スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀れなヒラリー (ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69135668.html
【御免朝のメッセージ】哀れなヒラリー
クリップ追加 .2016/9/12(月) 午後 2:21日記アメリカ情勢.1.
 
 9・11犠牲者追悼式典でヒラリーが体調不良を満天下に晒した。暑さで脱水症状とか肺炎と診断されていたとか理由が出ているが、映像は残酷だった。記者によれば暑さは大したものではなかったという。脱水症状とか大袈裟のようだ。肺炎にしても映像のショッキングを説明できない。映像は両脇を抱えられたヒラリーが2.3段の小さな階段を下りる時ぐらっとよろめく所を後ろから捉えていた。その様子は癲癇発作のような感じだった。ヒラリーと癲癇で検索すると沢山の記事が出て来る。実際映像もある。囲み取材の記者が驚いていた。恐らく発作の前には本人には前兆が感じられるだろう。医学的にもそのようである。ヒラリーはそれを感じて退席したのではないか。周りが前兆が分かって退席させたのかも知れない。車に乗り込む前に発作が起きた感じで、その様子がリアルに撮られていた。米のメディアも繰り返しその場面を映し出していた。collapse とか faint という単語が使われていた。単なる体調不良ではなく器質的病変の症状である疑いをメディアが持っていたという事である。ヒラリーには癲癇発作の既往がある事をメディアは知っている。米のマスコミは黒マスコミであり、ヒラリーの支持者である。その黒マスコミが支持するヒラリーの決定的場面を繰り返し映し出さなくてはならないのは皮肉である。

ヒラリーにとって健康不安ほど怖いものはあるまい。それは大統領候補者全員にとって真実である。国民がその候補者に健康不安を感じたら終わりである。ヒラリーもそれを噂の段階で止めておけば大丈夫なのだが、9・11式典という場面でそれが出てしまったのはほとんど絶望的と言わざるを得ない。国中のメディアが集中している中での健康不安露呈だった訳である。一気に国民的認識になってしまった。そこに黒マスコミが決定的に関わっているという部分で因果応報を感じる。

何故ヒラリーは癲癇発作のような厳しい状況に追い込まれたのだろうか。私はヒラリーのそういう部分をほとんど知らなかったのだが、今のヒラリーの置かれた状況を見ると理解できる思いがある。癲癇は3歳以下と60歳以上に発症が多いとある。ヒラリーは今68歳である。原因は特定できる場合とできない場合つまり原因不明の場合がある。こういう事を前提にヒラリーを考えると、ヒラリーに癲癇が起きても不思議ではない状況がある。ヒラリーがファーストレディーのままであったなら、ヒラリーにかかるストレスは小さくて済んだ筈である。何故ヒラリーは大統領を目指したのか。2008年にオバマと予備選を争った。負けてしまった。今回が2度目の挑戦である。長い事大統領選に関わっている。2008年と今を比べると、米の置かれた状況は劇的に変わった。プーチンという史上最大の政治家が現れて中露連合が出現し、世界政治の重心が米から外に移ってしまった。今米の置かれた立場は厳しい。米は経済権力の国であり、一旦ぐらつき始めると自分で状況を修復できない。経済権力は悪の権力である。今回の9・11式典など、もう世界中が9・11の真実を知ってしまった中で行われている。経済権力の手下であるヒラリーの置かれた立場は絶望的である。このような状況下で、特に女性のヒラリーには耐えられる範囲を超えていると考えられる。過剰ストレスによる癲癇発作は十分に考えられる。経済権力の悪の責めをヒラリーは独りで引き受けなければならない。ヒラリーは政治役者に過ぎない。本当の責任者ではない。しかし今ヒラリーはトランプから悪魔呼ばわりされている。このような状況は女性のヒラリーには特に耐え難いと考えられる。

経済権力はその悪の責任から逃れるように黒人を大統領にしたり、女性を大統領にしようとしている。経済権力は目先を変えているのである。しかし、経済権力はどんどん追い込まれている。最早目先を変える位では状況を改善できなくなった。女性のヒラリーにとってはあまりに惨い現実がある。ヒラリーは正に天国から地獄を経験している。癲癇発症の十分の理由ができ上がっている。大統領選からの撤退も見えている。山高ければ谷深し。女性であるが故に谷は更に深くなっている。身も心もぼろぼろではないか。ヒラリーも経済権力の被害者である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。