スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の3丁目の夕日 ⑲ : “向こう飯”?の時代

 両親は結婚して父は大工として独り立ちし、母は田んぼや畑を1人で面倒をみていた。そんな中、職人の世界に“向こう飯”という風習があったそうだ。
 朝、6時頃から仕事を始めて、朝飯もその家で貰うというものだ。つまり飯前仕事をサービスでやるということだ。その代わり向こうで朝飯を出す。昭和30年代はまだこういう封建的ともいえる風習が残っていたのだ。
 父は母によく言っていたそうである。 
  『“向こう飯”はやりたくない!』と。朝飯にも事欠くと思われるのが嫌だったのだろう。きっと“朝飯を出してやるんだからありがたく思え!”というようなニュアンスを感じたのではないだろうか?
 
スポンサーサイト

tag : 私の3丁目の夕日

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。