スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットは民主主義進化の原動力()

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので
転載させていただきます。http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68674580.html

【御免朝のメッセージ】ネットは民主主義進化の原動力 クリップ追加 .2016/2/22(月) 午後 2:03日記その他政界と政治活動.1.

昨日は東京で28000人による辺野古ノーの国会包囲行動が実行された。同時に東京を含め全国8箇所で計31000人が抗議行動に参加した。今回で4回目となる国会包囲であったらしいが、参加人数は回毎に増えている。7千人(2015.1.25)→1万5千人(同5.24)→2万2千人(同9.12)。28000人は相当な人数だ。そして3000人が全国各地で同時行動に参加した。今や辺野古問題は沖縄問題から全国問題へと進化して来た。こういう事だから翁長の裏切りなど考えられない。時代は確実に空気が変化している。小沢事件で空気が元に戻りかけたが、辺野古問題で再び空気の変化が見えて来た。今回の行動には戦争法ノーの勢力も加わった。

戦争法ノーについては高校生だけの抗議デモも昨日あった。こちらも東京を中心に全国10箇所同時デモであった。東京は5千人参加だったという。最近は戦争法ノーの方も過去化の印象があったのでちょっと驚きだった。これまではブラックマスコミが作為的に報じない事で抗議の動きを抑える事もできたが、今回の2つの大規模抗議行動によって、そちらの方こそ過去化している事が分かって来た。間違いなく時代の空気は変わっている。安倍らは戦前回帰を目指しているが、この時代の空気の変化が立ち塞がる。時代の空気が変わってしまったんじゃ、安倍構想は無理である。安倍の考えてきた事はどんどん破綻して来た。アベノミクスの破綻はもう世界中で認定されてしまった。

時代の空気を変えた最大の力はインターネットである。何故インターネットのようなものが出て来たのか、考えてみれば不思議である。元々は米軍の核戦争への対応として出て来た訳だが、今や全く異なる方向へ大発展した。インターネットは実に巨大な変化を人類に齎した。アルカイダやダーイシュまでインターネットをご利用であるが、人類の利用に比べりゃ問題にならない。インターネットはテロリストまで巻き込んで時代の空気を変えてしまった。人間は時代の子である。時代の空気が人間の考えと行動を決める。高校生の戦争法ノーのデモなど正に時代の空気の産物である。

テレビ新聞時代の空気の中では沖縄問題は水面下に沈められていた。しかし今や沖縄問題はロシアも中国も注目する問題になった。ブラックマスコミが沖縄問題に蓋をしても、インターネットが蓋を開ける。沖縄問題はインターネットを通して国際問題化している。全般的な空気の変化の中で沖縄問題は特別に大きな変化を見せている。重要問題ほど変化の幅が大きくなる。

米大統領選でのトランプとサンダースの登場は嘗ての空気の中ではあり得なかった。オバマの登場も大きな変化だったが、今回はそれよりもっと大きく実質的な変化を見せている。オバマの登場は形だけの変化で、実質の変化はなかった。今度は実質が変化する。オバマにさえ敗れたヒラリーの再登場は如何にも苦しい。今更女性初の大統領でもなかろう。女性のトップは英でも独でも韓国でもあった。もう何ら珍しくない。ヒラリーは過去形の人間である。ヒラリーが大統領になるのは厳しいだろう。時代の本質的変化はヒラリーには巨大なマイナスになっている。

時代の本質的変化を最大限に象徴しているのが中露連合の登場である。インターネット時代の本格化と中露連合の登場が一致しているのは偶然ではない。時代の空気が大きく変わった時、プーチンが中露連合を軌道に乗せた。インターネットもプーチンも宇宙の意志である。民主主義は時代の空気の変化を受けて進化する。米大統領選で変化が見られるだろう。沖縄も変化するだろう。安倍は確実に行き詰る。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。