スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づき、発見、目から鱗⑨:冬の防寒対策はこれだ!②サッシ廻り

 我が家は借家だが昭和50年頃の新築で、断熱効果の低いものとなっている。この為特に冬の冷え込みはつらいものがある。縁側は今では2重サッシが当たり前だがうちはシングルでガラスも普通のものだ。ここ須坂市は飯山市に比べて雪があまり降らないが、その分冷え込みは厳しい。このため市販品を使って建物の断熱性能を高める努力をした。
 
 縁側の部分は座敷の部分と地続きだったが、以前地震対策として座敷側との境界に臨時の筋交いを設けて壁で囲った為茶の間側は4連の(3500×2200)アルミサッシだ。欄間の部分は全部スタイロフォーム 厚20を貼り付けた。両サイドのサッシ及び中央の腰の部分は断熱アルミシート 厚4を貼り付けた。(両面テープ)  中央の上部のガラスは明り取りの為残し、欄間から折りたたみ式の断熱アルミシート 厚8を吊り下げた。これは強い粘着テープと画鋲を併用して留めた。
 うちは母親の介護でしょっちゅう縁側から出入りするので、サッシも開け閉めが多い。昼間は折りたたんで欄間のところで仮止めしておいて、夕方になったら下ろして、薄いカーテンを閉め、更に断熱性能の高い裏地のついたカーテン(断熱カーテン)を閉めて完了だ。

 もう一週間以上経ったが、断熱性能は一段とアップしたようだ。これと合わせて、先日デロンギ社のオイルヒーターを14000円で購入した。(定価は28000円)(最近のデジタル方式は定価53000円) これは24時間15分刻みでオン、オフが設定できる。現在は朝方の4時~10時までと夕方4時~9時までオンになるように設定した。温度の設定も500Wと700Wと1200Wがあるが現在は500Wのみで使っている。夕方4時からは廊下との境の障子を閉め中は適宜石油ストーブ(トヨトミRh293E)を焚いている。外からの熱が逃げにくいので茶の間はすぐに暖まるし快適だ。

 電気代は多少掛かるが断熱性能をアップした分最小限に抑えられそうだ。

 もう一つは北側の6畳のお勝手だ。ここが我が家で一番寒い所だ。だから夏場は快適なのだが、冬になると恐ろしく寒い。何しろ水道の蛇口の前へ来ると直ぐ便所へ行きたくなる。壁の断熱材も入っていないようだ。そして隣のブドウ園からの北風が厳しい。夏場は快適だが冬は厳しすぎる。だから冬場は思い切ってイボイボの断熱材を2重に貼って遮断した。去年もこれをやったが、今年は更に2.7m×1.8mの乳白色のシートを2重に貼って断熱性能を高めた。更に物置側との境にアルミのドアーがあるがそこにもアルミ断熱シート(厚8)を貼って断熱性能を高めた。
 元々居間の縁側にあった古いオイルヒーターを流し台のすぐ横に置いて、夕方5時前にスイッチを入れる。(500W) 又、石油ストーブ(RH29C)も同時に付けるが妻が帰る頃にはすっかり温まって直ぐ消す。

 これら我が家の防寒対策を一言で言うならば、アルミサッシの断熱性能のアップとオイルヒーターと石油ストーブの併用だ。データはまだ無いが著しく断熱性能がアップし、快適になったことは確かだ!      

コピー ~ PB185164
昼間の縁側の状態。欄間のところまでアルミ断熱シートがぶら下がっている。


コピー ~ PB185170
夕方アルミ断熱シートを下ろす。


コピー ~ PB185173
内側のカーテンを閉める。


コピー ~ PB185177
最後に断熱カーテンを閉める。(完了) 傍に24時間タイマー方式のオイルヒーターがある。

コピー ~ PB185181
北側キッチンの窓をシート合計4枚で覆う。
スポンサーサイト

tag : 気づき発見

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月光舎人

Author:月光舎人

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。