スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民は天皇の平和憲法擁護の意思を知る(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69067465.html
【夕のメッセージ】国民は天皇の平和憲法擁護の意思を知る
クリップ追加 .2016/8/11(木) 午後 4:32日記その他政界と政治活動.1

 .黒マスコミが安倍政府が特別立法で天皇の生前退位に当たりたいと考えていると伝えている。当然だろう。皇室典範の改正となれば国民的議論必至である。その時同時に9条撤廃などやれるものではない。生前退位問題を極力最小限に押し止める為には特別立法しかない。強引にやるだろう。しかし、国民の象徴たる天皇の意思に対して初めから特別立法で応えるという事自体に、天皇を下に見る安倍一味の本性が出ている。卑しくも畏くも畏れ多き天皇陛下の御心に偽支持率ですら50%程度の安倍政府が方向性を定めるなど、民族の怒りを引き起こす事は必至である。あらゆる方向性を以て生前退位問題に対処するのが当たり前である。

わざわざ天皇が国民に向けて直に思いを伝えると言う事は国家最大の重大事である。一政権が勝手にあれこれ言っていいものではない。天皇は今の政権を超えた存在である。次の政権なら別の考え方で生前退位問題に臨むだろう。天皇の意志は一政権が勝手に解釈すべきものではない。

天皇の国民へのメッセージ表明は安倍黒政府を閉じ込めた。天皇は政治的権能を有しないという事は、天皇の無力とイコールではない。政治とは国民の意思が根底にある。その意思が民主主義の手続きによって実現される。それが政治である。天皇の意思表明は国民の意思に影響を与える。その事が政治に影響を与えるという事で、天皇の政治的影響力は存在する。天皇は政治に直接力を及ぼす事はできないが、国民の意思を介して影響を与える事ができる。そこまで天皇の力は制限される事はない。存在は意思を持つ。天皇は無意思な存在ではない。国民の象徴たる天皇は国家の飾り物ではない。

憲法には天皇は国民統合の象徴とある。この象徴の意味は一様でないだろうが、国民の意思と天皇の意思が根本的に一致している事が象徴の意味の中に含まれている事は疑いない。天皇が丸で天守閣のしゃちほこのような象徴である筈がない。天皇と国民は意思を共有しているのである。平和憲法を守るという意思に於いて天皇と国民は完全に一致している。平和憲法こそ日本国民最高の意思である。

国会の3分の2を安倍一味が占め平和憲法破壊に挑もうとしている現在の政治状況は明らかにおかしい。それは国民の意思なのか。安倍一味の意思であろう。国民の意思である筈がない。しかし、それなら何故安倍一味が国会の圧倒的多数を占めているのか。巨大な疑問である。天皇がこの疑問に悩まぬ筈はない。自らの意思と国民の意思が全く反しているのなら、最早今上天皇は国民統合の象徴ではない。天皇が早く天皇を辞めたいと思うのは当然になる。

天皇の生前退位表明は安倍には不愉快極まりない。天皇が平和憲法破壊に安倍と一致しておれば、早く辞めたいとは思わない。皇太子も同じ思いなのか。もし皇太子が平和憲法派だったら絶対に辞められない筈。不愉快な生前退位問題を特別立法でさばこうという安倍一味の考えもよく分かる。

今上天皇は国民が平和憲法を守りたいと思っている事を知っている。日本各地に出かけ国民と交われば国民の意思は分かる。国民と天皇は一致している。と言う事は、安倍政府が国民を代表した政府ではないという事である。天皇が早く辞めると言う事は安倍政府には大きなマイナスである。決定的と言ってもいいかも知れない。天皇の意思表示は国民に様々な事を考えさせる切っ掛けになる。すぐに平和憲法の事に思いを致す事にはならないが、天皇の真意がどこにあるのかについてはおぼろげにでも感じられて来る。天皇が平和憲法を守りたいと思っている事は、国民の全てが知っていると言っても過言ではない。天皇のオーラは安倍のオーラとは対極にある。

これまで天皇は国民にとっては自然現象と同じだった。天皇が崩御すれば代替わりになる。生前退位の表明は天皇の人間宣言である。天皇は意思を持っていた。この点は国民と同じである。天皇の意思を感じたほとんどの国民は生前退位に理解を示す。そして天皇の平和憲法擁護の意思にも国民の注意が及ぶ。天皇の1つの意思表示は国民に天皇の意思全体を知らせる事に繋がる。日本国民は天皇の意思に鋭敏である。安部黒政府の平和憲法破壊は最早不可能になった。日本国民は天皇の国民であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。