スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプ現象は米市民革命が本質(ryuubufanのジオログより)

≪ryuubufanのジオログ≫に興味深い記事がありましたので、転載させていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuubufan/69217038.html
トランプ現象は米市民革命が本質
クリップ追加 .2016/10/28(金) 午後 4:13日記アメリカ情勢.0.

 米国民と言うより米市民と言った方がいいだろう。経済権力による1%政治によって米市民の不満は高じている。その不満のエネルギーは強力で巧妙な支配体制によって封じ込まれていた。トランプ以外の有力な候補者はどれもこれも体制派であり、理想論を語る候補者がいたとしてもそれは泡沫候補に過ぎなかった。有力候補者でありながら反体制派という存在はトランプが初めてだった。米市民にとって不満のエネルギーの受け皿はトランプしかいない。米市民がこの事に気づかぬ筈は無い。我々にとってトランプは正に救世主という思いが米市民の本音であろう。封じ込められたエネルギーに初めて突破口が与えられた時、それは爆発的なものになる。それがトランプ現象であった。トランプ現象は共和党内の妨害工作を突破し、今黒マスコミを中心とした経済権力の妨害工作に直面している段階である。現状は負けていない。経済権力には不正選挙という最終兵器がある。既に仕込まれている筈である。しかし、トランプ側も不正選挙に言及しており、トランプの支持者のかなりの部分が票が正しくカウントされるか不安だと感じている事が調査でも出ている。絶望的だった自分達の未来が開けるかも知れないという思いは不安と共にある。希望が不安に変わり更には絶望に変わる恐れの思いは、米市民の中にある筈である。米市民にとって救世主であるトランプの不正選挙への言及は心に突き刺さるものの筈である。米市民は相当に不正選挙に不安を抱いていると見て間違いない。Lock her Up!!の大合唱はそのまま不正選挙NO!!に置き換わる。ヒラリー達のあくどさを思えば、不正選挙くらい平気でやって来るだろうと、米市民は思っている筈である。日本の不正選挙ではこういう事はほぼ全く無かった。ネット国民だけの間で不安が共有されていただけである。米では候補者自身が支持者に向かって不正選挙を語るのであるから、事態の違いは決定的である。黒マスコミでさえ不正選挙に言及せざるを得なくなった。黒マスコミはトランプの暴言の一つという捉え方だが、膨大な支持者層が不正選挙を不安視する状況は深刻に捉えている。米市民と経済権力が不正選挙で直接的に対峙する事態こそ、米の市民革命の核心部分である。

トランプの集会は大盛況超満員であるのに対して、ヒラリーの集会は一桁どころか二桁違いで少ない。この事はかなり広く知られるようになった。あちこちの証拠写真が出回っている。見れば一目瞭然である。日本でも同じような事があった。都知事選で細川小泉連合軍の演説会はどこも大盛況だった。一方、相手方はみすぼらしい程に閑散だった。しかし、結果は真逆に出た。この時、細川小泉側からは不正選挙を匂わす発言は無かった。あの大盛況の都民達も無言だった。8時丁度に無慈悲に結果を出すNHKの当確報道で一切の反論は抑え込まれる。NHKが一気に結果の既成事実化を図った。不正選挙の疑惑は明らであるのに、声無き都民は為す術なしであった。都民には何の準備も無かった。期待感で演説会を大盛況にしただけだった。こんなものはNHKの一発でおしまいである。

トランプは8月時点で既に不正選挙に言及している。今やトランプの支持層は不正選挙に大いに関心と不安を抱いている。あれだけの大盛況超満員集会と閑散集会の違いを知っていれば、トランプ敗北の場合、結論は不正選挙にしかならない。トランプは激しく不正選挙攻撃をやるだろう。訴訟提起も矢継ぎ早であろう。トランプ支持層も収まりがつかない状況に追い込まれる。大いに起こり得る事であるが、もし彼らが不正選挙を確信した場合、市民革命的行動に出るだろう。それを経済権力側が力で抑え込む事態もあり得る。そうなった時、米は事実上の分裂状態に陥る。米は統治不能状態になる。トランプ支持層が不正選挙を確信すればそういう事になる。

今トランプ現象は米の市民革命勃発の可能性を内包した状態で投票日に向かっている。トランプ現象は全く衰えていない。黒マスコミとヒラリー側が繰り出したあらゆる妨害工作を乗り越えた。こんな状況下での不正選挙実行は自爆覚悟の決死の行動という事になる。不正選挙で国内が分裂する事態は、不正選挙失敗を意味する。トランプ現象は不正選挙工作も乗り越える事になる。市民革命のエネルギーは不正選挙などで押し殺す事はできない。エネルギーを爆発させるだけである。トランプ革命、米市民革命はほぼ成ったと見ていい状況である。経済権力にとってトランプは正に必殺仕置き人であった。相手が悪過ぎた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。