スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民に検証されない選挙システム (ryuubufanのジオログより)

≪≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69022561.html

御免朝のメッセージ】国民に検証されない選挙システム
クリップ追加 .2016/7/22(金) 午後 2:29日記選挙.1.

都知事選の中盤情勢が出た。と言ってもまだ1つしか見ていないが。情勢的に小池優位は難しいので精々横一線かと思いきや、やっぱり小池優位だった。しかし、その表現の仕方はかなり半端なものだった。小池を鳥越増田が追う展開という形だ。この調査の後に黒マスコミの本体が続々出して来るように思うが、この感じでもう大体見えた。序盤情勢と基本同じだ。接戦だが小池がリードという基本形は変わらない。こういう事が意味する所は、選管ムサシのプログラミングはもう小池の勝ちで仕込んである。今更変更できないという事だ。小池の政治資金問題やら何やら小池に焦点を当てると小池優位なんて無理だと分かるが、焦点を当てなければ無理ではなくなる。黒マスコミは国民の空気を自在に動かせる。小池が早々に立候補した時、既に選管ムサシは動き出していたのだ。

日本の選挙は世界最悪供託金制度によって初めから不正選挙である。この部分の重大性にほとんどの国民が気づいていない。全ての国民と言ってもいい程だ。主権者である国民が世界最悪供託金を納めなければ立候補できないなんて、こんな馬鹿げた事があっていいか。民主主義の為の選挙が初めから不正選挙なのである。投票終了時間も何時間も短くされる投票所が全体の1/3にも及ぶ。初めから不正選挙だからこんな事が罷り通っているのだ。期日前投票もどう管理されているのか分からない。開票から集計に至る経緯も選管ムサシ任せ。集計過程は全く分からない。こういう事だから日本の選挙は真っ黒選挙なのである。単に不正選挙という言葉じゃ正確じゃない。初めから終わりまで全てが真っ黒なのだ。まともな選挙なら小池なんて出て来れる訳が無い。今更誰が小池なんか支持するか。キワモノ以外に無い。

今回の都知事選も真っ黒選挙である。国民都民は開票集計の裏側を何も知らない。知ろうとすると排除される。マスコミが国民に代わって具に調べて教えてくれればいいが、日本のマスコミは真っ黒マスコミである。真っ黒選挙は真っ黒マスコミと共にある。主権者国民はその地位を保障してくれる選挙の裏側から完全に排除されている。立候補もできない。選挙の裏側も検証できない。どこが国民主権か。選挙をやっているから国民主権じゃない。立候補が自由にできて、選挙の裏側が自由に検証できて初めて国民主権なのだ。真っ黒選挙だから安倍自公が圧勝する。遂に憲法改悪も手を出せる所まで来た。都知事選も真っ黒選挙である。真っ黒小池が勝つに決まっているのだ。真っ黒選挙の中で鳥越が勝つなんて自信を持って言える訳がない。鳥越が勝ったら、正に真っ黒選挙の中の奇跡だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。