スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自営第3期駐車場整備工事が始まった!④

 4/4は雨、4/5(土)は晴れで、しかも妻の勤めが休みでもあったので、ホームセンターに発注してあった擬木板が待ちどうしかった。幸運にも12時半頃材料が入荷したという連絡が入った。とるものもとりあえずホームセンターに材料を取りに行った。早速擬木板の取り付けに入った。妻にモルタルを練ってもらい擬木の下に均した。用意しておいた【バカ棒もどき③】を使い高さを決めた。その後2人で擬木板をそっと下ろして所定の位置に据え付けた。
 実は直前になって気づいたのだが、材料の寸法がまちまちなのだ。仕方なくひとつずつ寸法を測り目立たない配置を考えた。またチョークでセンターを出して糸を張って確認した。(糸を張ったのはこのときだけ)

コピー ~ P4054248
【バカ棒もどき③】を使い擬木板の下地を均す

コピー ~ P4054247
【バカ棒もどき④】を使い擬木板の天端を確認する(コンクリート面よりベニヤ1枚分(4ミリ)上げた)

コピー ~ P4054249
手前は【バカ棒もどき③】向こうは【バカ棒もどき④】右は【バカ棒もどき①】に擬木板の位置を付け足したもの

最後に大きいサイズの擬木板を敷いた。この寸法もいい加減で900㎜あるはずのものが870㎜しかなく、せっかくコンクリートに欠き込みを入れたのに大きな目地になってしまった。
 
 ともかくこれで擬木板の据え付けは完了だ。後は隙間に固まる土を入れてジョウロで水をかけるだけだ。オッと、前面の目地詰めが残っていた。後もう少しだ。気を抜かずにやろう!

コピー ~ P4064250
敷き詰めが終わった擬木板。後は固まる土を入れるのみだ。桟木は今回の全ての高さの基準となった【バカ棒もどき①】だ。


【追伸】4/6(日)は寒さが戻り雪が5㎝程度降るという天気予報だったが、時々雪がちらつく程度だったので、前面擬木板の周りの目地詰めを行うことにした。目地の周りをテープで養生し根気よく詰める。材料の寸法がまちまちなので目地幅が結構大きくなってしまったが、きれいに押さえれば問題ない。寒さで体が凍えそうになったが昼ごろまでに目地詰めは完了した。それから水が引くのを待って目地押さえをする。寒さも手伝ってなかなか水が引かなかった。結局夕方までかかって目地押さえは完了した。地味だが最後の仕事の出来を決める重要な仕事だ。
 後一息だ。

コピー ~ P4064251
スポンサーサイト

tag : 自営工事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。