スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践!縄結び③【巻き結び】 :生きていく上で役立つ結び方(私の習得法の極意)

 今回は【巻き結び】を紹介したい。巻き結びはロープの重なりの摩擦で支えるもので、ロープの片側(または両端)に力がかかっている限り解けない。しかし、それが無い場合は解ける場合があるので注意が必要だ。以前シェード(窓の覆い)の先に竹の棒を付け、そこから細いロープで引っ張り(巻き結び)日よけにしていたのだが、風にあおられて振動があったときに、緩んでいた。こういう場合は、こま結び(本結び)、もやい結び等にした方が確実だ。

 【巻き結び】は基本は二巻き するだけだから簡単だ。その場合巻上げ方向を決めておくことがポイントとなる。私の場合、木の幹に結びつけるような場合、必ず下から上に巻き上げるように決めている。巻き上げる前に一旦逆方向(下側)に戻しそれからまた上に巻き上げ一巻きして斜めになったロープの中に通してしっかり締めて完成だ。念入りに二巻きしたものが【二重巻き結び】になる。参考書などではこの【二重巻き結び】のやり方は2種類あるようだ。(詳細は省く)

 杭などを打って縄張りなどをする場合は、この巻き結びを知っているとしっかり結べて便利だ。【巻き結び】なのだが、【うの首結び】とも言われている。長いロープを一々通すのではなく、手首の返しだけで出来るから、覚えておくと便利だ。左引きと右引きの2種類あるが、私は左引きを多用している。建築の世界では建物の輪郭を推し量る地縄張りという工程があるのだが、私は今までこの結び方でやってきた。

 応用編として実例を一つ紹介したい。
町のお祭りに灯篭などを担がされた経験は無いだろうか?行列をつくって行進した後、神社の境内に打ってある杭に結びつけるのだが、大抵の場合【ひばり結び】に縄が巻いてあり、そのまま灯篭をくくりつけようとすると、灯篭がくるくる廻ってしまいうまくいかない場合がある。【ひばり結び】を解いて【巻き結び】にしてしっかり締めておけば、灯篭を取り付けた場合でも動かず万全だ。灯篭を添えた後、縄を交差させて全体をもう一巻きして前に戻り、こま結び(本結び)などで留める。やってみて欲しい。

巻き結び(左引き) 1
巻き結び(左引き) 2
巻き結び(左引き) 3
巻き結び(左引き) 4


巻き結び(右引き) 1
巻き結び(右引き) 2
巻き結び(右引き) 3
巻き結び(右引き) 4


巻き結び(上方引き) 1
巻き結び(上方引き) 2jpg
巻き結び(上方引き) 3jpg


二重巻き結び(上方引き) jpg


巻き結び(うの首結び)左引き 1
巻き結び(うの首結び)左引き 2
巻き結び(うの首結び)左引き 3
巻き結び(うの首結び)左引き 4
巻き結び(うの首結び)左引き 5
巻き結び(うの首結び)左引き 6


巻き結び(うの首結び)右引き 1
巻き結び(うの首結び)右引き 2
巻き結び(うの首結び)右引き 3
巻き結び(うの首結び)右引き 4
巻き結び(うの首結び)右引き 5
巻き結び(うの首結び)右引き 6

巻き結びの応用:灯篭などを結びつける場合(実際は2段)
コピー ~ P8124895
ひばり結び:よく使われるが慣れていないとよく締まらない

コピー ~ P8124896
巻き結びにやり替えてしっかりと締める

コピー ~ P8124897
灯篭(ほうき代用)を添わせ前で一旦交差させた後、もう一巻き(以上)して前でこま結び(本結び)などで留める

コピー ~ P8124898
灯篭(ほうき代用)を添わせ前で一旦交差させた後、もう一巻き(以上)して前でこま結び(本結び)などで留める


スポンサーサイト

tag : 実践縄結び

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。