スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプは既に経済権力の上にいる(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69031956.html

【御免朝のメッセージ】トランプは既に経済権力の上にいる
クリップ追加 .2016/7/26(火) 午後 2:18日記アメリカ情勢.0.

 ロシアはリオ五輪に出れる。IOCはWADAの勧告を聞かずロシアに五輪参加の道を開けた。異様なロシア攻撃が続いた。国家ぐるみのドーピングと言うが、WADAは決定的証拠を出してはいない。逆に決定的瑕疵をロシアから指摘されていた。ソ連東欧が嘗て国家ぐるみのドーピングをやっていた事は間違いないだろう。その影響が今でもロシアに残っている事もあろう。しかしプーチンがその状況を放置している事は考えられず、改善の方向に導いていたに違いない。しかし、プーチンロシアにとってスポーツの優先順位は高くは無い。改善に向けたエネルギーの投入は相対的には小さかっただろう。しかし、プーチン憎しの偽ユダヤ経済権力にとってこの問題は絶好の狙い目だった。何故ならこれまでのプーチン攻撃が悉く失敗して来たからだ。ウクライナ、シリア、イラン、そして今はトルコ。どれもこれもプーチンに有利に進んでいる。プーチン全勝、黒権力全敗である。そこでプーチン憎しの思いをドーピング問題に集中させた訳である。兎に角、一番悪い奴が正義の味方を演じている事が許せない。お前が言うなという感じである。お前がそこまで言うという事は何か目的があるなという事である。ワールドカップ露大会についてもいちゃもんをつけた。プーチン寄りのブラッダー会長を血祭りに上げた。経済権力は兎に角プーチンが憎くて堪らない。世界の桧舞台に露を上げる訳には行かない。そういう事でドーピング問題を煽って来た。しかし、最後の所でIOCはロシアに手を差し伸べた。これは経済権力の支配力が既に大きく減じている事を意味する。WADAは完璧に支配下に置いていたが、その上のIOCはそうではなかった。中露連合を大黒柱にして世界は大きく脱経済権力を果たしている。IOC内部の力関係が今回の決定を導いたのである。真っ黒経済権力の敗北である。

経済権力のお膝元アメリカの大統領選挙でトランプが優位にある。トランプは民主党のサンダース候補が不正操作で民主党の候補者となれなかったと言った。これは衝撃的発言である。選挙に於ける不正操作って不正選挙の事である。やがて大統領になろうかという者が自国の大統領予備選で不正選挙が行われたと言った。これから本戦で戦うヒラリーは不正選挙で選ばれたと言ったも同じである。これ程の攻撃があろうか。最早これは攻撃の範囲ではない。トランプはヒラリーを不正候補と断じたのである。ヒラリーはそこにいてはならない者。本来は犯罪者である。トランプはヒラリーをまともな競争相手としては見ていない。このまま本戦でヒラリーと戦う事になれば、トランプはヒラリーを不正な候補者として攻撃する。テレビ討論では国民の目が点になるような展開を見せるだろう。

トランプが不正選挙に言及したという事は、最早経済権力に生きる道は無いという事である。不正選挙と真っ黒マスコミで経済権力は維持されて来た。大統領候補トランプの発言を真っ黒マスコミも伝えざるを得ない。不正選挙を全国民の前で発言されたら、もう終わりである。共和党予備選を突破し、正式に共和党大統領候補者となったトランプは、その地位ゆえに既に経済権力を破壊する力を持った。トランプの相手はヒラリーなどではない。共和党大統領候補トランプは既に経済権力の上にある。最早ヒラリーは勝負の相手ではない。

世界もアメリカももう経済権力の支配は無くなった。哀れ安倍。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。