スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開票は人工的に急いではならない (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/68971986.html
【夕のメッセージ】開票は人工的に急いではならない
クリップ追加 .2016/6/30(木) 午後 4:15日記選挙.0.

 瓢箪から駒。英のEU離脱は正にこれである。世界中が残留と思っていた所に瓢箪から駒の離脱であった。まさかまさかの事が何故起きてしまったのか。今回の離脱大事件はキャメロンの個性という偶然的要素が大きいが、経済権力支配の限界がはっきりして来た事が大きな背景を作っていた。それが無ければ偶然の要素が形を成す事には結び付かなかった。少し前までは磐石だった経済権力支配の構造である。それが今や中露連合の強烈な勃興で液状化が生じた。プーチンが対米英に於いて中露連合の決定的重要度を認識し、習近平を連合形成に引き込んだ事が世界政治の歴史的転換を齎した。

経済権力は権力の不正行使によって維持できる不正な権力である。権力の不正行使なしの権力維持が叶わない権力である。マスコミを黒マスコミにし、権力を黒権力にして権力維持ができるのが経済権力である。民主主義が正常に機能したら権力維持は不可能である。黒マスコミと権力の不正行使は民主主義を機能不全に落とし込む為に不可欠である。根っからの悪党ではないキャメロンは国民投票を約束してしまった。不正開票の重圧の中に自ら嵌って行った。マスコミ鵜呑み度世界一日本国民とは大きく違う英国民は、黒マスコミの影響を受けない。黒マスコミは投票日直前まで偽情報を流し残留派優位と世界中を騙した。残留派議員殺害まで仕組んだようだが、英国民の投票行動に影響は出なかった。開票は手作業で行われムサシ式集計は行われなかった。従って時々刻々の開票結果の変化に世界中が息を呑んで見つめた。もし開票集計にムサシが使われていたら、8時即結果確定だった筈。ムサシ式集計は米日では当たり前だが、ヨーロッパでは導入されていなかったのだろう。今後は要注意である。

選挙開票は時間経過の中で見て行くのが自然である。8時即結果判明なんて不自然過ぎる。日本では開票結果を少しでも早くというのがマスコミの思いとしてある。その為に機械式集計が当然のように受け入れられる。マスコミは競って当確を早く打つ。行政も一緒になって当確早打ちに協力する。マスコミ主導のこの行動が機械式集計を当然とし、不正選挙を常態化する。

日本の選挙も開票を無理に急ぐ必要は無い。機械式集計は不正の温床である。開票集計の全ての過程を手作業で行えば不正選挙は撲滅されるだろう。最終の集計段階に不正が無ければ、その前の段階の不正も実行困難になる。最終段階で辻褄が合わなくなるからだ。選挙は公正こそ最大のポイントである。機械式集計は不正の可能性を広げる。選挙結果を急ぐ必要は無い。今回の英の国民投票のようにじっくりと開票の推移を見守るのが自然である。人工的に開票を急がせる必要は無い。

選挙も自然秩序の中で行わなければならない。機械式集計という人工秩序の中の選挙は不正選挙と見るべきである。ムサシの大量導入など不正選挙実行宣言に等しい。自然秩序の選挙が行われれば、安倍政権は一挙消滅である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。