スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎5人で日本国民覚醒可能(ryuubufanのジオログ)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68254732.html

【朝のメッセージ】山本太郎5人で日本国民覚醒可能
クリップ追加 .2015/8/23(日) 午後 0:18日記国会.0

 .山本太郎が国会でタブーを破った。日本が米の植民地であると国会で公然と言い放った。これに対して議場からは何のヤジも無かった。皆認めている訳である。植民地でないなら、何言ってんだ‼️となるだろう。あまりにも完璧な植民地である為に、そういう反論も出ない。ヤジも反論も全く出なかった事自体が大ニュースと言うべきである。日本は山本太郎の言うように米の植民地なのである。だから戦争法案であり、TPPであり、原発再稼働であり、消費税増税なのである。日本国民が大反対するものをどんどん通して行く。国民の望む方向と全く反対である。これこそ植民地である。山本太郎が縷々述べている事が図星である為、議場は固まったのだろう。表面は平静を装っているが、内心はかなりドギマギしていたに違いない。特に閣僚席は。山本太郎は本論に入る前に、国会議員は皆知っている事だがタブーを破りたいみたいな事を言っていた。国会議員にとって日本が米の植民地である事に関わる事に触れる事はタブーだろう。タブー破りは米の怒りを買う。その結果どうなるか、国会議員は知っている。タブー破りは国会議員にとって命にさえ関わる。正にタブーなのだ。山本太郎はそれを公然と堂々と破った。皆内心呆気にとられただろう。ヤジどころじゃなかったのだ。人間、タブーを図星されると固まる。命にさえ関わるとなると尚更である。

山本太郎は命にさえ関わるタブーを破った。山本太郎は有名タレントであり、命を狙われる危険は低い。命を狙う側には難敵である。有名はいい事である。山本太郎は自分の特質を生かしてタブー破りに挑み成功した。この重要なタブー破りを公共放送は報じなかった。公共放送もタブーに支配されていた。

タブーは一旦破られると最早タブーではない。勇気ある者は山本太郎に続け。山本太郎の後に続けば命の危険は低まる。ネット界ではRKがそういう位置にある。RKと繋がっていれば安全である。目立つ者は安全度が高い。山本太郎自身も山本太郎に続く者も安全度が高い。人数が増える程安全度が増す。山本太郎はタブーを破った。山本太郎に続く者はタブーを完全に破壊する。国会でこの状況が出来上がれば、最早公共放送によるサボタージュもできなくなる。日本が米の植民地である事が国会論戦の場から公共放送と新聞に乗って全国民に伝搬する。山本太郎一人ではできない事も仲間達が5人もいればできる。国会の場がタブー破りに最高の場となる。やはり、言論は強しである。国会は流石言論の府という事である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。