スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍庇いの「自席発言」はNHKの不規則表現(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68267440.html
【遅い朝のメッセージ】安倍庇いの「自席発言」はNHKの不規則表現
クリップ追加 .2015/8/28(金) 午後 1:22日記その他政界と政治活動.0

 .国会では本会議でも予算委員会でも与野党のヤジは日常の光景である。特に自民党議員のヤジは汚い。この前は女性議員を蔑視したとも受け取れるヤジがあった。都議会だったかな。国会に限らず日本中の議会で汚いヤジが乱れ飛んでいる。これらのヤジは全て自席での発言である。自席があれば他席もあるが、他席に座ってヤジを飛ばす者はいない。議会でのヤジは自席での発言と決まっている。しかし、自席での発言は全部ヤジかと言うとそうではない。学校なら自席での発言は当たり前だろう。先生から指名された生徒は自席で発言する。

私は嘗て自席発言という言葉を聞いた事がない。この言葉には全く意味がない。自席という言葉すら初耳である。自席が自分の席である事は分かるが、他席は自席以上に?の感じがある。他席なんて使う機会状況がない。言うとすれば他人の席であろう。他人の席を他席などと言う人間はいまい。つまり、他席は現在の日本語世界には存在しない。辞書で見てみたが無かった。一般の検索でも無かった。自席は辞書にあった。今回NHKが安倍の自席発言と報じたからには辞書での確認もあっただろう。とは言え、自席が辞書にあるからと言って日常的にはまず使う機会はない。辞書には「自席に戻る」という例があったが、日常会話で出る言葉ではない。他席のない自席など全く現実的でない。

安倍は参院の戦争法案の審議中に野党議員に対して不規則発言をした。「そんなことどうでもいいじゃん」と言ったらしい。その現場を見た訳じゃないが、国会議場での総理大臣の言葉かと耳を疑われて当然である。戦争法案の審議で出る筈のない言葉である。「じゃん」が素晴らしい。安倍の人柄が見事に表現されている。総理大臣の器に非ずを証明している。野党がこの不規則発言を問題視したのは当然である。安倍の不規則発言は今回が初めてではない。前回は辻元清美に対して「早く質問しろよ」であった。これも見事な総理大臣の器に非ずの証明である。戦争法案の審議中に2度も続けて総理大臣の器に非ずの不規則発言が出た事は、法案の成立を不可能とすると言ってもいい。それほど重大な不規則発言であり、ヤジという言葉も事の重大性を表現できていない。決定的な不規則発言を今問題にしなければならない。国会に法案を提出した当人がこのざまじゃ、法案は審議するに値にない。安倍の決定的な不規則発言は戦争法案廃案に直結して当然である。だからこそ、NHKはこの不規則発言に自席発言という不規則表現を当てたのである。NHKは安倍に有利になる報道をした事になる。決定的不規則発言をわざわざ自席発言と言い直したNHKの意図は明らかである。安倍の不規則発言をNHKは不規則表現で庇ったのである。やはりブラックNHKである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。