スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTIP崩壊とダウ史上最高値(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69109248.html
【御免朝のメッセージ】TTIP崩壊とダウ史上最高値
クリップ追加 .2016/8/31(水) 午後 2:13日記ヨーロッパ情勢.0.

 米株式市場が絶好調だそうだ。米はもうすぐ崩壊するんじゃなかった? 随分な変わりようだ。日本が随分と下支えしてるんだろうな。米が瀕死の状態に陥ると、日銀の黒田が出て来てせっせと輸血して蘇生させる。そしていつの間にか米は絶好調。こんな感じなんだろう。米には日本という天の恵みがある。米は死ぬ事は無いのだ。

しかし、絶好調アメリカとヨーロッパの関係は遠ざかっている。フランスのオランドは対露制裁を後悔していると言った。対露関係の正常化に期待を寄せた。ドイツのメルケルさえ対露制裁解除が議題に上り得ると言った。ドイツの外相もロシアに背を向けてはなら無いと言った。フランス議員団がクリミアを訪問した。イタリア議員団もクリミア訪問計画を持っている。そして、ドイツの副首相がTTIPの決裂を言った。フランスもそれに同調している。英はEU離脱で既に対米関係に距離を取っている。ヨーロッパは今株式絶好調の米と距離を取って後悔しているだろうか。違うだろう。ヨーロッパはロシアと徹底的に敵対する米に付き合う事にもう疲れ切ったのだ。世界の流れはもう米中心ではなくなっている。経済的には中国と言う巨大な市場が今後益々巨大化する。中露ががっちりと連合を形成している。プーチンが本物の政治家である事はヨーロッパにとっても否定しようがない。そのプーチンロシアと敵対し続ける事は最早不道徳である。ヨーロッパは歴史と文化の厚みがあり、米とは根本的に異なる集団である。政治的にかなりの程度までは米と共同行動ができるが、永遠に付き合いはできない。やはりヨーロッパにとってプーチンの存在は大きかった。プーチンを悪魔化する米との違いは決定的である。米の株式が史上最高値をつけても、もう元の鞘には戻らない。米の絶好調がこのまま続く保証は無い。米の絶好調は自らの力によるものではない。今の体制では米だけが生き残るようになっている。日本もヨーロッパもその為に利用されるだけだ。ヨーロッパのTTIP拒否はその表れだ。ヨーロッパは米に対して一定度の独立性は持っている。ヨーロッパの政治屋も安倍のような恥ずかしい政治屋にまで落ちぶれる事はできない。ヨーロッパの対米姿勢が米の現状を教えている。

ヨーロッパはもう米の支配体制に限界を感じている。頑として動かないプーチンがヨーロッパの政治屋達をも動かしたのだ。ウクライナでもシリアでもヨーロッパは徹底的に対露対決姿勢を見せた。しかし、結果はプーチンの勝ちだった。トルコまでプーチンに助けを求めた。ヨーロッパはもう巨大な移民の波を受け止め切れない。ロシアともトルコとも協調してやって行かないとヨーロッパは滅茶苦茶になる。ヨーロッパはもう悲鳴を上げている。米の馬鹿といつまでも二人三脚をやってはおれない。

ヨーロッパは米大統領選をどう見ているのだろう。ヒラリーならプーチンと核戦争だ。トランプがましの筈だが、そういう声は出ていない。多分遠慮しているのだろう。今の体制ではそうなるのだ。重大な関心を持って見ている筈である。結果を予見しているから黙っているのかも知れない。トランプを前提に動いているのかも知れない。トランプはTTIPなんか反対だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。