スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーチンがエルドアンと米を纏めて追い込む(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68484095.html

【朝のメッセージ】プーチンがエルドアンと米を纏めて追い込む
クリップ追加 .2015/12/3(木) 午後 0:26日記中東情勢.1.
ロシア国防省による大々的な会見があった。衛星写真や動画を用いてエルドアントルコの石油密売の実態を詳細に明らかにした。何百台もの石油タンクローリーの車列や居並ぶ様子が宇宙から手に取るように見えた。映像画像による説明は正に百聞は一見に如かずである。密売石油がどこからどこへ流れて行くのか詳しく説明していた。エルドアンは違法石油密売が立証されたら大統領を辞任すると言ったが、立証されてしまったではないか。シリアトルコの国境検問がIS支配地域である場合、タンクローリーは検問を素通りしていた。何故トルコはそれを許していたのか。エルドアンはどう説明するつもりか。何の説明もなくロシアを非難しても何の説得力もない。説明できる訳がない。それこそが立証である。説明できないなら辞任せよである。ロシアはウクライナ上空でのエアバス機だったかの撃墜事件の時にも、国防省が同じような会見を開いた。その事によりロシアが支援する義勇軍によるミサイル攻撃という言い掛かりは封じ込められた。ウクライナ軍機による撃墜だったのだ。検証に当たったオランダは未だにそれを認めていない。やっている事はフェードアウトの為の時間稼ぎである。ウクライナ問題はすっかり沈静化というのか世界の注目を集めなくなったが、それはロシアの勝利という事を意味する。それでもロシアに制裁を続けている米欧は実に体裁が悪い。もういい加減に制裁は止めろという声が国民や企業側からも出ている。しかし、米欧はロシア制裁を止める訳には行かない。欧は本気ではないが、米との腐れ縁で本気のふりをしている。米は絶対にプーチンを認めない。それが制裁継続の理由である。経済権力は政治権力を認めたら終わりである。

ウクライナの時はロシア自身は飽くまで部外者の立場を主張した。しかし今回は当事者である。立場的には非常に強くなった。ウクライナ政権もISも米戦争屋の傀儡である。と言うか、米戦争屋はそれらの飼い主である。ウクライナ問題もIS問題も根は同じである。ロシアと米は対立する。今回は圧倒的にロシアが優位である。ISは人類の敵と世界全体から認識されるに至った。米が飼い主のISがロシアの立場を強めているという状況は、米にとってはやぶ蛇となった。エルドアントルコのロシア軍機撃墜は、ロシアの立場を更に強めた。今回の国防省による大々的会見はプーチンの大勝利会見である。悔しかったらエルドアンも大々的会見を開いてロシアをやり込める事である。やれる訳もなく、やれば墓穴掘りとなる。エルドアンは追い込まれ、米も追い込まれる。米もトルコの衛星写真や動画を持っていただろう。何故放置していたのだ。ISとトルコの密接関係は、ISとトルコと米の密接関係じゃなかったのか。米の邪悪な意図が暴露される。プーチンは凄い男である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。