スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米だけが世界から浮き上がっている(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68430698.html
【御免朝のメッセージ】米だけが世界から浮き上がっている クリップ追加 .2015/11/10(火) 午後 1:05日記アメリカ情勢.1.
 英は何だか変だ。プーチンに近づこうとしたかと思えば、英の脅威リストにロシアを入れたりしている。恐らく本音じゃロシアと上手くやりたいと思っているが、米にも配慮しなくてはいけない。右に行ったり左に行ったり難しいところなんだろう。その米はプーチンに対して徹底的に敵対的である。米という国は歴史文化という拠り所が無い為、今が全ての国家であり、政治軍事的に過剰な反応が起きる。米という国はそういう宿命を背負っている。人類世界にとって厄介者である。 ISと米は根本的に同じである。人類世界は一致協同して米に対応する必要がある。米こそが人類問題である。アルカイダなどという妙なものの後にISというまた変なものが出て来たが、米がそこにいる限りこういう変なものが出て来る。米という巨大悪星は小さな悪星を従えている訳である。日本という巨星もこの巨大悪星の引力圏に取り込まれてしまった。しかし中国という新たな巨大星の出現で状況が様変わりになった。巨大悪星を中心に回っていた世界が2つの中心を持つようになった。中国にはロシアが付き更に強力な中心になった。インドも続こうとしており、そうなればもう勝負ありである。長く続いた米中心の世界もいよいよラストステージである。

かかる状況になって米は深刻な事態に追い込まれる。ヨーロッパは米欧同盟とは言え、米とは根本的に違う立場にある。ヨーロッパは歴史と文化の強い拠り所があり、ロシアと深い部分で繋がりがある。表面で決裂しても完全決裂にはならない。ここが米との決定的違いである。米はそれを恐れてヨーロッパに圧力をかける。ヨーロッパは身悶えしながら腐れ縁に縛られる。しかし、ヨーロッパはもう米欧同盟に未来はないと感じている。徐々にロシア、中国の方ににじり寄って行く。結局、歴史文化が強いのである。米だけが歴史文化から遊離している。米欧は近いようで遠い。中露とヨーロッパは遠いようで近い。日本との間も同じである。米だけがどの国とも深い所で繋がっていない。だから平気で悪事を働く。原爆も落とす。侵略する。監視する。米は根本的に精神不安症患者である。そんな国が世界の覇権国家であったこれまでが異常だったのであり、人類世界は混乱を極めた。

大きく見れば、中露連合は人類の揺り戻しの動きに乗っていると見る事ができる。大きな流れに乗っているから無理がない。全てが自然に運ぶ。ヨーロッパがロシアに中国に近づくのは、抗えない人類の動きである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。