スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融悪魔は原爆悪魔(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68223399.html
【朝のメッセージ】金融悪魔は原爆悪魔
クリップ追加 .2015/8/8(土) 午前 11:26日記アメリカ情勢.0.

 広島長崎に原爆を投下した者は米の経済権力である。米軍の最高首脳はほとんどが原爆投下に反対だったとロシアマスコミは伝えていた。つまり、軍事的には最早日本の敗北は決定的であり、別に原爆を使う必要は無かったという事である。もし日本が原爆を持っていたならば、敗色濃厚だった日本こそが原爆使用に理由を持っていた事になる。米がダウン寸前の相手に原爆を使う決定的理由がある訳がなかった。軍人は狂人ではない。軍人は国家の名誉を背負っている。残虐極まりない一般都市への原爆投下などやる訳がないのである。しかし、米大統領トルーマンは原爆投下を決定した。そこには軍事的理由ではない理由があった事になる。トルーマンは政治家ではなく経済権力の僕であった事になる。原爆投下を決定したのは経済権力であった。

経済権力は金融悪魔とも言われる。米軍は金融悪魔が所有している。金融悪魔は原爆製造に巨大な利益を見つけた。原爆製造のマンハッタン計画には巨大な国家予算が投じられた。悪魔の兵器は金融悪魔に巨大な利益を齎した。これからも齎す訳である。そんな原爆と金融悪魔の関係を考えたら、金融悪魔が原爆を実際に使いたいと思うのも当然と分かる。原爆の威力を実際に示す事で、原爆の価値が確定する。金融悪魔の利益に大きく貢献する事になる。金融悪魔にとって原爆は途轍もない道具という事である。手持ちの道具は使ってみたい。金融悪魔と軍人では原爆への見方が違う。軍人は原爆投下に後ろ向きで、金融悪魔は前向きだった。こういう違いが基本的にあった訳である。

それにしても一般都市への原爆投下を決定するとは、流石金融悪魔である。人間を人間と感じないのが金融悪魔である。金融は人間にとって命の次に大切なお金を数字で扱う職業である。職業的に常時数字が付き纏う人間は、いつのまにか人間をも数字で見るようになる。数の怖い所は存在の実体を抹消する所だ。事物を数字で見る事が日常になって来ると、人間の感覚が現実から離れ始める。数の世界はバーチャル世界である。軍人も人間を数字で見る所があるが、軍人は常に損害という形で実体現実に向き合わされる。だから軍人は原爆使用に反対したのだ。金融悪魔は徹底的にバーチャル世界に住んでいる。それが原爆使用に一線を引かせなかった理由である。金融悪魔に巨大な利益を齎す原爆製造。そして人間を徹底的に数字に置き換える事ができる金融悪魔。金融悪魔が原爆投下を決定できたのには根拠があった。普通の人間でも環境が金融悪魔と同じになれば、変わらない態度を取るだろう。どんな人間にも奥底に悪魔的部分がある。金融悪魔はそれを常時表に引き出したと理解できる。こういう存在が権力を持てばどうなるか。広島長崎への原爆投下が最高の例証になる。金融悪魔は原爆悪魔になって本質を見せた訳である。

広島長崎への原爆投下は金融悪魔が権力を握った事で起きた。即ち、原爆投下は経済権力が起こしたのである。米には民主主義がない事が原爆投下によって人類に証明された。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。