スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプは経済権力を滅多打ち(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69068809.html
【夕のメッセージ】トランプは経済権力を滅多打ち
クリップ追加 .2016/8/12(金) 午後 4:12日記アメリカ情勢.1.

 黒マスコミは盛んにトランプはもう絶望的というヒラリー応援報道をやっていたが、何故か急に雲行きが変わった。米の黒マスコミが一斉にヒラリーが大口献金者に便宜供与かという、ヒラリーにとっては極めてまずい報道が為されたと言う。ヒラリーが国務長官時代の事である。折角私用メール問題でお情けで訴追を免れたというのに、メガトン級爆弾が炸裂した。ヒラリー側は当然否定しているが、ヒラリー支援の黒マスコミが一斉報道というのだから疑いない所だ。更にトランプはオバマがダーイシュの創設者だと選挙集会で言った。そしてヒラリーが共同創設者だと言った。この時トランプは心の曲がったヒラリークリントンと表現している。TPPについてもトランプはヒラリーは選挙が終わればTPP賛成に転じると言ってきた。それを受けヒラリーは選挙後も反対すると選挙集会で強調した。戦死イスラム系米兵の両親攻撃問題でトランプは猛攻撃を受けもう終わりみたいな空気ができていた筈だったが、トランプは相変わらず元気のようだ。どうなってるんだ。オバマヒラリー側のトランプ攻撃は針小棒大なものばかりだが、トランプ側のヒラリー攻撃は一発必中のものばかりである。オバマのダーイシュ創設発言でも、もしこれがトランプの作り話ならばオバマは絶対にすぐさま反撃する筈だ。トランプの発言は10日の事だが、2日経ってもまだ何も無い。恐らく今後も無いだろう。もし形ばかりの否定発言をしたところで、それがまたトランプにこの問題での再度の発言を誘い出し、もしかしたら決定的暴露さえやりかねない。相手の手の内が見えないから怖くて否定発言もできない。黙ってやり過ごすしかない。情けない話である。ヒラリー側にすればプーチンと連携しているかも知れないトランプが、今後とんでもない暴露をやる可能性に怖さを感じざるを得ない。ネット上にはヒラリーを諦めて副大統領候補にスイッチすると言う話まで出ている。

これまで権力犯罪をやり続けてきた経済権力とその手下達。黒マスコミと黒銀行を持っていれば怖いものなしだった。しかし、トランプの大統領選出馬と正式指名は想像だにできない事だった。あれよあれよのトランプ現象は国民の鬱憤が生み出したものだ。経済権力の政治は1%の為の政治であり、99%の国民は不幸になる。国民の鬱憤は当たり前である。トランプ現象は経済権力政治の産物である。幾ら黒マスコミがトランプ攻撃を続けても、国民の鬱憤が消失する筈がない。トランプは経済権力の悪の政治をどれだけでも攻撃できる。悪の政治の巨大な事実は消失しない。これまではこの事実を誰が言おうと黒マスコミに載らなければ日の目を見なかった。しかし大統領正式指名候補が言えば、黒マスコミは報じざるを得ない。黒マスコミは自らの力がブーメランとなって自分を攻撃する事になる。黒マスコミはトランプからヒラリーを守り切れない。経済権力はヒラリーを大統領候補に持っている限りトランプから数中攻撃を受け続ける。この構図では経済権力はヒラリーを手放さざるを得ない。しかし、手放したところで形勢逆転になる訳も無い。手放した時点でもう終わりだ。経済権力はトランプの前に醜態を晒して跪く事になる。

経済権力も必死になってトランプを攻撃するが、悪の政治の巨大な事実をトランプに握られている状況ではどうしようもない。残された唯一の手は暗殺だ。経済権力はこれまでは簡単にこの手で危機を未然に防ぐ事ができた。黒マスコミと暗殺部隊をもっておれば悪の巨大な事実も国民に知られる事はなかった。全てはトランプの登場でひっくり返った。ダーイシュの創設者がオバマで共同創設者が心の曲がったヒラリーなんて言われたらおしまいだ。オバマのTPPをヒラリーまで反対を強調せざるを得ない今の状況は悲惨である。

米はトランプが、日本は天皇陛下が方向を決めてしまった。その他の世界はプーチンが決めてしまった。経済権力は確実に崩壊している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。