法破壊は、日本国民に抵抗権の行使を思い出させてしまった訳です。
展開によっては、東西ドイツ、南北朝鮮、南北ザイールのように米系の日本と中露系の日本に割れる可能性もありますが、恐らくは、世界情勢に合わせて、米系陣営の撤退という事になろうかと思います。
ネトゲがさゆらのシールズ疑惑を否定してシロと判定しましたが、もはや労働運動でも学生運動でもなく、国の形を決める戦いで、正直、決めるのは我々ではなく、中露とドル詐欺陣営ですから、内ゲバがどうだとかいう話ではなく、あるとしてもそれは霞が関の中で起こり、それを受けて自民も分裂する訳で、学者の会とママの会がシールズの保護者でいる限りは、共産色があろうが無かろうが大した事ではありません。
逆に、注目すべきは、中ソを失った日共が米に拾われて、ヒールというぬるま湯で今日まで食べてきた訳ですが、偽日本人右翼と同じで、いつまで偽共産主義やってんの、元パトロンの中露も共産主義と資本主義のごった煮を経験して共生主義のようなものを模索している中で、古典芸能的な共産主義詐欺にいつまでしがみついてる訳ー、資本主義詐欺もバレてきた中でヒールを演じるのも無理があるんじゃねーのー、青い鳥政党はやめたらー、東大だらけがウリだったけど学者二万人の会ができてそれもウリにならなくなったけどどうよ、いい加減カツ丼食べてカメレオンみたいな旗降ろしたらどうよという状況にあり、創価ヤングと同じで共産ヤングはミーハー化しています。
中露は、当然、日共の君子豹変を狙ってくるでしょうし、志位も矛盾した事を強弁する事に疲れて、国会前では、ただのおっさんとして弾けているとお見受けします。
既に、学者の会とシールズの掌の上でコロコロ転がされているのが野党五党で、彼らを敵に回したら一人として当選できない事は政治屋なら分かっている筈です。
今は、小沢が共産以外の野党を口説いた時に似ており、もう一度、新生党やさきがけが自民から飛び出てきそうだし、創価コウモリも出戻ってきそうだし、今度こそ共産込みの非自民新党が出来上がりそうな気配で、ラーメン二郎も命懸けの節も古賀も天木も虎視眈々とそれを狙っている筈で、新進党バツイチ2・0という感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。